アレクサンダー・フォン・フンボルト

アレクサンダー・フォン・フンボルト
生まれる1769 年 9 月 14 日
死亡しました1859年5月6日(1859-05-06)(89歳)
休憩所テーゲル城
国籍ドイツ人
母校フライベルク鉱山学校(卒業証書、1792 年)
フランクフルト大学 (オーデル) (学位なし)
ゲッティンゲン大学(学位なし)
ベルリン大学[2] (学位なし)
で知られている生物地理学コスモス(1845–1862) 、フンボルト海流磁気嵐フンボルト科学ベルリン・ロマン主義[4]
受賞歴コプリー勲章(1852)
科学者のキャリア
田畑地理
指導教員マルクス・ヘルツカール・ルートヴィヒ・ヴィルデノウエイブラハム・ゴットロブ・ヴェルナー
注目の学生ルイ・アガシ[1]
影響FWJ シェリング[2] [3]
影響を受けダーウィンウォレスソローホイットマンエマーソンミューアアーヴィングアイダ ローラ・ファイファー、フレデリック・エドウィン・チャーチエルンスト・ヘッケルジョージ・パーキンス・マーシュ
サイン

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン・フンボルト(1769年9月14日 - 1859年5月6日)は、ドイツの博学者地理学者博物学者、探検家であり、ロマン派の哲学と科学の支持者でした[5]彼はプロイセンの大臣、哲学者、言語学者の ヴィルヘルム・フォン・フンボルト(1767年 - 1835年)の弟であった。[6] [7] [8]フンボルトの植物 地理学に関する定量的な研究は生物地理学分野の基礎を築きました。一方で、彼の長期にわたる体系的な地球物理学的測定の提唱は、現代の地磁気および気象観測の先駆者となりました。[9] [10]

1799 年から 1804 年にかけて、フンボルトはアメリカ大陸を広範囲に旅し近代西洋科学の観点から初めてアメリカ大陸を探索し、記述しました。彼の旅の説明は、21 年間にわたって複数の巻にまとめられ、出版されました。フンボルトは、大西洋に隣接する陸地(特に南アメリカとアフリカ)がかつて結合されていたと提案した最初の人物の一人である。

フンボルトは、古代ギリシャ語からコスモスという言葉の使用を復活させ、それを彼の複数巻の論文『コスモス』に割り当て、その中で科学知識と文化の多様な分野を統一しようとしました。この重要な研究はまた、相互作用する 1 つの実体としての宇宙の全体的な認識を動機付け、環境保護の考えにつながる生態学の概念を導入しました[11]1800 年と 1831 年にも、彼は旅行中に得られた観察に基づいて、人為的な気候変動を引き起こす開発の局地的な影響を科学的に説明しました。[12] [13] [14]

フンボルトは「エコロジーの父」かつ「環境保護主義の父」とみなされている。[15] [16]

幼少期の人生、家族、教育

少年時代のフンボルトと未亡人の母親マリア・エリザベート(コロン)・フォン・フンボルト

アレクサンダー・フォン・フンボルトは、1769年9月14日にプロイセンのベルリンで生まれた。[17]彼はブランズウィック公をゴッドファーザーとしてルーテル派の信仰で幼児洗礼を受けた。[18]

フンボルトの父親、アレクサンダー・ゲオルク・フォン・フンボルトは、著名なポメラニアン一家の出身でした。彼は爵位のある紳士の一人ではなかったが、ブランズウィック公爵に仕えたプロイセン陸軍の少佐であった。[19] 42歳のとき、アレクサンダー・ゲオルグは七年戦争での功績が報われ、王室侍従のポストを与えられた彼は州の宝くじとタバコの販売をリースする契約から利益を得た[20] 。彼は最初にプロイセン軍副官シュヴェーダーの娘と結婚した。[17]1766年、アレクサンダー・ゲオルクはホルウィーデ男爵の未亡人で高学歴の女性マリア・エリザベート・コロンと結婚し、息子をもうけた。アレクサンダー・ゲオルクとマリア・エリザベートには3人の子供がいました。娘は若くして亡くなりましたが、その後、ヴィルヘルムとアレクサンダーという2人の息子が生まれました。彼女の長男、ヴィルヘルムとアレクサンダーの異母兄弟は、あまりうまくいかず、家族の歴史にはあまり言及されませんでした。[22]

アレクサンダー・ゲオルクは 1779 年に亡くなり、フンボルト兄弟は心的に遠く離れていた母親の世話になりました。彼女はアレクサンダーとその兄ヴィルヘルムに高い野心を抱き、カント派医師マルクス・ヘルツドイツで最も重要な植物学者の一人となった植物学者カール・ルートヴィヒ・ヴィルデノウなど啓蒙思想家であった優秀な家庭教師を雇った。フンボルトの母親は、彼らがプロイセン国家の公務員になることを期待していた[23] 。[24]ホルウィーデ男爵がアレクサンダーの母親に残したお金は、彼女の死後、アレクサンダーの探検に資金を提供するのに役立った。個人収入の70%以上を寄付している。[要説明]

アレクサンダーと弟のヴィルヘルムが数年間暮らしたベルリンのテーゲル宮殿

植物、貝殻、昆虫を集めてラベルを付けるという若い頃の傾向により、アレクサンダーは「小さな薬師」という遊び心のある称号を受け取りました。[20]政治家としてのキャリアを積んだアレクサンダーは、 1787年にフランクフルト大学(オーデル)で6か月間金融学を学んだが、母親がこの大学を選んだのは、学問の優秀さよりも、ベルリンの家に近いからだったのかもしれない。[25] 1789年4月25日、彼はゲッティンゲン大学に入学し、当時CG・ハインや解剖学者J・F・ブルーメンバッハの講義で知られていた[23]彼の弟のヴィルヘルムはすでにゲッティンゲンの学生でしたが、知的関心が全く異なっていたため、あまり交流はありませんでした。[26]彼の広大で多様な興味は、この時までに完全に発展していました。[20]

ゲッティンゲン大学で、フンボルトはオランダの医学生スティーブン・ヤン・ファン・グンスと出会い、1789年の秋に一緒にライン川を旅行した。マインツでは、ジェームズ・クック船長と一緒に研究をしていた博物学者ゲオルク・フォスターに出会った。二度目の航海。[27]フンボルトの科学的な探求は、1790 年の論文「鉱物学専門家、ライン川のいくつかの玄武岩に関する玄武岩の観察」 (ブランズウィック、1790 年) に結実しました。1790年、フンボルトはフォースターとともにイングランド、フンボルトにとって初の航海、オランダ、フランスへの旅に出るためマインツに戻った。[26] [29]イギリスでは、キャプテン・クックと一緒に旅行していた王立協会会長サー・ジョセフ・バンクスに出会った。バンクスはフンボルトに南海の熱帯地方の標本が入った巨大な植物標本を見せた。バンクスとフンボルトの科学的友情は1820年にバンクスが亡くなるまで続き、二人は研究のために植物標本を共有したバンクスは後年、フンボルトの研究を支援するために科学者とのつながりも動員した。[30]

フンボルトの旅行に対する情熱は長年続いていました。彼は科学探検家としての準備に専念しました。この点に重点を置いて、彼はハンブルクで商業と外国語を学び、1791年にフライベルク鉱山学校でネプチューン地質学派のリーダーであるAGヴェルナーの下で地質学を学びました。[31] JC Loderのもとでイエナの解剖学からそしてFXフォン・ザックJGケーラーの下で天文学と科学機器の使用を学びました[20]フライベルクでは、メキシコに設立された鉱山学校の校長となったスペイン人のマヌエル・デル・リオを含む、後のキャリアにおいて重要な人物となる多くの人物に出会った。クリスチャン・レオポルド・フォン・ブーフ、地域地質学者になった。そして最も重要なのは、フンボルトの家庭教師であり親友となったカール・フライスレーベン [デ]です。この時期に弟のヴィルヘルムは結婚したが、アレクサンダーは結婚式には出席しなかった。[32]

ヨーロッパでの旅行と仕事

フンボルトは 1792 年にフライベルク鉱山学校を卒業し、プロイセン政府の鉱山省のバイロイトフィヒテル山地の検査官に任命されましたフンボルトは仕事において優秀で、最初の年の金鉱石の生産量はそれまでの8年間を上回りました。[33]フンボルトは鉱山検査官時代に、鉱山で働く人々に対する深い関心を示した。彼は鉱山労働者のための無料学校を自腹で開き、それが公認されていない政府の労働訓練学校となった。彼はまた、事故後の鉱山労働者を支援するための緊急救済基金の設立も目指した。[34]

フライベルク鉱山の植生に関するフンボルトの研究は、彼の植物研究の要約である『Florae Fribergensis, aphorismi ex Doctrina, Physiologiae Chemicae Plantarum』のラテン語での出版 (1793 年) につながりました。[31]この出版物は、アレクサンダーが少年だったときに実家でフンボルトに会ったことがあるヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの目に留まったが、ゲーテは植物の変態について議論するために若い科学者に会うことを興味を持ってい[35]紹介は、ゲーテからほど近い大学都市イエナに住んでいたフンボルトの兄によって手配されました。ゲーテは比較解剖学に関する独自の広範な理論を開発しました。ダーウィンよりも前に研究していた彼は、動物には基本的な形を与える内部の力、ウルフォームがあり、その後、外部の力によってさらに環境に適応すると信じていました。フンボルトは彼に自分の理論を発表するよう促した。二人は一緒にこれらのアイデアについて話し合い、拡張しました。ゲーテとフンボルトはすぐに親しい友人になりました。

その後数年間、フンボルトは頻繁にイエナに戻った。ゲーテはフンボルトについて、これほど多才な人物には今まで会ったことがないと友人に語った。フンボルトの意欲はゲーテにインスピレーションを与えました。1797年、フンボルトはイエナに3か月間戻った。この間、ゲーテはワイマールの住居からイエナに移住しました。フンボルトとゲーテは一緒に大学の解剖学の講義に出席し、独自の実験を行いました。ある実験では、カエルの足をさまざまな金属に接続することが含まれていました。フンボルトの息の湿気が反応を引き起こし、カエルの足がテーブルから飛び降りるまで、効果は見られませんでした。フンボルト氏は、これを脚に「命を吹き込んでいる」ようなものであるため、お気に入りの実験の1つであると説明しました。[36]

この訪問中、雷雨により農夫とその妻が死亡した。フンボルトは彼らの死体を入手し、大学の解剖塔で分析した。[37]

シラー、ヴィルヘルム、アレクサンダー・フォン・フンボルトとゲーテ、イエナにて

1794 年、フンボルトはワイマール古典主義の知識人および文化的指導者の有名なグループに入会しました当時の中心人物はゲーテとシラーでした。フンボルトはシラーの新しい定期刊行物『Die Horen』に、 「Die Lebenskraft, oder der rhodische Genius (生命力、あるいはローディアンの天才)」と題された哲学的寓話を寄稿した(1795年6月7日)。[20]フンボルトがこれまでに執筆した唯一の文学作品であるこの短編作品では、彼は自分が行った何千ものガルバニ実験のしばしば矛盾する結果を要約しようとしました。[38]

1792 年と 1797 年、フンボルトはウィーンにいました。1795 年に彼はスイスとイタリアを巡る地質学的および植物学的ツアーを行いました。彼にとって、この国家への奉仕は科学への奉仕の見習いに過ぎないとみなされていたが、彼はその卓越した能力でその義務を果たし、その部門で急速に最高のポストに昇進しただけでなく、いくつかの任務も任された重要な外交使節。[20]

1796年11月19日の母親の葬儀には兄弟とも出席しなかった。[39]フンボルトは母親に対する嫌悪感を隠しておらず、ある特派員は母親の死後、母親について「彼女の死は…あなた方には特に歓迎されるに違いない」と書いている。公式な人脈を断った後、彼は長年の夢だった旅行を実現する機会を待っていた [40] 。

フンボルトは、研究結果の執筆により多くの時間を費やすことができました。彼は、筋肉の過敏性に関する実験に自分の体を使用しており、この実験はルイジ・ガルヴァーニによって最近発見され、その結果をフランス語訳で充実したVersuche über die gereizte Muskel- und Nervenfaser (ベルリン、1797) (刺激された筋肉と神経線維の実験) として出版しました。ブルーメンバッハのメモ付き。

スペイン系アメリカ人の遠征、1799 ~ 1804 年

アレクサンダー・フォン・フンボルトのラテンアメリカ遠征

海外遠征を募集中

科学旅行に資金を提供する財源をもとに、彼は大規模な遠征のための船を探しました。その間、彼は兄のヴィルヘルムが現在住んでいるパリに行きました。パリは科学学習の優れた中心地であり、彼の兄と義理の妹のキャロラインはそれらのサークルで深いつながりを持っていました。ルイ・アントワーヌ・ド・ブーゲンヴィルはフンボルトに、おそらく5年に及ぶ大規模な遠征に同行するよう勧めたが、フランス革命ディレクトワールは、年老いた科学旅行者ではなくニコラ・ボードンをその先頭に据えた。[41]ボードン船長が提案した世界一周航海の延期についてフンボルトは正式に同行するよう招待されていたヨーロッパでの戦争が続いていたため、フンボルトは深く失望した。彼は航海に使用する科学機器をすでに選択していました。しかし、彼はこの航海の医師であり植物学者である エメ・ボンプランドと出会うという幸運に恵まれました。

落胆した二人はパリを出てマルセイユに向かい、そこでエジプトにいるナポレオン・ボナパルトと合流することを望んだが、北アフリカ人がフランスのエジプト侵攻に反乱を起こしており、フランス当局は渡航の許可を拒否した。フンボルトとボンプラントは最終的にマドリッドへの道を見つけ、そこで彼らの運命は劇的に変わりました。[42]

スペイン王室の認可、1799 年

フンボルトのスペイン領アメリカへの旅行と研究を認可したスペイン国王カール4世

マドリッドでは、フンボルトはアメリカ大陸のスペイン領への渡航許可を求めた。彼はブルボン王宮廷のザクセンドイツ代表の援助を受けてこの本を入手した。フォレル男爵は鉱物学と科学の取り組みに興味があり、フンボルトを手伝う気持ちがありました。[42]当時、ブルボン改革は王国の行政を改革し、経済を活性化することを目指していました。[43]同時に、スペインの啓蒙主義が花開いた。フンボルトにとって、「政府におけるブルボン革命とスペイン啓蒙主義の融合した影響が、彼の冒険にとって理想的な条件を生み出した」。[44]

ブルボン王政はすでにペルー副王領によるチリとペルーへの植物探検隊(1777年から1788年)、ニューグラナダ(1783年から1816年)、ニュースペイン(メキシコ)(1787年から1803年)、そしてマラスピーナ遠征(1789 ~ 1794 年)。これらは、スペイン領の動植物に関する情報を収集し、経済的可能性を評価し、マドリード王立植物園 (1755 年設立) に植物と種子を提供する、長期にわたる国営事業でした。[45]これらの探検には博物学者や芸術家が同行し、種子や植物自体を収集するだけでなく、視覚的なイメージや注意深く文書による観察を作成しました。[46] 1779 年にはすでに王室職員が発行し、体系的に配布されていた最も遠い国から生きた植物を陸路と海路で輸送するための最も安全で経済的な手段に関する説明書。種子や植物を輸送するための箱などの図解付き。[47]

フンボルトが、最も重要なことに、自分の資金でスペイン系アメリカに旅行する許可を国王に求めたとき、肯定的な反応が得られました。ハプスブルク君主制下のスペインは、外国人旅行者や侵入者から領土を守っていた。ブルボン王はフンボルトの提案を歓迎した。スペインの外務大臣ドン・マリアノ・ルイス・デ・ウルキホは正式な提案を受け取り、フンボルトは1799年3月に君主に提出された。[42]フンボルトは国王関係者とスペイン帝国に関する書面による文書へのアクセスを許可された。フンボルトは絶対主義的プロイセン君主制で政府の鉱山職員として働いた経験があり、学術的な訓練と官僚機構の中でうまく働く経験の両方を持っていた。[44]

アレクサンダー・フォン・フンボルトの肖像、フリードリヒ・ゲオルク・ヴァイチュ作、1806年

1799 年にマドリードを離れる前に、フンボルトとボンプラントは自然史博物館を訪れました。そこには、マルティン セセ イ ラカスタホセ マリアノ モシーニョによるヌエバ スペインへの植物探検の成果が収蔵されていました[48]フンボルトとボンプラントはペルーとチリへの王室遠征隊のヒポリト・ルイス・ロペスホセ・アントニオ・パボン・イ・ヒメネスにマドリードで直接会い、彼らの植物コレクションを調べた。[49]

ベネズエラ、1799 ~ 1800 年

フンボルトとエメ・ボンプランドは、科学機器を携えてカシキアレ川沿いのアマゾンの熱帯雨林にいました。そのおかげで、5 年間の旅を通じてさまざまな種類の正確な測定を行うことができました。エドゥアルド・エンダーによる油絵、1856 年。フンボルトは、描かれた楽器が不正確だったので、この絵を好みませんでした。[50]
フンボルトの 1799 年の観察に基づくカシキアレ運河の地図

スペイン国王の許可を得て、フンボルトとボンプラントは1799年6月5日にア・コルーニャからピサロ号に乗って急いで出航した。船はテネリフェ島で6日間停泊し、そこでフンボルトはテイデ火山に登り、その後、新世界へ向けて出航し、 7月16日にベネズエラクマナに着陸した。

