頭字語

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

頭文字はある単語長い名前やフレーズの最初の構成要素から形成されるか、または名前。頭字語は通常、NATO北大西洋条約機構)やEU欧州連合)のように頭文字から形成されますが、ベネルクスベルギー、オランダ、ルクセンブルグの)のように音節を使用することもありますレーダーRADio Detection And Ranging)のように、それらを混合することもできます。

頭字語は、NASAユネスコのように単語として発音できますFBITNTATMのように、個々の文字として; JPEGJAY -pegと発音)やIUPACのように、文字と単語の両方として

頭字語のより広い意味(文字として発音される用語を含む意味)は時々批判されますが、それは用語の本来の意味であり[1]、一般的に使用されています。[2]辞書とスタイルガイドの編集者は、そのような略語の命名について普遍的な合意に達していません。頭字語という用語が「単語として」発音されない略語に合法的に適用できるかどうかは、いくつかの論争の問題です。これらの言語当局は、スペーシングケーシング、および句読点の正しい使用に同意しています

語源

単語の頭文字をから形成されたギリシャ語のルーツ acr-「高さ、サミット、またはチップ」と意味、-onymの「名前」を意味します、。[3]この新古典派の化合物が発祥したように見えるドイツ語、ドイツ語のフォームのためにアテステーションで、Akronymは早ければ1921年のように表示される[4]ドイツの作家の小説の翻訳1940年に引用英語での日付リオン・フォイヒトヴァンガー[5]

命名法

一方略語はそのような省略中央とワードとして短縮形の任意のタイプであってもよい(例えば、Rdがために道路又は博士のために医師)または終了(のように切り捨て教授するための教授)、頭字語は、ブロードセンス—フレーズ内の各重要な単語の最初の文字または最初の数文字から形成されます(AIDS後天性免疫不全症候群、および自己完結型の水中呼吸装置からのスキューバなど)。ただし、一部の頭字語は形態素の最初の文字から部分的に構築されているため、これは大まかな経験則にすぎません。(単語の構成要素;免疫不全iおよびdのよう)または単語の途中または最後からの文字、または長いフレーズまたは名前のいくつかのキーワードからの文字を使用します。など、あまり重要な単語、そして通常は廃棄されます(NYTのためのニューヨーク・タイムズDMVのため陸運局)、常にではない(TICAのための国際猫協会司法省のための司法省)。

略語の文字列から形成されたイニシャルと、通常は個々 (のように文字と発音FBIから連邦捜査局、および例えばラテン語からexempli恩恵は)時々 、より具体的に呼ばれているINITIALISMSまたはalphabetisms。時折、最初以外の文字が選択され、最も頻繁にする場合、単語の先頭の発音と文字の一致の名前の発音(例:BXから塩基交換)。エイズスキューバなど、通常は単語として発音される頭字語は、単語の頭字語と呼ばれることもあります。特に、「初期主義」という用語の一部のユーザーは、狭義の「頭字語」を使用して、タイプのみが文字として発音されることを意味するため、頭字語から明確に区別します。頭字語の別のサブタイプ(または定義によっては関連する形式)は、音節の略語です。これは、特に、省略された単語の複数文字の音節(さらには複数音節)の断片で構成されます。いくつかの例は外国為替からのFOREX、および国際+警察からのInterpolです。、英語での完全な正式名称は国際刑事警察機構ですが)。通常、最初の音節(または2)は、各主成分の単語から使用されているが、このような米海軍の用語として例外があるDESRONまたはDesRonから駆逐艦隊は

そこ発音の単語と文字の名前の組み合わせを必要とする略語のための特別な用語ではありません、または単語に似たような文字の文字列の発音、とJPEG/ P ɛ ɡ /)とMS-DOS/ ˌ ɛ M ɛ S D ɒ S /)。同様に、音節の略語とイニシャリズムが混在しているものに固有の名前はありません。これらは通常、単語として発音されます(たとえば、無線検出および測距からのレーダー、およびからのソナーサウンドナビゲーションレンジング。どちらも2つの音節の略語と、それに続くレンジングの1つの略語で構成されます);これらは一般的に、その用語を使用する人々の間で単語の頭字語として適格です。一部の話者は文字として発音し、他の話者は単語として発音します。例えば、用語URLおよびIRA(のための個々の退職金口座は)個々の文字と発音することができます:/ ˌ JU ˌ ɑːr ɛリットル// ˌ ˌ ɑːr /、 それぞれ; :または単一の単語として/ ɜːrのL /及び/ R ə /、それぞれ。意味が異なる場合、同じ文字列の発音が異なる場合があります。IRAは、いつものよう打診されIRAのために立ったときのアイルランド共和国軍

頭字語、頭字語、または音節の略語(つまり、その略語が表すもの)のスペルアウトされた形式は、その拡張と呼ばれます

辞書とスタイルガイド

英語の辞書編集スタイルガイドでは、頭字語を使用してイニシャルを使用しているが単語として発音されていないフォームを説明することが正当であるかどうかは、未解決の質問です。証拠はたくさんありますが、頭字語は、このように広く使用されているが、いくつかのソースは、長期的な確保、この使用を認めていない頭字語を唯一の単語と発音形態について、及び使用initialism略語をでないもののために。一部の情報源は使用法を認めていますが、批判するか禁止するか、コメントなしで許可するか、明示的に支持するかによって異なります。

英語圏の世界中からのいくつかの主流の英語辞書は、単語として発音される必要のない頭字語の感覚確認します。以下のようなアメリカ英語辞書メリアム・ウェブスター[6] Dictionary.comのランダムハウスウェブスターの辞書大辞典[7]アメリカンヘリテージ辞典[8]と同様にイギリスのオックスフォード英語辞典[1]とオーストラリアのマッコーリー辞書[9]すべてのために彼らのエントリで意味を含め頭字語でそれを等化initialismものの、American Heritage Dictionaryは、「使用上の問題」というラベルでそれを批判しています。[8]ただし、コリンズCOBUILD Advanced Dictionary[10] Cambridge Advanced Learner's Dictionary[11] Macmillan Dictionary[12] Longman Dictionary of Contemporary English[13] New Oxford American Dictionary[8]などの多くの英語辞書 。 14] ウェブスターの新しい世界辞書[15]辞書式オックスフォード大学出版局から[16]は、このような感覚を認めていません。

20世紀までの頭字語という用語に関する辞書エントリとスタイルガイドの推奨事項のほとんどは、広大な意味を明確に認めたり支持したりしていませんでした。英語の使用法のメリアム・ウェブスター辞典1994年からは、広大な感覚のための提唱者への最も初期の出版物の一つ、である[17]との感覚などが、すべての主要な辞書エディションの頭字語でそれを等化initialismは、最初の二十一に掲載されました世紀。辞書編集者の間の傾向は、頭字語初期主義として定義する意味を含める方向に向かっているようです:Merriam-Webster Collegiate Dictionary2003年の第11版でそのような感覚を追加し[18] [19]オックスフォード英語辞典[20] [1]アメリカヘリテッジ辞書[21] [8]の両方が2011年版でそのような感覚を追加しました。オックスフォード英語辞典の1989年版には、頭字語の排他的意味のみが含まれており、その最初の引用は1943年のものでした。[20] 2010年12月初旬、デューク大学の研究者StephenGoransonアメリカ方言学会の電子メールディスカッションに頭字語の引用を公開しました。PGNを参照するリスト「おしっこ・ジー・ENN」と発音されている事前日付1940年に単語の英語の使用状況を[22]言語学者ベン・ジマーは、その後、彼の2010年12月16日「で、この引用を述べた上で言語での頭字語について」の欄ニューヨーク・タイムズ・マガジン[23] 2011年までに、オックスフォード英語辞典の第3版の発行により、頭字語のエントリに広大な意味が追加され、1940年の引用が含まれました。[1]としてオックスフォード英語辞典の時系列開発のオーダーでの構造体の感覚、[24]それは今最初の「initialism」感を与えます。

頭字語のエントリがある英語の使用法とスタイルガイドは、一般に、発音可能な単語ではないフォームを参照する使用法を批判します。ファウラーの現代英語用法辞典によると、頭字語は「他の単語の頭文字から形成され、NATOBBCとは異なるなどの単一の単語として発音される略語を示します」が、後で追加されます「日常の使用で頭字語はしばしば略語に適用されます別々の文字として発音されるため、技術的には頭字語です。」[25]スタイルのシカゴマニュアル複雑さを認めますが(「さらに、頭字語と頭字語が組み合わされることがあり(JPEG)、頭字語と頭字語の境界が常に明確であるとは限りません」)、それでも用語は相互に排他的であると定義されています。[26]他のガイドは、使用法の正当性を完全に否定しています。Bryson's Dictionary of Troublesome Wordsは、「単語として発音されない略語(IBM、ABC、NFL)は頭字語ではなく、単なる略語です」と述べています。[27] ガーナーの現代アメリカの用法は、「頭字語は、最初の文字または複合語の一部から作られています。それは、文字ごとではなく、単一の単語として読み取られるか、話されます」と述べています。[28] ニューヨークタイムズのスタイルと使用法のマニュアル「単語として発音されない限り、略語は頭字語ではありません。」と言います。[29]

対照的に、一部のスタイルガイドは、明示的であろうと暗黙的であろうと、それをサポートします。メリアム・ウェブスターの英語使用法辞書の1994年版は、辞書が区別されないという主張に基づいて使用法を擁護しています。[17]バズフィードのスタイルガイドは「Sで終わる頭字語」としてCBSとPBSを記述する。[30]

各タイプのいくつかの例を比較する

  • 単語として発音され、頭文字 のみが含まれます
    • NATO:「北大西洋条約機構」
    • スキューバ:「自給式水中呼吸器」
    • レーザー:「誘導放出による光増幅」
    • GIF:「グラフィックス交換フォーマット」
  • 単語として発音され、頭文字と頭文字以外の文字が混在しています
  • つづりと単語の組み合わせとして発音されます
    • CD-ROM:(CEE-dee- / R ɒ M /) "コンパクトディスク読み出し専用メモリ"
    • IUPAC:(iu- / P æ K /またはIU-おしっこ--CEE) "国際純正・応用化学連合"
    • JPEG:(jay- / P ɛ ɡ /またはジェイ・ピー・電子ジー)「共同写真専門家グループ」
    • SFMOMA:(ESS-EF- / M メートルə /またはESS-EF-EM-O-EM-A "サンフランシスコ近代美術館"
  • 文字列としてのみ発音されます
  • 文字列として発音されますが、ショートカットがあります
  • 名前に組み込まれたショートカット
    • 3M:(3 M)元々は「ミネソタマイニングアンドマニュファクチャリングカンパニー」
    • (ISC)² :( ISCの2乗)「国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム」[31]
    • W3C:(W-three C)「WorldWideWebConsortium」
    • A2DP:(A-two DP)「高度なオーディオ配信プロファイル」
    • C4ISTAR:(C-four Istar)「コマンド、コントロール、コミュニケーション、コンピューター、インテリジェンス、監視、目標捕捉、偵察」[32]
    • E3:(E-three)「エレクトロニックエンターテインメントエキスポ」
  • 多層の頭字語
    • AIM:「AOLインスタントメッセンジャー」。「AOL」は元々AmericaOnline」の略でした。
    • AFTA:「ASEAN自由貿易地域」。ASEANは「東南アジア諸国連合」の略です。
    • NACブレダ:(オランダのサッカークラブ)「NOADADVENDOCombinatie」(「NOADADVENDOCombination」)。1912年にブレダの2つのクラブが合併して結成されました。
      • NOAD:(Nooit Opgeven Altijd Doorgaan「決してあきらめないで、常に頑張ってください」)
      • ADVENDO:(Aangenaam Door Vermaak En Nuttig Door Ontspanning "エンターテインメントで快適で、リラクゼーションで便利")[33] [34]
    • GIMP:「GNU画像操作プログラム」
    • VHDL:「VHSICハードウェア記述言語」。「VHSIC」は「VeryHigh Speed IntegratedCircuit」(米国政府のプログラム)の略です。
  • 再帰的頭字語。略語はそれ自体を指します。
    • GNU:「GNUはUnixではありません!」
    • Wine:「Wineはエミュレーターではありません」(元々は「Windowsエミュレーター」)
    • これらは、自己参照が見つかる前に複数のレイヤーを通過する場合があります。
      • HURD:「Unix置換デーモンのHIRD」。「HIRD」は「深さを表すインターフェースのHURD」を表します。
  • 疑似頭字語。文字のシーケンスで構成され、意図したとおりに発音されると、入力の少ない他の長い単語を呼び出します[35]。これにより、それらはグラモグラムになります。
    • CQ無線通信士が使用するコード「seekyou」のcee-cue
    • IOU「私はあなたに借りがある」のiou
    • K9KAY-9のための「イヌ、」犬を利用指名警察部隊に使用
  • とにかく最後の略語が冗長に含まれいることが多い略語
    • ATM機:「現金自動預け払い機」(機械)
    • HIVウイルス:「ヒト免疫不全ウイルス」(ウイルス)
    • LCDディスプレイ:「液晶ディスプレイ」(ディスプレイ)
    • PIN番号:「個人識別番号」(番号)
  • 単語として発音され、それ自体が単語として文字を含む
    • PAYGO:「従量課金制」

