パラレルATA

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
パラレルATA
PCChips M925LRPentium4.jpgのIDEコネクタPATA-cable.jpg
左側に2つのATAマザーボードソケット、右側にATAコネクタがあります。
タイプ 内部ストレージデバイスコネクタ
生産履歴
デザイナー Western DigitalCompaq
その後他の多くの企業によって強化されました
設計 1986年
に取って代わられました シリアルATA(2003)
一般仕様
ホットプラグ可能 番号
外部の 番号
ケーブル 40または80導体リボンケーブル
ピン 40
データ
16ビット
ビットレート 半二重
元々最大8.3 MB / s
以降33、66、100、133 MB / s
最大。デバイス
プロトコル 平行
ピンアウト
ATA Plug.svg
ピン1 リセット
ピン2 接地
ピン3 データ7
ピン4 データ8
ピン5 データ6
ピン6 データ9
ピン7 データ5
ピン8 データ10
ピン9 データ4
ピン10 データ11
ピン11 データ3
ピン12 データ12
ピン13 データ2
ピン14 データ13
ピン15 データ1
ピン16 データ14
ピン17 データ0
ピン18 データ15
ピン19 接地
ピン20 キーまたはVCC_in
ピン21 DDRQ
ピン22 接地
ピン23 I/O書き込み
ピン24 接地
ピン25 I/O読み取り
ピン26 接地
ピン27 IOCHRDY
ピン28 ケーブル選択
ピン29 DDACK
ピン30 接地
ピン31 IRQ
ピン32 接続なし
ピン33 Addr 1
ピン34 GPIO_DMA66_Detect
ピン35 Addr 0
ピン36 Addr 2
ピン37 チップセレクト1P
ピン38 チップセレクト3P
ピン39 アクティビティ
ピン40 接地

Parallel ATAPATA)、元々はAT Attachment、別名ATAまたはIDEは、 IBMPC互換機用に設計された標準 インターフェースです。1986年にWesternDigitalCompaqによって、互換性のあるハードドライブとCDまたはDVDドライブ用に最初に開発されました。この接続は、ハードディスクドライブフロッピーディスクドライブコンピュータの光ディスクドライブなどのストレージデバイスに使用されます

この規格は、X3/ INCITS委員会によって維持されています。[1]基盤となるATAttachment(ATA)およびAT Attachment Packet Interface(ATAPI)標準を使用します。

Parallel ATA規格は、初期のPC AT機器で使用するために開発された、元のATアタッチメントインターフェイスから始まった、段階的な技術開発の長い歴史の結果です。ATAインターフェイス自体は、WesternDigitalのオリジナルのIntegratedDrive Electronics(IDE)インターフェイスからいくつかの段階で進化ましその結果、ATA / ATAPIとその以前の化身の多くの同義語、特にExtended IDE(EIDE)とUltra ATA(UATA)は、依然として一般的に非公式に使用されています。2003年にSerialATA(SATA)が導入された後、元のATAはParallel ATA(略してPATA )に名前が変更されました。

パラレルATAケーブルの最大許容長は18インチ(457 mm)です。[2] [3]この制限のため、テクノロジーは通常、内部コンピューターストレージインターフェイスとして表示されます。長年にわたり、ATAはこのアプリケーションに最も一般的で最も安価なインターフェースを提供してきました。新しいシステムでは、主にSATAに置き換えられています。

歴史と用語

この規格は当初、正式には「ATアタッチメント」と呼ばれ、「ATA」と略される「ATバスアタッチメント」として考案されました[4] [5] 。その主な機能は、 IBMPCで導入された16ビットISAバスへの直接接続でした。 /AT[6]標準化委員会によって公開された元のATA仕様では、「ATアタッチメント」という名前が使用されています。[7] [8] [9] IBM PC / ATの「AT」は「AdvancedTechnology」を指しているため、ATAは「AdvancedTechnologyAttachment」とも呼ばれています。[10] [4] [11] [12] 2003年に新しいシリアルATA(SATA)が導入されたとき、[13]

物理ATAインターフェイスは、すべてのPCで標準コンポーネントになり、最初はホストバスアダプタで、時にはサウンドカードで、最終的にはマザーボードのサウスブリッジチップに埋め込まれた2つの物理インターフェイスとして使用されました。「プライマリ」および「セカンダリ」ATAインターフェイスと呼ばれ、 ISAバスシステムのベースアドレス0x1F0および0x170に割り当てられました。それらはSATAインターフェース に置き換えられました。

IDEとATA-1

メモリ、キーボード、プロセッサ、キャッシュ、リアルタイムクロック、およびスロット以外に何も組み込まれていない199280386PCマザーボードの例。このような基本的なマザーボードには、ST-506またはATAインターフェイスのいずれかが装備されている可能性がありますが、通常は両方が装備されているわけではありません。単一の2ドライブATAインターフェイスとフロッピーインターフェイスが、16ビットISAカードを介してこのシステムに追加されました。

現在ATA/ATAPIインターフェースと呼ばれているものの最初のバージョンは、WesternDigitalによってIntegratedDrive Electronics(IDE)という名前で開発さましControl Data Corporation(ハードドライブメーカー)およびCompaq Computer (最初の顧客)と共同で、既存のST-506ハードドライブインターフェイスとの互換性を維持することを目的として、コネクタ、シグナリングプロトコルなどを開発しました。[14]最初のそのようなドライブは1986年にCompaqPCに内部的に登場しました。[15] [16]そして1987年6月にCP342としてコナーペリフェラルによって最初に別々に提供されました。 [17]

統合ドライブエレクトロニクスという用語は、コネクタとインターフェイスの定義だけでなく、マザーボード上の個別のコントローラではなく、ドライブコントローラがドライブに統合されているという事実も指しますパラレルATAドライブをたとえばPCIスロットに接続するために使用されるインターフェイスカードは、ドライブコントローラではなく、ホストバスとATAインターフェイスの間の単なるブリッジです。元のATAインターフェイスは基本的に16ビットISAバスであるため変装して、ISAインターフェイスカードにATAコネクタが配置されている場合、ブリッジは特に単純でした。統合コントローラーは、比較的単純なコマンドインターフェイスを備えた512バイトブロックのアレイとしてドライブをホストコンピューターに提示しました。これにより、以前のST-506およびESDIで行わなければならなかった、ディスクヘッドアームのステップ、ヘッドアームの出し入れなどの雑用から、ホストコンピュータのメインボードおよびインターフェイスカードが解放されました。ハードドライブ。ドライブの機械的動作に関するこれらの低レベルの詳細はすべて、ドライブ自体のコントローラーによって処理されるようになりました。これにより、さまざまな種類のドライブを処理できる単一のコントローラーを設計する必要もなくなりました。これは、コントローラーがドライブに対して一意である可能性があるためです。ホストは、読み取りまたは書き込みを行う特定のセクターまたはブロックを要求するだけでよく、ドライブからデータを受け入れるか、ドライブにデータを送信します。