船の目的地は当初クマナではなかったが、船内で腸チフスが発生したため、船長はハバナから南米北部に着陸する方向に進路を変更した。フンボルトは具体的な探検計画を立てていなかったので、変更によって固定された旅程が覆されることはなかった。彼は後に、ベネズエラへの転用により、オリノコ川沿いからポルトガル領ブラジルの国境までの探検が可能になったと書いている。進路変更の際、ピサロはそれぞれ18人のグアヤキ族インディアンを乗せた2隻の大きな丸木舟に遭遇した。ピサロ船長はそのうちの1人のパイロットとしての申し出を受け入れた。フンボルトはカルロス・デル・ピノという名のこのインド人をガイドとして雇った。[51]

16 世紀から 18 世紀にかけてのベネズエラは、ヌエバ スペイン (メキシコ) やペルーを本拠地とするスペイン副王領の所在地に比べて相対的に僻地であったが、ブルボン改革中にスペイン領南米北部が行政的に再編成され、1777 年にスペイン領南米北部が行政的に再編された。カラカスを本拠地とする艦長の設置。新しい管轄権に関する多くの情報はすでにフランソワ・ド・ポンによって編集されていたが、出版されたのは 1806 年であった[44] [52]

フンボルトは、カラカスの行政の中心地を説明するのではなく、砂糖、コーヒー、カカオ、綿花などの輸出作物が栽培されているアラグア渓谷から研究を開始しました。世界的なチョコレートの需要が高まったため、カカオ農園が最も利益を上げました。[53]フンボルトはここで人為的気候変動についての考えを発展させたと言われている。フンボルト氏は、渓谷のバレンシア湖の水位が急速に低下した証拠を調査し、乾燥の原因は木々の覆いがなくなり、露出した土壌が水を保持できなくなったためだと考えた。農業従事者らは木々を伐採することで、森林が気温に及ぼす「3つの」緩和影響、つまり涼しい日陰、蒸発、放射を取り除いていた。[54]

フンボルトはカリペの使節団を訪れ、グアチャロ洞窟を探検し、そこでアブラドリを発見し、それがステアトルニス・カリペンシスとして科学的に知られることになった彼はまた、グアノコのアスファルト湖を「善良な司祭の泉」(「Quelle des Guten Priesters」)と表現しました。[55] [56]クマナに戻ったフンボルトは、11月11日から12日の夜に注目すべき流星群(しし座流星群)を観察した。彼はボンプランドとともにカラカスへ向かい、そこで元家庭教師だった若き詩人アンドレス・ベロとともにアビラ山に登った。シモン・ボリバルは後に南アメリカ北部の独立指導者となる。フンボルトは1804年にパリでベネズエラ人のボリバル本人に会い、ローマで一緒に時間を過ごした。この文書記録は、フンボルトがボリバルに独立闘争への参加を促したという仮説を裏付けるものではないが、フンボルトがスペイン系アメリカ人に関する新たな知識を生み出したことに対するボリバルの賞賛を示している。[57]

1800 年 2 月、フンボルトとボンプラントはオリノコ川とその支流の流れを探索する目的で海岸を離れました4 か月続き、荒野でほとんど無人の土地を 1,725 マイル (2,776 km) カバーするこの旅には、カシキアレ運河(オリノコ川とアマゾン川の水系の間の連絡路)の存在を確立するという目的がありました。フンボルトには知られていなかったが、この存在は数十年前に確立されていた[58]が、彼の遠征は分岐点の正確な位置を決定するという重要な結果をもたらした[20]そして、マイプール族やその絶滅したライバルであるアトゥール族などのいくつかの先住民族の生活を記録している(後者の部族のいくつかの言葉は、一匹のオウムによってフンボルトに伝えられた [59] 1800年3月19日頃、フンボルトとボンプラントは危険なデンキウナギを発見した、そのショックで人が死亡する可能性があります。ウナギを捕獲するために、地元住民が野生の馬を川に追い込むことを提案したところ、川の泥の中からウナギが持ち出され、ウナギと馬が激しく衝突し、一部が死亡した。フンボルトとボンプランドは、ショック能力を保持していたウナギを数匹捕獲して解剖した。二人とも捜査中に潜在的に危険な感電を受けた。この出会いにより、フンボルトは電気と磁気についてより深く考えるようになりました。これは、観察からより一般的な原理を推定する彼の典型的な能力です。[60]フンボルトは、旅行記『Personal Narrative』(1814年 - 1829年)、『自然観』(1807年)、『自然の諸相』など、後の著作のいくつかでこの事件に再び言及した。(1849年)。[61]

2か月後、彼らはマイプール族と当時絶滅したばかりのアトゥレス族インディアンの領土を探索した。フンボルトは、ルプヌニ・サバンナの季節的​​な洪水が湖であると誤認されたと提案することによって、ウォルター・ローリーパリメ湖に関する根強い神話に終止符を打った。[62]

キューバ、1800、1804

フンボルトのキューバに関する著作に掲載された植物図

1800年11月24日、二人はキューバへ向けて出航し、12月19日に上陸し[63]、そこで仲間の植物学者で植物収集家の ジョン・フレイザーと出会った。フレイザーと息子はキューバ沖で難破しており、スペイン領に入る許可を持っていなかった[64] 。すでにキューバに滞在していたフンボルトは、ハバナの政府高官らと仲介し、資金と衣服を与えた。フレイザー氏はキューバに滞在して探索する許可を得た。フンボルトはフレイザーに、フレーザーが帰国した際にフンボルトとボンプラントの植物標本2ケースをイギリスに持ち帰ることを託し、最終的にはベルリンのドイツ人植物学者ウィルデノウに届けた。[65]フンボルトとボンプラントは1801年3月5日までキューバに滞在し、その後再び南アメリカ北部の本土へ出発し、3月30日に到着した。

フンボルトは、このスペイン植民地で行った科学的および社会的調査により、「キューバの第二の発見者」とみなされています。ハバナに滞在した最初の 3 か月間、彼の最初の仕事は、ハバナ市と近隣の町であるグアナバコアレグラベジュカルを適切に調査することでした。彼はキューバの地主で思想家のフランシスコ・デ・アランゴ・イ・パレーニョと友人になった。彼らは一緒にハバナ南部のギネス地域、マタンサス州の渓谷トリニダード製糖所の渓谷を訪れました。これら 3 つの地域は、当時、島における砂糖生産の最初のフロンティアでした。これらの訪問中に、フンボルトはキューバの人口、生産、技術、貿易に関する統計情報を収集し、アランゴとともにそれらを強化するための提案を行いました。同氏は、キューバの農業と商業の可能性は非常に大きく、将来適切なリーダーシップによって大幅に改善される可能性があると予測した。

アメリカ大陸からヨーロッパに戻る途中、フンボルトとボンプラントは再びキューバに立ち寄り、ベラクルス港を出発して1804年1月7日にキューバに到着し、1804年4月29日まで滞在した。キューバでは植物材料を収集し、詳細なメモをとった。 。この間、彼は科学者や地主の友人たちと交流し、鉱物学的調査を実施し、島の動植物の膨大なコレクションを完成させ、最終的に『キューバの政治政治』として出版しまし[66]

アンデス山脈、1801 ~ 1803 年

チンボラソ火山の麓近くのフンボルトと同僚の科学者エメ・ボンプランド、フリードリヒ・ゲオルク・ヴァイチュ(1810年)

キューバでの最初の3か月の滞在後、彼らは南米北部の主要な貿易の中心地であるカルタヘナ・デ・インディアス(現在はコロンビア)にある本土に戻った。マグダレナ川の増水した流れをホンダまで遡り、彼らは1801年7月6日にボゴタに到着し、そこでスペインの植物学者ホセ・セレスティーノ・ムティスに会いました。、ニューグラナダへの王立植物探検隊の責任者であり、1801年9月8日までそこに滞在した。ムティスは自分の時間を惜しみなく提供し、フンボルトが1783年以来編集してきた膨大な図録へのアクセスを提供した。ムティスはボゴタに拠点を置いていたが、他のスペイン人と同様に遠征中に、彼は地元の知識と、非常に正確で詳細な画像を作成したアーティストのワークショップにアクセスできました。この種の注意深い記録は、たとえ標本が遠く離れたところにある場合でも、「画像が伝わるため、植物学者が研究する必要がなかった」ことを意味しました。フンボルトはムーティスの功績に驚いた[67] 。フンボルトは植物学に関する最初の本を出版したとき、「私たちの賞賛と認識の単純な印として」それをムーティスに捧げました。[68]

フンボルトは、ついに出発したボーダンのフランス帆走遠征に参加したいとの希望を持っていたため、ボンプラントとフンボルトはエクアドルへ急いだ。彼らはレアル山脈の凍った尾根を越え、退屈で困難な旅を経て、1802年1月6日に キト到着した。

エクアドルでの彼らの滞在は、ピチンチャの登頂と、フンボルト一行が標高 19,286 フィート (5,878 m) に到達したチンボラソの登頂によって特徴付けられました。これは当時の世界記録であった(西洋人にとって、インカ人は何世紀も前にはるかに高い高度に到達していた)[69]が、頂上には1000フィート届かなかった。フンボルトの旅は、ペルーのリマに向かう途中のアマゾン源への遠征で終わった[71]

ペルーの主要港であるカヤオで、フンボルトは 11 月 9 日に水星の通過を観察し、窒素が豊富なグアノの肥沃な性質を研究しました。その後ヨーロッパにグアノが導入されたのは、主に彼の著作によるものでした。[20]

ニュースペイン (メキシコ)、1803 ~ 1804 年

メキシコ、グアナファト州ラ・バレンシアナの銀鉱山複合体
メキシコのサンタ・マリア・レグラにある玄武岩のプリズム、アレクサンダー・フォン・フンボルト作、「アメリカのコルディエールと国民の記念碑」に掲載
アステカのカレンダーストーン
ドレスデン写本、後にマヤ写本であると特定され、1810年にフンボルトによって部分的に出版された

フンボルトとボンプラントはヌエバ・スペインに行くつもりはなかったが、太平洋への航海に参加できなくなったため、エクアドルのグアヤキル港を出港してメキシコ西海岸のアカプルコに向かっフンボルトとボンプランドがメキシコ中央高原にあるヌエバ・スペインの首都へ向かい始める前から、フンボルトはアカプルコに連れて行った船の船長がその位置を間違って計算していたことに気づいた。アカプルコは西海岸の主要港であり、スペイン領フィリピンからのアジア貿易の終着点であったため、その位置を正確に示す地図を持つことが非常に重要でした。フンボルトは機器を設置し、アカプルコの深海湾を測量して経度を測定しました。[72] [73]

フンボルトとボンプランドは 1803 年 2 月 15 日にアカプルコに上陸し、そこから現在のゲレーロ州にある銀鉱山の町、タスコに向かった1803 年 4 月、彼はモレロス州クエルナバカを訪問しましたその気候に感銘を受けた彼は、この都市を「永遠の春の都市」と名付けました。[74] [75]フンボルトとボンプランドはヌエバ・スペイン国王の代理人ドン・ホセ・デ・イトゥリガライ副王からの手紙による正式な歓迎を受けてメキシコシティに到着した。フンボルトにはまた、ヌエバ・スペイン全土を旅行するための特別なパスポートと、ヌエバ・スペインの行政区(インテンダンシー)の最高幹部であるインテンダントへの紹介状も与えられた。フンボルトに対するこの公的援助により、彼は王冠の記録、鉱山、土地、運河、先スペイン時代のメキシコの遺物にアクセスできるようになりました。[76]フンボルトは、古典的自由主義者であるミチョアカンの重要な教区の次期司教マヌエル・アバド・イ・ケイポの著作を読み、ヌエバ・スペインの改善のために国王に向けた内容を書いた。[77]

彼らはその年を副王領で過ごし、中央高原や北部の鉱山地域にあるメキシコのさまざまな都市を旅行しました。最初の旅はアカプルコから現在のメキシコのゲレーロ州を通ってメキシコシティまででした。このルートはラバ列車にのみ適しており、途中でフンボルトは標高を測定しました。1年後の1804年に東海岸のベラクルス港からメキシコを出国したときも、同様の一連の措置を講じ、その結果、アカプルコからメキシコまでの道路の危険性を含むメキシコの物理的な計画を『政治エッセイ』に図表としてまとめメキシコシティ、そしてメキシコシティからベラクルスまで。[78]この高度の視覚的描写は、収集したデータを統計グラフよりも理解しやすい方法で提示するというフンボルトの一般的な主張の一部でした。彼の作品のより一般的な読者を獲得することに大きく成功したのは、「程度や量に関係するものはすべて幾何学的に表現できる。統計的投影法 [チャートとグラフ]。これは、人間を疲れさせることなく感覚に訴えかけるものである」という理解でした。知性には、多数の重要な事実に注意を向けさせるという利点がある。」[79]

フンボルトは、当時アメリカ大陸最大の都市であり、近代的な都市と言えるメキシコシティに感銘を受けました。彼は「新大陸のどの都市も、米国の都市を除いて、メキシコの首都ほど偉大で堅固な科学施設を誇示することはできない」と宣言した。[80]彼は、大陸の最新の発展に触れ、その近代性を主張する大都市の例として、王立鉱山大学王立植物園王立サンカルロスアカデミーを挙げた。[81]彼はまた、ホセ・アントニオ・デ・アルサテ・イ・ラミレスを含むメキシコの重要なクリオロ・サヴァンを表彰した。、フンボルトの訪問直前の1799年に亡くなった。ミゲル・ベラスケス・デ・レオン。そしてアントニオ・デ・レオン・イ・ガマ[77]

フンボルトは、当時スペイン帝国で最も重要なニュースペイン中部のグアナファトにあるバレンシアナ銀山で時間を過ごしました。[82]彼のグアナファト訪問200周年はグアナファト大学での会議で祝われ、メキシコの学者たちは彼のグアナファト市への影響のさまざまな側面を強調した。[83]フンボルトは、この素晴らしく豊かな鉱山の地質を単純に調査することもできたが、この機会を利用して鉱山複合体全体を研究し、その産出量の鉱山統計を分析した。銀採掘に関する彼の報告書は大きな貢献であり、彼の政治エッセイの中で最も強力で最も情報に基づいたセクションと考えられています。フンボルト自身も訓練を受けた地質学者および鉱山検査官でしたが、メキシコの鉱山専門家を頼りにしました。一人は当時メキシコシティの一般鉱業裁判所長官だったファウスト・エルフヤルで、彼もフンボルトと同様にフライベルクで訓練を受けた。もう一人は、王立鉱山大学の理事長であるアンドレス・マヌエル・デル・リオで、フンボルトはフライベルクの学生時代に知り合いでした。[84]ブルボン朝の君主たちは、銀からの収入が王室の最大の収入源だったため、鉱山業を職業として高めるために鉱山法廷と大学を設立した。フンボルト氏は、すでにメキシコにいた他のドイツ人の鉱山専門家にも相談した。[77]フンボルトは歓迎される外国人科学者および鉱業専門家であったが、スペイン王室はフンボルトの鉱業調査のための肥沃な土壌を確立していた。

スペイン領アメリカの古代文明はフンボルトにとって興味の源であり、フンボルトは、最も実験的な作品である、豊富に図解された『アメリカ先住民の風景と記念碑』(1810 ~ 1813 年)にメキシコの写本(写本)とインカ遺跡の画像を含めましなぜなら、それは「単一の順序付け原則」を持たず、観察に基づいた彼の意見と主張を持っているからです。[85]フンボルトにとって重要な問題は、これらの文明の発展に対する気候の影響であった。[86]彼が『コルディエールの風景』を出版したとき、中央広場に埋もれているのが発見されたアステカの暦石のカラー画像を含めた。ドレスデン写本の厳選された図面や、その後ヨーロッパのコレクションで探し求めたその他の図面も含まれています。彼の目的は、これらの絵画や彫刻の画像によって先史時代の歴史の再構築が可能であるという証拠を集めることでした。彼はそこからの情報源の解釈についてメキシコの専門家、特にアントニオ・デ・レオン・イ・ガマの作品の文学的執行者であるアントニオ・ピチャルドを探しました。メキシコの古代に誇りの源を求めていたアメリカ生まれのスペイン人 (クリオロ) にとって、フンボルトがこれらの古代の著作を認識し、出版物で広めたことは恩恵でした。彼は亡命イエズス会士フランシスコ・ハビエル・クラビジェロの著作を読んだ、メキシコの先ヒスパニック文明を称賛し、フンボルトはブッフォン、デ・ポー、レイナルによる新世界についての軽蔑的な主張に対抗するために引用した。[87]フンボルトは最終的にメキシコとペルーの先史時代の領域を専制的で野蛮なものとみなした。[88]しかし、彼はまた、「歴史的および芸術的重要性の両方」を持つ文化的作品としての先住民の記念碑や工芸品にも注目を集めた。[89]

スペイン領アメリカへの旅行と調査から生まれた彼の出版物の中で最も広く読まれたものの 1 つは、『Essai politique sur le royaum de la Nouvelle Espagne』で、すぐにニュースペイン王国に関する政治エッセイとして英語に翻訳されました(1811 年)。[90]この論文はフンボルト自身の調査と、統計データに対するスペイン植民地当局者の寛大な貢献の成果である。[91]

米国、1804 年

1804 年のルイジアナ準州の地図。ジェファーソンと閣僚は、フンボルトがワシントンDCを訪問した際、現在米国と国境を接しているメキシコのスペイン領について情報を求めた。

