ADSLループエクステンダー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

DSLループエクステンダは、電話会社が加入者構内機器とセントラルオフィスインターフェイスの間に配置して、距離を延長し、デジタル加入者線(DSL)接続のチャネル容量を増やすことができるデバイスです。ADSLリピーターは、 DSLAMを加入者の近くに配置することが現実的でない農場や小さな町に地方のインターネットサービスを提供しようとしている地方の電話会社によって展開されています。ループエクステンダーによる一般的な距離の改善を下の図に示します。速度はメガビット/秒、距離は数千フィートです。[1]

ADSLループExtender.jpg

複数のループエクステンダーを回線に配置して、ADSL信号の到達範囲を効果的に無限にすることができます。つまり、複数のループエクステンダーを使用すれば、任意のADSL速度で任意の加入者に到達できます。

リピーターは、アンプまたはリジェネレーターのいずれかです増幅器は、アナログ伝送信号の信号レベルを上げます。再生成器は信号をバイナリに復調してから、元の送信周波数に再変調します。再生は信号をバイナリに復元するため、無数の再生成器を1つの回線に配置でき、距離制限のないT1(デジタル信号1 )のようなサービスに適しています。増幅器回路が単純であるため、増幅器は再生器よりも低コストです。

ADSLループエクステンダーとリモートDSLAMが開発される前は、ADSLは、使用するワイヤーゲージに応じて、セントラルオフィスから3〜6マイル(5〜10 km)に制限されていましたADSLループエクステンダーは増幅器として機能し、信号レベルを上げて長距離を移動できるようにします。場合によっては、サービスはセントラルオフィスから10マイル離れたところまで確立できるようになりました。

2006年、米国の電話会社はファイバーをホームに昇格させました。これは、住宅へのファイバーを収益性の高いものにするために必要な「グリーンフィールド」の顧客を生み出していた、急速に成長している住宅セクターによって推進されました。その後、住宅セクターが深刻な不況に陥ったことで、その「グリーンフィールド」は急速に枯渇しているようです。[2] 「ブラウンフィールド」市場のほとんどがすでにADSLに利用されているため、[3]電話会社はついにADSLをこれまで重要ではなかった半農村地域に拡張することに関心を持っています。[4]

2010年に、米国連邦政府は、Connect America Fundと呼ばれるプログラムで電話サービスではなくブロードバンドが助成されるように、地方の電話会社に支払われる助成金を更新しました。[5]補助金の対象となるためには、電話会社は下流に4メガビット、上流に1メガビットを提供する必要があります。これにより、ADSLループエクステンダーの需要が高まりました。これは、ループエクステンダーを使用すると、電話会社がリモートDSLAMを展開するよりも費用効果の高い方法で最も離れた加入者に到達できるようになるためです。

一部のADSLループエクステンダーはリピーターではありませんが、代わりに、極端な距離でよりうまくいく別の信号( G.shdslなど)に変換します。これは、G.shdslがADSLが音声用に予約したより低い周波数を使用できるためです。

クロストークはT1.417メソッドBを使用して分析され、準拠していることがわかりました。目的は、他のデータサービスが到達できない、または必要とされる場所(ファームなど)にDSLを提供することであり、通常の電話サービスは、ADSLが音声周波数範囲を使用しないため、ADSLからのクロストークの影響をほとんど受けません。トークの問題はさらに軽減されます。[6] G.shdslまたは他のテクノロジー への変換にも問題があります。これらのテクノロジーはダウンストリームの速度が制限されているため、最も遠い顧客にサービスを拡張する場合を除いて、あまり役に立ちません。それらの多くのコンポーネント(特別なCO、再発電機、CPE)は、ADSLアンプよりも高価になります。

参考文献

  1. ^ ストローガー:: Infinite Reach ADSL
  2. ^ 軽い読書-ブロードバンド-キャリアスコアカード:経済の不確実性-テレコムニュース分析
  3. ^ 軽い読書-ブロードバンド-米国のブロードバンドの成長は遅い-テレコムニュース分析
  4. ^ NewPA.com:2007年 9月27日、 WaybackMachineでアーカイブされたプレスリリース
  5. ^ コネクトアメリカ基金
  6. ^ ニキル・ジャヤント(2005)。ブロードバンドラストマイル:マルチメディア通信のためのアクセス技術CRCプレス。p。339. ISBN 978-1-4200-3066-2

外部リンク