これらのドライブで使用されるインターフェイスは、1994年にANSI標準X3.221-1994、ディスクドライブ用のATアタッチメントインターフェイスとして標準化されました。規格の新しいバージョンが開発された後、これは「ATA-1」として知られるようになりました。[18] [19]

ATAの短命でめったに使用されない実装は、8ビットバージョンのISAバスを使用するIBMXTおよび同様のマシン用に作成されました。これは、「XT-IDE」、「XTA」、または「XTアタッチメント」と呼ばれています。[20]


EIDEとATA-2

1994年、ATA-1規格が採用されたのとほぼ同時に、WesternDigitalは新しい名前のEnhancedIDE(EIDE)でドライブを発表しました。これらには、今後のATA-2仕様のほとんどの機能と、いくつかの追加の機能拡張が含まれていました。他のメーカーは、「FastATA」や「FastATA-2」などの独自のATA-1のバリエーションを導入しました。

ANSI規格の新しいバージョンである拡張機能ATA-2(X3.279-1996)を備えたATアタッチメントインターフェイスは、1996年に承認されました。これには、メーカー固有のバリアントのほとんどの機能が含まれていました。[21] [22]

ATA-2は、ハードドライブ以外のデバイスをインターフェイスに接続できることに最初に気づきました。

3.1.7デバイス:デバイスはストレージ周辺機器です。従来、ATAインターフェイス上のデバイスはハードディスクドライブでしたが、この標準に準拠していれば、任意の形式のストレージデバイスをATAインターフェイスに配置できます。

— 拡張機能付きATアタッチメントインターフェイス(ATA-2)、2ページ[22]

ATAPI

前のセクションで述べたように、ATAは元々、ハードディスクドライブとそれらをエミュレートできるデバイスでのみ設計され、動作していました。スモールフォームファクタ委員会(SFF)と呼ばれるグループによるATAPI(ATAパケットインターフェイス)の導入により、ハードディスクドライブに必要な機能を超える機能を必要とする他のさまざまなデバイスにATAを使用できるようになりました。たとえば、リムーバブルメディアデバイスには、「メディアイジェクト」コマンドと、ホストがメディアが存在するかどうかを判断する方法が必要ですが、これらはATAプロトコルでは提供されていません。

スモールフォームファクタ委員会は、ATAPI、「ATAパケットインターフェイス」を定義することでこの問題に取り組みました。ATAPIは、実際にはATAインターフェイスがSCSIコマンドと応答を伝送できるようにするプロトコルです。したがって、すべてのATAPIデバイスは、電気的インターフェース以外では実際には「SCSIを話す」ものです。実際、初期のATAPIデバイスの中には、ATA/ATAPIからSCSIへのプロトコルコンバーターが追加された単なるSCSIデバイスでした。SCSIコマンドと応答は、ATAケーブルで送信するために「パケット」(したがって「ATAパケットインターフェイス」)に埋め込まれています。これにより、SCSIコマンドセットが定義されているすべてのデバイスクラスをATA/ATAPI経由でインターフェイスできます。

ATAPIデバイスも「話すATA」です。これは、ATAの物理インターフェイスとプロトコルが引き続きパケットの送信に使用されているためです。一方、ATAハードドライブとソリッドステートドライブはATAPIを使用しません。

ATAPIデバイスには、CD-ROMおよびDVD-ROMドライブ、テープドライブ、およびZipドライブSuperDiskドライブなどの大容量フロッピードライブが含まれます。

ATAPIデバイスの各クラス(CD-ROM、テープなど)で使用されるSCSIコマンドと応答は、それらのデバイスクラスに固有の他のドキュメントまたは仕様に記載されており、ATA/ATAPIまたはT13委員会の権限の範囲内ではありません。一般的に使用されるセットの1つは、 MMCSCSIコマンドセット で定義されています。

ATAPIは、INCITS 317-1998、パケットインターフェイス拡張を備えたATアタッチメント(ATA / ATAPI-4)のATAの一部として採用されました。[23] [24] [25]

UDMAとATA-4

ATA / ATAPI-4規格では、いくつかの「UltraDMA」転送モードも導入されました。これらの最初にサポートされた速度は、16 MByte/sから33MByte/secondです。それ以降のバージョンでは、より高速なUltra DMAモードが追加され、クロストークを減らすために新しい80線ケーブルが必要になりました。Parallel ATAの最新バージョンは、最大133 MByte/sをサポートします。

UltraATA

Ultra ATA(略してUATA)は、主にWesternDigitalがATA/ATAPI標準のさまざまな速度拡張に使用している名称ですたとえば、2000年にWestern Digitalは、「Ultra ATA / 100」を説明するドキュメントを公開しました。これにより、パラレルATAインターフェイスの最大速度が66から100 MB / sに向上し、当時のATA/ATAPI-5標準のパフォーマンスが向上しました。[26] Western Digitalの変更のほとんどは、他の変更とともに、ATA / ATAPI-6標準(2002)に含まれていました。

現在の用語

「統合ドライブエレクトロニクス」(IDE)、「拡張IDE」、および「EIDE」という用語は、ATA(現在はParallel ATA、またはPATA)と同じ意味で使用されるようになりました。

さらに、ATA仕様のさまざまなバージョンに準拠した、数世代の「EIDE」ドライブが販売されています。初期の「EIDE」ドライブはATA-2と互換性があり、後の「EIDE」ドライブはATA-6と互換性がある可能性があります。

それでも、コンピュータ部品ベンダーからの「IDE」または「EIDE」ドライブの要求は、ほとんどの場合、ほとんどのパラレルATAインターフェイスで動作するドライブを生成します。

もう1つの一般的な使用法は、サポートされている最速モードで仕様バージョンを参照することです。たとえば、ATA-4はUltra DMAモード0〜2をサポートし、後者は33メガバイト/秒の最大転送速度を提供します。したがって、ATA-4ドライブは「UDMA-33」ドライブと呼ばれることもあり、「ATA-33」ドライブと呼ばれることもあります。同様に、ATA-6は毎秒100メガバイトの最大転送速度を導入し、このバージョンの標準に準拠する一部のドライブは「PATA/100」ドライブとして販売されています。

x86BIOSサイズの制限

当初、ATAドライブのサイズはC / H / Sパラメータを事前定義したタイプ番号(1〜45)を使用してシステムx86 BIOSに保存され[27]、多くの場合、ドライブヘッドが駐車されるランディングゾーンも保存されていました。使用していない間。その後、「ユーザー定義可能な」フォーマット[27]C / H / Sまたはシリンダー、ヘッド、セクターと呼ばれるものが利用可能になりました。これらの数値は、以前のST-506インターフェイスでは重要でしたが、ATAでは一般的に無意味でした。後のATA大型ドライブのCHSパラメータは、ドライブの内部物理レイアウトを実際にはまったく定義しない、非常に多くのヘッドまたはセクターを指定することがよくありました。 。最初からATA-2まで、すべてのユーザーは、接続されているすべてのドライブのサイズを明示的に指定する必要がありました。ATA-2以降、送信可能ですべてのドライブパラメータを返す「ドライブの識別」コマンドが実装されました。