キューバを出国したフンボルトは、予定外の短期間の米国訪問を決意した。現米国大統領トーマス・ジェファーソン自身が科学者であることを知っていたフンボルトは、米国に滞在する旨の手紙を彼に送った。ジェファーソンは温かく返事をし、国の新しい首都にあるホワイトハウスを訪れるよう誘った。フンボルトは手紙の中で、赤道付近でマンモスの歯を発見したと述べ、ジェファーソンの興味を引いた。ジェファーソン氏は以前、マンモスがこれほど南に生息していたことはないと信じていると書いていた。フンボルトはまた、ヌエバ・スペインについての知識があることをほのめかしていた。[92]

米国の学問の中心地であったフィラデルフィアに到着したフンボルトは、天然痘ワクチン接種の強制を推進した化学者で解剖学者のキャスパー・ウィスターや植物学者のベンジャミン・スミス・バートンなど、当時の主要な科学者らと面会した。独立宣言の署名者である医師のベンジャミン・ラッシュは、南米の木から取れるキナの樹皮が熱を治すという話を聞きたがっていた。キナに関するフンボルトの論文は 1821 年に英語で出版されました[94 ]

ワシントン DC に到着した後、フンボルトはジェファーソンと科学的な問題と 1 年間のヌエバ スペイン滞在について何度も熱心に議論しました。ジェファーソンはルイジアナ買収を締結したばかりで、これによりニュー・スペインは米国の南西国境に位置することになった。ワシントンDCのスペイン公使は、スペイン領土に関する情報を米国政府に提供することを拒否しており、領土への立ち入りは厳しく管理されていた。フンボルトはジェファーソンにヌエバ・スペインの人口、貿易農業、軍事に関する最新情報を提供することができた。この情報は後に、ニュースペインの政治王国に関する彼のエッセイ(1810 年) の基礎となりました。

ジェファーソンは新しく購入したルイジアナ州の境界が正確にどこにあるのか確信が持てず、フンボルトはこの問題に関する2ページの報告書をジェファーソンに書いた。ジェファーソンは後にフンボルトを「この時代で最も科学的な人物」と呼んだ。アルバート・ギャラティン財務長官はフンボルト氏について、「私は嬉しくて、過去2年間に読んだり聞いたりした情報よりも多くの種類の情報を2時間以内に飲み込んだ」と語った。ギャラティンは今度はフンボルトに米国に関して求めていた情報を提供した。[92]

6 週間後、フンボルトはデラウェア川の河口からヨーロッパに向けて出航し、1804 年 8 月 3 日にボルドーに上陸しました

旅行記

フンボルトは、スペイン領アメリカへの滞在について約 4,000 ページにわたる詳細な日記を付けており、遠征後の複数の出版物に直接引用しました。革表紙の日記そのものは、第二次世界大戦後にロシアから東ドイツに返還され、そこで赤軍に奪われ、現在ドイツにある。ドイツ統一後、日記はフンボルトの子孫に返還された。一時は売却の懸念もあったが、回避された。[95]スペイン系アメリカ人遠征とその後のロシア遠征をデジタル化する政府資金プロジェクトが、ポツダム大学とドイツ国立図書館・プロイセン文化遺産財団によって実施された(2014年から2017年)。[96]

ヒスパニック系アメリカ人の遠征の成果

この遠征の結果を出版しようとするフンボルトの数十年にわたる努力は、複数の書籍を出版しただけでなく、科学界における彼の国際的な名声を高めました。フンボルトは、彼の作品が複数の言語で書かれた、豊富なイラストが凝縮された人気のバージョンで、読書家の間でもよく知られるようになりました。彼の同僚の科学者で遠征の協力者であるボンプランドは植物標本を収集して保存しましたが、出版に情熱を持っていたフンボルトとは異なり、ボンプランドは正式な記載をするように促されなければなりませんでした。多くの科学旅行者や探検家が膨大な視覚的記録を作成しましたが、マラスピーナ遠征の場合は 19 世紀後半まで、さらには 20 世紀後半になっても、ニュー グラナダからムティスが植物を採取した約 12,000 点の図面が公開されるまで、一般の人々は見ることができませんでした。公開されました。対照的に、フンボルトは、科学的文書と大衆向け文書の両方を作成するために、私財を使い果たし、最終的には使い果たしながら、即座に継続的に出版しました。フンボルトの名前と名声は、スペイン系アメリカへの旅行、特に彼の出版物によって作られました。ヌエバ・スペイン王国に関する政治エッセイヨーロッパの第一の科学者としての彼のイメージは、その後に発展したものです。[97]

遠征を許可したブルボン王朝にとって、その成果は新世界の領域に関する膨大な量のデータという点で莫大なものであっただけでなく、ギヨーム=トーマス・レイナルやジョルジュによる新世界に対する曖昧で軽蔑的な評価を払拭するという点でも大きかっ。ルイ・ルクレール、ブッフォン伯爵ウィリアム・ロバートソンブルボン政権、特にヌエバ・スペインにおける成果は、フンボルトが体系化して公表した正確なデータに明らかでした。[77]

この記念すべき遠征は、自然地理学植物地理学気象学の科学の基礎を築いたとみなされるかもしれませんその鍵となったのは、フンボルトが当時利用可能な最先端の機器を使って現象を細心の注意を払って体系的に測定したことでした。彼は植物や動物の種を単独でだけでなく、その場で綿密に観察し、すべての要素が相互に関連していることに注目しました。彼は植物や動物の標本を収集し、一部が失われたとしても他の部分が生き残れるように、増え続けるコレクションを分割しました。

アメリカの芸術家チャールズ・ウィルソン・ピールによって描かれたフンボルト、1805年、彼は1804年にアメリカを訪れたときにフンボルトに会った

フンボルトは、物理世界の多様性の間で自然の調和を説明できる科学へのアプローチの必要性を認識しました。フンボルトにとって、「自然の統一」とは、生物学気象学地質学の結合など、すべての物理科学の相互関係が特定の植物の生育場所を決定することを意味しました。彼は、苦労して収集した無数のデータを解明することによってこれらの関係を発見しました。[98]データは十分に広範であり、他の人が研究の基礎を築くことができる永続的な基盤となりました。フンボルトは自然を総合的に捉えた、そして宗教的な教義に訴えずに自然現象を説明しようとしました。彼は観察が最も重要であると信じており、その結果、当時入手可能な最も洗練された科学機器を膨大に収集しました。それぞれにベルベットの裏地が付いた専用の箱があり、当時としては最も正確で持ち運びに適したものでした。測定を逃れた定量的なものは何もありません。フンボルトによれば、収集されたデータはすべての科学的理解の基礎となるため、あらゆるものは利用可能な最も優れた最新の機器と洗練された技術で測定されるべきです。

この定量的方法論は、後にフンボルティアン科学として知られるようになります。フンボルトは、「自然そのものは崇高な雄弁である。大空で輝く星々は私たちを喜びとエクスタシーで満たしてくれるが、それらはすべて数学的精度でマークされた軌道上を移動している。」と書いている。[99]

チンボラソ地図としても知られるフンボルトの『Naturgemälde』は、チンボラソ火山とコトパクシ火山を断面図で描いたもので、植物の地理に関する詳細な情報が含まれています。この図は、1807 年に『植物の地理』に大判 (54 cm x 84 cm) で掲載されました。この地図は主に地球温暖化分析に使用されており、実際には別の火山、アンティサナ火山の植生を描いています[100]

彼の植物地理に関するエッセイ(最初はフランス語、次にドイツ語でいずれも 1807 年に出版) は、さまざまな物理的条件の影響を受ける有機生命体の分布を研究するという当時の斬新なアイデアに基づいていました。[20]これは、彼が出版したチンボラソの断面図、約 2 フィート x 3 フィート (54 cm x 84 cm) のカラー絵画で最も有名に描かれており、彼はEin Naturgemälde der Andenと呼び、チンボラソ地図とも呼ばれています。それは出版物の後ろの折り込みでした。[101]フンボルトが初めてこの地図をスケッチしたのは南アメリカにいたときで、その地図にはチンボラソの断面図の両側に書かれた説明が含まれていました。これらには、温度、高度、湿度、大気圧、および各標高で見つかった動植物 (学名付き) に関する情報が詳細に記載されています。同じ属の植物が異なる標高に現れます。この描写は、太平洋岸の低地から、チンボラソがその一部であったアンデス山脈、そしてアマゾン盆地東部に至る東西軸上に描かれています。フンボルトは自身の観察に基づいて海岸、山地、アマゾンの 3 つのゾーンを示しましたが、スペインの既存の情報源、特にペドロ シエサ デ レオンについても明確に参照しました。スペイン系アメリカ人の科学者フランシスコ・ホセ・デ・カルダスまた、山岳環境の測定と観察も行っており、生命体の分布における環境要因について同様の考えを以前から持っていた。[102]したがって、フンボルトはまったく新しいことを提唱したわけではないが、彼の発見も派生的なものではないと主張されている。[103]チンボラソ地図には、複雑な情報がアクセスしやすい形で表示されていました。この地図は他の主要な山との比較の基礎となりました。「自然現象は、自然が大陸全体に対応する気候帯を持つ地球規模の力であることを初めて示しました。」[104]この地図の別の評価は、「山岳生態学だけでなく、地球規模の生物地球物理学的パターンとプロセスも含めた、環境科学の新時代の始まりを示したものである」というものだ。

ウィリアム・チャニング・ウッドブリッジによるフンボルトのデータを使用した世界の等温図

等温線の描写 (1817 年) によって、彼はすぐにそのアイデアを提案し、さまざまな国の気候条件を比較する手段を考案しました。彼はまず、海抜高度の上昇に伴う平均気温の低下率を調査し、熱帯低気圧の原因に関する調査によって、高緯度の大気の乱れを支配するより複雑な法則を発見するための最も早い手がかりを与えました。[20] [105]これは気候学への大きな貢献となった。[106] [107]

極地から赤道に至る地球の磁場の強度の減少に関する彼の発見は、1804 年 12 月 7 日に彼が読んだ回想録の中でパリ研究所に伝えられました。その重要性は、競合する主張の急速な出現によって証明されまし[20]

彼の地質学への貢献は、アンデス山脈とメキシコの火山の注意深い研究に基づいており、彼は火山を観察し、スケッチし、登山し、さまざまな機器で測定しました。彼はチンボラソに登ることにより、アンデスやヒマラヤの他の火山の測定の基礎となる高度記録を確立しました。調査の他の側面と同様に、彼は地質断面図のグラフィック手法を使用して、合成結果を視覚的に表示する方法を開発しました。[108]彼は、火山が自然に線状のグループに分類され、おそらく広大な地下の亀裂に対応することを示しました。そして彼の火成岩のデモンストレーションによって彼は、以前は水層であると考えられていた岩石の起源を解明し、海王星説などの誤った見解の排除に大きく貢献しました[20]

フンボルトは地図作成に大きく貢献し、特にヌエバ スペインの地図を作成し、後のメキシコ地図作成者のテンプレートとなった。彼の緯度と経度の慎重な記録により、メキシコ、アカプルコ港、ベラクルス港、メキシコ渓谷の正確な地図と、大陸間の貿易パターンを示す地図が作成されました。彼の地図には、比例二乗を使用して行政区域 (県) の面積を変換する、地理に関する概略情報も含まれていました。[109]米国は、ルイジアナ買収後の領土主張に影響を与えるため、ニュースペインに関する彼の地図と統計を熱心に見た。[110]後年、フンボルトは、15 世紀から 16 世紀の海洋天文学への関心を追求し、アメリカ大陸への初期の航海を扱った資料を調査した 3 冊の本 (1836 ~ 1839 年) を出版しました。彼の研究により、マルティン ヴァルトゼーミュラーがアメリカ大陸の地図に載せた「アメリカ」という名前の由来が明らかになりました[111]

フンボルトによるアンデス コンドルの描写、詳細な描画の一例

フンボルトはヌエバ・スペインの先住民族とヨーロッパ人住民の国勢調査を実施し、人種の種類と人口分布を地域と社会的特徴ごとにグループ化して図式化した図を発表した。[112]彼は人口を 600 万人と推定した。[113] [114]彼はヌエバ・スペインの人口の40パーセントがインディアンであると推定したが、その分布は不均一であった。最も密度が高かったのはメキシコの中央部と南部で、最も密度が低かったのは北部でした。彼は、理解を容易にするために、これらのデータをグラフ形式で提示しました。[115]彼はまた、白人(スペイン人)、黒人、およびカースト(カスタ)に分類される非インディアン人口を調査した[116]アメリカ生まれのスペイン人、いわゆるクレオールは、18 世紀に混血の家族グループの描写を描いており、ある人種カテゴリーの父親、別の人種カテゴリーの母親、そして 3 番目のカテゴリーの子孫を階層順に描いていましこれはエリートたちがメキシコ社会をどのように見ていたかという重要な見方でした。[117]フンボルトは、アメリカ生まれのスペイン人は法的にはスペイン生まれの人種と平等であるが、ブルボン家がスペイン王位に就いて以来の王政政策によりイベリア半島生まれの人々に特権が与えられたと報告した。フンボルトは、「最も惨めなヨーロッパ人は、教育も知的修養も受けておらず、新大陸で生まれた白人よりも自分が優れていると考えている」と述べた。[118]この主張の真実とそこから導かれた結論は、新世界での高官の40%から60%がクレオール人によって占められていたことを考慮して、一部の著者によって表面的または政治的動機に基づくものとしてしばしば議論されてきた。[119] [120] 一部のクレオールと半島生まれの白人との間の敵意は、スペイン統治時代後期にますます問題となり、クレオールは王室からますます疎遠になった。フンボルトの評価は、王室政府の虐待と米国における新たな統治モデルの例がヌエバ・スペインの白人の団結を侵食しているというものだった。[121]ヌエバ・スペインの人種に関するフンボルトの著作は、古典的なリベラル派の記念碑によって形づくられた啓蒙されたミチョアカン次期司教マヌエル・アバド・イ・ケイポは、社会経済状況を批判し、それらを排除するための勧告を記したスペイン王冠の記念印刷物をフンボルトに個人的に贈呈した。[122] [120]

ある学者は、フンボルトの著作にはアメリカの空想的な描写が含まれているが、その住民は無視されていると述べ、ロマン派の思想の出身であるフンボルトは「人間が注意して変形するまで自然は完璧である」と信じていたと述べている。[123]さらなる評価は、彼が自然の中での人間社会をほとんど無視したということである。先住民族を「野蛮人」または「重要ではない」という見方は、彼らを歴史的構図から外します。[123]他の学者は、フンボルトがその著作の大部分を奴隷、先住民族、混血カースタ、そして社会一般の状況を記述することに捧げたと反論している。彼は奴隷制度に対する嫌悪感をしばしば示した[124]先住民族や他の人々が扱われる非人道的な状況についても言及し、スペインの植民地政策をしばしば批判した。[125]

フンボルトはもともと芸術家ではありませんでしたが、絵を描くのが上手で、特定の場所とその自然環境を視覚的に記録することができました。彼の絵の多くは、彼の多くの科学出版物や一般出版物の挿絵の基礎となりました。ヨハン・モーリッツ・ルゲンダスなど、フンボルトが影響を受けた芸術家たちは彼の道をたどり、フンボルトが訪れ記録したのと同じ場所を描きました。たとえば、彼の『山脈の山脈』の挿絵に描かれたメキシコの玄武岩層などです[126] [127]

ヨーロッパ滞在中に彼が収集した大量の科学的、政治的、考古学的資料の百科事典の編集と出版は、今やフンボルトの最も緊急の願望でした。磁気偏角の法則を調査する目的でジョゼフ・ルイ・ゲイ=リュサックとともにイタリアへ短期間旅行し、ベルリンに2年半滞在した後、1808年の春にパリに定住した。彼がそこに滞在した目的は、彼の偉大な研究を報道機関に伝えるために必要な科学的協力を確保することでした。この途方もない仕事は、当初は 2 年しかかからないと望んでいたが、最終的には 21 年の歳月を費やし、それでも未完のままだった。

学術的および社会的認知

ベルリンのフンボルト 1807

フンボルトは生前、ヨーロッパで最も有名な人物の一人となった。[128]国内外の学会は彼を会員に選出することに熱望しており、その最初の学会はフィラデルフィアのアメリカ哲学協会[129]であり、彼はアメリカ大陸の旅の最後に訪れた。彼は1805 年にプロイセン科学アカデミーの会員に選出された[130]

長年にわたり、1816 年のアメリカ古物収集協会(マサチューセッツ州ウースター)など、米国の他の学術団体が彼を会員に選出しました。[131] 1818年にロンドンのリンネ協会1820年にニューヨーク歴史協会。1822年にアメリカ芸術科学アカデミーの外国人名誉会員となった[132] 1843年にアメリカ民族学会(ニューヨーク)。[133]彼は1810 年にスウェーデン王立科学アカデミー外国人会員に選出されました。の会長サー・ジョセフ・バンクスは若い頃フンボルトを支援していたが、現在は彼を外国人会員として歓迎している。[134]

1821 年にメキシコがスペインから独立すると、メキシコ政府は彼の国家への貢献を高く評価しました。1827年、初代メキシコ大統領グアダルーペ・ビクトリアはフンボルトにメキシコ市民権を与え[135]、1859年メキシコ大統領ベニート・フアレスはフンボルトを国家の英雄(ベネメリト・デ・ラ・ナシオン)に指名[136]ジェスチャーは純粋に名誉的なものでした。彼は遠征後にアメリカ大陸に戻ることはありませんでした。

