アドルフ・ワーグナー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アドルフ・ワーグナー
アドルフ・ワーグナー1899.jpg
生まれ1835-03-251835年3月25日
エアランゲン、ランドゲリヒトエアランゲン、ミッテルフランケンバイエルン王国ドイツ連邦
死亡しました1917年11月8日(1917-11-08)(82歳)
国籍ドイツ人
母校ゲッティンゲン
ハイデルベルク
で知られているワーグナーの法則
科学的キャリア
田畑経済
機関フリードリヒ・ヴィルヘルムベルリン
大学インペリアル大学ドルパット
アルベルトルートヴィヒ大学フライブルク校
指導教官ゲオルク・ハンセン [ de ]
博士課程の学生ヴェルナー・ゾンバルト・
ルヨ・ブレンターノ(ハビリテーション)

アドルフ・ワーグナー(1835年3月25日– 1917年11月8日)は、ドイツの経済学者および政治家であり、主要なカセデルソジアリスト(学術社会主義者)であり、財政学者であり、農本主義の擁護者でした。州の活動 を増やすというワーグナーの法則は、彼にちなんで名付けられました。

伝記

大学教授で生理学者のルドルフ・ワーグナーの息子としてエアランゲンで生まれたアドルフは、ゲッティンゲン大学で経済学を学び、1857年にゲオルク・ハンセンの監督の下で博士号を取得しました [ de ]ワーグナーの学歴は、彼を最初にウィーンの商人高等学校(1858–1863)に連れて行き、その後、ローレンツ・フォン・スタインとの財政政策に関する意見の不一致のためにウィーン大学で議長を確保できなかった後、ハンブルクに行きました。高等商人学校(1863–1865)、両方の機関は今日のビジネススクールに匹敵します。1865年、彼は現在のエストニアにあるリヴォニアのドルパット大学で民族誌学地理学統計学(実際には経済学の教授)の議長を務めましたが、当時はロシア帝国の一部でした

ドルパット(タルトゥ)では、ワーグナーは「プロイセンの指導の下でドイツを統一するというビスマルクの方針の信奉者になった[ 1 ]したがってドイツ統一現実的になったとき、ワーグナーはドイツに戻りたいと思った

したがって、1868/69年の秋学期から、ワーグナーはベルリン自由大学のカメラリスト科目(大まかに言って州の管理)の議長を引き継ぎ、その後すぐに1870年にベルリン大学のStaatswissenschaftenの議長を 引き継ぎました。その時までに、ドイツの最高の大学だけでなく、おそらく世界でも。ワーグナーが彼の時代の最も知的で政治的に影響力のある経済学者の一人として彼の在職期間を始めたのはベルリンでした。

彼の元学生であるヴェルナーゾンバルトは、ベルリン大学の経済学部長の後継者でした。

ワーグナーは保守的なキリスト教社会党の初期のメンバーであり、1878年にアドルフ・シュテッカーによってキリスト教社会党(Christian Social Workers'Party として設立されました

ニコラ・ペルシードのアドルフ・ワーグナーc。1910年

ワーグナーは1917年 にベルリンで亡くなりました。

仕事

ワーグナーは、「国家社会主義」(「 Staatssozialismus 」)と呼ばれる特定の経済学と社会政策の学校の主人公であり、これはKathedersozialismusの特定の形態です。[2]アルベルト・シェフレ(1831–1903)、ルヨ・ブレンターノ(1844–1931)、グスタフ・フォン・シュモラー(1838–1917)、カール・ロドベルトゥス(-Jagetzow)(1805–1875)もその考えの重要な主人公でした。)マーシャルの経済学の原則に関する彼の一般的なレビューエッセイとして、彼は経済学の歴史学校のメンバーでしたとてもはっきりと示しています。しかし、彼は、グスタフ・フォン・シュモラーのようなドイツの歴史学派の「若くて極端な」メンバーと彼が呼んだものとは根本的に区別しました。英国の作家(要するに、彼がレビューし ていた有名な現代ケンブリッジ大学教授アルフレッド・マーシャルを含む、古典派経済学の伝統の人々)。

キャラクター

ワーグナーは非常に戦闘的で過酷な性格を持っていました。彼は侮辱を軽視せず、外交的に物事を表現したことはありませんでした。彼はシュモラーに苦労し、ルヨ・ブレンターノの敵でした–そしてこれらの2人は彼の最も親しい同僚についてでした。

現代のすべての説明によれば、ワーグナーは無駄で、傷つきやすく、非常に胆汁が多いと言っても過言ではありません。

1890年代に、ワーグナーは、同様に大学内の説教壇社会主義の影響力を擁護して、国会議事堂の産業保守党員を激怒させたので、副官は彼に決闘を挑ん(ワーグナーは断固として拒否しませんでしたが、戦うことはありませんでした。)