マザーボードメーカーによる先見の明の欠如のために、システムBIOSは、特定の値が特定の数値の最大値を超えることはないと想定しているメーカーのために、人工的なC / H/Sサイズの制限によってしばしば妨げられました。

これらのBIOS制限の最初のものは、ATAドライブが504 MiBを超えるサイズに達したときに発生しました。これは、一部のマザーボードBIOSが、1024シリンダー、16ヘッド、および63セクターを超えるC / H/S値を許可しないためです。セクターあたり512バイトを掛けると、合計528 482 304バイトになり、 MiBあたり1 048 576バイトで割ると、504 MiB(528 MB)になります。

これらのBIOS制限の2番目は、1024シリンダー、256ヘッド、および63セクターで発生し、 MS-DOSの問題により、ヘッド数が255に制限されました。これは合計で8 422 686 720バイト(8032.5 MiB)であり、一般に次のように呼ばれます。 8.4ギガバイトの障壁。これもx86BIOSによって課せられる制限であり、ATAインターフェイスによって課せられる制限ではありません。

最終的に、これらのサイズ制限は、起動時にハードドライブのブートセクタからロードされる小さなプログラムで上書きできることが判明しました。Western Digitalなどの一部のハードドライブメーカーは、これらの問題を克服するために、これらのオーバーライドユーティリティを新しい大型ハードドライブに組み込み始めました。ただし、特別なユーティリティをロードせずにコンピュータを他の方法で起動した場合、無効なBIOS設定が使用され、ドライブにアクセスできないか、オペレーティングシステムに損傷があるように見える可能性があります。

その後、「拡張ディスクドライブ」(EDD)と呼ばれるx86 BIOSディスクサービスの拡張機能が利用可能になり、264セクターまでのドライブをアドレス指定できるようになりまし[28]

インターフェイスサイズの制限

最初のドライブインターフェイスは22ビットアドレッシングモードを使用していたため、最大ドライブ容量は2ギガバイトでした。その後、最初の正式なATA仕様では、 LBA28を介して28ビットのアドレッシングモードが使用され、それぞれ512バイトの2 28268 435 456)セクター(ブロック)のアドレッシングが可能になり、最大容量は128  GiB(137  GB)になりました。 [29]

ATA-6は48ビットアドレス指定を導入し、制限を128  PiB(144  PB)に増やしました。結果として、容量が約137 GBを超えるATAドライブは、ATA-6以降のドライブである必要があります。このようなドライブをATA-5以前のインターフェースを備えたホストに接続すると、使用可能な容量がインターフェースの最大値に制限されます。

WindowsXPpre -SP1やWindows2000pre -SP3などの一部のオペレーティングシステムでは、デフォルトでLBA48が無効になっているため、ユーザーは、約137ギガバイトを超えるATAドライブの全容量を使用するために追加の手順を実行する必要があります。[30]

Windows 98などの古いオペレーティングシステムは、48ビットLBAをまったくサポートしていません。ただし、サードパーティグループMSFN [31]のメンバーは、Windows 98ディスクドライバを変更して、48ビットLBAの非公式サポートをWindows 95 OSR2Windows 98Windows 98 SE、およびWindowsMEに追加しました。

LBA48をサポートする一部の16ビットおよび32ビットオペレーティングシステムは、32ビット演算のみを使用しているため、2TiBを超えるディスクをサポートしない場合があります。多くのブートセクタにも適用される制限

優位性と退行

Parallel ATA(当時は単にATAまたはIDEと呼ばれていました)は、導入後すぐにPCの主要なストレージデバイスインターフェイスになりました。一部のシステムでは、3番目と4番目のマザーボードインターフェイスが提供され、最大8台のATAデバイスをマザーボードに接続できました。多くの場合、これらの追加のコネクタは安価なRAIDコントローラによって実装されていました。

2003年にシリアルATA (SATA)が導入された直後、パラレルATAの使用は減少しました。SATAインターフェイスが組み込まれた最初のマザーボードには、通常、1つのPATAコネクタ(最大2つのPATAデバイス用)と複数のSATAコネクタしかありませんでした。当時の一部のPCおよびラップトップには、SATAハードディスクとPATAに接続された光学ドライブがあります。

2007年の時点で、一部のPCチップセット(Intel ICH10など)はPATAのサポートを削除しました。これらのチップセットでParallelATAを提供したいマザーボードベンダーは、追加のインターフェイスチップを含める必要があります。最近のコンピュータでは、4つ以上のシリアルATAコネクタがマザーボードに通常提供され、すべてのタイプのSATAデバイスが一般的であるため、パラレルATAインターフェイスが存在する場合でもほとんど使用されません。

Western DigitalがPATA市場から撤退したことにより、PATAインターフェイスを備えたハードディスクドライブは、2013年12月以降、特殊用途以外の製品として生産されなくなりました。[32]

パラレルATAインターフェース

パラレルATAケーブルは一度に16ビットでデータを転送します。従来のケーブルは、40導体または80導体のリボンケーブルに接続された40ピンのメスコネクタを使用します各ケーブルには2つまたは3つのコネクタがあり、そのうちの1つはコンピュータシステムの他の部分とインターフェイスするホストアダプタに接続します。残りのコネクタは、ストレージデバイス、最も一般的にはハードディスクドライブまたは光学ドライブに接続します。各コネクタには39個の物理ピンが2列に配置されており、ピン20にギャップまたはキーがあります。

丸いパラレルATAケーブル(リボンケーブルとは対照的に)は、外観上の理由と、コンピューターの冷却が改善され、取り扱いが容易であるという主張から、最終的に「ケースモッダー」で利用できるようになりました。ただし、ATA仕様でサポートされているのはリボンケーブルのみです。

ピン20

ATA規格では、ピン20はメカニカルキーとして定義されており、使用されていません。メスコネクタのこのピンのソケットはしばしば塞がれており、ピン20をオスケーブルまたはドライブコネクタから省略する必要があります。したがって、間違った方法でプラグを差し込むことは不可能です。

ただし、一部のフラッシュメモリドライブは、ピン20をVCC_inとして使用して、特別な電源ケーブルを必要とせずにドライブに電力を供給することができます。この機能は、機器がピン20のこの使用をサポートしている場合にのみ使用できます。[33]

ピン28

80芯ケーブルの灰色(スレーブ/中央)コネクタのピン28は、ケーブルのどの導体にも接続されていません。通常、黒(マスタードライブ側)と青(マザーボード側)のコネクタに接続されます。これにより、ケーブル選択機能が有効になります。

ピン34

ピン34は、80芯ケーブルの青いコネクタの内側でアースに接続されていますが、ケーブルのどの導体にも接続されていないため、このようなケーブルを検出できます。通常、灰色と黒色のコネクタに取り付けられています。[34]