フンボルトの長期的な経済的安定にとって重要なこととして、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は、当時は義務を課すことなく彼に王室侍従の職の栄誉を与えた。この任命者には 2,500ターレルの年金が支払われましたが、その後 2 倍になりました。この公的奨学金は、後年、研究の出版物で財産を使い果たしたときの彼の主な収入源となった。経済的必要性により、1827 年にパリからベルリンへの永住を余儀なくされました。パリでは、彼は科学的な共感だけでなく、彼の精力的で健康な心が熱心に求めていた社会的刺激も発見しました。彼はサロンの獅子としての要素と、フランス学士院と天文台の 学者としての要素を等しく兼ね備えていました。

記念銘板、アレクサンダー フォン フンボルト、Karolinenstraße 19、ベルリン テーゲル、ドイツ

1827 年 5 月 12 日に彼はベルリンに永住し、そこで最初の努力は地磁気科学の推進に向けられました。1827 年、彼はベルリンで公開講演を開始し、これが彼の最後の主要な出版物であるコスモス(1845 ~ 1862 年)の基礎となりました。[66]

長年にわたり、離れた地点での同時観測によって、「磁気嵐」(地磁気の異常な擾乱を指すために彼が発明した用語)の性質と法則の徹底した調査を確保することが、彼のお気に入りの計画の一つであっ)。1828年9月18日にベルリンで開催された新しく設立された科学協会の会合で、彼はその会長に選出され、熱心な個人観察と組み合わせて広範な研究システムを立ち上げる機会を彼に与えた。1829 年にロシア政府に訴えた結果、北アジア全域に磁気観測所と気象観測所が設置されました。一方、サセックス公爵への手紙、その後(1836年4月)王立協会の会長となり、この事業のために英国の自治領の広範な基盤を確保しました。

ブリタニカ百科事典第 11 版は、「現代文明の最も崇高な成果の 1 つである国家の科学的陰謀は、彼の努力によって初めて組織化に成功した」と述べています。[137]しかし、国際科学協力の初期の例は存在し、特に 18 世紀の金星の太陽面通過の観測が挙げられる。

生誕 100 年にあたる 1869 年、フンボルトの名声は非常に高まり、アメリカ中の都市が大規模な祭りで彼の誕生を祝いました。ニューヨーク市では、セントラルパークで彼の頭部胸像が公開された[138]

学者たちはフンボルトの世間での名声が低下した理由について推測している。サンドラ・ニコルズは、これには3つの理由があると主張しました。第一に、学問の専門化の傾向である。フンボルトは、仕事において多くの専門分野を結びつけるジェネラリストでした。今日、学者は狭い分野の研究にますます重点を置くようになりました。フンボルト複合生態学、地理、さらには社会科学まで。2つ目は、書き方の変化です。1869 年には図書館に不可欠と考えられていたフンボルトの作品には、時代遅れになった花のような散文が含まれていました。ある批評家は、この作品には「骨の折れる絵のような美しさ」があると述べた。フンボルト自身は、「自分がどのように感じたか、何を感じたかを適切に説明する方法さえ知っていれば、この長い旅を経て、本当に人々に幸福を与えることができるかもしれない。私が送っているバラバラな人生のせいで、私は自分の気持ちをほとんど確信できなくなっている」と語っている。書き方」。第三に、米国への大量のドイツ人移民とその後の第一次世界大戦により、1800年代後半から1900年代初頭にかけて反ドイツ感情が高まった。 [ 138]1959 年のフンボルト没後 100 周年の前夜、西ドイツ政府はフンボルトが訪問した国々と連携して重要な祝典を計画しました。[139]

ロシア遠征、1829年

1829 年のフンボルトのロシア遠征の地図

1811年に、そして再び1818年に、アジア探検のプロジェクトがフンボルトに提案されたが、最初は皇帝ニコライ1世のロシア政府によって、その後はプロイセン政府によって提案された。しかしそのたびに、不都合な状況が介入した。彼が科学の興味のために旅行者としての初期の役割を再開したのは、60歳を迎えてからのことだった。

ロシアの外務大臣ゲオルク・フォン・カンクリン伯爵は、ロシアでプラチナベースの通貨が可能かどうかについてフンボルトに連絡し、ウラル山脈を訪れるよう招待した。フンボルト氏は、世界通貨として銀が標準だった時代に、プラチナベースの通貨については積極的ではなかった。しかし、特にフンボルトはアジアに行くことを長い間夢見ていたので、ウラル山脈への招待は興味深いものだった。彼はインドへの旅行を希望しており、イギリス東インド会社に旅行を許可してもらうようかなりの努力をしましたが、その努力は無駄でした。[140]

ロシアがフンボルト氏への以前の招待を改めて行ったとき、彼は応じた。[141]ロシア人は、フンボルトにとっては比較科学的な目的であったが、ロシア人にとっては資源に関する専門知識を得るために、鉱山現場に対する彼の永続的な関心を引きつけてフンボルトを誘惑しようとした。フンボルトにとって、ロシア国王が旅行資金を提供するという約束は非常に重要であった。なぜなら、フンボルトは相続した10万ターラーの財産がなくなり、国王の侍従として2,500~3,000ターラーのプロイセン政府年金で暮らしていたからである。ロシア政府はベルリンで 1,200チェルボンツェフを前払いし、サンクトペテルブルク到着時にはさらに 20,000 チェルボンツェフを与えた[142]

フンボルトはウラル山脈だけでなく、シベリアの草原を越えてロシアと中国の国境まで旅することを熱望していた。フンボルトはカンクリンに、鉱山雑誌を読むためにロシア語を勉強するつもりだと書いた。遠征の詳細が詰められるにつれ、フンボルトはドイツ人使用人および化学と鉱物学の教授であるグスタフ・ローズを伴い、自分のフランス人客車でロシアへ旅行するつもりだと述べた [143 ]彼はまた、バイカル湖カスピ海の水生微生物を研究するため、クリスチャン・ゴットフリート・エーレンベルクを遠征に招待した。フンボルト自身は、山や鉱床の磁気の研究を続けることに熱心でした。彼の研究ではいつものように、彼は最も正確な測定を行うために科学機器を持参しました。ロシア人は宿泊施設、馬、同行乗組員などの現地手配を行った[144] 。この遠征におけるフンボルトの肩書きは鉱山省の役人でした。遠征隊が危険な地域に近づくと、彼は護衛付きの船団で移動しなければならなかった。[142]

フンボルトは高齢にもかかわらず身体の状態は良好で、カンクリンに「年齢と白髪にもかかわらず、私は今でも9時間から10時間休むことなく非常に軽快に歩いている」と書いている。[145]

1959 年にソ連から発行された切手

1829 年 5 月から 11 月にかけて、彼と成長を続ける遠征隊はネヴァ川からエニセイ川までロシア帝国の広大な地域を横断し、25 週間で 9,614 マイル (15,472 km) の距離を達成しました。フンボルトと遠征隊はよく整備された道路を馬車で移動したが、途中駅で馬が乗り換えたため急速に進んだ。狩猟家で動物標本の収集家でもあったヨハン・ザイフェルトを加えて、党は成長した。ロシアの鉱山職員。アドルフ・ポリエ伯爵、パリ出身のフンボルトの友人の一人。料理人; 加えて警備のためのコサック部隊もいる3 台の馬車は人、物資、科学機器でいっぱいでした。フンボルトの磁気測定値を正確にするために、彼らは鉄を含まないテントを携行していました。この遠征はボンプランドとのスペイン系アメリカ人旅行とは異なり、二人だけで、時には地元ガイドが同行した。ロシア政府はフンボルトが領土の採掘と商業発展の見通しを見出したことに関心を持っており、フンボルトは社会問題を調査したり、ロシア農奴の社会状況を批判したりするつもりはないことを明らかにしスペイン系アメリカ人に関する著書の中で、彼は確かに先住民族の状況についてコメントし、黒人奴隷制を嘆いていたが、その地域を離れてからずっと後だった。[147]フンボルトが発見したように、モスクワから 1,000 マイル (1,600 km) 離れていたにもかかわらず、政府は遠征隊を厳重に管理し、地元政府の役人が各停留所で遠征隊を出迎えた。旅程はトボリスクを最遠の目的地として計画し、その後サンクトペテルブルクに戻る予定だった。

フンボルトはロシアのカンクリン公使に書簡を送り、計画の中止には公文書が間に合わないことを承知して渡航を延長すると伝えた。フンボルトは東に行けば行くほど、荒野の領域をさらに楽しむようになった。彼らは依然としてシベリア高速道路をたどり、時には 1 日に 100 マイル (160 km) も進むという素晴らしい進歩を遂げました。7月末に計画は中止され、炭疽菌の発生が警告されたが、フンボルトは危険にもかかわらず続行を決意した[148] 。「私の年齢では、何も延期すべきではありません。」[149]

この旅は、ロシア政府の当面の後援によってもたらされたあらゆる利点を利用して行われたものの、科学的に利益をもたらすにはあまりにも急速すぎた。中央アジア高原の高さに関する一般的な誇張された推定値の修正と、ウラル山脈の金洗浄でのダイヤモンドの発見の予測は、これらの旅行の重要な側面でした。最終的に、遠征は8か月かかり、走行距離15,500km、658の宿場に立ち寄り、12,244頭の馬を使用しました。[150]

ある作家は、「フンボルトの望みどおりには何も進まなかった。遠征全体が妥協だった。」と主張している。ロシア皇帝はフンボルトにロシアへの帰国を勧めたが、フンボルトは遠征中のニコライによる移動の自由と遠征に関する自由な報道の制限に不同意であったため辞退した [151] [152]フンボルトは、ロシア遠征に関する2つの著作、最初の『地質学とアジア気候学断片』を1831年に出版したが、これは彼がこのテーマに関して行った講義に基づいている。1843年、彼はニコライ皇帝に捧げた全3巻の『Asie Centrale』を完成させた[153]が、彼はこれを「遠征は彼の費用で達成されたので、避けられないステップ」と呼んだ。2016年現在、これらの作品は英語に翻訳されていません。[155]彼が老人だった1829年のロシア遠征は、1804年の帰国以来数十年にわたって多くの本を出版したスペイン系アメリカへの5年間の旅行に比べるとはるかに知られていない。それにもかかわらず、それはフンボルトに、その後のさまざまな科学出版物の比較データを提供しました。

出版物

宇宙

フンボルトの晩年の写真

『コスモス』は、フンボルトが晩年に、彼の長いキャリアから得たすべての研究をまとめた著作を執筆するための複数巻にわたる取り組みであった。この著作は、1827 年から 1828 年の冬にベルリン大学で行った講義で具体化されました。これらの講義は「オスモスの大フレスコ画の漫画」を形成することになります。1829年のロシア遠征では、ラテンアメリカ遠征と比較できるデータが得られた[156] 。[157]

『コスモス』の最初の 2 巻は1845 年から 1847 年にかけて出版され、全作品を構成することを意図していましたが、フンボルトはさらに 3 巻を出版し、そのうちの 1 巻は死後のものでした。フンボルトは長い間、地理と自然科学に関する包括的な著作を書くことを目指していました。この研究は、当時カントの枠組みで知られていた科学を統一することを試みました。ドイツのロマン主義からインスピレーションを得て、フンボルトは世界環境の概要を作成しようとしました。[11]彼は長い人生の最後の 10 年を、彼が「ありえない」年と呼んだのですが、この仕事を続けることに費やしました。第 3 巻と第 4 巻は 1850 年から 1858 年に出版されました。5番目の断片は死後1862年に出現した。

彼の名声は、ラテンアメリカ遠征に関する出版物によって長い間確立されていました。Kosmosの重要性についてはコンセンサスがありませんある学者は、フンボルトのヌエバ・スペイン王国に関する政治エッセイの重要性を強調しコスモスを「学術的な好奇心にすぎない」と一蹴している。[158]別の意見は、『コスモス』が彼の「最も影響力のある本」だったというものである。[157]

エリーゼ・オッテ訳『コスモス』第 1 巻の目次の最初のページ (1849 年)
エリーゼ・オッテ訳『コスモス』第 1 巻の目次の最初のページ(1849 年)

フンボルトのほとんどの作品と同様、『コスモス』も品質にばらつきのある版で複数の言語に翻訳されました。イギリスやアメリカではとても人気がありました。1849年、ドイツの新聞は、イギリスでは3つの異なる翻訳のうち2つは女性によって行われたが、「ドイツではほとんどの男性がそれを理解していない」とコメントした。[159]オーギュスティン・プリチャードによる最初の翻訳(バイリエール氏によって匿名で出版された)(第一巻は1845年、第二巻は1848年)は、急いで作成されたために苦労した。フンボルト氏は手紙の中で、この件について「私の評判を傷つけるだろう。サンスクリット語に聞こえる英語によって、私の説明の魅力はすべて台無しになる」と述べた。[要出典]

他の 2 冊の翻訳は、夫エドワード・サビーヌ大佐の監督の下、エリザベス・ジュリアナ・リーブス・ザビーヌによって行われ(全 4 巻、1846 ~ 1858 年)、エリーゼ・オッテによって翻訳されました(全 5 巻、1849 ~ 1858 年、ドイツ語版 4 巻の唯一の完全翻訳)。 。これら 3 つの翻訳は米国でも出版されました。ドイツ語版と英語版では巻番号が異なります。ドイツ語版の第 3 巻は、英語翻訳の第 3 巻と第 4 巻に対応しています。ドイツ語版は 1850 年と 1851 年に 2 部構成で出版されました。ドイツ語版の第 5 巻は、1981 年まで翻訳されず、やはり女性によって翻訳されました。[160]オッテの翻訳は、詳細な目次と各巻の索引の恩恵を受けました。ドイツ語版には (非常に短い) 目次があったのは第 4 巻と第 5 巻のみで、作品全体の索引は 1862 年の第 5 巻にのみ掲載されました。ドイツではあまり知られていないのは、ドイツ版コスモスに属する地図帳です。ベルクハウスの物理的地図帳」は、トラウゴット・ブロメによる「アレクサンダー・フォン・フンボルトのコスモスに関する地図帳」(シュトゥットガルト、1861 年)というタイトルで海賊版としてよく知られています。[要出典]

英国では、ハインリヒ・バーグハウスがアレクサンダー・キース・ジョンストンと共同で「物理アトラス」を出版することを計画していまししかし、後にジョンストンはそれを「自然現象の物理的アトラス」というタイトルで単独で出版しましたイギリスでは、それと宇宙とのつながりは認識されていないようです。[161]

その他の出版物

フンボルトが記したムイスカ数字

アレクサンダー・フォン・フンボルトは生涯を通して多作の出版物を出版しました。多くの作品はもともとフランス語またはドイツ語で出版され、その後他の言語に翻訳され、時には競合する翻訳版が出版されました。フンボルト自身は、さまざまな版をすべて追跡していたわけではありません。[162]彼は植物学、動物学、天文学、鉱物学などの特定のテーマに関する専門的な著作を書きましたが、幅広い読者を惹きつける一般的な著作、特に紀元前の新大陸の彼岸地域への旅行に関する個人的な物語も書きました。 1799 年 - 1804 年[163]ヌエバ スペイン王国に関する彼の政治エッセイは、メキシコ本国、米国、さらにはヨーロッパでも広く読まれた。[164]

オリジナルの作品の多くは、生物多様性図書館によってデジタル スキャンされています。[165]彼の『山脈の眺めとアメリカ先住民の記念碑』 (2014)を含む印刷作品の新しい版が出版されており、これにはすべてのカラー版と白黒版の複製が含まれています。オリジナル版では、出版物は大判であり、かなり高価でした。[166] 2009 年の植物地理学の翻訳[167]と 2014 年のViews of Natureの英語版があります。[168]

科学者や芸術家への影響

フンボルト、ヘンリー・ウィリアム・ピッカーズギルの肖像画(1831年)

フンボルトは友人に対して寛大で、若い科学者を指導しました。彼とボンプラントはヨーロッパへの帰還後に袂を分かち、フンボルトはラテンアメリカ遠征の成果を出版するという仕事のほとんどをフンボルトの費用で引き受けたが、出版された約30巻の共著者としてボンプランドを含めた。ボンプランドはラテンアメリカに戻り、アルゼンチンのブエノスアイレスに定住し、その後パラグアイとの国境近くの田舎に移りましたパラグアイの実力者であるホセ・ガスパール・ロドリゲス・デ・フランシア博士の軍隊は、ボンプランドの不動産労働者を殺害した後、ボンプランドを拉致した。ボンプランドは「農業スパイ」と、マテ茶栽培におけるパラグアイの事実上の独占を脅迫した罪で告発された

英国政府やシモン・ボリバル氏、そしてフンボルトなどのヨーロッパの科学者を含む国際的な圧力にもかかわらず、フランシアはボンプランドを1831年まで捕虜としていた。彼はパラグアイで10年近く過ごした後に釈放された。フンボルトとボンプラントは、1858年にボンプラントが亡くなるまで、科学と政治について温かい文通を続けた。[169]

フンボルトはパリ滞在中の 1818 年に、パリ王立鉱山学校の若くて優秀なペルー人の学生、マリアノ エドゥアルド デ リベロ イ ウスタリスに出会いました。その後、フンボルトはこの将来有望なペルー人科学者のキャリアの指導者としての役割を果たしました。フンボルトの援助を受けたもう一人の人物はルイ・アガシ(1807-1873) で、彼はフンボルトから必要な現金、学術的地位を確保するための援助、動物学に関する研究の出版への援助を直接援助されました。アガシは彼の出版物のコピーを彼に送り、ハーバード大学の教授として科学的にかなりの評価を得るようになりました。[170]アガシは1869年、後援者の生誕100周年に際し、ボストン自然史協会で演説を行った。[171]フンボルトが老人だったとき、彼はベルリンに住むもう一人の若い学者、優秀な若いユダヤ人の数学者ゴットホルト・エイゼンシュタインを援助し、そのために少額のクラウン年金を獲得し、科学アカデミーの会員に推薦した。[172]

