飼育下の鳥の異常行動

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
広範囲の毛引きの兆候を示すヨウム。

飼育下の鳥の異常な行動は、飼いならされた鳥と野鳥の両方で発生することがわかっています。[1] 異常な動作は、いくつかの方法で定義できます。統計的に、「異常」とは、行動の発生、頻度、または強度が、正常値から多かれ少なかれ統計的に有意に変化する場合です。[2] これは、理論的には、ほとんどすべての行動が個人の「異常」になる可能性があることを意味します。あまり正式ではありませんが、「異常」には、その特定のクラスまたは年齢の飼育下のの通常の行動パターンから外れていると判断された活動が含まれます。[3]たとえば、飛ぶのではなく走ることは正常な行動であり、ある種では定期的に観察されますが、別の種では正常である可能性がありますが、高頻度に達すると「異常」になります。発生率は「異常」と見なされます。この記事には、その種の他の個体によって繰り返し実行され、その種のエトグラムの一部として認識されない限り、その個体にとって異常と見なされる可能性のある個々の鳥によって実行される「1回限りの」行動は含まれません

ほとんどの異常行動はまとめて分類できますが(たとえば、除去、摂取、常同行動)、多くの異常行動は議論の余地なくこれらのカテゴリのいくつかに分類されるため、この記事では分類を試みません。ここでの異常な行動は、飼育下の住居に関連していると考えられていますが、病状が原因である可能性もあります。この記事には、異常な行動を表現するために遺伝子組み換えされた鳥の行動は含まれていません。

行動

飼育下または商業的条件下で飼育されている場合、鳥はしばしばさまざまな異常行動を示します。これらは多くの場合、自傷行為や他の人に有害であり、羽毛やつま先のつつき、共食い、常同行動、通気口のつつき、慢性的な産卵などの異常な性行動が含まれる場合があります。

羽とつま先をつつく

羽をつつくのは、飼育下の鳥(主に産卵鶏)で観察される異常な行動であり[4]、ある鳥が別の鳥の羽を繰り返しつつく。つま先のつつくは、別の鶏のつま先を繰り返しつつくことが含まれる、市販の鶏の同様の発生です。これらの行動のそれぞれは、飼育下での飼育条件によって引き起こされる可能性が高い生理学的ストレス(すなわち、極端に拡大した副腎)に関連しています。[5] [6] [7]

共食い

飼育下の鳥の共食いは、しばしば羽をつつくことに関連する行動です。羽をつつく頻度と強度が増すにつれて、共食いのリスクと有病率が高まります。[4]羽毛のつつきは、鳥の皮膚からの熱損失による食物消費の増加につながり、羽毛のつつきは、共食いの性質からなるすでに攻撃的な行動であるため、共食いは一般的な結果的影響です。共食いは、食物と同じ種の別の個人の全部または一部を消費する行為として定義されます。[4] [8] [9] [10]

常同行動

常同行動は、露骨な機能や目的を持たない不変の反復行動パターンであり、飼育下および/または精神障害のある動物に限定されているようです。[11]常同行動は、外部の環境条件または状況のために動物が通常の行動をとることができない結果です。産卵鶏の一般的な常同行動は、適切な巣の場所にアクセスできないために、一見儀式的な方法で動物が絶えず前後に歩くことを伴うペーシングです。[11]ペーシングの常同行動は、特に鳥などの飼育下の動物において、意図的な脱出の動きから生じるとも仮定されています。飼育下の最適ではない環境に関連する過剰な量と刺激の欠如は、鳥の常同行動の発達に共通する要因です。[11]

ベントペッキング

ベントペッキングは、飼育下の鳥に見られる異常な行動であり、総排泄腔、その周囲の皮膚、および別の鳥の下層組織にペッキングと損傷を引き起こします。ベントペッキングの発生は、主に、総排出腔が赤く拡大したときに鳥が産卵した直後です。[12]ベントペッキングは、フェザーペッキングのように、皮膚や組織の攻撃的な引き裂きや損傷を伴う別の個人に対する敵意の共食いの特徴のため、共食いへの入り口の行動です。ベント共食いは、産卵鶏の剖検結果で死を引き起こす最も一般的なタイプの共食いであることがわかりました。[13] [14] [15]