44ピンバリアント

44ピンのバリアントPATAコネクタは、ラップトップ内の2.5インチドライブに使用されます。ピンは互いに接近しており、コネクタは40ピンコネクタよりも物理的に小さくなっています。余分なピンは電力を運びます。

80コンダクタバリアント

1.8インチハードディスク上の80ピンパラレルATAインターフェイス

ATAのケーブルには、その歴史の大部分で40本の導線があります(2.5インチドライブに使用される小型のフォームファクタバージョンでは44本、電源用に4本追加)が、UDMA/66モードの導入により80本の導線バージョンが登場しました。 。新しいケーブルの追加の導体はすべてアースであり、信号導体とインターリーブして、隣接する信号導体間の容量結合の影響を減らし、クロストークを減らします。容量結合は、より高い転送速度ではより問題になり、この変更が必要でした。UDMA4の66メガバイト/秒(MB / s)の転送速度を確実に機能させるため。より高速なUDMA5およびUDMA6モードには80芯ケーブルも必要です。

ATAケーブルの比較:40芯リボンケーブル(上)と80芯リボンケーブル(下)。どちらの場合も、40ピンのメスコネクタが使用されます。

導体の数は2倍になりますが、コネクタのピン数とピン配列は40導体のケーブルと同じであり、コネクタの外観は同じです。内部的には、コネクタは異なります。80芯ケーブルのコネクタは、より多くのアース線をアースピンに接続し、40芯ケーブルのコネクタは、アース線をアースピンに1対1で接続します。80芯ケーブルには通常、均一な色の40芯ケーブルのコネクタ(通常はすべて灰色)とは対照的に、3つの異なる色のコネクタ(コントローラ、マスタードライブ、およびスレーブドライブ用にそれぞれ青、黒、灰色)が付属しています。80芯ケーブルの灰色のコネクタには、ピン28 CSELが接続されていないため、ケーブル選択で構成されたドライブのスレーブ位置になります。

コネクタの違い

コネクタ間の違い

右の画像は、ストレインリリーフ、カバー、ケーブルを取り外した後のPATAコネクタを示しています。ピン1はコネクタの左下、ピン2は左上などです。ただし、青いコネクタの下の画像は反対側からの眺めを示しており、ピン1は右上にあります。

コネクタは圧接コネクタです。各接点は、隣接する導体の絶縁を損なうことなく、目的の導体に接続できるように、リボンケーブルの絶縁を一緒に貫通する1対のポイントで構成されます。中央の接点列はすべて共通のアースバスに接続されており、ケーブルの奇数番号の導体に接続されています。一番上の列の接点は、コネクタの偶数番号のソケット(レセプタクルの偶数番号のピンと嵌合)であり、ケーブルの他のすべての偶数番号の導体に接続します。接点の一番下の列は、コネクタの奇数番号のソケット(レセプタクルの奇数番号のピンと嵌合)であり、ケーブルの残りの偶数番号の導体に接続します。

すべてのコネクタのソケット2(左上)、19(中央下の列)、22、24、26、30、および40からの共通接地バスへの接続に注意してください。また、青いコネクタのソケット34は導体に接触していませんが、他の2つのコネクタのソケット34とは異なり、共通のアースバスに接続していることに注意してください(拡大された詳細、下部、コネクタの反対側から見た場合)。灰色のコネクタでは、ソケット28が完全に欠落しているため、灰色のコネクタに接続されているドライブのピン28が開いていることに注意してください。黒のコネクタでは、ソケット28と34は完全に正常であるため、黒のコネクタに接続されているドライブのピン28と34がケーブルに接続されます。黒のドライブのピン28は、ホストレセプタクルのピン28に到達しますが、灰色のドライブのピン28には到達しません。黒のドライブのピン34は灰色のドライブのピン34に到達しますが、ホストのピン34には到達しません。代わりに、ホストのピン34は接地されています。

この規格では、設置者とケーブルメーカーの両方が簡単に識別できるように、色分けされたコネクタが規定されています。3つのコネクタはすべて互いに異なります。青い(ホスト)コネクタには、ピン34のソケットがコネクタ内部のアースに接続されていますが、ケーブルの導体には接続されていません。古い40導体ケーブルはピン34を接地しないため、接地接続の存在は、80導体ケーブルが取り付けられていることを示します。ピン34の導体は、他のタイプには通常取り付けられており、接地されていません。ケーブルを逆方向​​に取り付けると(システムボードの黒いコネクタ、リモートデバイスの青いコネクタ、中央のデバイスの灰色のコネクタ)、リモートデバイスのピン34が接地され、ホストのピン34が中央のピン34に接続されます。デバイス。

ケーブル上の複数のデバイス

2つのデバイスが1つのケーブルに接続されている場合、1つはデバイス0(以前は一般的にマスターと呼ばれていました)として指定され、もう1つはデバイス1(過去には一般的にスレーブとして指定されていました)として指定する必要があります。この区別は、両方のドライブが競合することなくケーブルを共有できるようにするために必要です。デバイス0ドライブは、通常、コンピューターのBIOSやオペレーティングシステムに「最初に」表示れるドライブですほとんどのパーソナルコンピュータでは、ドライブはデバイス0の場合は「C:」、デバイス1の場合は「D:」と呼ばれ、それぞれに1つのアクティブなプライマリパーティションを参照します。

デバイスドライブという用語は、マスタードライブマスターデバイスのように、業界では同じ意味で使用されています。

デバイスが使用する必要のあるモードは、多くの場合、デバイス自体のジャンパー設定によって設定されます。ジャンパー設定は、デバイス0マスター)またはデバイス1スレーブ)に手動で設定する必要があります。ケーブル上に単一のデバイスがある場合は、デバイス0として構成する必要があります。ただし、一部の特定の時代のドライブには、この構成用にシングルと呼ばれる特別な設定があります(特にWestern Digital)。また、使用可能なハードウェアとソフトウェアによっては、デバイス1ドライブとして構成されている場合でも、ケーブル上の単一ドライブが確実に機能することがよくあります(ほとんどの場合、光学ドライブがセカンダリATAインターフェイス上の唯一のデバイスである場合に見られます)。

プライマリセカンダリという言葉は通常、2つのIDEケーブルを指し、それぞれ2つのドライブ(プライマリマスター、プライマリスレーブ、セカンダリマスター、セカンダリスレーブ)を持つことができます。

ケーブル選択

ケーブルセレクトと呼ばれるドライブモードは、ATA-1ではオプションとして説明されており、ATA-5以降でかなり広く使用されるようになりました。「ケーブル選択」に設定されたドライブは、ケーブル上の位置に応じて、デバイス0またはデバイス1として自動的に構成されます。ケーブルの選択はピン28によって制御されます。ホストアダプタはこのピンを接地します。デバイスがピンが接地されていることを確認すると、デバイス0デバイスになります。ピン28が開いていることを確認すると、デバイスはデバイス1デバイスになります。