フンボルトの人気の著作は、チャールズ・ダーウィンヘンリー・デイヴィッド・ソロージョン・ミュアジョージ・パーキンス・マーシュ、エルンスト・ヘッケル、アイダ・ローラ・ファイファー[ 174]、そしてリチャードションバーグロバート・ショームバーグ兄弟を含む多くの科学者や博物学者に影響を与えた[175]

フンボルトは多くの同時代人たちと文通を続けており、カール・アウグスト・ヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てた手紙は2冊出版されている。[176] [177]

チャールズ・ダーウィンは、『ビーグル号の航海』の中でフンボルトの研究に頻繁に言及し、そこでダーウィンはアメリカ大陸の彼自身の科学的探検について説明しました。あるメモの中で、彼はフンボルトを「アメリカ旅行者リスト」の第一位に挙げた。ダーウィンの作品はフンボルトの文体からも影響を受けている[178] 。ダーウィンの妹は彼に、「あなたはおそらくフンボルトの本をたくさん読んだおかげで、彼の表現法や彼が使用する華やかなフランス語の表現を理解したでしょう」と言いました。[179]

『ダーウィンの日記』が出版されたとき、フンボルトにコピーを送ったところ、フンボルトはこう答えた、「あなたは親切な手紙の中で、若い頃、私が猛暑地帯の自然を研究し、描写したやり方が、あなたの心の中に興奮をもたらすのに貢献したと教えてくれました。」遠い国を旅したいという熱意と願望です。あなたの仕事の重要性を考えると、これは私の地味な仕事がもたらす最大の成功かもしれません。」[180]ダーウィンは自伝の中で、「フンボルトの個人的な物語を「注意深く、深い興味を持って読んだ」ことを回想し、それが自分の研究に最も影響を与えた二冊の本の一つであることを発見し、それが彼の中に「最もささやかな貢献を加えたいという燃えるような熱意を掻き立てた」と述べた。自然科学の崇高な構造へ。」[181]

フンボルトは、1840年代にダーウィンの祖父の詩に深い興味を持っていたことをダーウィンに明かした。エラスムス・ダーウィンは1800 年代初頭に詩「植物の愛」を発表しました。フンボルトは、この詩が自然と想像力を組み合わせたものであると賞賛し、このテーマはフンボルト自身の作品に浸透しています。[182]

フレデリック・エドウィン教会アンデスの中心(1859)

19 世紀の多くの芸術家がフンボルトの足跡をたどってラテンアメリカを訪れ、風景や日常生活の風景を描きました。ヨハン・モーリッツ・ルゲンダスフェルディナンド・ベラーマンエドゥアルト・ヒルデブラントはヨーロッパの3人の重要な画家でした。[183] ​​ フレデリック・エドウィン・チャーチは、 19世紀の米国で最も有名な風景画家であった。フンボルトが登ったアンデスの火山を描いた絵は、チャーチの評判を高めるのに役立ちました。彼の5フィート×10フィートの絵画「アンデスの中心部」完成したときは「センセーションを巻き起こした」。チャーチはその絵をフンボルトに見せるためにベルリンに送ることを望んでいたが、フンボルトはチャーチの手紙が書かれた数日後に亡くなった。[184] [185] [186] [187]教会はコトパクシを3 回描き、1855 年に 2 回、その後 1859 年の噴火の際に描いた。

北米インディアンの肖像画や北米のさまざまな部族の生活を描いた絵画で最も有名なジョージ・カトリンも南米を旅し、数多くの絵画を制作しました。彼は 1855 年にフンボルトに手紙を書き、南米旅行の提案を送りました。フンボルトは感謝の意を表し、旅行の案内に役立つ覚書を送った。[188] [189]

アイダ・ローラ・ファイファーは、1846 年から 1855 年にかけて 2 回の世界一周旅行を完了した最初の女性旅行者の 1 人であり、フンボルトの足跡をたどりました。二人の探検家はファイファーの二度目の旅行前の1851年にベルリンで会い、1855年にファイファーがヨーロッパに戻ったときに再び会った。フンボルトはファイファー夫人に公開状の紹介状を渡し、その中でファイファー夫人の「彼女がどこに呼ばれても、あるいはもっとふさわしいとされるであろう、征服されざる精神に突き動かされて、どこにでも発揮する消えることのない性格のエネルギー」のために、彼の名前を知っている人なら誰でもファイファー夫人を支援するよう命じた。自然と人間を研究する情熱。」[190]

ギャラリー

フンボルトの人生とキャリアのその他の側面

フンボルトとプロイセン君主制

私信に押されたフンボルトの印章

ナポレオン戦争では、プロイセンはフランスに降伏し、ティルジット条約に署名しました。プロイセン王室はベルリンに戻ったが、条約のより良い条件を求め、フリードリヒ・ヴィルヘルム3世は弟のヴィルヘルム王子にこれを依頼した。フリードリヒ・ヴィルヘルム3世はアレクサンダーに、王子をパリ社交界に紹介する任務に加わるよう要請した。フンボルトはベルリンではなくパリに住みたいと望んでいたので、これ以上ない出来事が起こった。[192]

1814年、フンボルトは同盟国の君主たちに同行してロンドンに赴いた。3 年後、彼はプロイセン国王からアーヘン会議に出席するよう呼び出されました。1822年の秋に再び同じ君主に同行してヴェローナ会議に出席し、そこから王室一行とともにローマとナポリへ向かい、1823年の春にパリに戻った。フンボルトは長い間パリを本当の故郷と考えていた。こうして、ついに彼は主権者からベルリンの法廷に加わるよう召喚状を受け取ったとき、しぶしぶ従った。

1830 年から 1848 年の間、フンボルトはフランス国王ルイ・フィリップの宮廷への外交使節団に頻繁に雇われ、ルイ・フィリップ国王とは常に最も友好的な個人的関係を保っていました。フランス王シャルル10世は打倒され、オルレアン家のルイ・フィリップが王となった。フンボルトは家族の知り合いであり、プロイセン君主から出来事を君主に報告するためにパリに派遣された。彼は1830年から1833年までの3年間をフランスで過ごしました。彼の友人フランソワ・アラゴフランソワ・ギゾーはルイ・フィリップ政権のポストに任命されました。[193]

フンボルトの弟、ヴィルヘルムは1835 年 4 月 8 日に亡くなりました。アレクサンダーは、弟の死で自分の半分を失ったと嘆きました。1840年6月に皇太子フリードリヒ・ヴィルヘルム4世が即位すると、宮廷でのフンボルトの支持は増大した。実際、新国王のフンボルトとの交流に対する渇望は、時には著述に取り組むために起きている時間がほんの数時間しか残されないほど重要なものとなった。

先住民族の代表

1799 年から 1804 年にかけての新大陸の彼岸地域への旅の個人的な物語などのフンボルトの出版物は、植民地主義が蔓延していた時代に起源を持ちます。最近の学術出版物の中には、フンボルト自身の帝国主義的偏見について賛否両論がある。『帝国の目』という本の中でプラットはフンボルトの著作に暗黙の帝国主義的偏見があると主張している。フンボルトはスペイン植民地への遠征資金を独自に賄ったが、スペイン君主制はフンボルトが南米に旅行することを許可した[194] 。[194]南米のスペイン植民地内での不安のため、スペイン王室は自由主義的な改革を実施し、その結果下層階級の間でスペイン君主制への支持が拡大した。[194]しかし、プラットは、スペイン君主制の支配力の低下により南米の白人エリート層が特権を失うことになるため、この改革は上流階級の中にスペイン支配に対する反対を生んだと指摘している。[194]フンボルトが南アメリカ内の自然界について書いたとき、彼はそれを中立的で人々のいないものとして描いた。もしフンボルトの著作の中で先住民族が言及されていたとしたら、彼らはヨーロッパ人にとって有益な場合にのみ表現されたとプラットは主張する。[194]他の人は、フンボルトがヨーロッパ人による商業に利用できる未開の国について説明したため、ドイツのコロンブスであると主張しています。[195]

他の学者はプラットの議論に反論し、フンボルトが著作の中で表現している奴隷制度廃止論者および反植民地主義者の立場に言及している。一例としては、スペインの植民地支配を批判したフンボルトの南米植民地に関する記述が挙げられる。[196]自由や自由などの啓蒙的価値観との密接な関係が、民主主義の支持とその後の南米独立の支持につながった。[197]先住民族の物質的および政治的状況を改善するために、フンボルトは自身の著作の中にスペイン君主制にも提示した提案を含めた。[195]フンボルトは奴隷市場を目撃し、黒人の扱いに衝撃を受け、生涯を通じて奴隷制度に反対し、奴隷制度廃止運動を支持するようになりました。[197]フンボルトは、 『個人の物語』の記述の中に、先住民から与えられた答えも含めています。さらに、ルブリッヒ[誰?] は、彼の著作に植民地主義的および東洋主義的な概念があったにもかかわらず、フンボルトはこれらのステレオタイプを再構築したのではなく、それらを解体したと主張しています。[195]

宗教

フンボルトの肖像、ジュリアス・シュレーダー作、1859年。メトロポリタン美術館

フンボルトは著書『コスモス』の中で神について言及しておらず、宗教的態度について否定的な発言をすることもあったため、唯物論的な哲学者、あるいはおそらくは無神論者ではないかと推測されることもあった。[198]しかし、反宗教運動のためにフンボルトの科学を利用することまで行ったロバート・G・インガソールのような無宗教の人物とは異なり、 [199]フンボルト自身は無神論の帰属を否定した。ヴァルンハーゲン・フォン・エンセへの手紙の中で、彼は世界が本当に創造されたと信じていることを強調し、コスモスについて書いた: 「...『創造』と『創造された世界』は、この本の中で決して見失われていません。そして、私はほんの8か月前、フランス語の翻訳の中で、最も明白な言葉でこう言いませんでしたか。「これは必然です」物事の、このオカルト的だが永続的なつながり、制御力に従属する『自然』を構成する形成、現象、出来事の進歩、発展におけるこの定期的な回帰?」 [200 ]

「フンボルトは人間の性質における道徳の基礎を強調しているが、神への信仰が美徳の行為に直接結びついていることは認めている」ため、「人間の尊厳がフンボルトの宗教思想の中心にある」と主張されている。 」。[201]

フンボルトも死後の世界を強く信じていました[202]彼が友人シャルロット・ヒルデブラント・ディーデに宛てて書いた手紙には次のように述べられている:「神は常に自然と状況の成り行きを定めておられるので、永遠の未来における彼の存在も含めて、個人の幸福は滅びることなく、その日のうちに消滅するのである。」逆に成長し、増加します。」[203]

フンボルトは、カトリック教会に関連するドイツのプロテスタントに典型的な、組織化された宗教には距離を置き続けた。フンボルトは、人間コミュニティにおける宗教的信念と教会生活の理想的な側面に深い敬意を抱いていました。[204]彼は、「否定的な」宗教と、「すべての肯定的な宗教は、三つの異なる部分から成る」と区別した - 道徳律はどの宗教でもほぼ同じであり、一般に非常に純粋である、地質学的キメラ、そして神話か小さな歴史小説。」[205]コスモス、彼はさまざまな宗教的伝統の中にいかに豊富な地質学的記述が見出されるかについて書き、次のように述べた、「キリスト教は徐々に拡散し、国の宗教として採用された場合はどこでも、キリスト教は下層階級に有益な条件を教え込むだけでなく、人類の社会的自由だけでなく、自然との交わりにおける人間の見方も拡大しました...作品の中で神を賛美するこの傾向は、自然観察の趣味を生み出しました。」[206]

フンボルトはユダヤ教に対して宗教的寛容を示し、ユダヤ人に対する法的差別を確立することを目的とした政治的ユダヤ人法案を批判した。彼はユダヤ人が社会で平等に扱われることを望んでいたため、これを「忌まわしい」法律と呼んだ。[207]

私生活

ベルリンのオラニエンブルガー通りにあるアパートの図書室にいるフンボルト、エドゥアルト・ヒルデブラント著

フンボルトは私信を破棄したため、私生活の多くは謎のままである。彼は社交的な性格でしたが、社会的疎外感を抱いていた可能性があり、それが彼の逃避の情熱を旅行に駆り立てたのかもしれません。[208]

フンボルトは結婚しなかった。彼は指導者マーカス・ヘルツの妻ヘンリエットを含む多くの女性と友好的だったが、義妹のカロリーヌ・フォン・フンボルトは「アレクサンダーに大きな影響を与えるものは、来ないものは何もない」と述べた。男性を通して」。[209]彼は多くの強い男性の友情を持っており、時には男性とロマンスを持っていました。[210]

学生時代、彼は神学生のヴィルヘルム・ガブリエル・ヴェーゲナーに夢中になり、彼の「熱烈な愛」を表明する一連の手紙を書いた。[211] 25歳のとき、彼は21歳の中尉ラインハルト・フォン・ヘフテン(1772年 - 1803年)と出会い、2年間一緒に暮らし、旅をし、1794年に彼に宛ててこう書いた。よかった、尊いラインハルト。」フォン・ヘフテンが婚約したとき、フンボルトは自分と妻と一緒に暮らし続けることを懇願した。単なる友情や兄弟愛、それは崇拝です。」[212]

5年間アメリカ大陸を旅していたエメ・ボンプランドは、 1802年にキトでエクアドルの貴族ドン・カルロス・モントゥファルと出会い、フンボルトとともにヨーロッパへ旅行し、一緒に暮らした。フランスでは、フンボルトは物理学者で気球奏者のジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックと一緒に旅行し、同棲したその後、既婚のフランス人天文学者フランソワ・アラゴと深い友情を築き、15年間毎日会っていました。[213]

フンボルトはかつて「私は官能的なニーズを知らない」と書いた。[209]しかし、敬虔な旅仲間のフランシスコ・ホセ・デ・カルダスは、彼が「不純な愛が支配する」キトの家に頻繁に出入りし、「卑劣な自堕落な若者」と友達になり、「心の恥ずべき情熱」を発散させたとして非難した。 、そして「ボンプランドと彼のアドニス」[モントゥファール]と一緒に旅行するために彼を降ろしました。[214]

フンボルトは莫大な財産を相続したが、旅費、とりわけ出版費(全30巻)のため、1834年までに彼は完全に国王フリードリヒ・ウィリアム3世の年金に頼るようになった。彼はパリに住むことを好んだが、1836年までに国王はドイツに戻ると主張した[215] 。彼はサンスーシの法廷で暮らし、その後は1829年にロシアへ同行した従者ザイフェルトとともにベルリンに住んでいた[216]

筆跡がますます読みにくくなった晩年のフンボルトの署名

フンボルトは死の4年前に、その時までに結婚し、フンボルトのアパートの近くに世帯を構えていたザイフェルトに全財産を譲渡する贈与証書を締結した[217] [218] 。フンボルトは娘のゴッドファーザーになっていた。[219]遺贈の規模については常に憶測を呼んできたが、特にザイフェルトは約30歳も若く、使用人を装って下層階級のパートナーを家庭に導入することが当時一般的だったためである。[220]

1908年、性研究者パウル・ネッケは、フンボルトの友人で当時90歳近くだった植物学者カール・ボレを含む同性愛者たちから回想を集めた[221] 。資料の一部はマグヌス・ヒルシュフェルトによって1914年の研究「男性と女性における同性愛」に組み込まれた。[222]しかし、フンボルトの私生活と同性愛の可能性についての憶測は学者の間で依然として厄介な問題であり、特に初期の伝記作家が彼を「ほぼ無性愛者でキリストに似たフンボルトの人物…国民的アイドルにふさわしい人物」として描いていたためである。[223]

病気と死

1857 年 2 月 24 日、フンボルトは軽度の脳卒中を患いましたが、目立った症状もなく経過しました。[224]彼の体力が衰え始めたのは 1858 年から 1859 年の冬になってからでした。1859 年 5 月 6 日、彼はベルリンで 89 歳で安らかに亡くなりました。彼の最後の言葉は、「この太陽光線は何と輝かしいことでしょう! 地球を天国に呼んでいるようです!」だったと伝えられています。[225]彼の遺骨は、6頭の馬が引く霊柩車に乗せられ、ベルリンの街路を国家状態で運ばれた。王室侍従は随行員を率い、それぞれがフンボルトの勲章やその他の名誉勲章を枕に運ぶ任務を負った。フンボルトの兄ヴィルヘルムの子孫である大家族も行列に加わった。フンボルトの棺は大聖堂の入り口で摂政王子によって受け取られた。彼は弟のヴィルヘルムと義妹のカロリーヌとともに、テーゲルにある家族の安息の地に埋葬された。[226]

栄誉と同名者

生前にフンボルトに浴びせられていた栄誉は、彼の死後も続いた。フンボルトにちなんで命名された種のほうが、他の人類の名前にちなんで命名されたよりも多い。[12]フンボルト生誕 100 周年は 1869 年 9 月 14 日に祝われ、新世界と旧世界の両方で大きな熱狂が起こった。彼を讃えて数多くの記念碑が建設されました。たとえば、シカゴのフンボルト公園はその年に計画され、シカゴ火災の直後に建設されました以下で説明するように、フンボルトにちなんで名付けられた新たに探索された地域や種も、彼の広範な名声と人気の尺度として機能します。

