AUTOEXEC.BAT

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

AUTOEXEC.BATは、もともとDOSタイプのオペレーティングシステム上にあったシステムファイルです。これは、ブートデバイスルートディレクトリにあるプレーンテキストのバッチファイルですファイル名は「自動実行」の略で、システム起動時にコマンドを自動実行する機能を表しています。このファイル名は、 FATファイルシステムファミリ の8.3ファイル名の制限に対応して作成されました。

使用法

AUTOEXEC.BAT起動時に、 Windows95およびWindows98で使用されているMS-DOSバージョン7.xを含むすべてのバージョンのDOSによって読み取られますWindows MEは、レガシー依存関​​係を減らす試みの一部としてのみ環境変数を解析しますが[1]、これは回避できます。[2]

このファイル名は、旧東ドイツのVEB RobotronによるMS-DOS派生物であるDisk Control Program  [ de ] (DCP)でも使用されていました。[3]

韓国語版のMS-DOS / PC DOS 4.01以降(PC DOS 7および2000を除く)で、現在の国コードが82(韓国の場合)に設定されていて、no/P:filenameが指定され、デフォルトAUTOEXEC.BATが見つからない場合COMMAND.COMKAUTOEXE.BAT代わりにファイル名を付けて、 DBCSフロントエンドドライバが適切に設定されていなくてもロードされるようにCONFIG.SYSAUTOEXEC.BATます。[4]

COMMAND.COMDOSでは、オペレーティングシステムが起動し、CONFIG.SYSファイル処理が終了すると、ファイルはコマンドラインプロセッサのプライマリコピー(通常は)によって実行されます。DOS自体は、バッチファイルパラメータを処理のCOMMAND.COMために渡す手段を提供しませんAUTOEXEC.BATが、代替コマンドラインプロセッサ4DOS4DOS.INI AutoExecParamsは、そのようなパラメータを定義するためのディレクティブと//AutoExecParams=起動オプションをサポートします。[5] Concurrent DOSMultiuser DOS、およびREAL / 32STARTxxy.BATでは、3つの初期パラメーターが対応する(存在する場合)または汎用AUTOEXEC.BATスタートアップファイルのいずれかに渡され%1、仮想コンソール番号を保持します。[6] %2 2桁の端末番号(xx)(00はメインコンソール)と%31桁のセッション番号(y)。[7]

WindowsNTとその子孫であるWindowsXPおよびWindowsVistaAUTOEXEC.BATは、ユーザーがログオンすると解析します。Windows MEと同様に、環境変数の設定以外は無視されます。[8]とは異なりCONFIG.SYS、のコマンドは対話型コマンドラインインタプリタAUTOEXEC.BATで入力できますこれらは、コンピューターが起動するたびにコンピューターオペレーターが自動的に実行したい標準コマンドであり、他のバッチファイルを含めることができます。

AUTOEXEC.BATキーボード、サウンドカード、プリンタ、一時ファイルの場所などの環境変数を設定するために最もよく使用されます。また、次のような低レベルのシステムユーティリティを開始するためにも使用されます。

  • ウイルススキャナー
  • ディスクキャッシングソフトウェア
  • マウスドライバー
  • キーボードドライバー
  • CDドライバー
  • その他のその他のドライバー

DOSの初期のバージョンでAUTOEXEC.BATは、デフォルトでは非常に単純でした。初期のPCおよびXTクラスのマシンには、デフォルト でバッテリーバックアップされたリアルタイムクロックがなかったため、 DATEandTIMEコマンドが必要でした。

@ ECHO OFF
 CLS 
DATE 
TIME 
VER

米国以外の環境では、キーボードドライバー(KEYB FRフランス語のキーボードなど)も含まれていました。それ以降のバージョンは、多くの場合、多数のサードパーティ製デバイスドライバーで大幅に拡張されました。以下は、基本的なDOS 5タイプのAUTOEXEC.BAT構成であり、基本的なコマンドのみで構成されています。

@ ECHO OFF
 PROMPT $ P $ G
 PATH C:\ DOS; C:\ WINDOWS
 SET  TEMP = C:\ TEMP
 SET  BLASTER = A220 I7 D1 T2
LH SMARTDRV.EXE
LH DOSKEY
LH MOUSE.COM / Y