この設定は通常、「ケーブル選択」と呼ばれるドライブのジャンパー設定によって選択されます。これは通常、 CSとマークされており、デバイス0/1設定 とは別のものです。

2つのドライブがデバイス0およびデバイス1として手動で構成されている場合、この構成はケーブル上のそれらの位置に対応する必要はないことに注意してください。ピン28は、ドライブにケーブル上の位置を知らせるためにのみ使用されます。ドライブと通信するときにホストによって使用されません。

40芯ケーブルでは、2つのデバイスコネクタ間のピン28ワイヤを切断するだけで、ケーブル選択を実装するのが非常に一般的でした。デバイス1のデバイスをケーブルの端に配置し、デバイス0を中央のコネクタに配置します。この配置は、最終的には後のバージョンで標準化されました。中央のコネクタを使用して、2ドライブケーブルにデバイスが1つしかない場合、ケーブルの未使用のスタブが発生します。これは、物理的な利便性と電気的な理由から望ましくありません。スタブは、特に高い転送速度で 信号反射を引き起こします。

ATAPI5 / UDMA4で使用するために定義された80芯ケーブルから始めて、デバイス0デバイスは黒いコネクタの18インチ(460 mm)ケーブルのホストから遠い端に行き、スレーブデバイス1は行きます灰色の中央のコネクタにあり、青色のコネクタはホストに接続されています(マザーボードIDEコネクタやIDEカードなど)。したがって、2ドライブケーブルに1つ(デバイス0 )のデバイスしかない場合、黒いコネクタを使用すると、反射を引き起こすケーブルスタブはありません。また、ケーブルの選択は、通常はコネクタ本体から接点を省略するだけ で、デバイス1のデバイスコネクタに実装されるようになりました。

シリアル化、オーバーラップ、およびキューに入れられた操作

ATA-3までのパラレルATAプロトコルでは、ATAインターフェイスでコマンドを実行した後、後続のコマンドを実行する前にコマンドを完了する必要があります。デバイスでの操作は、ATAホストインターフェイスに関してシリアル化する必要があります‍—‌一度に1つの操作のみが進行中です‍—‌。有用なメンタルモデルは、ホストATAインターフェイスがその期間全体にわたって最初の要求でビジーであるため、最初の要求が完了するまで別の要求について通知できないことです。インターフェイスへの要求をシリアル化する機能は、通常、ホストオペレーティングシステムのデバイスドライバーによって実行されます。

ATA-4以降のバージョンの仕様には、オプション機能として「重複機能セット」と「キュー機能セット」が含まれており、どちらも「タグ付きコマンドキューイング」という名前が付けられています。"(TCQ)、ATAバージョンがエミュレートしようとするSCSIの機能セットへの参照。ただし、これらの機能セットは次のように実装されているため、実際のパラレルATA製品およびデバイスドライバではこれらのサポートは非​​常にまれです。もともとISAバスの拡張として、その遺産とのソフトウェアの互換性を維持します。この実装により、CPUの使用率が高くなり、コマンドキューイングの利点が大幅に失われました。対照的に、他のストレージバス、特にSCSIでは、オーバーラップおよびキューイングされた操作が一般的でした。タグ付きコマンドキューイングのバージョンは、ISA用に設計されたAPIと互換性がある必要がなく、PCIなどのファーストパーティDMAをサポートするバスで低オーバーヘッドで高性能を実現できます。これは、SCSIの大きな利点として長い間見られてきました。

シリアルATA規格は、最初のリリースからネイティブコマンドキューイング(NCQ)をサポートしていますが、これはホストアダプターとターゲットデバイスの両方のオプション機能です。多くの廃止されたPCマザーボードはNCQをサポートしていませんが、最新のSATAハードディスクドライブとSATAソリッドステートドライブは通常NCQをサポートしています。これは、リムーバブル(CD / DVD)ドライブの制御に使用されるATAPIコマンドセットがキューに入れられた操作を禁止しているため、通常はサポートしません。 。

1本のケーブルに2つのデバイス—速度への影響

遅いデバイスが同じケーブル上の速いデバイスのパフォーマンスにどの程度影響を与える可能性があるかについては、多くの議論があります。効果はありますが、ここでは「最低速度」と「一度に1つの操作」と呼ばれる2つのまったく異なる原因がぼやけているため、議論は混乱しています。

「最低速度」

初期のATAホストアダプタでは、速度機能の異なる2つのデバイスが同じケーブル上にある場合、両方のデバイスのデータ転送を低速のデバイスの速度に制限できます。

最新のATAホストアダプタはすべて、独立したデバイスタイミングをサポートしているため、これは当てはまりません。これにより、ケーブル上の各デバイスが独自の最高速度でデータを転送できます。独立したタイミングのない以前のアダプターでも、この効果は読み取りまたは書き込み操作のデータ転送フェーズにのみ適用されます。[35]

「一度に1つの操作」

これは、ほとんどのパラレルATA製品からオーバーラップされた機能セットとキューに入れられた機能セットの両方が欠落していることが原因です。一度に読み取りまたは書き込み操作を実行できるのは、ケーブル上の1つのデバイスのみです。したがって、頻繁に使用される低速デバイスと同じケーブル上の高速デバイスは、低速デバイスが最初にタスクを完了するのを待機する必要があることに気付くでしょう。

ただし、最近のほとんどのデバイスは、データがオンボードキャッシュメモリに格納されると、データが(低速の)磁気ストレージに書き込まれる前に、書き込み操作が完了したと報告します。これにより、コマンドをケーブル上の他のデバイスに送信できるようになり、「一度に1つの操作」の制限による影響が軽減されます。

これがシステムのパフォーマンスに与える影響は、アプリケーションによって異なります。たとえば、オプティカルドライブからハードドライブにデータをコピーする場合(ソフトウェアのインストール中など)、この影響はおそらく問題になりません。このような作業は、どこにいても光学ドライブの速度によって必然的に制限されます。ただし、問題のハードドライブが同時に他のタスクにも優れたスループットを提供することが期待される場合は、光学ドライブと同じケーブル上にあるべきではありません。

HDDのパスワードとセキュリティ

ATAデバイスは、ATA仕様で定義されているため、ブランドやデバイスに固有ではないオプションのセキュリティ機能をサポートしている場合があります。特別なATAコマンドをドライブに送信することにより、セキュリティ機能を有効または無効にできます。デバイスがロックされている場合、ロックが解除されるまですべてのアクセスを拒否します。

デバイスには、ユーザーパスワードとマスターパスワードの2つのパスワードを設定できます。いずれかまたは両方を設定できます。マスターパスワード識別子機能があり、サポートおよび使用されている場合、現在のマスターパスワードを(開示せずに)識別できます。

デバイスは、高セキュリティモードまたは最大セキュリティモードの2つのモードでロックできます。IDENTIFY応答のワード128のビット8は、ディスクがどのモードにあるかを示します。0=高、1=最大。