過去および現在の使用

頭字語は、レトロニムと同様に、歴史を通じて存在してきた言語プロセスですが比較的最近まで命名、意識的な注意、または体系的な分析はほとんどまたはまったくありませんでしたレトロニムのように、それは以前よりも20世紀にはるかに一般的になりました。

頭字語の古代の例(それを説明するときメタ言語があったかどうかに関係なく)には、次のものがあります。

  • 頭字語は、西暦以前のローマで使用されていました。たとえば、ローマ帝国とその前の共和国の正式名称は、SPQRSenatus Populusque Romanus)と省略されていました。石と硬貨の両方に古代からさかのぼる碑文は、スペースと作業を節約するために多くの略語と頭字語を使用しています。たとえば、ローマの名は、ほんのわずかなセットしかありませんでしたが、ほとんどの場合、省略されていました。人々に言及する記念碑文の非常に一般的な部分である「息子」を意味するフィリウスを単に「F」と書くなど、一般的な用語も省略されました。文法マーカーは、テキストの残りの部分から推測できる場合は、省略されるか、完全に省略されます。
  • いわゆるノミナサクラ(神聖な名前)は、多くのギリシャ語の聖書写本で使用されていました。一般的な単語「神」(Θεός)、「イエス」(Ιησούς)、「キリスト」(Χριστός)、およびその他のいくつかの単語は、上線でマークされた最初と最後の文字で省略されます。これは、多くの種類の従来の筆記略語の1つにすぎず、筆記者の時間のかかる作業負荷を軽減し、貴重な筆記具を節約するために使用されていました。同じ慣習は東方教会の聖体拝領のパンをマークするために使用される宗教的なアイコンとスタンプの碑文で今でも一般的に使用されています
  • ギリシャ語ではなく、ラテン語のスピーカーだったほとんどの人はローマの初期のキリスト教徒は、のためのシンボルとして、魚の画像を使用し、イエスため頭字語の一部に:ギリシャ語で「魚」であり、イクシスΙΧΘΥΣスタンドに言われました)、用ἸησοῦςΧριστόςΘεοῦΥἱόςΣωτήρIesousクリストスTheou huios Soter: "イエス・キリスト、神の御子、救い主")。この解釈は2世紀と3世紀にさかのぼり、ローマカタコンベ保存されています。そして何世紀にもわたって、教会は十字架の上にINRIの碑文を使用してきました。これはラテン語のIesus Nazarenus Rex Iudaeorum(「イエス・ナザレ、ユダヤ人の王」)の略です
  • ヘブライ語には、何世紀にもわたって単語として発音される頭字語の形成の長い歴史があります。ヘブライ語聖書(「旧約聖書」)は「タナクとして知られています。これは、「トーラー」(モーセの5冊)、「ネヴィイム」(預言者)の3つの主要なセクションのヘブライ語の頭文字から構成される頭字語です。K'tuvim」(執筆)。中世から多くのラビの数値は以降のような、その顕著頭文字でラビ文献で言及されているRambamらしさ「ラビモシェベンマイモン」と「ラビシュロモYitzkhaki」:彼らの完全なヘブライ語の名前の頭文字から。

19世紀半ばから後半にかけて、頭字語が広まる傾向がアメリカとヨーロッパのビジネスコミュニティに広がりました。鉄道車両の側面など、企業名を省略したものです(例:「リッチモンド、フレデリックスバーグ、ポトマック鉄道」→「RF&P」 );バレルとクレートの側面。そして上のティッカーテープ及びそれから自分のデータを得た小印刷新聞の株式上場(例えばアメリカ電信電話会社→AT&T)。 1890年代から1920年代にかけての有名な商業例には、「ナビスコ」(「ナショナルビスケットカンパニー」)、[36]エッソ」(「SO」から、「スタンダードオイル」)、「スノコ"(" Sun Oil Company ")。

頭字語を採用するもう1つの推進力は、高度に専門的な用語が多数ある現代の戦争でした。さかのぼる文書で軍事頭字語の使用が記録されていないされている間アメリカ南北戦争(な「と略語ないANV、彼らはやや一般的になっていた「北バージニア軍」の」ポスト・日戦争そのもの)第一次世界大戦としましたでも、中の兵士の方言の言語の非常に多くの部分は第二次世界大戦[37]自体はと呼ばれたのGI

レジスターの全範囲で頭字語が広く頻繁に使用されていることは、ほとんどの言語で比較的新しい言語現象であり、20世紀半ば以降ますます明らかになっています。識字率が上昇し、科学技術の進歩により新しい(場合によってはより複雑な)用語や概念が絶え間なく流れてくるにつれて、用語を短縮する方法がますます便利になりました。オックスフォード英語辞典OEDは)単語の最初の印刷された使用記録initialismを1899年に発生したとして、それがうまく後、1965年までは一般的な使用に来なかった頭字語が一般的になっていました。

英語では、単語として発音される頭字語は20世紀の現象である可能性があります。言語学者DavidWilton in Word Myths:Debunking Linguistic Urban Legendsは、「頭字語から単語を形成することは、明らかに20世紀(そして現在は21世紀)の現象です。頭字語の起源であり、1886年にほんの少しの間流行しました。その言葉はcolinderiesまたはcolindaであり、その年にロンドンで開催され植民地およびインド博覧会の頭字語です。」[38] [39]しかし、略語は一般的な語彙では使用されていないようですが20世紀以前(ウィルトンが指摘しているように)、それらの形成概念は、1830年代のエドガーアランポーの物語「ブラックウッドの記事の書き方」で簡単に理解された(そして明らかに斬新ではない)ものとして扱われます。頭字語「PRETTYBLUEBATCH」

英語の初期の例

語でのラテン語と新ラテン語の使用は汎ヨーロッパであり、現代英語よりも前から存在しています。このクラスの頭字語の例は次のとおりです。

  • AM(ラテン語のアンティメリディエムから「正午まで」)およびPM(ラテン語のポストメリディエムから「正午以降」)
  • AD(ラテン語のAnno Domini、「私たちの主の年」から)、英語での補足、BC [ Before Christ ]は、英語から供給されています
  • OK、少なくとも19世紀初頭にさかのぼり、現在世界中で使用されている、論争の的となった起源の用語

OEDによってリストされた頭字語から派生した単語の最も初期の例は、18世紀後半のアラビア文字の最初の4文字から形成された「abjud」(現在は「abjad」)です。[40]しかし、 一部のアクロスティックスはこれに先立っており、たとえばチャールズ2世の外交委員会の一部のメンバーの名前を「カバール」省を作成するために配置した王政復古の証言などです。[41]

現在の使用

頭字語は、組織の名前や長いまたは頻繁に参照される用語を略記するために最も頻繁に使用されます。武装勢力と政府機関、頻繁に採用の頭字語。米国の有名な例としては、ニューディールの下でフランクリンD.ルーズベルト(もちろん「FDR」とも呼ばれる)によって作成された「アルファベットエージェンシー」(冗談めかして「アルファベットスープ」とも呼ばれる)があります。ビジネスと産業も頭字語の多作な造語家です。マルチワード名を使用した新しい発明や概念により、より短く、より管理しやすい名前が求められるため、ここ数世紀の科学技術の急速な進歩は、使用を推進する根本的な力のようです。[要出典]米海軍の代表的な例の1つは、「COMCRUDESPAC」です。これは、「司令官、巡洋艦駆逐艦太平洋」の略です。 「ComCruDesPac」とも呼ばれます。 「YABA互換」(「YABA」は「yet another bloody acronym」の略)は、用語の頭字語は発音できますが、不快な言葉ではないことを意味するために使用されます。たとえば、「新しい名前を選択するときは、必ず」 YABA互換」。[42]

略語の使用は、ショートメッセージサービス(SMS)およびインスタントメッセンジャー(IM)を備えた携帯電話でのテキストメッセージングによってさらに普及しています。メッセージを160文字のSMS制限に適合させ、時間を節約するために、「GF」(「ガールフレンド」)、「LOL」(「大声で笑う」)、「DL」(「ダウンロード」または「ダウン」などの頭字語)低」)人気が出てきました。[43]一部の指令主義者は、テキストメッセージの頭字語や略語を、明快さを損なうものとして、または「純粋な」または「適切な」英語を使用しないこととして軽蔑している。他の人は言語の変化を指摘します何千年もの間起こっており、それは避けられないものとして、または言語を変化する状況に適応させる革新として受け入れられるべきであると主張しています。この見方では、現代の慣習は、現在の世代の話者の「適切な」英語の慣習と同じように合法です。たとえば、書き込みスペースが限られている場所(ティッカーテープ、新聞のコラムインチなどでの会社名の省略形などです。

「単語の頭字語」の正確な発音(個々の文字として発音されるのではなく、単語として発音されるもの)は、話者の人口によって異なることがよくあります。これらは、地域、職業、世代の違い、または単に個人的な好みの問題である可能性があります。例えば、発音についてのオンライン議論の十年があったGIFを/ ɡ ɪ F /または/ ɪ F /)およびBIOS/ B S // B のz /、または/B ɒ S /)。同様に、一部の文字ごとのイニシャリズムは、特にフォームを組み合わせる場合、時間の経過とともに単語の頭字語になる可能性があります。IPのためのインターネットプロトコルは、一般に二つの文字と言われますが、IPsecのためのインターネットプロトコルセキュリティと発音される/ ˌ P I S ɛのk /または/ ɪ P sのɛ K /、後者は時間の経過とともに増加します(「IPSEC」や「Ipsec」などの異形のスペルとともに)。狭い文脈によっては、発音は1人の話者の語彙内でさえ異なる場合があります。例として、データベースプログラミング言語SQLはほとんどの場合3文字と言われますが、Microsoftの実装に関しては、伝統的に「続編」という単語と同じように発音されます。