この構成では、共通の環境変数を設定し、ディスクキャッシュをロードし、共通のディレクトリをデフォルトのPATHに配置し、DOSマウス/キーボードドライバを初期化します。このPROMPTコマンドは、プロンプトを単に「C>」(デフォルトのプロンプトで、作業ドライブのみを示し、その中のディレクトリは示さない)ではなく、 「C:\>」(作業ディレクトリがCドライブのルートである場合)に設定します。

一般に、デバイスドライバはにロードされCONFIG.SYS、プログラムはAUTOEXEC.BATファイルにロードされました。マウスなどの一部のデバイスは、製造元に応じて、のデバイスドライバまたはCONFIG.SYSTSRとしてロードできます。[9]AUTOEXEC.BAT

MS-DOS 6.0以降では、DOSブートメニューを設定できます。これは、DOSゲームやWindowsなどのさまざまなプログラムのブート構成を最適化することを希望するユーザーにとって非常に役立ちます。

@ ECHO OFF
 PROMPT $ P $ G
 PATH C:\ DOS; C:\ WINDOWS
 SET  TEMP = C:\ TEMP
 SET  BLASTER = A220 I7 D1 T2
 GOTO  %CONFIG%
WIN
LH SMARTDRV.EXE
LH MOUSE.COM / Y
勝つ
GOTO  END 
XMS
LH SMARTDRV.EXE
LH DOSKEY
GOTO  END 
END

この行は、で定義されたメニューエントリを検索するようにDOSに通知します次に、これらのプロファイルに名前を付け、目的の特定のドライバーとユーティリティを使用して構成します。各特定の構成の目的の最後で、コマンドはDOSをセクションにリダイレクトします。後の行はすべてのプロファイルで使用されます。 GOTO %CONFIG%CONFIG.SYSGOTO:END:END

DOSとWindows9xのデュアルブート

既存のDOS / Windowsインストールの上にWindows95をインストールする場合、およびCONFIG.SYS名前AUTOEXEC.BATが変更されCONFIG.DOSますAUTOEXEC.DOSこれは、Windows9xとDOS間のデュアルブートを容易にすることを目的としています。DOSで起動すると、一時的に名前が変更さCONFIG.SYSAUTOEXEC.BATます。Windows9xバージョンのバックアップは.W40ファイルとして作成されます。

Windows 9xはMSDOS.SYS、構成ファイルもインストールします。これは、パラメーターが読み込まれるとWindows 95/98を起動せず、代わりにDOSプロンプトが画面に表示されます(Windowsは、コマンド(ファイルWIN.COM)BOOTGUI=0を呼び出すことで引き続き読み込むことができます)。WINファイルには、システムの起動方法を指定するスイッチがいくつか含まれています。そのうちの1つは、システムが自動的にWindowsに入るかどうかを制御します。DOSプロンプトで起動するには、この「BootGUI」オプションを「0」に設定する必要があります。 、システムの動作は、基本的に、以前のWindowsバージョンと同様にDOS / Windowsペアリングの動作になりWINます。DOSプロンプトで入力することにより、必要に応じてWindowsを起動できます。

Caldera DR-DOS 7.02以降をインストールする場合、Windowsバージョンは名前AUTOEXEC.BATを保持しますが、DR-DOSで使用されるファイルは、SHELLディレクティブのスタートアップパラメータによって参照されるCOMMAND.COM名前が付けられます。また、名前を使用してファイルを区別します[10] [11] [12]AUTODOS7.BAT/P:filename.extCONFIG.SYSDCONFIG.SYS

OS / 2

OS / 2AUTOEXEC.BATの下で同等であるのはOS / 2ファイルですが、OS / 2の下で起動された本物のDOSセッションは引き続き使用しますSTARTUP.CMDAUTOEXEC.BAT

Windows NT

WindowsNTおよびその派生物であるWindows2000Windows Server 2003、およびWindows XPでは、同等のファイルが呼び出さAUTOEXEC.NTれ、ディレクトリに配置され%SystemRoot%\system32ます。このファイルは、オペレーティングシステムの起動プロセスでは使用されません。MS-DOS環境の起動時に実行されます。これはDOSアプリケーションがロードされたときに発生します。