高セキュリティモードでは、「SECURITY UNLOCK DEVICE」ATAコマンドを使用して、ユーザーパスワードまたはマスターパスワードのいずれかでデバイスのロックを解除できます。試行制限があり、通常は5に設定されています。その後、ロックを再試行する前に、ディスクの電源を入れ直すか、ハードリセットする必要があります。また、高セキュリティモードでは、SECURITYERASEUNITコマンドをユーザーパスワードまたはマスターパスワードのいずれかで使用できます。

最大セキュリティモードでは、デバイスはユーザーパスワードでのみロックを解除できます。ユーザーパスワードが使用できない場合、少なくともベアハードウェアを使用可能な状態に戻す唯一の方法は、SECURITY ERASE PREPAREコマンドを発行し、その直後にSECURITYERASEUNITを発行することです。最大セキュリティモードでは、SECURITY ERASE UNITコマンドはマスターパスワードを必要とし、ディスク上のすべてのデータを完全に消去します。IDENTIFY応答のワード89は、操作にかかる時間を示します。[36]

ATAロックは、有効なパスワードがないと無効にできないことを目的としていますが、デバイスのロックを解除するための回避策があります。[要出典]

外部パラレルATAデバイス

PATA-USBアダプター。外付けケース内のDVD-RWオプティカルドライブの背面に取り付けられています

短いケーブル長の仕様とシールドの問題により、コンピュータへの接続にPATAを直接使用する外部PATAデバイスを見つけることは非常にまれです。外部に接続されたデバイスは、U字型の曲げを形成するために追加のケーブル長が必要です。これにより、外部デバイスをコンピュータケースの横または上に配置できます。標準のケーブル長は短すぎて、これを行うことができません。マザーボードからデバイスへの到達を容易にするために、コンピュータケースの前面から突き出ているデバイスに接続するために、コネクタはマザーボードの前端に向かって配置される傾向があります。このフロントエッジの位置により、外部デバイスへの背面の拡張がさらに困難になります。リボンケーブルはシールドが不十分であり、標準では、RF放射制限を満たすために、シールドされたコンピュータケース内にケーブルを取り付ける必要があります。

内部PATAインターフェイスを備えた外付けハードディスクドライブまたは光ディスクドライブは、他のインターフェイステクノロジを使用して、外付けデバイスとコンピュータの間の距離を埋めます。USBが最も一般的な外部インターフェイスであり、Firewireがそれに続きます。外部デバイス内のブリッジチップは、USBインターフェイスからPATAに変換され、通常、ケーブル選択またはマスター/スレーブなしで単一の外部デバイスのみをサポートします。

コンパクトフラッシュインターフェース

コンパクトフラッシュはミニチュアATAインターフェイスであり、CFデバイスにも電力を供給できるようにわずかに変更されています。

IDEモードのコンパクトフラッシュは、本質的には小型化されたATAインターフェイスであり、フラッシュメモリストレージを使用するデバイスでの使用を目的としています。小さいCFソケットを大きいATAコネクタに直接適合させる以外に、インターフェースチップや回路は必要ありません。(ほとんどのCFカードはPIO4までのIDEモードしかサポートしていないため、IDEモードではCF対応の速度よりもはるかに遅くなります[37]) 。

ATAコネクタの仕様にはCFデバイスに電力を供給するためのピンが含まれていないため、電力は別の電源からコネクタに挿入されます。これの例外は、CFデバイスが2.5インチハードディスクドライブ用に設計された44ピンATAバスに接続されている場合です。このバスの実装では、標準のハードディスクドライブに電力を供給する必要があるためです。

CFデバイスはATAインターフェイスでデバイス0または1として指定できますが、ほとんどのCFデバイスは単一のソケットしか提供しないため、エンドユーザーにこの選択を提供する必要はありません。CFは、追加の設計方法でホットプラグ可能にすることができますが、デフォルトでは、ATAインターフェイスに直接配線されている場合、ホットプラグ可能であることを意図していません。

ATA標準バージョン、転送速度、および機能

次の表に、ATA標準のバージョンの名前と、それぞれでサポートされている転送モードおよびレートを示します。各モードの転送速度(たとえば、UDMA4の場合は66.7 MB / s、一般にATA-5で定義されている「Ultra-DMA66」と呼ばれます)は、ケーブルでの理論上の最大転送速度を示します。これは、単純に2バイトに実効クロックレートを掛けたものであり、すべてのクロックサイクルがエンドユーザーデータの転送に使用されることを前提としています。もちろん、実際には、プロトコルのオーバーヘッドによってこの値が減少します。

ATAアダプタが接続されているホストバスの輻輳も、最大バースト転送速度を制限する可能性があります。たとえば、従来のPCIバスの最大データ転送速度は133 MB / sであり、これはバス上のすべてのアクティブなデバイス間で共有されます。

さらに、2005年には、80 MB/sを超える持続転送速度を測定できるATAハードドライブは存在しませんでした。さらに、持続転送速度テストでは、ほとんどのワークロードに対して現実的なスループットの期待値は得られません。シーク時間や回転遅延による遅延がほとんど発生しないように特別に設計されたI/O負荷を使用します。ほとんどのワークロードでのハードドライブのパフォーマンスは、これら2つの要因によって1番目と2番目に制限されます。バスの転送速度は重要なのは遠い3分の1です。したがって、66 MB / sを超える転送速度制限は、ハードドライブが内部キャッシュから読み取ることによってすべてのI / O要求を満たすことができる場合にのみ、パフォーマンスに実際に影響します。特に、このようなデータは通常、オペレーティングシステムによって既にバッファリングされていることを考えると、非常に珍しい状況です。 。

2021年7月の時点で、メカニカルハードディスクドライブは最大524 MB / sでデータを転送できます[38]。これは、PATA/133仕様の機能をはるかに超えています。高性能ソリッドステートドライブは、最大7000〜7500 MB/sでデータを転送できます。[39]

Ultra DMAモードのみがCRCを使用して、コントローラーとドライブ間のデータ転送のエラーを検出します。これは16ビットCRCであり、データブロックにのみ使用されます。コマンドおよびステータスブロックの送信では、CRCを必要とする高速シグナリング方式は使用されません。比較のために、シリアルATAでは、コマンドとデータの両方に32ビットCRCが使用されます。[40]