初回使用時の拡張

幅広い読者向けの正式な執筆では、拡張は通常、頭字語が何を意味するのかわからない読者のために、特定のテキスト内で頭字語が最初に出現したときに与えられます。[44]

一部の出版物には、最初の使用時の拡張に加えて、使用されているすべての頭字語とその拡張が何であるかをリストしたキーがあります。これは、2つの理由で読者にとって便利です。 1つ目は、出版物全体を順番に読んでいない場合(これは一般的な読み方です)、その拡張を見ずに頭字語に遭遇する可能性があるということです。出版物の最初または最後にキーがあると、拡張を見つけるための以前の使用法を探すためにテキストをざっと読む必要がなくなります。 (これは、検索ユーティリティが利用できない印刷媒体では特に重要です。)重要な機能の2番目の理由は、教科書などの教育作品におけるその教育的価値です。生徒は、行ごとに読んだ後、章で紹介されている頭字語の意味を確認することができます。また、意味について自分自身をクイズする方法もあります(拡張列を隠蔽し、メモリから拡張を呼び出してから、明らかにすることで答えを確認します)。さらに、この機能により、略語の知識を持っている読者は、拡張に遭遇する必要がなくなります(そのような読者には冗長です)。

初回使用時の拡張と略語キー機能は、印刷時代に始まった読者の助けになりますが、印刷とオンラインで等しく役立ちます。オンラインメディアでは、ツールチップハイパーリンク検索エンジンテクノロジーによる迅速な検索など、より多くの支援も可能です

専門用語

頭字語は専門用語でよく使われます頭字語は、業界、執筆、および奨学金のさまざまな分野でさまざまな意味を持つ場合があります。これの一般的な理由は、専門家にとっての利便性と簡潔さですが、意図的に、そのようなドメイン固有の知識を持たない人を阻止するために、または意図せずに、すでに存在する頭字語を作成することによって、意味を難読化する人もいます。

医学文献は、頭字語の使用がコミュニケーションの支援から妨害へと進化するにつれて、頭字語の拡散を制御するのに苦労してきました。これは、米国皮膚科学会などの医学アカデミーのレベルでさえ評価されるほどの問題になっています。 [45]

ニーモニックとして

略語はニーモニックデバイスとして教えられることがよくあります。たとえば、物理学では、可視スペクトルの色は「ROY G.BIV」(「赤-オレンジ-黄-緑-青-藍-紫」)と呼ばれますこれらは、たとえば航空業界でのメンタルチェックリストとしても使用されます。「GUMPS」は「ガス-下部構造-混合物-プロペラ-シートベルト」です。ニーモニックの頭字語の他の例は、「CAN SLIM」、「PAVPANIC」、および「PEMDAS」です。

伝説の語源としての頭字語

頭字語が民間語源と呼ばれる一種の誤った語源一言で引用されることは珍しいことではありません。そのような語源は大衆文化に存続しますが、歴史言語学には事実上の根拠がなく、言語関連の都市伝説の例です。例えば、「警官は」一般的にそれは「パトロール巡査」から、推定され、誘導されると引用されている[46]及び「POSH」から「往きポート、右舷家」。[47]これらのもっともらしい展開の一部で、語源はacronymicであることを「信念」は明確にされている冗談多くの市民の間では、「紳士のみ、女性はゴルフ」を禁じられていますが、他の多くの(より信憑性のある)人々はそれを無批判に実際に受け止めています。[47] [48] タブー語は、特に一般的に、このような偽語源有する:「くそ「トランジットに船/ストア・ハイ」からの」[38] [49]又は「特殊高強度のトレーニング」と「性交違法のための」から」肉欲の知識」、または「王の同意/命令の下での淫行」。[49]

正書法のスタイリング

句読点

文字の省略記号を表示する

英語では、略語は伝統的に、文字の省略記号を示すために、削除された部分の代わりにピリオド/ピリオド/ポイント書かれていましたが、コロンアポストロフィもこの役割を果たしましたが、ピリオドの後にスペースがあります(例: "広告")。ほとんどの頭字語の場合、各文字は個別の単語の略語であり、理論的には、独自の終了マークを取得する必要があります。そのような句読点は、すべて大文字の存在がその単語が略語であることを示すのに十分であるという信念で減少しています。[50]

省略記号-理解されたスタイル

BBCのようないくつかの影響力のあるスタイルガイドは省略記号を表示するために句読点を必要としなくなりました。禁止する人さえいます。The Penguin Guide toPunctuationのアメリカ人作家であるLarryTraskはイギリス英語で「この面倒で不必要な慣習は今では時代遅れになっている」と断定的に述べています[51]

発音に依存するスタイルとピリオド

それにもかかわらず、いくつかの影響力のあるスタイルガイド、それらの多くはアメリカ人であり、特定の場合にはまだ期間を必要とします。たとえば、ニューヨークタイムズのスタイルと使用法のマニュアルでは、「KGB」のように文字が個別に発音される場合はピリオドを付けて各セグメントを続けることを推奨していますが、「NATO」のように単語として発音される場合はそうではありません[52]このスタイルの論理は、発音が句読点スキームによってグラフィカルに反映されるというものです。

その他の規則

複数文字の略語が単一の単語から形成される場合、ピリオドは一般的に使用されませんが、非公式な使用法では一般的である場合があります。たとえば、「TV」は単一の単語(たとえば、「テレビ」または「服装倒錯者」)を表す場合があり、通常、句読点なしで綴られます(複数形を除く)。「PS」は単一の単語「postscript」(またはラテン語のpostscriptum)を表しますが、多くの場合、ピリオド(「PS」)でつづられます。

スラッシュ(「/」、または固相線は)時々 (「利用可能で、該当しないではない」)「N / A」のように、頭字語の文字を分離し、「C / O」(「のケア」)するために使用されます。

関連するコンテキストで頻繁に使用される不便な長い単語は、文字数に応じて表すことができます。たとえば、「i18n」は「国際」を省略します。これは、ソフトウェアを世界中で使用できるようにするためのコンピュータサイエンス用語です。 「18」は、「国際化」の最初と最後の間にある18文字を表します。 「ローカリゼーション」は、「l10n」、「多言語化」、「m17n」、および「アクセシビリティ」「a11y」と省略できます。その数の文字を置き換える特定の数字の使用に加えて、より一般的な「x」を使用して、不特定の数の文字を置き換えることができます。例には、「結晶化」の「Crxn」が含まれます歴史診断のために医師に馴染みのあるシリーズ、および処理( "hx"、 "dx"、 "tx")。

複数形と所有格を表す

頭字語を複数形にする方法についての質問があります。多くの場合、ライターは「PC」のように、アポストロフィの後に「s」を追加します。ただし、アカデミック・ライティングのスタイルについて書いているKate Turabian [53]は、アポストロフィで複数形の頭字語を形成することを許可しています。したがって、Turabianは「DVD」と「URL」および「Ph.D.」を好みます。現代語協会[54]アメリカ心理学会[55] [56](「コンパクトディスク」は、「CDの」または「CDの」であろうように)にかかわらず、期間の頭字語を複数形に使用されているからアポストロフィを禁止し、一方、ニューヨークタイムズのスタイルと使用法のマニュアル期間に関係なくすべての略語を複数形にする場合は、アポストロフィが必要です(「PC、TV、VCR」を優先)。[57]

単なる複数形とピリオドのアポストロフィも含む所有格の複数形は、特に複雑に見えます。たとえば、「CDのラベル」(コンパクトディスクのラベル)などです。ただし、場合によっては、アポストロフィによって明確さが増すことがあります。たとえば、「SOS」のように略語の最後の文字が「S」の場合(ただし、Sで終わる略語も「-es」を取ることができます。たとえば「SOSes」)。 )、またはピリオドを持つ略語を複数形にする場合。[58] [59]

特に豊富なオプションのソースは、頭字語の複数形が、完全に綴られている場合、通常、最後の単語以外の単語で示される場合に発生します。古典的な例は「国会議員」であり、複数形では「国会議員」です。その場合、これを「M'sP」と略記することができます。[60] [61](または同様の[62])、元オーストラリア首相のベン・チフリーが使用したもの[63] [64] [65]この使用法は、「MP」など、末尾に「s」が付いたフォームよりも一般的ではなく、日付が付いているか、衒学的に見える場合があります。したがって、一般的な使用法では、「大量破壊兵器」は「WMD」になり、「捕虜」は「POW」になり、「打点」は「打点」となる。 [66]

頭字語は異なる複数形を持たないようにする必要があるという議論(たとえば、「Dディスクを表すことができる場合ディスクを表すこともできます」)は、単数形と複数形を区別する実用性のため、一般に無視されます。ただし、これは、略語がすでに複数形の名詞を表すと理解されている場合には当てはまりません。たとえば、「US」は「United States」の略であり、「UnitedState」の略ではありません。この場合、最後の「s」なしですでに複数形になっている所有格の略語を作成するためのオプションは、扱いにくいように見える場合があります。たとえば、「US」、「US's」などです。このような場合、所有格の略語単純な属性を支持してしばしば見捨てられます使用方法(例えば、「米国経済」)、またはその完全な形に略語を展開し、その後、所有格を行う(例えば、「米国の経済」)。一方、スピーチでは「UnitedStates」という発音が使われることもあります。

「TV」(「テレビ」)など、複数ではなく単一の単語に由来する略語は、通常、アポストロフィなしで複数形になっています(「2台のテレビ」)。ほとんどの作家は、アポストロフィは所有格(「テレビのアンテナ」)のために予約されるべきだと感じています。

一部の言語では、頭字語の文字を2倍にする規則を使用して、複数形の単語を示します。たとえば、スペイン語のEE.UUです。Estados Unidos(「米国」)の場合。この古い規則は、SSなどの限られた数の英語の略語でも引き続き使用されます。「聖人」の場合は、ラテン語の複数形の「ページ」の場合はpp。paginae、または「原稿」の場合はMSSpp。の場合、それは元のラテン語のフレーズ「perprocurationemから派生しています。[67]英語の翻訳の代替案は、本または文書の特定のページです。8〜88。[68]

ケース

オールキャップススタイル

頭字語で見られる最も一般的な大文字化スキームは、すべて大文字(すべて大文字)です。ただし、言語的に通常の単語としてアイデンティティを取得している少数の単語を除き、単語の語源は、 「スキューバ」、「レーザー」、「レーダーという単語で発生しました。これらは頭字語として知られています[69] Anacronyms(注ウェル-acro-は)されるべきではないhomophonouslyと混同anachronyms(注ウェル-chron-誤称のタイプです)。

スモールキャップスバリアント

大文字の文字列を読者に不快感を与えないようにするために、小さな大文字が使用されることがあります。たとえば、AtlanticMonthlyUSATodayなど、一部のアメリカの出版物のスタイルは、3文字より長い頭字語にスモールキャップスを使用することです[要出典]したがって、通常のキャップでは「US」と「FDR」ですが、スモールキャップではnato」です。頭字語「AD」や「BCは、」多くの場合のように、うまくとしてsmallcappedされている:「から4004紀元前広告525」。

大文字と小文字が混在するバリアント

頭字語を接辞で派生させた単語は、通常、大文字と小文字が混在して表現されるため、ルートの頭字語は明確です。たとえば、「第二次世界大戦前の政治」、「NATO後の世界」、「DNAase」などです。場合によっては、派生した頭字語も大文字と小文字が混在して表現されることがあります。例えば、「メッセンジャーRNA」と「トランスファーRNA」は「mRNA」と「tRNA」になります。