「フンボルトが着る権利のなかったヨーロッパの秩序はほとんど存在せず」、「彼が選出された社会は150以上あった」。これらには、「ヨーロッパとアメリカの主要国の最も有名なアカデミー、そして単に純粋に科学的な性格を持つアカデミーだけでなく、教育の普及と文明の進歩を目的とするアカデミー」が含まれていた。さらに、彼はヨーロッパとアメリカ全土の学会および学術団体の少なくとも名誉会員であり、「3つの学部に博士号を授与された」。[227]

栄誉

フンボルトにちなんで名付けられた種

フンボルトは、これまでヨーロッパ人に知られていなかった多くの地理的特徴と種について説明しました。彼の名にちなんで名付けられた種には次のようなものがあります。

フンボルトにちなんで名付けられた地形

彼の名にちなんで名付けられた特徴には次のものがあります: [237]

フンボルトにちなんで名付けられた地名

以下の地名はフンボルトにちなんで名付けられています。

  • フンボルト コート タンブリッジ ウェルズ、ケント、イングランド、イギリス

天文上の特徴

地質学的オブジェクト

鉱物フンボルティンは、 1821年にマリアノ・デ・リベロによってアレクサンダーにちなんで命名された。[239] [240]

大学、専門学校、学校

ベルリン フンボルト大学

大学

学校

連続講義

アレクサンダー・フォン・フンボルトは、オランダの人文地理学における著名な講義シリーズ(ナイメーヘン・ラドボウド大学主催)にも名を連ねています。これは、ハイデルベルク大学で広く知られている毎年恒例のヘットナー講義のオランダ版です

アレクサンダー・フォン・フンボルト財団

彼の死後、フンボルトの友人や同僚は、若い学者に対する彼の寛大な支援を継続するためにアレクサンダー・フォン・フンボルト財団(ドイツ語でStiftung)を設立しました。元の寄付金は1920 年代のドイツのハイパーインフレと第二次世界大戦の結果再び失われましたが、この財団はドイツ政府によって再び寄付され、海外の若い学者や著名な上級学者に賞を与えています外国人研究者をドイツで研究するよう誘致し、ドイツ人研究者が一定期間海外で研究できるようにする上で重要な役割を果たしています。

献身

エドガー・アラン・ポーは、最後の主要作品『ユリイカ:散文詩』を「深い敬意を込めて」フンボルトに捧げた。フンボルトのコスモスで科学を統一しようとする試みは、ポーのプロジェクトに大きなインスピレーションを与えました。

2019年、ホセフィーナ・ベネデッティはフンボルトに5楽章からなる管弦楽組曲 を作曲した。

アレクサンダー・フォン・フンボルトも科学者にちなんで名付けられたドイツの船で、元々は 1906 年にブレーメンのドイツの造船所 AG ヴェーザーによって予備ゾンダーブルクとしてこの船は 1986 年に退役するまで北海とバルト海で運航されました。その後、ドイツの造船所ブレーマーハーフェン モーターヴェルケによって 3 本マストのバークに改造され、1988 年にアレクサンダー フォン フンボルトとして再進水されました[要出典]

Jan De Nul Group は、 1998 年に建造された、 Alexander von Humboldtという名前のホッパー浚渫船を運営しています[242]

同時代人による評価

シモン・ボリバルは、「南アメリカの真の発見者はフンボルトだった。なぜなら、彼の仕事はすべての征服者の仕事よりも我が国の人々にとって有益だったからである」と書いている。チャールズ・ダーウィンはフンボルトに対する恩義と彼の業績への賞賛を表明し、ジョセフ・ダルトン・フッカーフンボルトは「史上最も偉大な科学旅行者」であると書き送った [244]ヴィルヘルム・フォン・フンボルトは、「アレクサンダーは、そうでなければ長い知られていなかったであろうアイデアを組み合わせ、思考の連鎖をたどる運命にある。彼の深さ、彼の鋭い頭脳、そして信じられないほどのスピードは、稀有な組み合わせである。」と書いている。ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ フンボルトは「私たちに真の宝物を与えてくれた」と述べた。フリードリヒ・シラーは、「アレクサンダーは多くの人に感銘を与える。特に兄と比べたとき、彼はもっと誇示するからだ!」と書いている。ホセ・デ・ラ・ルス・イ・カバレロは、「コロンブスはヨーロッパに新世界を与えた。フンボルトはその物理的、物質的、知的、道徳的な側面でヨーロッパを知らしめた」と書いている。

ナポレオン・ボナパルトは、「あなたは植物学を勉強しているのですか?私の妻と同じです!」と言いました。クロード・ルイ・ベルトレは「この男はアカデミー全体と同じくらい知識が豊富だ」と評した。トーマス・ジェファーソンは「彼は私が会った中で最も重要な科学者だと思う」と述べた。エミール・デュ・ボワ=レイモンは、「勤勉な学者は皆、フンボルトの息子である。我々は皆、彼の家族である。」と書いている。[246] ロバート・G・インガソールは、「彼は劇にとってシェイクスピアのようなものを科学することになった」と書いた。[247]

ヘルマン・フォン・ヘルムホルツは、「今世紀の前半には、当時の科学知識を詳細に精査し、それを一つの広大な一般化の中に収めることができたアレクサンダー・フォン・フンボルトがいた。現時点では、たとえフンボルトのような目的に非常に適した才能を持った頭脳であっても、この任務が同様の方法で達成できるかどうか、また彼の時間と労力のすべてがその目的に費やされたかどうかは明らかに非常に疑わしい。」[248]

名誉博士号

彫刻

作品

科学的著作物

  • Florae Fribergensis 標本 plantas cryptogramicus praesertim subterraneas exhibens、1793 年。フンボルトが鉱山検査官だったときに行った地下植物の観察。
  • Versuche über die gereizte Muskel- und Nervenfaser nebst Veruchen über den chemischen Prozess des Lebens in der Thier- und Pflanzenwelt(2 巻)、1797 年。ガルバニズムと神経伝導性に関するフンボルトの実験。
  • ウーバーはガサルテンとミッテルに死ぬ、ナハトヘイルはヴァーミンダーンになる。ブラウンシュヴァイク: Vieweg 1799。
  • JL ゲイ=リュサックによる空気大気の分析。1805 年のパリ。ドイツ語版、テュルビンゲン。
  • アジアの地質学と気候学の断片2 巻 パリ、1831年。テュービンゲン、1831 年
  • 中央部、山脈の山岳地帯と気候学の比較を調査します3巻 1843年

Le voyage aux régions equixiales du Nouveau Continent、fait en 1799–1804、par Alexandre de Humboldt et Aimé Bonpland (パリ、1807 年など) は、以下を含む 30 冊の二つ折りおよび四冊から構成されています。

  • アメリカ先住民の風景と国民の記念碑(2 冊、フォリオ、1810 年)
    • 英語翻訳: アメリカの古代住民の施設と記念碑に関する研究: コルディリェラ山脈の最も印象的なシーンのいくつかの説明とビュー付き! (全2巻) [原題の感嘆符]
    • 英語翻訳:山脈の眺めとアメリカ先住民族の記念碑: クリティカル エディションVera M. KutzinskiOttmar Ette、編集者。シカゴ: シカゴ大学出版局、2014 年。ISBN  978-0-226-86506-5
  • ヌーヴォー大陸の地理史的批評試験(4 巻 1814 ~ 1834 年)
  • ヌーヴェル・エスパーニュの地理と身体の地図(1811)
  • Essai politique sur le royaume de la Nouvelle Espagne (1811)。
    • 英語翻訳: メキシコの地理に関する研究を含むヌエバ スペイン王国に関する政治エッセイ、(1811) biodiversitylibrary.org。
  • 植物の地理学上のエッセイ: エクイノシアレス地域の体格図に関連し、実行中の測定結果、オーストラリアの緯度の緯度の計算結果、オーストラリアの緯度のペンダント、1799 年、1800 年、1 801、1802以降1803/パーアル。de Humboldt et A. Bonpland; レディ・パー・アル. デ・フンボルト (1805)、biodiversitylibrary.org
    • シルヴィ・ロマノフスキーによる英語翻訳:植物の地理に関するエッセイシカゴ大学出版局。(2009)
  • 大陸と大陸の地理的特徴を探る1823 年パリ。英語版とドイツ語版。
  • キューバの政治政治2巻 1828 年パリ。英語版[250]とドイツ語版。
  • Relation historique du Voyage aux Régions équinoxiales du Nouveau Continent, etc. (1814–1825)、彼の旅行の未完の物語、Essai politique sur l'île de Cuba、biodiversitylibrary.org
  • メラストマセのモノグラフ (1833)
  • Monographia Melastomacearum: continens plantas huius ordinis、hucusque Collectas、praesertim per regnum メキシコ、カラカルム州およびノバエ アンダルシアエ州、ペルーヴィノルム州、クイテンシウム、ノバエ グラナタエ アンディバス、アド オリノチ、フルヴィーニグリ、フルミニス アマゾンヌム ルパス ナセンテス (2 巻)
  • コスモス : アレクサンダー・フォン・フンボルトによる宇宙の物理的記述のスケッチ。EC Otte によるドイツ語からの翻訳 (5 巻) [251]
  • コスモス: エッセイ ドゥーヌ 記述 フィジーク デュ モンド (4 巻)
  • アレクサンダー・フォン・フンボルトの仕事 (12 巻)
  • Ansichten der Natur: mit wissenschaftlichen Erläuterungen
  • 化学生理学の格言。ゴットヘルフ・フィッシャーの晩年の支配者。Nebst einigen zusätzen von herrn dr. と教授。ヘドウィッヒとアイナー・ヴォルレーデ・フォン・ヘルン博士。と教授。キリスト。フリーダー。ルートヴィヒ。1794年。
  • さまざまな土地、さまざまな気候における自然の側面を科学的に解明
  • アトラス・ズ・アレックス。v. フンボルトのコスモス (zweiundvierzig Tafeln mit erläuterndem texte /herausgegeben von Traugott Bromme)
  • Briefe von Alexander von Humboldt an Varnhagen von Ense、aus den jahren 1827 bis 1858 : nebst Auszügen aus Varnhagen's Tagebüchern und Briefen von Varnhagen und andern an Humboldt
  • Ideen zu einer Geographie der Pflanzen :nebst einem Naturgemälde der Tropenländer : auf Beobachtungen und Messungen gegründet, welche vom 10ten Grade nördlicher bis zum 10ten Grade südlicher Breite, in den Jahren 1799, 1800, 1801, 1802 年と 1803 年、angestellt worden sind/ von Al. フォン・フンボルトとA.ボンプラント。ベアベイテットとヘラウスゲゲベン・フォン・デム・アースターン
  • キナ属の図解: いくつかの新種を含むすべての公式ペルー樹皮の説明、フンボルト男爵の南アメリカのキナ林の説明、およびキンキナのさまざまな種に関するローベールの回想録で構成されています。これにいくつかの論文が追加されています。ドン・ヒッポリト・ルイスによる南アメリカのさまざまな薬用植物(1821年)。
  • コスモス。アレクサンダー・フォン・フンボルトの世界史 (5 巻)
  • 地球上の等温分布と地球分布1817 年のパリ。ドイツ語版、テュルビンゲン。
  • 1799年から1804年にかけてのアメリカの彼岸地域への旅行に関する個人的な物語/アレクサンダー・フォン・フンボルトとエメ・ボンプランドによる。アレクサンダー・フォン・フンボルトのフランス語から翻訳、トマシナ・ロス編集(第 2 巻と第 3 巻)、biodiversitylibrary.org
  • 新大陸の彼岸への旅の個人的な物語7巻 ロンドン。フランス語、パリでの初版: 1815 ~ 26 年。
  • 新しい大陸の春分地域: hecho en 1799 hasta 1804, por Al. デ・フンボルトとA.ボンプランド。アレハンドロ・デ・フンボルトによる編集。続きは欠かせないアル・エンサヨ・ポリティコ・ソブレ・エル・レイノ・デ・ラ・ヌエバ・エスパーナ・ポル・エル・ミスモ・オートル(5巻)、1826年。biodiversitylibrary.org
  • Pflanzengeographie、Nach Alexander von HumboldtのWerke Ueber Die Geographische Vertheilhung derGewächse:Mit Anmerkungen、GrösserenBeilagenaus andern pflanzengegographen Schriften und einem excurse
  • Plantes équinoxiales recueillies au Mexique : キューバ島、カラカス州、クマナおよびバルセロナ、アンデス・デ・ラ・ヌーベル手榴弾、キトおよびペルー、およびリオ・ネグロ・デ・オレノクおよびデ・シュル・ボルドアマゾネスのリヴィエール (全2巻)
  • 動物観察と解剖学的比較の記録 : 大西洋岸の観察、ヌーボー大陸のインテリア、南アフリカのペンダント、1799 年、1800 年、1801 年、1802 年、1803 年 / パー アル。de Humboldt et A. Bonpland (2 巻)
  • デン・ヤーレンの大陸の休息 1799 年、1800 年、1801 年、1803 年、1804 年 (vol. 3)
  • ヌーボー大陸と地域の航海の歴史、1799 年、1800 年、1801 年、1802 年、1803 年、および 1804 年の関係 (vol. 3)
  • 自然の絵画。ああ、砂漠の考察、ヴェジェトーの生理現象の考察、オレノクの白内障の考察、地域の火山の構造と活動の違いの考察
  • 自然観、または創造の崇高な現象についての熟考 : 科学的なイラスト付き (1850)
  • 自然の見方: または、創造の崇高な現象についての熟考。科学的なイラスト付き (1884)

その他の作品

  • アレクサンダー・フォン・フンボルトからヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てた手紙。1827 年から 1858 年まで。ヴァルンハーゲンの日記からの抜粋と、ヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙。Tr. フリードリッヒ・カップ(編)による第2版ドイツ語より、biodiversitylibrary.org
  • アレクサンダー・フォン・フンボルトが1827年から1858年にかけてヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てて書いた手紙とヴァルンハーゲンの日記の抜粋、およびヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙/ドイツ語からの正式翻訳(説明注記と名前の完全な索引付き)、生物多様性図書館.org
  • Nova 属と種の plantarum (全 7 巻、フォリオ、1815 ~ 1825 年) には、フンボルトとボンプラントによって収集された 4500 種を超える植物の説明が含まれており、主にカール ジギスムント クントによって編集されましたJ. オルトマンスは、Recueil d'observations astronomiques (1808) の準備を支援しました。キュヴィエ、ラトレイユ、ヴァランシエンヌ、ゲイ=リュサックは、動物観察と解剖学の比較調査(1805 ~ 1833 年)に協力しました。[20]