ATAリビジョンごとに導入された機能

標準 他の名前 新しい転送モード 最大ディスクサイズ
(512バイトセクター)
その他の重要な変更 ANSIリファレンス
IDE(プレATA) IDE PIO 0 GiB(2.1  GB 22ビット論理ブロックアドレス指定(LBA)
ATA-1 ATA、IDE PIO 0、1、2
シングルワードDMA 0、1、2
マルチワードDMA 0
128  GiB(137  GB 28ビット論理ブロックアドレス指定(LBA) X3.221-1994 Wayback Machineで2012-03-21にアーカイブ
(1999年以降廃止)
ATA-2 EIDE、Fast ATAFast IDEUltra ATA PIO 3、4
マルチワードDMA 1、2
PCMCIAコネクタ。ドライブコマンドを特定します。[41] X3.279-1996 Wayback Machineで2011-07-28にアーカイブ
(2001年以降廃止)
ATA-3 EIDE シングルワードDMAモードが削除されました[42] SMART、セキュリティ、2.5"ドライブ用の44ピンコネクタ X3.298-1997 Wayback Machineで2014-07-22にアーカイブ
(2002年以降廃止)
ATA / ATAPI-4 ATA-4、Ultra ATA / 33 Ultra DMA 0、1、2、 UDMA
/33とも呼ばれます
ATアタッチメントパケットインターフェイス(ATAPI)(CD-ROM、テープドライブなどのサポート)、オプションのオーバーラップおよびキューコマンドセット機能、ホスト保護領域(HPA)、ソリッドステートドライブ用のコンパクトフラッシュアソシエーション(CFA)機能セット NCITS 317-1998
ATA / ATAPI-5 ATA-5、Ultra ATA / 66 Ultra DMA 3、4、
UDMA/66とも呼ばれます
80線ケーブル; コンパクトフラッシュコネクタ NCITS 340-2000
ATA / ATAPI-6 ATA-6、Ultra ATA / 100 UDMA 5、
UDMA/100とも呼ばれます
128  PiB(144  PB 48ビットLBA、デバイス構成オーバーレイ(DCO)、
自動音響管理(AAM)
CHSによるデータアドレス指定の廃止
NCITS 361-2002
ATA / ATAPI-7 ATA-7、Ultra ATA / 133 UDMA 6、
UDMA / 133
SATA/150とも呼ばれます
SATA 1.0、ストリーミング機能セット、非パケットデバイス用の長い論理/物理セクター機能セット INCITS 397-2005(vol 1) INCITS 397-2005(vol 2) INCITS 397-2005(vol 3)
ATA / ATAPI-8 ATA-8  — 重要なOSファイルを高速化する不揮発性キャッシュを備えたハイブリッドドライブ INCITS452-2008 ウェイバックマシンで2014-10-10にアーカイブ
ATA / ATAPI-8 ACS-2  — データセット管理、拡張電源条件、CFast、追加の統計など。 INCITS 482-2012

定義された転送モードの速度

転送モード
モード 最大転送速度
(MB /秒)
サイクルタイム
PIO 0 3.3 600 ns
1 5.2 383 ns
2 8.3 240 ns
3 11.1 180 ns
4 16.7 120 ns
シングルワードDMA 0 2.1 960 ns
1 4.2 480 ns
2 8.3 240 ns
マルチワードDMA 0 4.2 480 ns
1 13.3 150 ns
2 16.7 120 ns
3 [43] 20 100 ns
4 [43] 25 80 ns
ウルトラDMA 0 16.7 240ns÷2
1 25.0 160ns÷2
2(Ultra ATA / 33) 33.3 120ns÷2
3 44.4 90ns÷2
4(Ultra ATA / 66) 66.7 60ns÷2
5(Ultra ATA / 100) 100 40ns÷2
6(Ultra ATA / 133) 133 30ns÷2
7(Ultra ATA / 167)[44] 167 24ns÷2

関連する標準、機能、および提案

ATAPIリムーバブルメディアデバイス(ARMD)

CDおよびDVDドライブ以外のリムーバブルメディアを備えたATAPIデバイスは、ARMD(ATAPIリムーバブルメディアデバイス)として分類され、オペレーティングシステムからはスーパーフロッピー(非パーティションメディア)またはハードドライブ(パーティションメディア)のいずれかとして表示されます。 。これらは、 CompaqComputerCorporationPhoenixTechnologiesによって最初に開発されたATAPIリムーバブルメディアデバイスBIOS仕様[45]準拠したBIOSによって起動可能なデバイスとしてサポートできますZipドライブJazドライブなどのデバイスからコンピューターをブートストラップできるようにするためのパーソナルコンピューターのBIOSプロビジョニングを指定しますスーパーディスク(LS-120)ドライブ、および同様のデバイス。

これらのデバイスにはフロッピーディスクドライブのようなリムーバブルメディアがありますが、容量はハードドライブに見合ったものであり、プログラミング要件はどちらとも異なります。フロッピーコントローラインターフェイスの制限により、これらのデバイスのほとんどは、ハードドライブやCD-ROMデバイスと同様に、ホストコンピュータのATAインターフェイスの1つに接続されたATAPIデバイスでした。ただし、既存のBIOS標準はこれらのデバイスをサポートしていませんでした。ARMD準拠のBIOSを使用すると、OSにデバイス固有のコードを必要とせずに、これらのデバイスをオペレーティングシステムから起動して使用できます。

ARMDを実装するBIOSを使用すると、ユーザーはARMDデバイスを起動検索順序に含めることができます。通常、ARMDデバイスは、ハードドライブよりも起動順序の早い段階で構成されます。フロッピードライブと同様に、起動可能なメディアがARMDドライブに存在する場合、BIOSはそこから起動します。そうでない場合、BIOSは検索順序で続行され、通常はハードドライブが最後になります。

ARMDには、ARMD-FDDとARMD-HDDの2つのバリエーションがあります。もともとARMDにより、デバイスは一種の非常に大きなフロッピードライブ(プライマリフロッピードライブデバイス00hまたはセカンダリデバイス01h)のように見えました。一部のオペレーティングシステムでは、標準のフロッピーディスクドライブよりもはるかに大きな容量のフロッピーディスクをサポートするために、コードを変更する必要がありました。また、標準フロッピーディスクドライブのエミュレーションは、 IomegaZipドライブなどの特定の大容量フロッピーディスクドライブには不適切であることが判明しましたその後、ARMD-HDD、ARMD-「ハードディスクデバイス」、バリアントがこれらの問題に対処するために開発されました。ARMD-HDDでは、ARMDデバイスはBIOSとオペレーティングシステムにハードドライブとして表示されます。

ATA overEthernet

2004年8月、CoraidのSamHopkinsとBrantleyCoileは、軽量のATA over Ethernetプロトコルを指定して、ATAコマンドをPATAホストアダプタに直接接続するのではなく、イーサネット経由で伝送しました。これにより、確立されたブロックプロトコルをストレージエリアネットワーク(SAN)アプリケーションで再利用できるようになりました。