発音に依存するスタイルと大文字小文字

一部の出版物は、頭字語の最初の文字のみを大文字にし、頭字語のスタイルをすべて大文字で予約し、発音された頭字語「Nato」と「Aids」を大文字と小文字を組み合わせて記述しますが、頭字語の「USA」と「FBI」はすべて大文字にします。たとえば、これはThe Guardian [70]使用されているスタイルであり、BBC Newsは通常このスタイルを編集します(ただし、2003年に作成された公式のスタイルガイドでは、すべて大文字を使用することを推奨しています[71])。このスタイルの論理は、発音が大文字化スキームによってグラフィカルに反映されるというものです。ただし、多くの場合、適切な名前のマ​​ーカーとしての最初の文字の大文字の従来の英語の使用法とは矛盾します。例えばエイズ後天性免疫不全症候群の略ですこれは適切な名前ではありませんが、エイズは1つのスタイルです。

一部のスタイルマニュアルも、文字の大文字と小文字を数字に基づいています。たとえば、ニューヨークタイムズはすべての大文字で「NATO」を保持していますが(英国の報道機関のいくつかのガイドは「Nato」と表示する場合があります)、「ユニセフ」(「国連国際児童基金」より)では小文字を使用しています。それは4文字以上であり、大文字でスタイルを設定すると、見栄えが悪くなる可能性があるためです(「大文字の叫び」のようにいちゃつく)。

数字と構成語

略語は通常、短い機能語のイニシャル( "and"、 "or"、 "of"、 "to"など)を除外しますが、常にそうであるとは限りません。 CORE(Congress of Racial Equality)のように、発音可能な頭字語を作成するために機能語が含まれている場合があります。 「TfL」(「ロンドン交通局」)やLotRロードオブザリング)の場合のように、これらの単語を表す文字が小文字で書かれている場合があります。これは通常、頭字語が複数単語の適切な名詞を表す場合に発生します。

名前の数字(基数序数の両方)は、「4GL」(「第4世代言語」)や「G77」(「77ヶ国グループ」)のように、頭文字ではなく数字表されることがよくあります。多くの場合、「2000年」のY2K」のようにメトリックプレフィックスを使用できます(1000のSI記号は「K」ではなく「k」であるため、「Y2k」と表記されることもあります。これは、SI単位であるケルビンを表す「K」ではありません。以下のための温度)。数字にイニシャルを使用する例外には、「TLA」(「3文字の頭字語/略語」)および「GoF」(」が含まれます。ギャングオブフォー")。他の目的で数字を使用する略語には、" A2DP "(" Advanced Audio Distribution Profile ")、" W3C "(" World Wide Web Consortium ")、T3Trends、Tips&Tools for Daily Livingなどの繰り返しが含まれます。 ;「B2B」(企業間)などの発音、および「i18n」(「国際化」;「18」は最初の「i」と最後の「n」の間の18文字を表す)などの数字

拡張のケーシング

著者解説書き込みが時々大文字またはそうでなければ区別するための膨張の頭文字フォーマットする教育的な書き込み(たとえば、強調:または「発症「うっ血性心不全(CHF)の開始、」C ongestive時間eart F ailure(CHF) ")しかし、これは、適切な名詞のために文の途中で大文字を予約する英語の正書法の慣習と矛盾します。また、AMAスタイルのマニュアルに従うと、「うっ血性心不全(CHF)の発症」と表示されます。[72]

拡張された意味への変更(または言葉遊び)

疑似頭字語

いくつかの明らかな頭字語または他の略語は何も意味せず、何らかの意味に拡張することはできません。このような疑似頭字語は、「バーベキュー」の場合は「BBQ」(bee-bee-cue)、「犬」の場合は「K9」(kay-nineなどの発音ベースの場合があります。疑似頭字語は、「孤立したイニシャリズム」としても頻繁に発生します。既存の頭字語は非頭字語の名前として再定義され、以前の意味へのリンクが切断されます。[73] [74]たとえば、元々「Scholastic Aptitude Test」と呼ばれていた米国の大学入試である「SAT」の文字は、もはや正式には何の意味もありません。[75] [76]米国を拠点とするプロチョイス組織「NARAL"はこの別の例です。その場合、組織は名前を3回変更し、名前の長い形式は常に「NARAL」の文字に対応し、最終的には短い形式で単に知られることを選択しました。ロングフォームに接続されています。

これは、時代遅れのイメージから離れながらブランドの認知度を維持したい企業に共通しています。AmericanTelephoneand TelegraphはAT&Tなり[73]ケンタッキーフライドチキン」は「KFC」になり、その代表的な料理[77] [a]BritishPetroleumはBPになりました。[74] [78] Russia Todayは、RTとしてブランド名を変更しましたAmerican Movie Classicsは、単にAMCとしてブランド名を変更しました。 Genzyme TransgenicsCorporationはGTCBiotherapeutics、Inc。になりました。ラーニングチャンネルTLCになりました。そしてAmericanDistrictTelegraphは単にADTとして知られるようになりました。

疑似頭字語は国際市場で利点があるかもしれません:[誰によると?]たとえば、International Business Machinesの一部の国内関連会社、フルネームを現地の言語に翻訳することを避けるために、名前に「IBM」が合法的に組み込まれています(たとえば、IBM Canada)。[要出典]同様に、UBSは、合併の名前であるスイスユニオン銀行スイス銀行コーポレイション[79]HSBCを香港上海銀行の長い名前に取って代わりました。出身地を明確に示す名前を持つ一部の企業は、海外市場に拡大する際に略語を使用することを選択します。たとえば、トロントドミニオン銀行はカナダでフルネームで運営を続けていますが、米国の子会社は次のように知られています。TD銀行[引用が必要]カナダロイヤル銀行がカナダでそのフルネームを使用したの同じように立憲君主制)、現在は廃止された米国の子会社はRBC銀行と呼ばれていました[要出典]インドを拠点とするJSWグループ 元の名前(Jindal South West Group)が、インド内外の他の地域に拡大しながら、疑似頭字語に再ブランド化されたもう1つの例です。

冗長な頭字語とRAS症候群

トラスティーセービングス銀行がTSB銀行になったとき、またはレイルウェイエクスプレスエージェンシーがREAエクスプレスになったときのように、ブランド変更は冗長な頭字語症候群につながる可能性があります。いくつかのハイテク企業は、冗長な頭字語を極端に採用しています。たとえば、ISM Information Systems ManagementCorp。やSHLSystemhouse Ltdなどです。エンターテインメントの例としては、テレビ番組CSI:Crime SceneInvestigationNavy:NCIS(「Navy」は冗長性は、頭字語が何を意味するかについて新しい視聴者を教育するために設計された可能性が高いため、第2シーズンに削除されました。同じ理由は証拠にいたとき、カナダのロイヤルバンクのカナダ事業はRBCRoyal Bankにリブランドされたとき、またはBank ofMontrealがリテールバンキングの子会社であるBMOBank ofMontrealにリブランドされたとき

もう1つの一般的な例は、「RAMメモリ」です。これは、「RAM」(「ランダムアクセスメモリ」)に「メモリ」という単語の頭文字が含まれているため、冗長です。 「PIN」は「個人識別番号」の略で、「PIN番号」の2番目の単語を省略します。この場合、その保持は、同音の単語「ピン」とのあいまいさを回避するために動機付けられる可能性があります。その他の例としては、「ATMマシン」、「EABバンク」、「CableACE Award」、「DCコミック」、「HIVウイルス」、MicrosoftのNTテクノロジー、以前は冗長だった「SATテスト」(現在は単に「SAT推論テスト」) 。TNN (ナッシュビル/ナショナルネットワーク)も、短い間奏のために「TheNewTNN」に名前を変更しました。

簡単な再定義

時々、イニシャルは拡張された意味を表し続けますが、元の意味は単に置き換えられます。いくつかの例:

  • DVDは元々、非公式の用語「デジタルビデオディスク」の頭字語でしたが、現在はDVDフォーラムで「デジタル多用途ディスク」の略であると述べられています
  • GAOは、社名の正式名称を「一般会計事務所」から「政府説明責任事務所」に変更しました。
  • GPO(米国)は、その名前の完全な形式を「GovernmentPrintingOffice」から「GovernmentPublishingOffice」に変更しました。
  • RAIDは、以前は「安価なディスクの冗長アレイ」を意味していましたが、現在は「独立したディスクの冗長アレイ」として一般的に解釈されています。
  • WWFはもともと立っていた世界自然保護基金が、今の略で世界自然保護基金(旧名称はまだカナダと米国で使用されているが)
  • UICCその頭文字から来て、ロマンス語、その名前のバージョン(フランス語など連合(EU)、国際Contreルがん、「国際連合に対するがん」)「国際対がん連合」への社名の英語の拡大(から変更され、 「国際対がん連合」)、英語の拡張もUICCの頭文字に対応するように

バクロニム

バクロニム(またはbacronymは)あるフレーズ既存の単語から「事後」に構成されています。たとえば、小説家で批評家のアンソニー・バージェスはかつて、「本」という言葉は「組織化された知識の箱」を表すべきだと提案しました。[80]この古典的な現実世界の例では、Apple Macintoshの、前身の名前であるアップルリサ「ローカル統合ソフトウェア・アーキテクチャ」を参照してくださいと言われましたが、実際に生まれ、スティーブ・ジョブズの娘にちなんで命名されました、 1978年。

バクロニムは、コメディー効果[要出典]によく使用されます。コメディ効果の頭字語を作成する例は、グループまたは組織に名前を付ける場合です。「ACRONYM」という名前は、(とりわけ)「オタク系の若い男性の賢い連隊」を表します。

考案された頭字語

頭字語は時々考案されます。つまり、名前が付けられているものに特に適しているように意図的に設計されています(二重の意味を持つか、既存の単語の肯定的な意味を借りることによって)。不自然な頭字語のいくつかの例は、米国愛国者CAN SPAMCAPTCHAACT UP[要出典]衣料品会社のフレンチコネクション、「フレンチコネクションイギリス」の略で自分自身をfcukと呼び始めました。その後、同社は、タブーの言葉「性交との頭字語の類似性を利用したTシャツといくつかの広告キャンペーンを作成しました

米国国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)は、RESURRECTNIRVANADUDEなどのプロジェクトに名前を付けるための頭字語を開発したことで知られています。 2010年7月、ワイアードの雑誌は、DARPAが名前の「科学の予測フィールドに記述から生物学を変換...」にプログラムを発表しましたことを報告しBATMANROBIN『Biochronicityと時間的メカニズム自然に発生する』と「生物学的にインスピレーションを得たネットワークのロバスト性について"、[81]バットマンロビンの漫画本のスーパーヒーローへの言及