こちらも参照

参考文献

  1. ^ ルプケ 2008、p. 54.
  2. ^ ab Rupke 2008、p. 116.
  3. ^フンボルトは ベルリン大学でシェリングの講義に出席した(シェリングは1841年から1845年にそこで教えた)が、彼の自然哲学を決して受け入れなかった( egs.eduの「Friedrich Wilhelm Joseph Schelling—Biography」を参照、Lara Ostaric、Interpreting Schelling: Critical Essays、ケンブリッジ) University Press、2014、p. 218、および Rupke 2008、p. 116)。
  4. ^ ヘルムート ティーリッケ、『現代の信仰と思想』、ウィリアム B. アードマンズ出版、1990 年、p. 174.
  5. ^ Malcolm Nicolson、「Alexander von Humboldt and the Geography of Vegetables」、A. Cunningham および N. Jardine (編)、Romanticism and the Sciences、Cambridge University Press、1990 年、169–188 ページ。Michael Dettelbach、「ロマン主義と抵抗: ナポレオン時代のフランスにおける自然哲学におけるフンボルトと「ドイツの」自然哲学」、ロバート M. ブレイン、ロバート S. コーエン、オーレ クヌーセン (編)、ハンス クリスチャン エルステッドとロマンチックな遺産『科学: アイデア、専門分野、実践』、シュプリンガー、2007 年。マウリツィオ・エスポジト、ロマンティック生物学、1890–1945、Routledge、2015、p. 31.
  6. ^ トゥブロン、コリン(2015 年 9 月 25 日)。「自然の発明、アンドレア・ウルフ著」。ニューヨークタイムズ紙2016 年 10 月 17 日のオリジナルからアーカイブ2017 年3 月 1 日に取得
  7. ^ ジェフリー・リー (2014). 「フォン・フンボルト、アレクサンダー」。地球の百科事典2015 年 9 月 27 日のオリジナルからアーカイブ2015 年9 月 26 日に取得
  8. ^ ジャクソン、スティーブン T. 「アレクサンダー フォン フンボルトと地球の一般物理学」(PDF)科学Vol. 324。596 ~ 597 ページ。2019 年 4 月 12 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2015 年11 月 11 日に取得
  9. ^ 愛、JJ (2008). 「地球と宇宙の磁気モニタリング」(PDF)今日の物理学2 月 (2): 31 ~ 37 日。Bibcode :2008PhT....61b..31H。土井:10.1063/1.2883907。2019 年 7 月 28 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2015 年6 月 29 日に取得
  10. ^ Thomson, A. (2009)、「フォン フンボルトと地磁気観測所の設立」、IAEA-Inis、オリジナルから 2020 年 3 月 4 日にアーカイブ、 2015年3 月 8 日に取得
  11. ^ ab Walls、LD「フンボルトのコスモスの紹介」。自然を大切にする2009 年 8 月: 3 ~ 15 日。2019年5月12日のオリジナルからアーカイブ2015 年3 月 4 日に取得
  12. ^ ab ポール、ホーケン (2017). ドローダウン: 地球温暖化を逆転させるためにこれまでに提案された最も包括的な計画p. 24.ISBN _ 978-1524704650OCLC  973159818。
  13. ^ ウルフ、アンドレア(2015 年 12 月 23 日)。「忘れられた環境保護の父」。大西洋2020年1月14日のオリジナルからアーカイブ2020 年1 月 14 日に取得
  14. ^ 「フンボルトの遺産」. 自然生態学と進化3 (9): 1265–1266。2019 年 8 月 29 日。土井: 10.1038/s41559-019-0980-5ISSN  2397-334X。PMID  31467435。
  15. ^ 「エコロジーの父」。2020年2月19日。
  16. ^ “忘れられた環境保護の父”. 大西洋2015 年 12 月 23 日。
  17. ^ ab ヘルマン・クレンケ、グスタフ・シュレシエ、フンボルト、アレクサンダー、ウィリアム・ニューヨーク兄弟の生涯(1853)、p. 13.
  18. ^ デ・テラ、1955年、p. 3.
  19. ^ デ・テラ、1955 年、4–5 ページ。
  20. ^ abcdefghijklm クラーケ、アグネス・メアリー(1911)。「フンボルト、フリードリヒ・ハインリヒ・アレクサンダー・フォン」 チザム、ヒュー編著ブリタニカ百科事典Vol. 13(第11版)。ケンブリッジ大学出版局。873–875ページ。
  21. ^ デ・テラ、1955年、p. 5.
  22. ^ デ・テラ、1955 年、6–7 ページ。
  23. ^ ab ニコルソン&ウィルソン 1995、p. 十六.
  24. ^ ウルフ 2015、13、17 ページ。
  25. ^ ウルフ 2015、p. 17.
  26. ^ ab Wulf 2015、p. 18.
  27. ^ ニコルソン&ウィルソン、1995年、16–15ページ。
  28. ^ Daum 2019b、17–20 ページ。
  29. ^ ab ニコルソン&ウィルソン 1995、p. 15.
  30. ^ Wulf 2015、76、136ページ。
  31. ^ ab ニコルソン&ウィルソン 1995、p. 16vii。
  32. ^ デ・テラ、1955年、p. 51.
  33. ^ デ・テラ、1955年、p. 53.
  34. ^ デ・テラ、1955 年、54–55 ページ。
  35. ^ デ・テラ、1955年、18、57ページ。
  36. ^ ウルフ 2015、p. [必要なページ]
  37. ^ ウルフ 2015.
  38. ^ ダウム 2019a.
  39. ^ ウルフ 2015、p. 39.
  40. ^ Carl Freiesleben は、Wulf 2015、p. で引用。39.
  41. ^ デ・テラ、1955年、p. 80.
  42. ^ abc de Terra 1955、p. 83.
  43. ^ アイダ・アルトマン、サラ・クライン、ハビエル・ペスカドール、『大メキシコの初期の歴史』プレンティス・ホール、2003 年、300 ~ 317 ページ。
  44. ^ abc ブレイディング 1991、p. 517.
  45. ^ ブライヒマール 2012、p. 5.
  46. ^ ブライヒマール 2012、p. 19.
  47. ^ Casimiro Gómez Ortega、交通機関の安全性と安全性を保証するための命令。Añadese el método de desacar las plant para formar herbarios (マドリード 1779)。Biblioteca del Real Jardín Botánico、マドリッド、Bleichmar 2012、26 ~ 27 ページで引用。
  48. ^ スティーブン・T・ジャクソン、アレクサンダー・フォン・フンボルトとエメ・ボンプランドによる植物地理に関するエッセイの「伝記スケッチ」 。スティーブン・T・ジャクソンが編集、シルヴィー・ロマノフスキーが翻訳。シカゴ: シカゴ大学出版局、2009 年、p. 248.
  49. ^ ジャクソン、「Biographical Sketches」、245、246–247 ページ。
  50. ^ アンドレア・ウルフ (2015). 自然の発明、失われた科学の英雄、アレクサンダー・フォン・フンボルトの冒険
  51. ^ デ・テラ、1955 年、91–92 ページ。
  52. ^ F.J.デ・ポンス。テレフェルム東洋の航海、アメリカメリディオナーレでの既成ペンダント、1801年、1802年、1803年、1804年:カラカスの総統の説明の内容、ベネズエラ、マラカイボ、ヴァリナス州の構成、ラGuiane Espagnole、Cumana、et de l'île de la Marguerite ....パリ: Colnet 1806。同年、英語でも出版されました。
  53. ^ ブレイディング 1991、p. 518.
  54. ^ Wulf 2015、56–59 ページ。
  55. ^ “ヴェネソラーノ・デル・アスファルト研究所”. 2012 年 3 月 10 日のオリジナルからアーカイブ2010 年8 月 28 日に取得、ベネゾラノ・デル・アスファルト研究所 INVEAS.org
  56. ^ “パリア – ein abwechslungsreiches Stück Land”. PariaTours.de (ドイツ語)。2020年6月20日のオリジナルからアーカイブ2021 年3 月 20 日に取得
  57. ^ デ・テラ、1955 年、232–233 ページ。
  58. ^ ウルフ 2015、p. [必要なページ]
  59. ^ マーク・フォーサイス。語源。Icon Books Ltd. ロンドン N79DP、(2011)、p. 123.
  60. ^ Wulf 2015、62–63 ページ。ウルフの本にはその出会いの写真が掲載されている (p. 63)。彼女はそれに「馬と電気ウナギの戦い」とキャプションを付けた。
  61. ^ Wulf 2015、p. で引用。362、n. 62.
  62. ^ フンボルト、アレクサンダー・フォン。1799 年から 1804 年にかけてのアメリカの彼岸地域への旅行に関する個人的な物語、第 25 章。ヘンリー G. ボーン、ロンドン、1853 年。ウェイバック マシンで 2016 年 3 月 3 日にアーカイブされました。
  63. ^ ニコルソン&ウィルソン、1995、p. 118.
  64. ^ ブレンデル、フレデリック、1635 年から 1840 年までの北アメリカの植物学の歴史的スケッチ、2018 年 12 月 15 日にウェイバック マシンにアーカイブ The American Naturalist、13:12 (1879 年 12 月)、754–771 ページ、大学シカゴ出版局; 2012 年 7 月 31 日にアクセス。
  65. ^ デ・テラ、1955 年、116–117 ページ。
  66. ^ abc 「アレクサンダー・フォン・フンボルトの年表」、p. 十六。
  67. ^ ブライヒマール 2012、p. 190.
  68. ^ Alexander von Humboldt and Aimé Bonpland、Plantes équinoxiles、 Voyage de Humboldt et Bonpland、Sixième Partie、Botanique、vo. 1 1808 年パリ。
  69. ^ ミニョーネ、パブロ (2010)。「Ritualidad estatal、capacocha y actress sociales locales: El Cementerio del volcán Llullaillaco」。エストゥディオス アタカメーニョス(スペイン語) (40): 43–62。土井10.4067/S0718-10432010000200004ISSN  0718-1043。[D] iscutimos el clásico enfoque arqueológico acerca de estipo de儀式 como dominio exclusivo y protagónico del Estado inca [...] Luego el camino se bifurca para dirigirse uno hacia una plataforma de entierro, a 6715 m.snm, y el otro火山からの距離は 20 メートルです。
  70. ^ フンボルトの主張は、1880 年にチンボラソ初登頂を行った登山家のエドワード ウィンパーによって異議が唱えられた。ウィンパー、エドワード(1892)。赤道直下の大アンデス山脈を旅します。ジョン・マレー。30~32ページ。
  71. ^ ムラッタ・ブンゼン、エドゥアルド (2010)。「フンボルトを介してユーロ中心主義と文学の衝突が起こっている」。レヴィスタ・アンディーナ50:247–262。
  72. ^ デ・テラ、1955 年、149–150 ページ。
  73. ^ 『アレクサンダー・フォン・フンボルトの年表』、pp. lxviii–lxvix。
  74. ^ “クエルナバカの地図世界の偉大な人物を探索する”. masdemorelos.masdemx.com (スペイン語)。2018年4月3日。2019年4月10日のオリジナルからアーカイブ2021 年4 月 21 日に取得
  75. ^ http://www.moreloshabla.com/morelos/cuernavaca/por-que-le-decimos-ciudad-de-la-eterna-primavera-a-cuernavaca/ウェイバック マシンで 2018 年 12 月 18 日にアーカイブ、12 月 28 日にアクセス、2018年
  76. ^ デ・テラ、1955年、p. 156.
  77. ^ abcd ブレイディング 1991、p. 527。
  78. ^ Plano físico de la Nueva España、Perfil del Camino de Acapulco a Mégico [原文ママ]、y de Mégico a Veracruzこの図は、Magali M. Carrera、Traveling from New Spain to Mexico: Mapping Practices of Nineteenth-century Mexico、Durham: Duke University Press 2011、p.に掲載されています。70、プレート18。
  79. ^ Alexander von Humboldt、Atlás géographique et physique du Royaume de la Nouvelle-Espagne、lxxxiii–lxxiv、Anne Godlewska、Geography Unbound: Cassini から Humboldt までのフランス地理科学で引用。シカゴ:シカゴ大学出版局、1999 年、p. 257.
  80. ^ フンボルト、政治エッセイ、p. 74.
  81. ^ ブレイディング、1991 年、526–527 ページ。
  82. ^ ブレイディング 1991、p. 525。
  83. ^ ホセ・ルイス・ララ・バルデス、フンボルト・アン・グアナファトのバイセンテナリオ(1803年 - 2003年)グアナファト:エディシオネス・ラ・ラナ 2003。
  84. ^ デ・テラ、1955年、51、156ページ。
  85. ^ Kutzinski & Ette 2012、p. xxi.
  86. ^ ブレイディング 1991、p. 523.
  87. ^ Kutzinski & Ette 2012、p. 15.
  88. ^ ブレイディング、1991 年、523–525 ページ。
  89. ^ Kutzinski & Ette 2012、p. xxxiii。
  90. ^ ニュースペイン王国に関する政治エッセイ(全 4 巻) 翻訳者ジョン・ブラック、ロンドン/エディンバラ: ロングマン、ハースト、リース・オーム、ブラウン。H. コルボーンと W. ブラックウッド、ブラウンとクロンビー、エディンバラ 1811 年。
  91. ^ ベンジャミン・キーン、「アレクサンダー・フォン・フンボルト」、メキシコ百科事典シカゴ: フィッツロイ・ディアボーン 1997 年、p. 664。
  92. ^ ab シュワルツ、インゴ (2001-01-01)。「アレクサンダー・フォン・フンボルトのワシントンとフィラデルフィア訪問、ジェファーソンとの友情、そして米国への興味」。北東部のナチュラリスト 8: 43–56。
  93. ^ デ・テラ、1955 年、175–176 ページ。
  94. ^ Alexander von Humboldt、キナ属の図、2017 年 10 月 2 日にウェイバック マシンにアーカイブ、ロンドン 1821
  95. ^ “ドイツに滞在するフンボルトの「アメリカ」日記」 2020 年 6 月 10 日、ウェイバック マシンにアーカイブ、ドイチェヴェレ 2013 年 12 月 4 日。2021 年 4 月 6 日にアクセス
  96. ^ http://www.uni-potsdam.de/tapoints/?p=1654 2017 年 3 月 1 日にアクセスされたウェイバック マシンで2017 年 3 月 2 日にアーカイブされました。
  97. ^ Nicolaas Rupke、「啓蒙の地理学: アレクサンダー・フォン・フンボルトのメキシコ作品の批判的受容」。『地理と啓蒙』、デビッド N. リヴィングストンおよびチャールズ WJ ウィザーズ編、319–339。シカゴ: シカゴ大学出版局、1999 年。
  98. ^ ヘルフェリッヒ、2004、p. 25.
  99. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト、1799 年から 1804 年にかけての新大陸の春分地域の旅の個人的な物語(ロンドン、1814 年)、Vol. 1、34~35ページ
  100. ^ P.モレットら。、フンボルトのタブローフィジーク再考、PNAS、2019 doi :10.1073/pnas.1904585116
  101. ^ ab Zimmerer 2011、p. 125.
  102. ^ ツィマーラー、2011、p. 129.
  103. ^ ホルヘ・カニサレス=エスグエラ、新世界の歴史の書き方: 18 世紀の大西洋世界の歴史、認識論、およびアイデンティティスタンフォード: スタンフォード大学出版局、2001 年。
  104. ^ ウルフ 2015、p. 89. この出版物には、フンボルトによる自然界の最初のスケッチが含まれています。
  105. ^ Alexander von Humboldt、「地球儀の等温分布と地球儀の分布」1817年のパリ。
  106. ^ デ・テラ、1955年、p. 380。
  107. ^ AH ロビンソンとヘレン M. ウォリス。「等温線のフンボルト地図: テーマ別地図製作におけるマイルストーン」。地図製作ジャーナル4 (1967) 119–123。
  108. ^ デ・テラ、1955 年、375–376 ページ。
  109. ^ マガリ M. カレラ、ヌエバ スペインからメキシコへの旅: 19 世紀メキシコの地図作成の実践ダーラム:デューク大学出版局、2011 年、74 ~ 75 ページ。
  110. ^ デ・テラ、1955 年、177–178 ページ。
  111. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト、15世紀から16世紀までのヌーボー大陸と天文学の進歩に関する地理史の批評パリ、1836 ~ 1839 年
  112. ^ カレラ、新しいスペインの地図作成、p. 76、チャートの再現、図 23、p. 77.
  113. ^ フンボルト、アレクサンダー・フォン (1811)。ヌエバ・スペイン王国に関する政治エッセイ(フランス語)。F.ショール、パリ。
  114. ^ ロバート・マッカー (1997 年 12 月 8 日)。「メキシコの人々の起源から革命まで」北アメリカの人口史リチャード・ステッケルとマイケル・ヘインズ(編)。ケンブリッジ大学出版局。2016 年 4 月 16 日のオリジナルからアーカイブ2015 年6 月 29 日に取得
  115. ^ フンボルト、ニュースペイン王国に関する政治エッセイ、「インディアン」と題された章。
  116. ^ フンボルト、政治エッセイ、「白人、黒人、カースト」と題された章。
  117. ^ イロナ・カッツェウ、カスタの絵画ニューヘブン:イェール大学出版局。
  118. ^ フンボルト、政治エッセイ、p. 71.
  119. ^ P. ヴィクトリア「Grandes mitos de la historia de Columbia」(コロンビアの歴史における偉大な神話)。グルポ プラネタ – コロンビア、2011 年 5 月 31 日
  120. ^ ab ホセ・オスカル・フリジェリオ、ブエノスアイレスの反逆罪(1781–1801)、コルドバのエディシオネス・デル・ブールバード、2011年。
  121. ^ フンボルト、政治エッセイ、p. 72.
  122. ^ DA ブレーディング、ブルボンメキシコの教会と国家: ミチョアカン教区 1749–1810ケンブリッジ: ケンブリッジ大学出版局 1994 年、p. 228.
  123. ^ ab プラット、メアリー・ルイーズ(1997)。インペリアル・アイズ:トラベル・ライティングとトランスカルチュレーションロンドン:ラウトリッジ。ISBN 0415060958
  124. ^ デビッド・マッカロー(1992)。勇敢な仲間たち。歴史の肖像。サイモン&シュスター。p. 3以降。ISBN 0-6717-9276-8
  125. ^ ルプケ 2008、p. 138.
  126. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト、『アメリカのコルディエールと人々の記念碑』パリ: F. ショール、180–13。
  127. ^ Sigrid Achenbach、Kunst um Humboldt: Reisestudien aus Mittel- un Südamerika von Rugendas、Bellermann un Hildebrandt im Berliner Kupferstichkabinettミュンヘン: Hirmer Verlag München 2009、105、カタログ 52。
  128. ^ サックス、2006、p. 1.
  129. ^ “APS メンバーの歴史”. search.amphilsoc.org 2021 年4 月 1 日に取得
  130. ^ デ・テラ、1955年、p. 204.