も参照してください

参照

  1. ^ "t13.org"
  2. ^ 「シリアルATA:ウルトラATAテクノロジーとの比較」(PDF)シーゲイトテクノロジー。2012年1月5日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2012年1月23日取得
  3. ^ フローリー、ルーカス。「パラレル対シリアルATA」とは?コンピュータの質問に関する情報Directron.com。2003年8月1日にオリジナルからアーカイブされました2012年1月23日取得
  4. ^ a b David A. Deming、シリアルATAおよびSATA Expressのエッセンシャルガイド、CRC Press-2014、32ページ
  5. ^ バスアタッチメントでの共通アクセス方法、Rev 1、1989年4月1日、CAM / 89-002、CAM委員会
  6. ^ 「参照-IDE/ATAインターフェースの概要」PCGuide。2001年4月18日にオリジナルからアーカイブされまし2013年6月14日取得
  7. ^ Lamers、Lawrence J.、ed。(1994)。ディスクドライブ用のATアタッチメントインターフェイス(PDF)(テクニカルレポート)。ANSIASCX3。X3.221-1994。2012年3月21日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました。2014年8月28日取得
  8. ^ Finch、Stephen G.、ed。(1996年3月18日)。拡張機能付きATアタッチメントインターフェイス(ATA-2)リビジョン4c(PDF)(テクニカルレポート)。ANSIASCX3T10。X3.279-1996。2011年7月28日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2014年8月28日取得
  9. ^ Stevens、Curtis E.、ed。(2008年9月6日)。AT添付資料8-ATA/ATAPIコマンドセット(ATA8-ACS)リビジョン6a(PDF)(テクニカルレポート)。ANSIASCT13。INCITS452-2008。2014年10月10日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2016年6月21日取得
  10. ^ William Rothwell、LPIC-2証明書ガイド:(201-400および202-400試験)、Pearson IT認定-2016、150ページ
  11. ^ Nitin Vengurlekar、Murali Vallath、Rich Long、Oracle Automatic Storage Management:Under-the-Hood&Practical Deployment Guide、McGraw Hill Professional-2007、6ページ
  12. ^ Simon Collin、Dictionary of Computing:10,000以上の用語が明確に定義されている、A&C Black、2009年、67ページ
  13. ^ Scott Mueller、PCのアップグレードと修復-第7章。ATA/ IDEインターフェイス、Que Publishing、2015年6月22日
  14. ^ 「システムアーキテクチャ:ハードドライブの概観」2006年5月8日にオリジナルからアーカイブされました2008年7月25日取得オンボードコントローラのIDEドライブは、標準のST506ドライブのようにコンピュータに表示されるように構成されています
  15. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「PCガイド:IDE/ATAインターフェイスの概要と歴史」2008年8月23日取得
  16. ^ ジーンミリガン(2005-12-18)。「CAMATAの歴史」2008-10-04にオリジナルからアーカイブされました。2008年8月27日取得
  17. ^ バーニース、トム(2011年7月21日)。「ConnerCP341ドライブ(ATA / IDE)」ウィキファウンドリーコンピュータ歴史博物館ストレージ特別興味グループ。2021年2月24日にオリジナルからアーカイブされました2020年1月10日取得
  18. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「PCガイド:AT​​A(ATA-1)」2008年8月23日取得
  19. ^ 技術委員会T13AT添付ファイル(1994)。ディスクドライブ用のATアタッチメントインターフェイス(ATA-1)グローバルエンジニアリングドキュメント。
  20. ^ 独立した技術サービス(2008)。「データリカバリとハードディスクドライブの用語集」2012年7月11日にオリジナルからアーカイブされました2012年7月11日取得
  21. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「PCガイド:AT​​A(ATA-2)」2008年8月23日取得
  22. ^ ab技術委員会T13AT 添付ファイル(1996)。拡張機能付きATアタッチメントインターフェイス(ATA-2)グローバルエンジニアリングドキュメント。
  23. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「PCガイド:SFF-8020 / ATAパケットインターフェイス(ATAPI)」2008年8月23日取得
  24. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「PCガイド:AT​​A/ATAPI-4」2008年8月23日取得
  25. ^ 技術委員会T13AT添付ファイル(1998)。パケットインターフェイス拡張を備えたATアタッチメント(ATA / ATAPI-4)グローバルエンジニアリングドキュメント。
  26. ^WesternDigitalCorporation 「UltraATA/100は、パフォーマンスとデータの整合性を向上させながら、既存のテクノロジーを拡張します」(PDF)
  27. ^ a b "kursk.ru –標準のCMOSセットアップ"
  28. ^ "teleport.com –割り込みページ"2001年11月2日にオリジナルからアーカイブされました。
  29. ^ ディスクベースのメモリ(ハードドライブ)、USBドライブなどのソリッドステートディスクデバイス、DVDベースのストレージ、ビットレート、バス速度、ネットワーク速度は、 K(1000 1)、M(1000 2)、G(1000 3)など。
  30. ^ FryeWare(2005)。「Windows2000およびXPでのEnableBigLbaレジストリ設定」2011年12月29日取得 設定はHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\atapi\Parameters\EnableBigLba = 1です。
  31. ^ LLXX(2006-07-12)。「Enable48BitLBA-137GBの障壁を打ち破る!」1.1 2013年9月3日取得
  32. ^ 「WesternDigitalはPATAドライブの販売を停止します」Myce.com2013-12-20 2013年12月25日取得
  33. ^ 「トランセンドのウェブサイトへようこそ」2011年9月27日にオリジナルからアーカイブされまし2007年2月1日取得
  34. ^ 「情報技術-パケットインターフェースを備えたATアタッチメント-5(ATA / ATAPI-5)-ワーキングドラフト」(PDF)2000-02-29。p。315. 2006-05-27のオリジナル(PDF)からアーカイブ2013年8月25日取得
  35. ^ チャールズM.コジエロク(2001-04-17)。「独立したマスター/スレーブデバイスのタイミング」PCガイド2008年8月8日取得
  36. ^ 「ロックボックス–パスワードで保護されたハードディスクのロックを解除する」
  37. ^ リザネク、フランク。「TrueIDE(tm)モードでのコンパクトフラッシュカードとDMA/UDMAのサポート」チェコスロバキア:FCCPS 2019年6月17日取得
  38. ^ アントンシロフ(2021-05-21)。「SeagateはMach.2をリストします:世界最速のHDD」tomshardware.com。2021-07-20にオリジナルからアーカイブされました2021年7月20日取得
  39. ^ ショーンウェブスター(2021-07-02)。「IntelOptaneSSDDC P5800Xレビュー:史上最速のSSD」tomshardware.com。2021-07-20にオリジナルからアーカイブされました2021年7月20日取得
  40. ^ 「シリアルATA—ウルトラATAテクノロジーとの比較」(PDF)2007年12月3日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました www.serialata.org
  41. ^ "mpcclub.com – Em8550datasheet.pdf" (PDF)2011年7月25日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2011年5月18日取得
  42. ^ 「ダイレクトメモリアクセス(DMA)モードとバスマスタリングDMA」
  43. ^ ab コンパクト フラッシュ2.1
  44. ^ 「コンパクトフラッシュ6.0」2010年11月21日にオリジナルからアーカイブされました。
  45. ^ カーティスE.スティーブンス; ポールJ.ブロイレス(1997-01-30)。「ATAPIリムーバブルメディアデバイスBIOS仕様、バージョン1.0」(PDF)phoenix.com2010年1月2日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2015年8月25日取得

外部リンク