臨床試験やその他の科学的研究の短い形式の名前は、多くの考案された例を含む頭字語の大きなクラスを構成し、拡張コンポーネントへの文字の完全ではなく部分的な対応を伴うものもあります。これらのトライアルは、トライアルの内容を正確に説明するフルネームを持つ傾向がありますが、長すぎて文の構文内の名前として実際に使用できないため、構文的に役立つ短い名前も開発されます。フルネームに関して、少なくともある程度のニーモニックリマインダーを処理し、提供します医学で広く知られている例ALLHAT試験(心臓発作を予防するための降圧および脂質低下治療)およびCHARM試験(心不全のカンデサルタン:死亡率および罹患率の低下の評価)が含まれます。RAS症候群がしばしば関与し、文字が完全に一致しないことが多いという事実、頭字語典型的な形式が1対1の文字の一致に由来するため、という考えに夢中になっているイライラした研究者によって指摘されることがあります。、その形から逸脱することには、いくつかの不適切な点があるに違いありません。ただし、遺伝子やタンパク質の記号と同様に、臨床試験の頭字語存在理由は、構文的に使用可能で、簡単に思い出せるようにすることです。構文的に使用できず、記憶されないことが多い長い名前を補完する短い名前。短い名前が長い名前を思い出させるのに役立ちます。これは、ヒントをほとんどまたはまったく提供しない「かわいい」例の合理的な非難をサポートします。しかし、その合理的に密接な対応を超えて、短い名前の主な有用性は、文字の一致に忠実であるにもかかわらず不可解で忘れられない文字列ではなく名前として認知的に機能することです。しかし、他の合理的な批判は、(1)文書のどこかに長い名前を提供することによって、少なくとも一度は説明せずに裁判の頭字語に言及することは無責任であるというものでした[82]。 (2)トライアルの頭字語の急増により、3つの異なるトライアルがすべてASPECTと呼ばれるなど、あいまいさが生じていること。これが、ドキュメントのどこかでそれらを説明しないことが科学的コミュニケーションにおいて無責任であるもう1つの理由です。[82]少なくとも1つの研究では、頭字語で名前が付けられた試験引用の影響と他の特性を他の研究と比較して評価し[83]良い側面(ニーモニックヘルプ、名前の想起)と潜在的な欠陥(概念的に駆動されるバイアス)の両方を見つけました[83]

一部の頭字語は、望ましくないと見なされる名前を避けるために意図的に選択されています。たとえば、ドイツのテレノベラであるベルリンのVerliebtViB)は、最初はAlles nur aus LiebeAll for Love)であることが意図されていましたが、結果として生じる頭字語ANALを避けるために変更されました。。同様に、コンピュータリテラシーとインターネットテクノロジーの資格は、CLITではなくCLaIT [84]として知られています。カナダでは、カナダの保守的改革同盟(党)は、そのイニシャルがCCRAPと綴られていることを反対者が指摘したときに、すぐに「カナダ改革保守的同盟」に改名されました。がらくた")。(風刺雑誌フランクはCCRAPの代替案、つまりSSHITとNSDAPを提案しました。)2つのアイルランド工科大学(ゴールウェイとトラリー)は、地域の高等専門学校からアップグレードされたときに他の機関とは異なる略語を選択しました。技術のトラリー研究所(とは対照的に、技術トラリー(ITT)の研究所、TIT技術のゴールウェイ研究所(とは対照的に)。ゴールウェイRTCは、技術のゴールウェイ、メイヨー研究所(GMIT)となりましたGIT)。チャリティースポーツ団体のトレーニングでチームは「TIT」ではなく「TNT」として知られていますが、Technological Institute of Textile&Sciencesは依然として「TITS」として知られています。ジョージメイソン大学、故アントニンスカリアに敬意を表して、彼らのロースクールを「アントニンスカリアロースクール」(ASSOLと名付けることを計画していましたが、後に「アントニンスカリアロースクール」に変更しました。[85]

マクロニム/ネストされた頭字語

macronym、またはネストされた略語、一つ以上の文字が頭字語(または略語)そのものを表すた頭字語です。単語「macronym」ですかばん「のマクロ」や「頭文字」。

頭字語の例は次のとおりです。

  • XHRは「XMLHTTPRequest」の略で、「XML」は「Extensible Markup Language」、HTTPは「HyperTextTransferProtocol」の略です。
  • POWERは「EnhancedRISCを使用したパフォーマンス最適化」の略で、「RISC」は「縮小命令セットコンピューティング」の略です。
  • VHDLは「VHSICHardwareDescription Language 」の略で、「VHSIC」は「Very HighSpeedIntegratedCircuit」の略です。
  • XSDは「XMLSchemaDefinition」の略で、「XML」は「ExtensibleMarkupLanguage」の略です。
  • AIMは「AOLインスタントメッセンジャー」の略で、「AOL」は元々AmericaOnline」の略でした
  • HASPは「HoustonAutomaticSpooling Priority」の略でしたが、「spooling」自体は頭字語でした:「オンラインでの同時周辺機器操作」
  • VORTACは「VOR + TACAN」の略で、「VOR」は「VHF全方向範囲」(VHF =超短波無線)の略で、「TAC」は「戦術航法」の略であるTACANの略です。

一部のマクロニムは複数ネストできます。2次の頭字語は、階層のさらに下にある別の頭字語を指します。雑誌による非公式大会の実行ではニュー・サイエンティスト、完全に文書化試料が最も深く、すべての入れ子にすることができることが発見された:RARSは「地域ATOVS再送信サービス」です。 ATOVSは「高度なTOVS」です。 TOVSは「TIROSオペレーショナルバーティカルサウンダー」です。 TIROSは「テレビ赤外線観測衛星」です。[86]完全に拡張されると、「RARS」は「地域の高度なテレビ赤外線観測衛星運用垂直サウンダー再送信サービス」になる可能性があります。

もう1つの例はVITALで、これは「ASICライブラリに向けたVHDLイニシアチブ」に拡張されます(完全に拡張された場合は合計15ワード)。

ただし、「RARS」がその単語の文字列を直接表す、または構文でそれと交換できる(「CHF」が「うっ血性心不全」と便利に交換できるのと同じように)と言うことは、むしろ規範的な誤解です。言語的に正確な説明よりも;そのような用語の本質は近いですanacronymic単純な頭字語であるように、交換可能であることにより。後者は「すべてを綴り、すべての略語を避ける」試みで完全に還元可能ですが、前者はその点で還元不可能です。それらは括弧で囲まれた説明で注釈付けることができますが、有用または実用的な方法でスピーチまたはライティングから排除することはできません。レーザーレーダーは、構文認知の単語として機能し、その頭文字の起源に焦点を当てる必要はありません。「RARS」や「CHA2DS2–VAScスコア」などの用語自然言語では既約です。それらが削除された場合、残された言語の形式は、課せられた規則に準拠する可能性がありますが、自然のままであるとは言えません。同様に、シンボルを広範使用するタンパク質および遺伝子の命名法には、NACHTタンパク質ドメインの名前などの用語が含まれます。これは、ドメインを含むいくつかのタンパク質のシンボルを反映しています– NAIP(NLRファミリーアポトーシス阻害剤タンパク質))、C2TA(主要組織適合遺伝子複合体クラスII転写活性化因子)、HET-E(ポドスポラアンセリン由来の非互換性遺伝子座タンパク質)、およびTP1(テロメラーゼ関連タンパク質)–ただし、構文的にそれらに還元することはできません。名前は、このように自らの頭文字よりもシンボルであり、として自然な構文でその機能を維持しながら、その拡大は、それを置き換えることはできません名前内の明確に解析可能な人間の読者やリスナーによって。

再帰的頭字語

特殊なタイプのマクロニムである再帰的頭字語には、その拡張がマクロニム自体を指す文字があります。最も初期の例の1つは、ハッカーの辞書MUNGとして表示されますこれは、「MUNG untilNoGood」の略です。

再帰的頭字語の例は次のとおりです。

  • GNUは「GNU'sNotUnix!」の略です。
  • LAMEは「LAMEはMP3エンコーダーではない」の略です
  • PHPは「PHP:HypertextPreprocessor」の略です
  • WINEは「WINEはエミュレータではありません」の略です
  • HURDは「Unix置換デーモンのHIRD」の略であり、HIRD自体は「深さを表すインターフェースのHURD」(「相互再帰的」の頭字語)の略です。

英語以外の言語

特定の言語

中国語

言語の英語での議論では音節表語文字(中国語、日本語、韓国語など)ライティングシステム、複数文字の単語から選択した文字を取る短い形式を記述する「略語」。

たとえば、中国語では、「大学」(大學/大学、文字通り「素晴らしい学習」)は、通常、研究所の名前とともに使用される場合、単に(「素晴らしい」)と省略されます。したがって、「北京大学」(北京大学)は、「北の首都」(北京;北京である北京の最初の文字だけをとることによって、一般に北大lit. "north-great")に短縮されます。ただし、場合によっては、最初の文字以外の文字を選択することができます。たとえば、「香港大学」(香港大學のローカル短縮形は「Kong」を使用します(港大)「ホン」ではなく。

特に中国の政治では、適切な名詞が最初にソビエトのレーニン主義の用語から翻訳された場合、いくつかの長いフレーズが大幅に省略される場合もあります。たとえば、中国最高裁の評議会である政治局常任委員会(PSC)の正式名称は、「中国共産党中央政治局常务委任员会です。その後、この用語は、その名前の「中国共産党」の部分を頭字語で減らし、次に「常任委員会」の部分を再び頭字語で減らして、「中共中央政治局常委任を作成しました。また、それは「政治局常務委員会」(作成、完全に「共産党」の部分を省略し政治局常委会を、)そして最終的にはただの「常任委員会」(常委任会))。 PSCのメンバーの完全な指定は、「中国共産党中央政治局常任委員会のメンバー」(中国共産党中央政治局常务委任员会委任员)です。これは、最終的に大幅に単純に減少したChangwei常委用語で)Ruchang入常PSCに将来シート宛て職員のためにますます使用されます)。別の例では、単語「全国人民代表大会」(全国人民代表大会は)4つの部分に分けることができます:「全国」=「全国」、「人民」=「人」、「代表」=「代表者」、 「大会」= "会議"。しかし、その短い形式では「人"(文字通り「man / peoplebig」)では、2番目と4番目の部分の最初の文字のみが選択されます。最初の部分(「全国」)と3番目の部分(「研究」)は単に無視されます。このような略語の説明では、初期主義という用語は適用できません[独自の研究? ]

多くの適切な名詞は、時間の経過とともにますます短くなります。例えば、CCTV新年のガラを持つ完全な名前は、文字通り「中国中央テレビの春祭り合同祝賀会イブニングガラ」として読み取られる(中国中央电视台春节联欢晚会)最初の「春祭り合同祝賀会イブニングガラ」(に短縮された春节联欢晚会)、しかし最終的には単に春晚春晚と呼ばれます。同じ静脈に沿って、CCTVまたはZhongguo Zhongyang Dianshiタイは中国中央电视台)に減少したYangshi央视2000年代半ばに)。

韓国語

韓国の学者の多くの側面には、 『大』または『偉大』、すなわちのための単語を使用してのように、二つの言語共通のため、中国と同様の頭字語のパターンに従ってDAE)、大学を参照するために(대 학 ; daehak、文字通り" 「素晴らしい学習」ですが、「大きな学校」は受け入れ可能な代替手段です)。それらは、「UPenn」や「TexasTech」などのアメリカの大学のアペラシオンと同様に解釈できます。

一部の略語は学校名の短縮形です。たとえばHongik University홍익대학교Hongik Daehakgyo)はHongdae홍대、 "Hong、the big [school]"または "Hong-U")に短縮されます。大学の主な科目、例えば韓国教師大学校한국교원대학교Hanguk Gyowon Daehakgyo)はGyowondae(교원대、「BigEd。」または「Ed.-U」)に短縮されます。他の学校では、英語の頭字語の韓国語版を使用しています。韓国科学技術院한 국 과 학 기 술 원Hanguk Gwahak Gisulwon)は、英語と韓国語の両方KAIST(카이compatible트Kaiseuteuと呼ばれます。韓国で最も有名な3つの学校は、SKY(unicorn카이seukaiとして知られており、英語名の最初の文字(S eoul National、K orea、およびY onsei大学)を組み合わせています。さらに、大学修学能力試験(대학 수학 능력 시험Daehak Suhang Neungryeok Siheom)はSuneung수능、 "SA")に短縮されています。

