影響(言語学)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学は、感情は話者が発話にもたらす態度または感情です。皮肉、軽蔑、解雇、嫌悪、嫌悪、不信、憤慨、退屈、怒り、喜び、尊敬または軽蔑、同情、哀れみ、感謝、不思議、賞賛、謙虚さ、畏怖などの感情は、しばしば、イントネーションなどのパラ言語的メカニズムを通じて伝えられます、顔の表情、およびジェスチャー、したがって、書くことに還元されるとき、句読点または絵文字に頼る必要ありますが、感情の文法的および語彙的表現もあります称賛の表現または語尾変化、敵対的な形式、敬語および敬語疑問詞およびタグの質問、およびいくつかの種類の証拠

語彙の影響

語彙の選択は、細身(ポジティブな感情)対痩せ型(ネガティブな感情)、倹約的(ポジティブ)対けちな(ネガティブ)、自由の闘士(ポジティブ)対テロリスト(ネガティブ)など、話者の感情を構成する場合があります。[1]

文法的影響

ヨーロッパの多くの言語では、指大辞は、そのように変更された名詞に対する軽蔑または他の否定的な態度を表すために使用されますが、小辞は愛情を表す場合があります。一方、小辞は、軽視したり、否定したりするためによく使用されます。たとえば、スペイン語では、ちっぽけな-ito(男性)または-ita (女性)で終わる名前は愛情の言葉かもしれませんが、señor 「 mister」のseñorito「 littlemister」は嘲笑されている可能性があります。ポーランド語には、感情の違いを表すさまざまな拡張形式と小辞形式があります。だから、からżaba「カエル」、単に大きなカエルを表すżabuchaのに、嫌悪感を表現するための拡張żabsko、醜い場合はżabisko 、厄介な場合はżabulaなどがあります。

感情は、より微妙な手段によっても伝えることができます。たとえば、デュランティは、イタリア語のナレーションで代名詞を使用することは、言及されているキャラクターがナレーションにとって重要であるが、一般的にはキャラクターに対する前向きな話し手の態度の印でもあることを示しています。[2]

日本語韓国語では、文法的な影響は、名詞と動詞の抑揚の両方に影響を与える敬語、礼儀正しく、謙虚な言語と、話されていることに対するさまざまな話者の感情と態度を表す節の最後の粒子の両方を通じて伝えられます。たとえば、日本語で「食べているものがいいのか」と聞かれると、さまざまなニュアンスのある粒子で「おいしい」や「悪い」と言うかもしれませ

更よ大石井よ(主張する;それが良いことを明示的に知らせる)
更わおいしわ!(喜びを表現する;フェミニン)
更新大石池堂「いいけど…」)
到いねまずいね(「悪いね」-合意を引き出す)
いもんまずいもん(憤慨)

同じことが韓国語でもできます:

맛있어요 Masi-issoyo(ニュートラル、丁寧)
맛있군요 Masi-ittgunyo!(びっくり、大喜び)
맛있잖아 Masi-ittjianha(点灯。「美味しくない」が、「美味しくない?」を意味する)
맛이없다 Masi-eopda(「悪い味」の基本動詞形式。鈍くて失礼な発言として使用されます)

英語と日本語では、自動詞 の受動態を使用して、敵対的な状況を表現することができます。

英語 日本
能動態
(中立的な感情)
雨が降った。 あめが fut-ta 雨が降った。
-NOM -PFV
受動態
(否定的な感情)
雨が降った。 ame-ni fu-rare-ta 雨に降た。
-DAT フォールパス-PFV _

カリフォルニア中央ポモ語など、自動詞の文法が分割されている一部の言語では、影響を受ける動詞の項を「オブジェクト」(忍耐強い場合)としてエンコードするという選択は、話者の共感または感情的な関与を反映しています

元:

ʔaː= tʼo

1AGT =しかし

béda=ht̪ow

here = from

béː= yo-w

away = go- PFV

dá-ːʔ-du-w

欲しい-REFL - IPFV - PFV

tʃʰó-w。

not -PFV

ベダ

ここ

ʔaː

I. AGT

qʼlá-w =ʔkʰe。

ダイ-PFV = FUT

ʔaː=tʼo béda=ht̪ow béː=yo-w dá-ːʔ-du-w tʃʰó-w. béda ʔaː qʼlá-w=ʔkʰe.

1.AGT=but here=from away=go-PFV want-REFL-IPFV-PFV not-PFV. here I.AGT die-PFV=FUT.

「(しかし)私はここから離れたくない。私(エージェント)はここで死ぬだろう。」(事実上言った)

元:

ʔaː

I. AGT

tʃá=ʔel

家=

ʔtʃí= hla

get = if

I. PAT

qʼlá = hla

die = if

に?

しかし

ʔaː tʃá=ʔel ʔtʃí=hla t̪oː qʼlá=hla tʼo?

I.AGT house=the get=if I.PAT die=if but

「(しかし)家を手に入れた後に(患者が)亡くなったらどうなるだろう?」(新しい家を買わない理由として与えられた)

も参照してください

参考文献

  1. ^ マーフィー、ML2003。意味関係と語彙。ケンブリッジ大学出版局。
  2. ^ Duranti、A.1984。「イタリア語会話における主語代名詞の社会的意味」。テキスト4(4):271–311。
  3. ^ Mithun、M.1991。「アクティブ/エージェントの格マーキングとその動機」。言語67(3):510–546。