追加の動作

原因

飼育下の鳥の行動を分析する場合、正常または異常な行動と見なされるものは、特定の行動が自然環境で表現される形態と頻度に依存します。[33]ペットショップで飼育されている鳥は他の鳥と一緒に飼育される傾向がありますが、飼育下の鳥は、販売されて飼い主の家に運ばれた後、孤立して収容され、豊富な資源や複雑な刺激がない環境に収容されることがよくあります。米国では、4000万羽の鳥がケージに入れられ、不適切に世話されていると推定されています。[34]これらの不適切な飼育条件のために、ペットとして飼われているケージに入れられた鳥に異常な行動パターンが現れることがあります。一度確立されると、鳥のこれらの異常な行動はしばしば変更できません。[35]

鳥同士の社会的相互作用がないか不十分な場合、異常な社会的行動が発生する可能性があります。たとえば、ケージに隔離されたオウムに関する研究では、この社会的剥奪を示すほとんどの鳥が、攻撃的な行動、毛引き自傷行為、落ち着きのなさ、悲鳴、無関心な行動、常同行動などの重大な行動障害を持っていることが示されました[36] 研究中に監視された飼育下に住むいくつかのオウムは、過度に叫び、噛むことからなる行動を示しました。これらの鳥によって作られるこの特定の騒音は、飼育下で奨励されます。しかし、噛むことは野生のオウムが使用する典型的な防御機構ではありません。[32]共食いはしばしば大型畜産システムで発生します。これは通常、機会のない貧しい環境です。[37]さらに、ケージドカナリアの研究により、2つの一般的な常同行動が明らかになった。[21]これらには、鳥がくちばしの先端で環境内の特定の場所に繰り返し触れるスポットピッキング、およびケージによって課される動きの物理的制限に関連するペーシング行動であるルートトレースが含まれます。ゼブラフィンチに歌学習ないことも、行動異常として関係している。[38]これらの鳥では、若い男性と彼の歌の家庭教師との社会的相互作用は、通常の歌の発達にとって重要です。刺激がなければ、交配行動に必要な歌は学習されません。

研究者たちは、ケージに入れられた鳥のいくつかの異常な行動を軽減する方法を分析しました。これらの鳥に鏡やプラスチックの鳥などの新しい刺激や、別のケージにいる鳥の簡単な眺めなどの社会的刺激を与えると、常同行動が大幅に減少しました。[39]さらに、ケージに入れられた鳥をペアまたは小グループに保つことで異常行動の発生を減らすことが示唆されているが、これまでのところ、この主張を裏付ける定量的な証拠はほとんど収集されていない。[36]

統計的には、絶滅危惧種の1/10は卵子不妊になる傾向がありますが、この数は、飼育下の鳥を扱う絶滅危惧種のブリーダーでは増加します。[31]

家禽などの商業化された飼育の結果として示される異常な行動に加えて、家畜化に関連する社会的剥奪の機能として発生する問題のある行動も存在します。社会的剥奪とは、個体と​​その種の他の個体との間の通常の相互作用の防止または減少です。[40]現在、飼いならされた鳥を飼育するための主な方法は「手飼育」であり、これはヒナを数ヶ月までの期間、親から引き離すことを要求する。[41]この育成技術に関連する社会的剥奪は、育児の短期間の混乱でさえ、影響を受けた若者に極端な異常行動を引き起こす可能性があるため、社会的剥奪の最も有害な形態の1つです。[41]たとえば、通常の性的および生息地の刷り込みは、母親の分離、および環境内のストレッサーに適応する個々の能力の結果として、オスとメスの両方の鳥で変化します。[41] 新奇恐怖症は、環境内の新しい物体の回避であり、社会的剥奪と母親の分離によって減少します。[41]新奇恐怖症の欠如は、影響を受けた動物が潜在的に危険な刺激に近づくことをためらうことがないため、生存の可能性を低下させる可能性があります。さらに、多くの少年は、交配の練習を成功させるために必要な歌の学習を達成するために歌の家庭教師を必要とします。[42]したがって、社会的に恵まれない少年は、異常な発声とその結果としての交配行動を示す可能性があり、それは彼らの生存に有害である可能性があります。

一度確立されると、これらの異常な動作はしばしば変換できないことに注意することが重要です。[42]現在、鳥の飼育によって引き起こされる異常の解決策に関する研究はほとんどない。しかし、飼いならされたケージに入れられた鳥を小さなグループまたはペアで飼うことは、異常な行動を起こす可能性を減らすかもしれないことが示唆されています。[43]