日本語

日本語は、略語を多用しますが、これらの一部だけが頭字語です。

中国ベースのワード(中日語彙)のように、中国と同様の頭字語の形成を使用して東大東大のため東京都Daigaku 東京大学東京大学いくつかのケースでは、代替の発音は、同様に、使用されている最強から、京埼ため埼玉+東京埼玉+東京よりもむしろ、サイ

代わりに、中国以外の外国の借用(外来語)は、頭字語ではなく、いくつかのイニシャル音を使用して、クリップれた複合語略されることがよくあります。これは、外国語のカタカナのトランスクリプションに見られますが、ネイティブの単語(ひらがなで書かれているでも見られます。たとえば、ポケモンのメディアのフランチャイズの名前はもともと"ポケットモンスター"のために立っていた(ポケット・モンスター[PO-KE-TTO-MON-SU-TA]→ポケモン)、まだ名前での長い形態であります日本、そして" wāpuroは" "の略で、ワードプロセッサ"(ワード・スープロセッサー[WA-DO-PU-RO-SE-SSA]→ワースープロ)。

ドイツ語

ドイツ語は、英語よりもかなりの程度、最初の1文字ではなく最初の音節を使用する頭字語を使用する傾向がありますが、後者のタイプの多くも使用します。音節タイプの例としては、GSPではなくゲシュタポがありますGeheime Staatspolizeiの場合、「Secret StatePolice」)。FAKではなくFlakFliegerabwehrkanone対空砲用); Kripoではなく、KP(ためKriminalpolizei、探偵分割警察)。そのような収縮の広がりまたは気まぐれな程度への拡張は、あざけるようにAküfiとラベル付けされていますAbkürzungsfimmel、略語の奇妙な習慣)。Aküfiが含まVokuhila(ためvorneクルツ、hinten LANG長いバック、すなわち、で、正面に短いが、ボラとのモック)アドルフ・ヒトラーなどのタイトルGröfaz GrößterFeldherr AllerのZeiten、すべての「グレイテスト全般タイムズ」)。

ヘブライ語

頭字語を構成する各単語から、複数の頭文字を取得するのが一般的です。これに関係なく、略語記号gershayim⟨ ״⟩は、同じ元の単語の文字を区切る場合でも、頭字語の非活用形の最後から2番目と最後の文字の間に常に書き込まれます。例としては、(心のヘブライ語でキープは右から左に読み取ります):ארה"ב(ためארצותהברית、アメリカ合衆国)。ברה״מבריתהמועצות、ソビエト連邦の場合); ראשל״צראשוןלציוןRishon LeZionの場合); ביה״סביתהספרの場合)、学校)。そのコンポーネントの言葉からのみ頭文字をとる例があるצה"לTzahalため、צבאהגנהלישראלイスラエル国防軍)。語形変化した形では、略語記号gershayimは、頭字語の語形変化していない形の最後から2番目と最後の文字の間に残ります(例:「レポート」、単数形:דו״ח、複数形:דו״חות ;「分隊司令官」、男性:מ״כ、女性:מ״כית)。

インドネシア語

インドネシアでは、社会生活のあらゆる側面で頭字語が広く使用されています。たとえば、ゴルカル政党は「Partai Golongan Karya」、モナスは「Monumen Nasional」(国定公園)、アンコット公共交通機関は「Angkutan Kota」(都市公共交通機関)、warnetは「warunginternet」を表します。 (インターネットカフェ)、その他多数。一部の頭字語は正式な(または正式に採用された)と見なされますが、多くの頭字語は非公式、俗語、または口語と見なさます。

首都の大都市圏(ジャカルタとその周辺の衛星地域)であるJabodetabekは、もう1つの悪名高い頭字語です。これは「ジャカルタ-ボゴール-デポック-タンゲラン-ベカシ」の略です。多くの高速道路も頭字語の方法で名前が付けられています。例:Jalan Tol(有料道路)Jagorawi(Jakarta-Bogor-Ciawi)およびPurbaleunyi(Purwakarta-Bandung-Cileunyi)、Joglo Semar(Jogja-solo-semarang)。

一部の言語、特に特定のアルファベットを使用する言語では、多くの頭字語は、特に軍事および法執行サービスでの政府の使用に由来します。インドネシア軍(TNI - Tentara NASIONALインドネシア)とインドネシアの警察(POLRI - Kepolisian共和国インドネシア)重い頭字語が使用のために悪名高いです。例としては、コパススKomando Pasukan Khusus ;特殊部隊司令部)、KopaskaKomando Pasukan Katak ;フロッグマン司令部)、KodimKomando Distrik Militer; 軍事地区司令部–インドネシア軍の行政区画の1つ)、セルカセルサン・ケパラ;軍曹)、アクミルアカデミ・ミリッター;軍事アカデミー–マゲラン)、および階級、部隊、師団、手順などに関する他の多くの用語

ロシア語

単語の一部(必ずしも音節ではない)を使用する頭字語は、ロシア語でも一般的です。たとえばГазоваяпромышленностьGazovaya promyshlennost、「ガス産業」)はГазпромGazprom)です。このようСМИ(などINITIALISMSもありますSMIは、のためにсредствамассовойинформации sredstva massovoy informatsii「通知質量の手段」、すなわちГУЛаг(、強制収容所は、それの略:)2人のイニシャルと、最終的な単語の3つの文字を組み合わせたГлавноеуправлениелагерейGlavnoe upravlenie lagerey、「キャンプの主任管理」)。

歴史的に、「OTMA」は、ロシアのニコライ2世皇帝 とその配偶者であるアレクサンドラ・フョードロヴナの娘たちが、各女の子の名前の最初の文字から生まれた順にグループのニックネームとして使用することもある頭字語でした。オルガ、タチアナ、マリア、アナスタシア」。

スワヒリ語

スワヒリ語、頭字語は、の略で、「TUKI」、などの組織の命名のために共通しているTaasisi屋Uchunguzi WAスワヒリ語(スワヒリ語研究所を)。一部の言語では他の言語よりも多く見られるように、複数の頭文字(多くの場合、単語の最初の音節)が一緒に描画されることがよくあります。

ベトナム語

ベトナム複合語の存在量を有し、INITIALISMSは非常に一般的に適切と共通の両方名詞のために使用されます。例としては、TP.HCMタンPHOホーチミンホーチミン市)、THPTチュンHOC PHOひも、高校)、CLBCAU LAC BO、クラブ)、CSDLCOそうDU代わり、データベース)、NXBをNHAxuấtBAN、出版社)、ÔBACEONG BA無水CHIのem、アドレスの一般的な形式)、およびCTTĐVNCACタンTUđạoベトナムベトナムの殉教者)。より長い例としては、CHXHCNVNCONG HOA XAホイアンCHUnghĩaベトナムベトナム社会主義共和国)とMTDTGPMNVNMặt trận Dân tộc Giải phóng miền Nam Việt Namベトコンを)。長いイニシャリズムは、ベトナムの法的な文脈、たとえばTTLT-VKSNDTC-TANDTCで広まっています。[87]作家が記事で繰り返し使用するために、アドホックなイニシャリズムを作成することも一般的です。

イニシャリズムの各文字は、1つの形態素、つまり1つの音節に対応します。音節の最初の文字がトーンマークやその他の発音区別符号を持つ場合、発音区別符号は、例えば、initialismから省略することができるĐNAまたはĐNÁためĐôngナムÁ東南アジア)とLMCAまたはLMCÂのための抵当権ミンチャウAU欧州連合) 。文字「Uは」多くの場合、例えば、「U」と回避の混乱にINITIALISMSで「W」に置き換えられUBTWMTTQVNまたはUBTƯMTTQVNためUY禁止チュンươngマットTRANへクオックベトナムベトナム祖国戦線中央委員会)。

イニシャリズムは純粋に書面による便宜であり、拡張と同じように発音されます。多くのベトナム人の手紙の名前はdisyllabicあり、その個々の文字でinitialismの発音をあまり便利です。単語として発音される頭字語はベトナム語ではまれであり、頭字語自体が別の言語から借用されたときに発生します。例としては、SIĐA発音 [s̪i˧ˀɗaː˧])、フランス語の頭字語SIDAAIDS)の反発があります。VOA顕著 [VWA] )、英語のinitialismのリテラル読み取りアメリカの声。およびNASA発音 [naː˧zaː˧])、英語の頭字語から直接借用。

中国語の場合と同様に、長い単語を形成する場合、多くの複合語を最初の音節に短縮できます。たとえば、ViệtCộngという用語は、「ViệtNam」(ベトナム)と「Cộngsản」(共産主義者)の最初の音節に由来します。このメカニズムは、漢越語に限定されています。中国とは異なり、そのようなクリップされた化合物があると考えられているかばんの単語やブレンドの単語ためではなく、頭字語やINITIALISMSベトナム語のアルファベットは、まだ複数の文字のように書くことにする各コンポーネントワードが必要です。

一般的な文法上の考慮事項

曲用

名詞が辞退される言語で、さまざまな方法が使用されます。例はフィンランド語で、コロンを使用して語尾変化を文字から分離します。

  • 頭字語は単語として発音されます:Nato [ˈnɑto] Natoon [ˈnɑtoːn] "into Nato"、 Nasalta "from NASA "
  • 頭字語は文字として発音されます:EU [ˈeːˌʔuː]EU:hun [ˈeːˌʔuːhun] "into EU"
  • 頭字語は次のように解釈されます。EU [euroːpanunioni]EU:iin [ˈeu̯roːpɑnˌunioniːn] "into EU"

上記のプロセスは、頭字語にプレフィックスが追加されたときに英語でハイフンを使用して明確にする方法に似ています。つまりpreNATOポリシーpreNATOではなく)です。

子音弱化

ような言語ではスコットランドゲールアイルランド子音弱化(初期子音突然変異)が一般的であり、頭字語はまた、ケースと文脈がそれを指示する状況で修正しなければなりません。スコットランドゲール語の場合、最初の子音の後に小文字のhが追加されることがよくあります。たとえば、属格のBBC Scotlandは、BhBC Albaと表記され、頭字語はVBCと発音されます。同様に、ゲール語のtelebhisean'television 'の頭字語は、英語のようにTV発音されるTBhです。

も参照してください

メモ

  1. ^ この変更は他の言語にも適用され、 Poulet FritKentuckyがカナダのフランス語でPFKなりました。

参考文献

  1. ^ a b c d 「頭字語、n」 オックスフォード英語辞典、第3版オックスフォード大学出版局。2011年12月。2020年1月22日のオリジナルからアーカイブ2020年1月22日取得

    頭字語、n。

    Pronunciation: Brit. /ˈakrənɪm/, U.S. /ˈækrəˌnɪm/
    Origin: Formed within English, by compounding; modelled on a German lexical item.
    Etymons: acro- comb. form, -onym comb. form.
    Etymology: < acro- comb. form + -onym comb. form, after German Akronym (1921 or earlier).
    Originally U.S.
    1. A group of initial letters used as an abbreviation for a name or expression, each letter or part being pronounced separately; an initialism (such as ATM, TLS).
    In the O.E.D. the term initialismこの現象に使用されます。この単語のOED使用については、センス2を参照してください。)

    • 1940 W. Muir& E。Muirtr。L.フォイヒトヴァンガーパリガズ。iii。xlvii。518おしっこ-えん。頭字語です[Ger。頭字語]、それはそれが何であるかです。それは彼らがイニシャルで構成された単語と呼ぶものです。
    • 1947 TMピアースWordの研究月8/2頭字語の舌の上愉快DDT..trips、すでに家庭の代名詞です。
    • 1959年ロータリアン5月43 / 1DDD、牛のブランドのように聞こえる頭字語。
    • 1975 Jet 24 July 9/1頭字語「CIA」の駄洒落は、諜報機関に関する最近の開示によって生み出されました。
    • 1985 C. Jencks Mod. Movements in Archit. (ed. 2) i. 75     Called by the acronym SCSD (Schools Construction System Development).
    • 2008 Atlantic Monthly June 104/2     The acronym TSS—Tout Sauf Sarkozy (‘Anything But Sarkozy’).