このAUTOEXEC.BATファイルは、WindowsNTのブートドライブのルートディレクトリにあることがよくあります。Windowsは、すべてのユーザーに対してグローバルな環境変数を定義するために、含まれているステートメントSETとステートメントのみを考慮します。このファイルを介して環境変数を設定することは、たとえばMS-DOSもこのドライブから起動される場合(これにはドライブがFAT形式である必要があります)、または再インストール全体で変数を保持する場合に役立ちます。これは今日のエキゾチックな使用法であるため、ファイルは通常空のままです。MicrosoftPowerToysコレクションのTweakUIアプレット使用すると、この機能を制御できます(ログオン時にAUTOEXEC.BATを解析します)。 PATH

も参照してください

参考文献

  1. ^ "「Subst」コマンドがWindowsMillenniumEditionのAutoexec.batファイルで機能しない」。リビジョン1.3。Microsoft。2007-01-31。KB288997。Q288997。2011年5月24日にオリジナルからアーカイブ。2007年7月4取得
  2. ^ Ashumov、V。(2017)[2007]。「MS-DOS8.0のいくつかの機能」2010年10月22日にオリジナルからアーカイブされました2010年11月21日取得
  3. ^ クルス、リュディガー; グロス、マーティン; 飢餓、ヘンリー(2016-11-29)[2007]。「BetriebssystemDCP」www.robotrontechnik.de(ドイツ語)。2019-04-03にオリジナルからアーカイブされました2019年4月28日取得
  4. ^ Paul、Matthias R.(2001-10-25)。「システムファイル設定」ニュースグループ:  comp.os.msdos.programmer2017-09-10にオリジナルからアーカイブされました2014年8月6日取得[…] [W]それはKAUTOEXE.BATですか?[…]これは韓国語のMS-DOS / PC DOS4.01 +の特殊なケースです。MS-DOS 7.10(Windows 98SE、8.0、別名MEについてはよくわかりません)にはまだ存在しますが、PC DOS7 / 2000では消滅しました。現在の国コードが82 […]および[…]で/ P:filenameが指定されていない場合*および*デフォルトのAUTOEXEC.BATファイルが見つからなかった場合、COMMAND.COMは代わりにKAUTOEXE.BATという名前のファイルが存在する場合はそれを実行します。おそらく、これは、CONFIG.SYSまたはAUTOEXEC.BATファイルを適切に設定せずにDBCSフロントエンドドライバーがロードされるようにするために使用されます。[…]
  5. ^ 兄弟、ハーディン; ローソン、トム; Conn、Rex C .; ポール、マティアスR。; 染料、チャールズE。; Georgiev、Luchezar I.(2002-02-27)。4DOS8.00オンラインヘルプ
  6. ^ 同時DOSマルチユーザー/マルチタスクオペレーティングシステム-印刷スプーラーユーザーズガイド(PDF)デジタルリサーチ1989-02-01。2016年11月5日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2014年8月12日取得
  7. ^ 「FYI-CSPOOLの構成」ノベル1992-12-29。FYI.M.1901。2016年11月5日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月12日取得
  8. ^ 「情報:AUTOEXEC.BATの解析の構成」(1版)。Microsoft2007-03-20 [2002-06-11]。Q124551。2019-04-21にオリジナルからアーカイブされました2017年9月10日取得
  9. ^ 「マウスはMS-DOSシェルで動作しません」Microsoft2007 [1994]。KB96706。Q96706。2007年3月11日にオリジナルからアーカイブされました2006年10月15日取得
  10. ^ 「第1章:DR-DOSの紹介」Caldera DR-DOS7.02ユーザーガイドCaldera、Inc。1998 [1993、1997]。2016年11月5日にオリジナルからアーカイブされまし2013年8月10日取得
  11. ^ Caldera DR-DOS7.02ユーザーガイドCaldera、Inc。1998 [1993、1997]。2016年11月5日にオリジナルからアーカイブされまし2013年8月10日取得
  12. ^ 「FYI-複数のオペレーティングシステムブート用のLOADER.COMの構成-NECDOS3.3パーティションへのDRDOSのインストール」ノベル1993-01-05。FYI.M.1909。2016年11月5日にオリジナルからアーカイブされました2014年8月12日取得