も参照してください

参考文献

  1. ^ van Hoek、Caroline S。; テンケイト、カレル(1998年1月)。「ペットとして飼育されているケージドバードの異常行動」。応用動物福祉科学ジャーナル1(1):51–64。土井10.1207 / s15327604jaws0101_5ISSN1088-8705 _ PMID16363987 _
  2. ^ McLeod、S。(2018)。「異常心理学|単に心理学」www.simplypsychology.org 2019年9月29日取得
  3. ^ 「異常な行動」2013年4月6日取得
  4. ^ a b c Huber-Eicher、B; Sebö、F(2001年11月)。「産卵鶏の商業的群れにおける羽のつつきと発育の蔓延」。応用動物行動科学74(3):223–231。土井10.1016 / s0168-1591(01)00173-3ISSN0168-1591_ 
  5. ^ ブイテンハウス、AJ; 結核、ロデンバーグ; Siwek、M。; Cornelissen、SJ; Nieuwland、MG; Crooijmans、RP; マサチューセッツ州グローネン; Koene、P。; Bovenhuis、H。; van der Poel、JJ(2003-11-01)。「若齢および成鶏の産卵鶏でペックを受け取るための量的形質遺伝子座の同定」家禽科学82(11):1661–1667。土井10.1093 / ps /82.11.1661ISSN0032-5791_ PMID14653459_  
  6. ^ Huber-Eicher、B。およびSebo、F。、(2001)。産卵鶏の商業的群れにおける羽のつつきと発育の蔓延。Applied Animal Behavior Science、74:223–231
  7. ^ Sherwin、CM、Richards、GJおよびNicol、CJ、(2010)。英国の4つの住宅システムにおける産卵鶏の福祉の比較。英国家禽科学、51(4):488-499
  8. ^ Savory、J。、(2010)。栄養、摂食および飲酒行動、および福祉。家禽および他の飼育下の鳥の福祉においてIJHダンカンおよびP.ホーキンス(編)。スプリンガー。pp.165-188
  9. ^ セイボリー、CJ、(1995)。羽をつつくと共食い。世界の家禽科学ジャーナル、51:215–219
  10. ^ Rodenburg、TB、Komen、H.、Ellen、ED、Uitdehaag、KA、およびvan Arendonk、JAM、(2008)。選択方法と初期の生活史は、産卵鶏の行動発達、羽のつつき、共食いに影響を与えます:レビュー。応用動物行動科学、110:217-228
  11. ^ a b c メイソン、ジョージアJ.(1991年6月)。「常同行動:批評的レビュー」。動物の行動41(6):1015〜1037。土井10.1016 / s0003-3472(05)80640-2hdl10214/4622ISSN0003-3472_ S2CID53187334_  
  12. ^ Sherwin、Chris M.(2009-12-21)、「産卵のための住居の福祉と倫理的評価」、家禽および他の飼育下の鳥の福祉、動物福祉、vol。9、Springer Netherlands、pp。237–258、doi10.1007 / 978-90-481-3650-6_10ISBN 9789048136490
  13. ^ Weitzenbürger、D。; ヴィッツ、A。; ハマン、H。; Distl、O。(2005年10月)。「家具付き小グループ住宅システムと家具付きケージが2層株の死亡率と死因に及ぼす影響」。英国家禽科学46(5):553–559。土井10.1080 / 00071660500303206ISSN0007-1668_ PMID16359107_ S2CID10933379_   
  14. ^ シャーウィン、CM、(2010)。産卵のための住居の福祉と倫理的評価。家禽および他の飼育下の鳥の福祉においてIJH Duncan and P. Hawkins(eds)、Springer、pp.237-258
  15. ^ Potzsch、CJ、Lewis、K.、Nicol、CJおよびGreen、LE、(2001)。代替システムの産卵鶏におけるベントペッキングの有病率と、フェザーペッキング、管理および病気との関連に関する横断的研究。応用動物行動科学、74:259-272
  16. ^ Leonard、ML、Horn、AGおよびFairful、RW、(1995)。ホワイトレグホン鶏のアロペッキングの相関と結果。応用動物行動科学、43:17-26
  17. ^ Buitenhuis、AJ、Rodenburg、TB、Siwek、M.、Cornelissen、SJB、Nieuwland、MGB、Crooijmans、RPMA、Groenen、MAM、Koene、P.、Bovenhuis、H.、and van der Poel、JJ、(2003) 。若齢および成鶏の産卵鶏でペックを受け取るための量的形質遺伝子座の同定。家禽科学、82:1661-1667
  18. ^ 「ペットの鳥の毛引き:原因と解決策」beautyofbirds.com 2014年4月2日取得
  19. ^ Clubb、スーザン。「鳥の毛引き」Birdchannel.com。2008年10月22日にオリジナルからアーカイブされました。2014年4月2日取得