さらに有名な事件は、ワーグナーがオイゲン・デューリングと交代したことであり(フリードリヒ・エンゲルス反デューリングが監督された)、最終的にはデューリングの反発とベルリン大学からの解雇につながった

人生

グスタフ・フォン・シュモラーとともに、ワーグナーはビスマルク時代の最も重要な経済学者に属しています。彼は社会政策学会(社会政策学会) の会員でした。

ワーグナーは、「ワーグナーの法則」としても知られる、 国家支出を増やす法を制定しました。

彼の作品は、ドイツの金融および信用システムの発展の舞台を設定し、第一次世界大戦前の中央銀行の政策と金融慣行に大きな影響を与えました。

主な出版物

ワーグナー

  • ワーグナー、アドルフ(1864)。denscheinbarwillkührlichenmenschlichenHandlungenvomStandpunktederStatistikでGesetzmässigkeitを死ぬ。ハンブルク:ボーイズ&ガイスラー。
  • ワーグナー、アドルフ(1866)。BeiträgezurFinanzstatistikdesSchulwesensindenStädtendesOstseegouvernementsLivland、KurlandundEsthland。Dorpat:AlsManuscriptgedruckt。/ Druck vonC.Matthiesen
  • ワーグナー、アドルフ(1866)。「DieauswärtigePolitikRußlandsundihreBedeutungfürPreußen。」PreußischeJahrbücher、vol。18、いいえ。6(12月)、657〜692ページ。
  • ワーグナー、アドルフ(1867)。「統計」DeutschesStaats-Wörterbuchvol。10.ライプツィヒ:Expedition desStaats-Wörterbuchs、pp。400–481。
  • ワーグナー、アドルフ(1868)。ロシアのPapierwährungを死ぬ。リガ:キンメル。
  • ワーグナー、アドルフ(1870)。Abschaffung desprivatenGrundeigenthumsを死ぬライプツィヒ:ダンカー&ハンブロット。
  • ワーグナー、アドルフ(1892)。GrundlegungderpolitischenÖkonomieパート1、vol。1.第3版。ライプツィヒ:冬。
  • ワーグナー、アドルフ(1895)。死ぬakademischeNationalökonomieundderSocialismusベルリン:ジュリアスベッカー。
  • ワーグナー、アドルフ(1900)。Allgemeine undtheoretischeVolkswirtschaftslehreまたはSozialökonomik。(Theoretische National-Oekonomie。)ベルリン:AlsManuskriptgedruckt。
  • ワーグナー、アドルフ(1902)。Agrar-undIndustriestaat。Kehrseite des Industriestaats und die Rechtfertigung agrarischenZollschutzesmitbesondererRücksichtaufdieBevölkerungsfrage。第2版 イエナ:フィッシャー。
  • ワーグナー、アドルフ(1904)。Fine finanzielle Mitbeteiligung der Gemeinden a kulturellen Staatseinrichtungen und die EntwickelungderGemeindeeinnahmen。イエナ:フィッシャー。
  • ワーグナー、アドルフ(1916年)。StaatsbürgerlicheBildung。ベルリン:Verlag「Bodenreform」。
  • ワーグナー、アドルフ(1948)。FinanzwissenschaftundStaatssozialismusオーガスト・スカルウェイト編 フランクフルト/マイン:クロスターマン。
英語で
  • ワーグナー、アドルフ(1939)。「社会問題に関するスピーチ」(要約)、ドナルドO.ワーグナー編、社会改革者。アダム・スミスからジョン・デューイへ。ニューヨーク:マクミラン、pp。489–506。
手紙
  • ワーグナー、アドルフ(1978)。Briefe – Dokumente – Augenzeugenberichte、1851–1917ハインリヒ・ルブナー編 ベルリン:ダンカー&ハンブロット。

ワーグナーについて英語で

  • バックハウス、ユルゲンG.(1997)、編 社会保障と課税のエッセイ。グスタフ・フォン・シュモラーとアドルフ・ワーグナーが再考した。マールブルグ:メトロポリス。(英語でのワーグナーに関する最新の研究の多くが含まれています)
  • ライト、HRC(1993)。「アドルフ・ワーグナーと複数の社会。」南アフリカ経済学ジャーナル、vol。61、いいえ。1、59〜66ページ。
  • エヴァリンA.クラーク(1940)。「アドルフ・ワーグナー:国家経済学者から国家社会主義者へ」。四半期ごとの政治学政治学アカデミー。55(3):378–411。土井10.2307/2144096JSTOR2144096 _

参照

  1. ^ ラブナー、435
  2. ^ チザム、ヒュー、編 (1911年)。「ワーグナー、アドルフ」 ブリタニカ百科事典28(第11版)。ケンブリッジ大学出版局。p。235。

外部リンク