    2. A word formed from the initial letters of other words or (occasionally) from the initial parts of syllables taken from other words, the whole being pronounced as a single word (such as NATO, RADA).

    • 1943 Amer. Notes & Queries Feb. 167/1     Words made up of the initial letters or syllables of other words..I have seen..called by the name acronym.
    • 1947 Word Study 6(title)     Acronym Talk, or ‘Tomorrow's English’.
    • 1950 S. Potter Our Lang. 163     Acronyms or telescoped names like nabisco from National Biscuit Company.
    • 1959 Times 1 Sept. 22/3     New words which are constructed out of initial letters are called, I understand, acronyms.
    • 1961 Electronics 21 Apr. 51/2     Colidar, an acronym from coherent light detecting and ranging.
    • 1976 P. R. Hutt in IBA Techn. Rev. ix. 4/2     The author hit on the idea of the name ‘oracle’..and it was not long before it was made into an acronym for ‘Optional Reception of Announcements by Coded Line Electronics’.
    • 2009 N.Y. Times (National ed.) 16 Apr. a2/2     Turning tea into an acronym for Taxed Enough Already, demonstrators were expected to attend more than 750 rallies to protest government spending.
  2. ^ "Acronym". The Merriam-Webster.com Dictionary. Merriam-Webster Inc. January 22, 2020. Archived from the original on January 22, 2020. Retrieved January 22, 2020.

    Some people feel strongly that acronym should only be used for terms like NATO, which is pronounced as a single word, and that initialism should be used if the individual letters are all pronounced distinctly, as with FBI. Our research shows that acronym is commonly used to refer to both types of abbreviations.

  3. ^ "acronym". en.wiktionary.org. Archived from the original on January 17, 2020. Retrieved January 28, 2020.
  4. ^ "Akronym". Brockhaus Handbuch des Wissens in vier Bänden (in German). 1. Leipzig: F. A. Brockhaus AG. 1921. p. 37. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved February 22, 2020. Agfa (Aktien-Gesellschaft für Anilinfabrikation).
  5. ^ Feuchtwanger, Lion (1940). "Chapter 47: Beasts of Prey". Paris Gazette [Exil] (in German). Translated by Muir, Willa; Muir, Edwin. New York: Viking Press. pp. 665–66. ISBN 1135370109.

    His first glance at the Paris German News told Wiesener that this new paper was nothing like the old P.G.. "They can call it the P.G.N. if they like", he thought, "but that's the only difference. Pee-gee-enn; what's the word for words like that, made out of initials? My memory is beginning to fail me. Just the other day there was a technical expression I couldn't remember. I must be growing old. "P.G. or P.G.N., it's six of one and half a dozen of the other.... Pee-gee-enn. It's an acronym, that's what it is. That's what they call words made up of initials. So I remember it after all; that's at least something.

  6. ^ "Acronym". The Merriam-Webster.com Dictionary. Merriam-Webster Inc. January 22, 2020. Archived from the original on January 22, 2020. Retrieved January 22, 2020.

    acronym noun
    ac·​ro·​nym | \ˈa-krə-ˌnim\
    Definition of acronym
    : a word (such as NATO, radar, or laser) formed from the initial letter or letters of each of the successive parts or major parts of a compound term
    also : an abbreviation (such as FBI) formed from initial letters : initialism

  7. ^ "Acronym". Dictionary.com. January 22, 2020. Archived from the original on January 22, 2020. Retrieved January 22, 2020. 2. a set of initials representing a name, organization, or the like, with each letter pronounced separately; an initialism.
  8. ^ a b c "Acronym". The American Heritage Dictionary of the English Language, Fifth Edition. Houghton Mifflin Harcourt. November 2011. Archived from the original on January 22, 2020. Retrieved January 22, 2020.

    ac·ro·nym (ăkrə-nĭm′)
    n.
    1. A word formed by combining the initial letters of a multipart name, such as NATO from North Atlantic Treaty Organization or by combining the initial letters or parts of a series of words, such as radar from radio detecting and ranging.
    2. Usage Problem An initialism.
    [acr(o)- + -onym.]
    ac′ro·nymic, a·crony·mous (ə-krŏn′ə-məs) adj.
    Usage Note: In strict usage, the term acronym refers to a word made from the initial letters or parts of other words, such as sonar from so(und) na(vigation and) r(anging). The distinguishing feature of an acronym is that it is pronounced as if it were a single word, in the manner of NATO and NASA. Acronyms are often distinguished from initialisms like FBI and NIH, whose individual letters are pronounced as separate syllables. While observing this distinction has some virtue in precision, it may be lost on many people, for whom the term acronym refers to both kinds of abbreviations.

  9. ^ "acronym". Macquarie Dictionary. Macmillan Publishers Australia. Archived from the original on March 3, 2020. Retrieved January 22, 2020.

    acronym
    /ˈækrənɪm/ ('say' 'akruhnim)
    noun 1. a word formed from the initial letters of a sequence of words, as radar (from radio detection and ranging) or ANZAC (from Australian and New Zealand Army Corps). Compare initialism.
    2. an initialism.
    [acro- + -(o)nym; modelled on synonym]

  10. ^ "acronym". Collins COBUILD Advanced English Dictionary. HarperCollins Publishers. Archived from the original on February 8, 2020. Retrieved January 22, 2020. An acronym is a word composed of the first letters of the words in a phrase, especially when this is used as a name. An example of an acronym is 'NATO', which is made up of the first letters of the 'North Atlantic Treaty Organization'.
  11. ^ "acronym". Cambridge Advanced Learner's Dictionary & Thesaurus. Cambridge University Press. Archived from the original on February 8, 2020. Retrieved January 22, 2020. an abbreviation consisting of the first letters of each word in the name of something, pronounced as a word
  12. ^ "acronym". Macmillan Dictionary. Macmillan Education Limited. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved January 22, 2020. an abbreviation consisting of letters that form a word. For example, NATO is an acronym for the North Atlantic Treaty Organization.
  13. ^ "acronym". Longman Dictionary of Contemporary English. Pearson Longman. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved January 22, 2020. a word made up from the first letters of the name of something such as an organization. For example, NATO is an acronym for the North Atlantic Treaty Organization.
  14. ^ New Oxford American dictionary (3rd ed.). Oxford: Oxford University Press. 2010. p. 15. ISBN 978-0-19-539288-3. OCLC 614990378.

    ac·ro·nym /ˈakrəˌnim/ ▸ n. an abbreviation formed from the initial letters of other words and pronounced as a word (e.g. ASCII, NASA).
    origin 1940s: from Greek akron ‘end, tip’ + onoma ‘name,’ on the pattern of homonym.

  15. ^ "acronym". Webster's New World College Dictionary, Fifth Edition. Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company. 2014. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved January 22, 2020. a word formed from the first (or first few) letters of a series of words, as radar, from radio detecting and ranging
  16. ^ "acronym". Lexico.com. Oxford University Press. Archived from the original on December 22, 2019. Retrieved January 22, 2020. An abbreviation formed from the initial letters of other words and pronounced as a word (e.g. ASCII, NASA).
  17. ^ a b Merriam-Webster, Inc. Merriam-Webster's Dictionary of English Usage, 1994. ISBN 0-87779-132-5. pp. 21–22:

    acronyms  A number of commentators (as Copperud 1970, Janis 1984, Howard 1984) believe that acronyms can be differentiated from other abbreviations in being pronounceable as words. Dictionaries, however, do not make this distinction because writers in general do not:

    "The powder metallurgy industry has officially adopted the acronym 'P/M Parts'"—Precision Metal Molding, January 1966.
    "Users of the term acronym make no distinction between those pronounced as words ... and those pronounced as a series of characters" —Jean Praninskas, Trade Name Creation, 1968.
    "It is not J.C.B.'s fault that its name, let alone its acronym, is not a household word among European scholars"—Times Literary Supp. 5 February 1970.
    "... the confusion in the Pentagon about abbreviations and acronyms—words formed from the first letters of other words"—Bernard Weinraub, N.Y. Times, 11 December 1978.

    Pyles & Algeo 1970 divide acronyms into "initialisms", which consists of initial letters pronounced with the letter names, and "word acronyms", which are pronounced as words. Initialism, an older word than acronym, seems to be too little known to the general public to serve as the customary term standing in contrast with acronym in a narrow sense.

  18. ^ Merriam-Webster's collegiate dictionary (Tenth ed.). Springfield, Massachusetts, U.S.A.: Merriam-Webster. 1993. p. 11. ISBN 0-87779-708-0. OCLC 27432416.

    ac·ro·nym ˈa-krə-ˌnim n [acr- + -onym] (1943) : a word (as NATO, radar, or snafu) formed from the initial letter or letters of each of the successive parts or major parts of a compound term— ac·ro·nym·ic ˌa-krə-ˈni-mik adjac·ro·nym·i·c·al·ly -mi-k(ə-)lē adv

  19. ^ Merriam-Webster's collegiate dictionary (Eleventh ed.). Springfield, Massachusetts, U.S.A.: Merriam-Webster. 2003. p. 12. ISBN 0-87779-809-5. OCLC 51764057.

    ac·ro·nym ˈa-krə-ˌnim n [acr- + -onym] (1943) : a word (such as NATO, radar, or laser) formed from the initial letter or letters of each of the successive parts or major parts of a compound term; also : an abbreviation (such as FBI) formed from initial letters : initialismac·ro·nym·ic ˌa-krə-ˈni-mik adjac·ro·nym·i·c·al·ly -mi-k(ə-)lē adv