  20. ^ 「オウムの行動は人間の精神障害を反映している」News.uns.purdue.edu。2005-12-21 2014年4月2日取得
  21. ^ a b Sargent、TDおよびKeiper、RR、(1967)。ケージカナリアの常同行動。動物の行動、15:62-66
  22. ^ 「アーカイブされたコピー」www.realmacaw.com2011年10月4日にオリジナルからアーカイブされました2022年1月15日取得{{cite web}}:CS1 maint:タイトルとしてアーカイブされたコピー(リンク
  23. ^ 「オウム|オウムの保護|繁殖」オウム協会英国2014年4月2日取得
  24. ^ Hardy、WTおよびWestbrook RF、(1981)。鳥におけるリチウム誘発多飲症:電解質排泄の比較研究と分析。生理学と行動、27:575-583
  25. ^ Olsson、IAS、Keeling LJおよびDuncan、IJH、(2002)。なぜ鶏はごみを持っているのにダストバスを偽造するのですか?応用動物行動科学、76:53–64
  26. ^ Merrill、RJN、Cooper、JJ、Albentosa MJおよびNicol、CJ、(2006)。家具付きケージの砂浴び基板として、従来のワイヤーよりも穴あき人工芝の鶏を産むことの好み。動物福祉、15:173–178
  27. ^ van Liere、DW、(1992)。鳥が砂浴びすることの重要性。動物福祉、1:187–202
  28. ^ デイビス、クリス。「嫉妬とあなたの鳥」birdchannel.com 2012年7月29日取得
  29. ^ スピア、ブライアン。「専門家に聞く」ワールドオウムトラスト2012年7月6日取得
  30. ^ クラーク、パメラ。「ホルモンの振る舞い:あなたのオウムは犠牲者ですか?」(PDF)2012年11月14日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2012年12月20日取得
  31. ^ a b ヘミングス、N。; ウェスト、M。; バークヘッド、TR(2012-12-23)。「絶滅危惧種の鳥の孵化失敗の原因」生物学の手紙8(6):964–967。土井10.1098 /rsbl.2012.0655ISSN1744-9561_ PMC3497133_ PMID22977070_   
  32. ^ a b Wilson、Liz(2001-09-01)。「オウムの噛む行動と悲鳴を上げる行動」北米の獣医クリニック:エキゾチックアニマルプラクティス行動。4(3):641〜650。土井10.1016 / S1094-9194(17)30028-2ISSN1094-9194_ PMID11601105_  
  33. ^ Wiepkema、PR(1985)。家畜の異常行動:動物行動学的意味。オランダ動物学ジャーナル、35、279-299。
  34. ^ 「檻の鳥のようなものはありません」。動物の倫理的扱いのための人々。< http://www.peta.org/issues/companion-animals/caging-birds.aspx >
  35. ^ Ten Cate、C。(1995)。鳥の行動発達と飼育下繁殖のための刷り込みと歌学習の意味 研究と捕虜の伝播、187-197。
  36. ^ a b Lantermann、W。(1993)。アマゾンオウムの社会的剥奪。動物の行動、38、511-520。
  37. ^ Hughes、BO&Duncan、IJH(1998)。動物行動学的な「必要性」の概念、動機づけと動物福祉のモデル。動物の行動、36、1696-1707。
  38. ^ Slater、PJ、B.、Jones、A。&Ten Cate、C。(1993)。経験不足は歌学習の敏感な段階の終わりを遅らせることができますか?オランダ動物学ジャーナル、43、80-90。
  39. ^ Keiper、RR(1970)。カナリア(Serinus canarius)の常同行動機能の研究。動物の行動、18、353-357。
  40. ^ Bassuk、Ellen L。; ドネラン、ブリギッド; セレマ、ブケルワ; アリ、サルマ; Aguiar、Adriana Cavalcanti; アイゼンスタイン、イブリン; ヴォスタニス、パノス; バラビコバ、エレナ; Tashjian、Madeleine(2003)、 "Social Deprivation"、Trauma Interventions in War and Peace、International and Cultural Psychology Series、Springer US、pp。33–55、doi10.1007 / 978-0-306-47968-7_3ISBN 9780306477232
  41. ^ a b c d Fox、Rebecca(2008年1月)。「手で育てる:行動への影響と飼育下のオウムの福祉への影響」(PDF)オウムの行動のマニュアル:83–91。
  42. ^ a b Ten Cate、C(1995)。「鳥の行動発達と飼育下繁殖のための刷り込みと歌学習の意味」。調査と捕虜の伝播:187–197。
  43. ^ Lantermann、W(1993)。「アマゾンオウムの社会的剥奪」。動物の行動38:511–520。