  20. ^ a b "acronym". Oxford English Dictionary, second edition. 1989. Archived from the original on March 25, 2019. Retrieved January 28, 2020. A word formed from the initial letters of other words.
  21. ^ "acronym". The American Heritage dictionary of the English language (4th ed.). Boston: Houghton Mifflin. 2000. p. 16. ISBN 0-395-82517-2. OCLC 43499541. ac·ro·nym (ăkrə-nĭm′) n. A word formed from the initial letters of a name, such as WAC for Women's Army Corps, or by combining initial letters or parts of a series of words, such as radar for radio detecting and ranging. [acr(o)- + -onym.]—ac′ro·nymic, a·crony·mous (ə-krŏn′ə-məs) adj.
  22. ^ Goranson, Stephen (December 5, 2010). "acronym antedated to 1940". American Dialect Society E-Mail Discussion List Archive. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 5, 2020.
  23. ^ Zimmer, Ben (December 16, 2010). "On Language: Acronym". The New York Times Magazine. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 5, 2020.
  24. ^ "OED terminology". Oxford English Dictionary. Archived from the original on March 27, 2020. Retrieved January 28, 2020.
  25. ^ Fowler, Henry Watson (June 1, 2015). Jeremy Butterfield (ed.). Fowler's Dictionary of Modern English Usage (4th ed.). Oxford University Press. p. 16. ISBN 978-0-19-966135-0. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 11, 2020.
  26. ^ "10.2 Acronyms, initialisms, contractions". The Chicago Manual of Style (16th ed.). University of Chicago Press. 2010. ISBN 978-0226104201.
  27. ^ Bryson, Bill (September 17, 2002). Bryson's Dictionary of Troublesome Words. Crown. p. 9. ISBN 978-0-7679-1047-7. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 11, 2020.
  28. ^ Garner, Bryan (July 28, 2009). Garner's Modern American Usage. Oxford University Press, USA. p. 2. ISBN 978-0-19-987462-0. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 11, 2020.
  29. ^ Siegal, Allan M.; Connoly, William G. (2015). The New York Times Manual of Style and Usage: The Official Style Guide Used by the Writers and Editors of the World's Most Authoritative News Organization (5th ed.). Three Rivers Press. p. 5. ISBN 978-1-101-90544-9. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 11, 2020.
  30. ^ Emmy Favilla (December 27, 2019). "BuzzFeed Style Guide". BuzzFeed.com. BuzzFeed. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved January 22, 2020.
  31. ^ "(ISC)² providing CISSP security accreditation to Interpol computer crime units" (Press release). (ISC)². April 23, 2002. Archived from the original on March 18, 2016. Retrieved April 3, 2015.
  32. ^ Robinson, Paul (2008). "C4ISR". Dictionary of international security. Polity. p. 31. ISBN 978-0-7456-4028-0.
  33. ^ "Nooit opgegeven, al 95 jaar doorgezet!" (in Dutch). NAC Breda. September 19, 2007. Archived from the original on March 26, 2012. Precies 95 jaar terug smolten NOAD (Nooit Opgeven Altijd Doorzetten) en Advendo (Aangenaam Door Vermaak en Nuttig Door Ontspanning) samen in de NOAD-ADVENDO Combinatie, kortom NAC.
  34. ^ Dart, James (December 14, 2005). "What is the longest team name in the world?". The Guardian. London. Archived from the original on September 30, 2013. Retrieved May 19, 2009.
  35. ^ ""Acronyms (and other forms of abbreviation)," Department of Homeland Security, 12 Nov 2008". Archived from the original on July 14, 2014. Retrieved June 10, 2014.
  36. ^ B. Davenport American Notes and Queries (February 1943) vol 2 page 167 "Your correspondent who asks about words made up of the initial letters or syllables of other words may be interested in knowing that I have seen such words called by the name acronym, which is useful and clear to anyone who knows a little Greek."
  37. ^ "Baloney". www.etymonline.com. Archived from the original on April 25, 2012. Retrieved August 31, 2009.
  38. ^ a b Wilton, David (2004). Word myths: debunking linguistic urban legends. Oxford University Press, USA. p. 79. ISBN 978-0-19-517284-3. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved September 16, 2010. Word Myths: Debunking Linguistic Urban Legends.
  39. ^ "Urban Legends Reference Pages: Language (Acronyms)". Snopes.com. Retrieved September 16, 2010.
  40. ^ "abjad, n.", Oxford English Dictionary.
  41. ^ "cabal, n.", Oxford English Dictionary.
  42. ^ K. D. Nilsen & A. P. Nilsen (1995) The English Journal Vol. 84, No. 6.,"Literary Metaphors and Other Linguistic Innovations in Computer Language"
  43. ^ Crystal, David (2008). Txtng: The Gr8 Db8. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-954490-5.
  44. ^ Lee, Chelsea. "An Abbreviations FAQ". Archived from the original on June 3, 2020. Retrieved June 3, 2020.
  45. ^ Patel CB, Rashid RM (February 2009). "Averting the proliferation of acronymophilia in dermatology: effectively avoiding ADCOMSUBORDCOMPHIBSPAC". J Am Acad Dermatol. 60 (2): 340–4. doi:10.1016/j.jaad.2008.10.035. PMID 19150279.
  46. ^ "Does Cop = 'Constable on Patrol'?".
  47. ^ a b Quinion, Michael (2005). Port Out, Starboard Home: And Other Language Myths. Penguin Books. ISBN 978-0-14-101223-0.; published in the US as Quinion, Michael (2006). Ballyhoo, Buckaroo, and Spuds. HarperCollins. ISBN 978-0-06-085153-8. Archived from the original on April 5, 2020. Retrieved March 4, 2020.
  48. ^ "See article at Snopes". Snopes.com. Archived from the original on January 17, 2010. Retrieved September 16, 2010.
  49. ^ a b "Etymonline.com". Etymonline.com. Archived from the original on April 25, 2012. Retrieved September 16, 2010.
  50. ^ Oxford English Dictionary: initialism. "Globe & Mail (Toronto) 22 May 10/4 Americanization has also largely done away with periods in acronyms and initialisms."
  51. ^ "Abbreviations". Informatics.susx.ac.uk. Archived from the original on April 10, 2007. Retrieved September 16, 2010.
  52. ^ Kristoff, Nicholas D. (February 7, 2004). "Secret Obsessions at the Top". The New York Times. Archived from the original on May 28, 2015. Retrieved October 10, 2015.
  53. ^ Turabian, K., A Manual for Writers of Research Papers, Theses, and Dissertations, 7th Edition, subsection 20.1.2
  54. ^ Modern Language Association (MLA) Handbook for Writers of Research Papers, 7th Edition 2009, subsection 3.2.7.g
  55. ^ Publication Manual of the American Psychological Association (APA), 5th Edition 2001, subsection 3.28
  56. ^ Publication Manual of the American Psychological Association (APA), 6th Edition 2010, subsection 4.29
  57. ^ Siegal, AM., Connolly, WG., The New York Times Manual of Style and Usage Archived March 27, 2019, at the Wayback Machine, Three Rivers Press, 1999, p. 24.
  58. ^ "Writer's Block – Writing Tips – Plural and Possessive Abbreviations". Writersblock.ca. Archived from the original on July 26, 2010. Retrieved September 16, 2010.
  59. ^ Robert. "EditFast Grammar Resource: Apostrophes: Forming Plurals". Editfast.com. Archived from the original on October 27, 2010. Retrieved September 16, 2010.
  60. ^ "Libraries Australia – T.H. McWilliam, Charles Kingsford Smith, Prime Minister of New Zealand Joseph Coates, Charles Ulm and H.A. Litchfield in front row with Members of Parliament on steps of Parliament House, Wellington, New Zealand, September 1928 [picture] / Crown Studios". Nla.gov.au. Archived from the original on June 22, 2008. Retrieved September 16, 2010.
  61. ^ Robin Hyde. "Chapter III. — The House is in Session". NZETC. Archived from the original on April 30, 2011. Retrieved September 16, 2010.
  62. ^ "Under the party plan by C.J. Dennis (1876–1938)". Middlemiss.org. January 18, 1912. Archived from the original on August 22, 2010. Retrieved September 16, 2010.
  63. ^ 02 Dec 1948 – Townsville Daily Bulletin – p1
  64. ^ 14 Oct 1948 – PRIME MINISTER ASSERTS M's.P. HAVE NO IMMUNITY F
  65. ^ "The Royal Caledonian Society of Melbourne". www.electricscotland.com. Archived from the original on July 15, 2012. Retrieved January 21, 2013.
  66. ^ Garner, Bryan (August 27, 2009). Garner's Modern American Usage. Oxford; New York: Oxford University Press. p. 638. ISBN 978-0-19-538275-4.
  67. ^ "pp Definition". en.oxforddictionaries.com. Oxford University. Archived from the original on October 16, 2017. Retrieved October 16, 2017.
  68. ^ "Cambridge Dictionary - English Dictionary, Translations & Thesaurus". dictionary.cambridge.org. Cambridge University. Archived from the original on November 7, 2008. Retrieved October 16, 2017.
  69. ^ Shorter Oxford English Dictionary (6th ed.), Oxford University Press, 2007, ISBN 978-0-19-920687-2
  70. ^ "Styleguide". London: Guardian.co.uk. December 19, 2008. Use all capitals if an abbreviation is pronounced as the individual letters (an initialism): BBC, CEO, US, VAT, etc; if it is an acronym (pronounced as a word) spell out with initial capital, eg Nasa, Nato, Unicef, unless it can be considered to have entered the language as an everyday word, such as awol, laser and, more recently, asbo, pin number and sim card. Note that pdf and plc are lowercase.
  71. ^ "BBC News Style Guide" (PDF). bbc.co.uk. Archived from the original (PDF) on July 7, 2011.
  72. ^ Iverson, Cheryl, et al. (eds) (2007), AMA Manual of Style (10th ed.), Oxford, Oxfordshire: Oxford University Press, p. 442, ISBN 978-0-19-517633-9, archived from the original on April 5, 2020, retrieved December 17, 2019.CS1 maint: extra text: authors list (link)
  73. ^ a b "Language Log: Orphan initialisms". itre.cis.upenn.edu. Archived from the original on June 21, 2010. Retrieved September 27, 2010.
  74. ^ a b What Does "BP" Stand For? Archived November 18, 2012, at the Wayback Machine
  75. ^ Applebome, Peter (April 2, 1997). "Insisting It's Nothing, Creator Says SAT, Not S.A.T." The New York Times. Archived from the original on April 17, 2017. Retrieved February 14, 2017.
  76. ^ Komarek, Dan (July 29, 2003). "Changes to SAT Make Test More Coachable". Daily Californian.
  77. ^ Peter O. Keegan (February 21, 1991). "KFC shuns 'fried' image with new name – Kentucky Fried Chicken has changed its name to KFC". Nation's Restaurant News. Archived from the original on November 4, 2007. Retrieved August 24, 2007.
  78. ^ "BP plc History". Archived from the original on June 15, 2010. Retrieved September 29, 2010.
  79. ^ UBS means RIP for Warburg Archived May 4, 2018, at the Wayback Machine. The Daily Telegraph, November 13, 2002
  80. ^ 99 Novels: The Best in English Since 1939 (New York: Summit Books, 1984).
  81. ^ Katie Drummond (July 6, 2010). "Holy Acronym, Darpa! 'Batman & Robin' to Master Biology, Outdo Evolution". Wired. Archived from the original on July 2, 2013. Retrieved March 5, 2017.
  82. ^ a b Cheng, Tsung O (2003), "No more unexplained trial acronyms please. Trial Acronyms: Better Obvious than Obscure (TABOO)", Int J Cardiol, 89 (2–3): 303, doi:10.1016/S0167-5273(02)00411-4, PMID 12767559
  83. ^ a b Stanbrook, MB; Austin, PC; Redelmeier, DA (2006), "Acronym-named randomized trials in medicine—the ART in medicine study", N Engl J Med, 355 (1): 101–102, doi:10.1056/NEJMc053420, PMID 16823008
  84. ^ University of Cambridge International Examinations team, University of Cambridge International Examinations > CLAiT–International page, archived from the original on January 14, 2012
  85. ^ Morning Edition (April 7, 2016). "Unfortunate Acronym Forces Law School Name Change". NPR. Archived from the original on December 19, 2018. Retrieved April 4, 2018.
  86. ^ "Very deep multiply nested acronyms". Newscientist.com. July 7, 2010. Archived from the original on September 14, 2010. Retrieved September 16, 2010.
  87. ^ "Từ viết tắt" [Abbreviations] (in Vietnamese). BBC Academy. Archived from the original on November 20, 2017. Retrieved September 4, 2017. Chưa kể cách viết này còn dễ bị cho là lười biếng hoặc tỏ ra quan trọng, vì đây là cách chép nguyên xi, máy móc các cụm từ viết tắt từ văn bản pháp quy của chính quyền, như TTLT-VKSNDTC-TANDTC, khá phổ biến ở Việt Nam hiện nay.

External links