  131. ^ “メンバーリストH”. Americanantiquarian.org2015 年 6 月 29 日のオリジナルからアーカイブ2018 年4 月 9 日に取得
  132. ^ 「会員名簿、1780–2010: 第 H 章」(PDF) . アメリカ芸術科学アカデミー。2018 年 6 月 19 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2011 年4 月 7 日に取得
  133. ^ デ・テラ、1955年、p. 377.
  134. ^ ウルフ 2015、p. 166.
  135. ^ ハイメ・ラバスティダ。フンボルト: シウダダノ ユニバーサル社説シグロ XXI。メキシコ。1999.p. 18.
  136. ^ ラバスティダ、フンボルト、p. 18.
  137. ^ クラーク、1911、p. 874。
  138. ^ ab ニコルズ、サンドラ。「なぜフンボルトは米国で忘れ去られたのか?」地理的レビュー 96、no. 3 (2006 年 7 月): 399–415。2016 年 7 月 4 日にアクセス。
  139. ^ Adolf Meyer-Abich  [de]、「アレクサンダー・フォン・フンボルトの死百周年」、ヒスパニック系アメリカ人歴史評論、vol. 38、いいえ。3、(1958 年 8 月)、394 ~ 396 ページ。
  140. ^ Wulf 2015、171–174、199–200。
  141. ^ Wulf 2015、199–200 ページ。
  142. ^ ab エンゲルハルト、ミハイル・アレクサンドロヴィチ[ロシア語] (1900)。 Александр Гумбольдт。Его жизнь、путезествия и научная деятельность[アレクサンダー・フンボルト:彼の人生、旅行、科学活動]。サンクトペテルブルク: ヒント。トヴァリシュチェストヴァ・オブシュチェストヴェンナイア・ポルザ。p. 60.
  143. ^ デ・テラ、1955 年、283–285 ページ。
  144. ^ デ・テラ、1955年、p. 287.
  145. ^ フンボルトからカンクリンへ、de Terra 1955 で引用、p. 286.
  146. ^ Wulf 2015、201–202 ページ。
  147. ^ ウルフ 2015、p. 205.
  148. ^ Wulf 2015、206–207 ページ。
  149. ^ Wulf 2015、p. で引用。207.
  150. ^ エンゲルハルト 1900、p. 62.
  151. ^ ウルフ 2015、p. 203.
  152. ^ デ・テラ、1955年、p. 306.
  153. ^ Alexander von Humboldt、中央アジア、山脈と気候学の比較に関する研究3巻 1843年。
  154. ^ de Terra 1955、p. で引用。307.
  155. ^ ウルフ 2015、p. 433.
  156. ^ Dickinson & Howarth 1933、p. で引用。145
  157. ^ ab Wulf 2015、p. 235.
  158. ^ ブレイディング 1991、p. 534.
  159. ^ Allgemeine Zeitung (アウグスブルク)の No. 102 の補足、1849 年 4 月 12 日。
  160. ^ マルガリータ・ボーエン (1981)。経験主義と地理的思考:フランシス・ベーコンからアレクサンダー・フォン・フンボルトまでケンブリッジ地理研究 (No. 15)。ケンブリッジ: ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0-521-10559-0
  161. ^ すべての情報は Wolf-Dieter Grün: The English editions of the Kosmosからのものです。アレクサンダー・フォン・フンボルトで講義生前はイギリスとドイツで科学を学んだ王立協会とロンドンドイツ歴史研究所の共同シンポジウム、1983年10月1日。
  162. ^ ウルフ 2015、p. 413.
  163. ^ 1799年から1804年にかけてのアメリカの彼岸地域への旅行に関する個人的な物語/アレクサンダー・フォン・フンボルトとエメ・ボンプランドによる。Alexander von Humboldt のフランス語から翻訳され、Thomasina Ross が編集 (第 2 巻と第 3 巻) 2017 年 9 月 4 日にウェイバック マシンにアーカイブ、biodiversitylibrary.org
  164. ^ メキシコの地理に関する研究を含むヌエバ スペイン王国に関する政治エッセイ 2017 年 9 月 4 日にウェイバック マシンにアーカイブ、biodiversitylibrary.org
  165. ^ “生物多様性遺産図書館”. Biodiversitylibrary.org2011 年 2 月 23 日のオリジナルからアーカイブ2018 年4 月 9 日に取得
  166. ^ クツィンスキー & エッテ 2012.
  167. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト、『植物の地理』、シルヴィー・ロマノフスキー訳。シカゴ:シカゴ大学出版局、2009 年。
  168. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルト、『自然の見方』、スティーブン・T・ジャクソン編。シカゴ: シカゴ大学出版局、2014 年。ISBN 978-022-6923185 
  169. ^ ウルフ 2015、p. 272.
  170. ^ デ・テラ、1955 年、326–327 ページ。
  171. ^ ルイ・アガシ、ボストン自然史協会の後援により、アレクサンダー・フォン・フンボルト生誕100周年記念演説ボストン1869年。
  172. ^ デ・テラ、1955 年、334–336 ページ。
  173. ^ Wulf 2015、第 17、19、21、22、23 章。
  174. ^ Jehle、ヒルトグンド (1989)。アイダ・ファイファー: ヴェルトライゼンデ、19 歳。 ヤールフンデルト: フラウエンの芸術家ミュンスター: ワックスマンです。p. 30.ISBN _ 9783893250202
  175. ^ Kutzinski & Ette 2012、p. xxiv。
  176. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルトからヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てた手紙。1827 年から 1858 年まで。ヴァルンハーゲンの日記からの抜粋と、ヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙。Tr. フリードリッヒ・カップ(編集)による第 2 ドイツ語より、2017 年 7 月 27 日にウェイバック マシンにアーカイブ、biodiversitylibrary.org
  177. ^ アレクサンダー・フォン・フンボルトが1827年から1858年にかけてヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てて書いた手紙とヴァルンハーゲンの日記からの抜粋、およびヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙/ドイツ語からの公認翻訳(説明注記と名前の完全な索引付き)アーカイブ済み2017-07-27ウェイバックマシン、biodiversitylibrary.org
  178. ^ ダーウィン、CR 1839。1826 年から 1836 年にかけて行われた陛下のシップス アドベンチャー号とビーグル号の測量航海についての物語で、南アメリカの南岸の調査とビーグル号の世界一周について説明しています。日記とメモ1832 ~ 1836 年。ロンドン:ヘンリー・コルバーン。p. 110 2011 年 11 月 29 日にウェイバック マシンにアーカイブ
  179. ^ ウルフ 2015、p. 226.
  180. ^ バレット、ポール H. コルコス、アラン F. アレクサンドル・フンボルト(1972年4月)。「アレクサンダー・フンボルトからチャールズ・ダーウィンへの手紙」。医学と関連科学の歴史のジャーナル27 (2): 163. JSTOR  24622076 2022 年6 月 22 日に取得
  181. ^ バーロウ、ノラ編。1958年。チャールズ・ダーウィン1809-1882の自伝。オリジナルの省略が復元された状態で。孫娘のノラ・バーロウが編集し、付録とメモを付けましたロンドン:コリンズ。pp. 67–68 2008-12-06 にWayback Machineにアーカイブ
  182. ^ ウルフ 2015、p. 37.
  183. ^ シグリッド・アッヘンバッハ。Kunst um Humboldt: Reisestudiern aus Mittel- un Südamerika von Rugendas、Bellerman un Hildebrandt im Berliner Kupferstichkabinettベルリン:Kupferstichkabinett Statliche Musee 2009。
  184. ^ Wulf 2015、キャプション、[図版 11]。
  185. ^ フランク・バロン、「アレクサンダー・フォン・フンボルトからフレデリック・エドウィン教会まで: 科学的探求と芸術的創造性の航海」。HiN VI、vol. 2005 年 10 日。
  186. ^ フランクリン・ケリー編。フレデリック・エドウィン教会ワシントン DC: 国立美術館、スミソニアン協会出版局、1989 年。
  187. ^ ケビン・J・エイブリー、『アンデスの中心部: 教会の偉大な絵』ニューヨーク:メトロポリタン美術館、1993年。
  188. ^ ジョージ・カトリン、ロッキー山脈とアンデスのインディアンの間での最後の放浪記ニューヨーク: D. Appleton & Co.、1867 年、332 ~ 333 ページ。
  189. ^ ジョージ・カトリンによる南米インディアン絵画ワシントン DC: ナショナル ギャラリー (米国) 1992。
  190. ^ ファイファー、アイダ (1861)。アイダ・ファイファーの最後の旅行、マダガスカルへの訪問を含む。ロンドン:ラウトリッジ、ウォーン、ラウトリッジ。p. バツ。
  191. ^ アッヘンバッハ、フンボルト美術館、猫。96、p. 141.
  192. ^ デ・テラ、1955年、p. 210.
  193. ^ デ・テラ、1955年、p. 311.
  194. ^ abcde プラット、メアリー・ルイーズ(2008)。Imperial Eyes : トラベル ライティングとトランスカルチュレーション (第 2 版)。ロンドン:ラウトリッジ。p. [必要なページ]ISBN 978-0-203-93293-3OCLC  299750885。
  195. ^ abc ウィルケ、ザビーネ (2011). 「バハ・カリフォルニアのアンジェゾゲネン・アッフェンとアンジェクライドテン・メンネルン:Zu einer Bewertung der Schriften Alexander von Humboldts aus postkolonialer Sicht」。ドイツ研究のレビュー34 (2): 287–304。ISSN  0149-7952。JSTOR  41303732。
  196. ^ サックス、アーロン (2003)。「究極の「他者」:ポストコロニアリズムとアレクサンダー・フォン・フンボルトの自然と生態学的関係」。歴史と理論42 (4): 111–135。土井:10.1046/j.1468-2303.2003.00261.x。ISSN  0018-2656。JSTOR  3590683。
  197. ^ ab Wulf 2015、p. [必要なページ]
  198. ^ Humboldt and the New Infidelity 、フリードリヒ・カップアレクサンダー・フォン・フンボルトからヴァルンハーゲン・フォン・エンセへの手紙にある記事。1827 年から 1858 年まで。ヴァルンハーゲンの日記からの抜粋と、ヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙(1860 年)。
  199. ^ サックス 2006、Ch. 3
  200. ^ フンボルト、アレクサンダー・フォン。1860年。アレクサンダー・フォン・フンボルトがヴァルンハーゲン・フォン・エンセに宛てた手紙ラッド&カールトン。p. 194
  201. ^ ガルブーシアン、アドリーナ・ミシェル。2006.フランスとアメリカの啓蒙主義における人間の尊厳の概念: 宗教、美徳、自由プロクエスト、p. 305. [ ISBN がありません]
  202. ^ ジェームズ、1913年、p. 58.
  203. ^ ヴィルヘルム・フンボルト(フライヘル・フォン)、シャルロット・ヒルデブランド・ディーデ、キャサリン・MA・クーパー(1849年)。女性の友人への手紙: 完全版、第 2 ドイツ語版、第 2 巻から翻訳J. チャップマン、24–25 ページ
  204. ^ ジェームス、1913 年、56–58 ページ。
  205. ^ フリードリヒ・カップのアレクサンダー・フォン・フンボルトからヴァルンハーゲン・フォン・エンセへの手紙。1827 年から 1858 年まで。ヴァルンハーゲンの日記からの抜粋と、ヴァルンハーゲンらからフンボルトに宛てた手紙 (1860 年)。ケンブリッジ大学出版局。25~26ページ。
  206. ^ ウィキソース。ポピュラーサイエンス月刊第 9 巻「科学と宗教は同盟者である」
  207. ^ サックス、2006 年、「ノート」、p. 29
  208. ^ サックス、2007、p. 64.
  209. ^ ab Wulf 2015、p. 71.
  210. ^ サックス、2007、p. 65.
  211. ^ ヘルフェリッヒ、2004、p. 8.
  212. ^ Rupke 2008、187–200 ページ。
  213. ^ プラット、メアリー・ルイーズ(1992). インペリアル・アイズ:トラベル・ライティングとトランスカルチュレーションニューヨーク:ラウトリッジ。p. 256.ISBN _ 0415438160
  214. ^ アルドリッチ、ロバート F. (2003)。植民地主義と同性愛ロンドン:ラウトリッジ。p. 29.ISBN _ 0415196159
  215. ^ 壁 2009、p. 109.
  216. ^ デ・テラ、1955年、p. 363.
  217. ^ 壁 2009、p. 367.
  218. ^ ヘルフェリッヒ、2004、p. 312.
  219. ^ デ・テラ、1955年、p. 317.
  220. ^ マグナス、ヒルシュフェルト(1914)。マンヌとウェイベスの同性愛者を死になさいベルリン:ルイス・マーカス。p. 500。
  221. ^ エリス、ハブロック・ヘンリー(1927). 「性的逆転」。セックスの心理学の研究2:39 . 2018年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ2006 年9 月 19 日に取得
  222. ^ マグナス、ヒルシュフェルト (1914)。マンヌとウェイベスの同性愛者を死になさいベルリン:ルイス・マーカス。p. 681.
  223. ^ Rupke 2008、195–197 ページ。
  224. ^ クラーク、1911年。
  225. ^ Wulf 2015、p. で引用。279.
  226. ^ デ・テラ、1955 年、368–369 ページ。
  227. ^ ブルーンズ、1873年、p. 382パブリックドメイン この記事には、米国議会図書館の Web サイトまたは文書からのパブリック ドメインの資料が組み込まれています。
  228. ^ ブルーンズ、1873年、p. 106.
  229. ^ ブルーンズ、1873年、p. 282.
  230. ^ リーマン、グスタフ (1913)。Die Ritter des Ordens pour le mérite 1812–1913 [ プール・ル・メリット騎士団] (ドイツ語)。Vol. 2. ベルリン:エルンスト・ジークフリート・ミトラー&ゾーンp. 577. 2020年10月25日時点のオリジナルからアーカイブ2020 年9 月 5 日に取得
  231. ^ ab Bruhns 1873、p. 266.
  232. ^ ハンデルスブラッド (Het) 1850/08/14
  233. ^ ブルーンズ、1873年、p. 199.
  234. ^ ブルーンズ、1873年、p. 294.
  235. ^ 天然資源保護サービス。「Salix humboldtiana Willd./フンボルトヤナギ」。米国農務省。2012 年 6 月 13 日のオリジナルからアーカイブ2012 年6 月 5 日に取得
  236. ^ フランク・ブンガーツ; ソヒティング、ウルリク。アラップ、ウルフ(2020)。「ガラパゴス諸島産のテロシスタ科(苔癬化した子嚢菌門):形態学的、解剖学的、化学的、分子的データに基づいた系統学的改訂」。植物と菌類の系統学65 (2): 515–576。土井: 10.35535/pfsyst-2020-0030
  237. ^ de Terra 1955、付録 D.「アレクサンダー フォン フンボルトにちなんで命名された地理的特徴のリスト」、377–378 ページ。
  238. ^ 連邦作家プロジェクト (1941)。地名の由来: ネバダ州(PDF)WPA p. 11. 2018 年 11 月 13 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2018 年4 月 12 日に取得
  239. ^ デ・リベロ、マリアーノ (1821)。「Kolowserux のベリン アン ボエームの状況を考慮してください。」アナール・ド・シミーとフィジーク18 : 207–210。
  240. ^ 「フンボルタイン」. ミンダット2021 年9 月 15 日に取得
  241. ^ 「短い歴史 – ベルリンのフンボルト大学」. Hu-berlin.de. 2012 年 4 月 24 日のオリジナルからアーカイブ2013 年10 月 31 日に取得
  242. ^ 「アーカイブコピー」(PDF) . 2019 年 12 月 12 日のオリジナルからアーカイブ(PDF) 2019 年6 月 2 日に取得{{cite web}}: CS1 メイン: タイトルとしてアーカイブされたコピー (リンク)
  243. ^ レイモンド・エリクソン、マウリシオ・A・フォント、ブライアン・シュワルツ。アレクサンダー・フォン・フンボルト。アメリカ大陸から宇宙へ アーカイブ 2018-03-10 at the Wayback Machine p. 十六.ビルドナー西半球研究センター、ニューヨーク市立大学大学院センター
  244. ^ダーウィン通信プロジェクト「レター 9601、2012 年 10 月 2 日に ウェイバック マシンにアーカイブ– CR 州ダーウィンからニューヨーク リベラル クラブ秘書へ」、[1874 年 8 月 13 日以降]
  245. ^ ダーウィン通信プロジェクト「レター 13277」、2012 年 10 月 2 日にウェイバック マシンにアーカイブ– CR 州ダーウィンから JD フッカーへ、1881 年 8 月 6 日
  246. ^ デュ・ボワ=レイモンド、エステル編。(1927年)。Zwei grosse Naturforscher des 19. Jahrhunderts。Ein Briefwechsel zwischen エミール・デュ・ボワ=レイモンドとカール・ルートヴィヒライプツィヒ: フェルラーク・フォン・ヨハン・アンブロジウス・バルト。p. 61.
  247. ^ ロバート・G・インガソールの著作(ドレスデン版)、CP・ファレル(1900年)
  248. ^ H. ヘルムホルツ (1869)、E. アトキンソン訳、物理科学の目的と進歩、科学的主題に関する人気講義、1873
  249. ^ アンドレアス W. ドーム、「セントルイスでヒューマニズムを祝う: タワー グローブ パークのフンボルト像の起源、1859 年から 1878 年」ゲートウェイ ヘリテージ: ミズーリ歴史協会季刊誌(1994 年秋)、48-58。
  250. ^ フンボルト、アレクサンダー・フォン (2011). キューバ島に関する政治エッセイ。シカゴ: シカゴ大学出版局。ISBN 9780226465678
  251. ^ フンボルト、アレクサンダー・フォン (1860)。コスモス: 宇宙の物理的記述のスケッチ、第 4 巻。エリーゼ C. オッテ訳。ハーパー。p. 76 2014 年5 月 17 日に取得
  252. ^ 国際植物名索引ふむふむ。

情報源

  • ダニエラ・ブライシュマー (2012)。目に見える帝国: ヒスパニック啓蒙における植物探検と視覚文化シカゴ・ロンドン:シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-05853-5
  • デビッド・ブレイディング(1991)。「第23章 科学の旅人」。最初のアメリカ: スペイン君主制、クレオール愛国者、自由主義国家、1492 ~ 1867 年ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 0-521-39130-X
  • カール・ブルーンズ(1873年)。アレクサンダー・フォン・フンボルトの生涯Vol. II. ジェーン・ラッセルとキャロライン・ラッセルによる翻訳。ロンドン: ロングマンズ、グリーン社、hdl :2027/uc2.ark:/13960/t5m903z33。 パブリックドメインこの記事には、パブリック ドメインにあるこのソースからのテキストが組み込まれています
  • アンドレアス W. ダウム(2019 年 3 月)。「社会関係、共有慣行、感情:1800年頃のアレクサンダー・フォン・フンボルトの古典文学への探求と科学への挑戦」。近代史ジャーナルシカゴ大学。91 (1): 1-37。土井:10.1086/701757。S2CID  151051482。
  • アンドレアス W. ドーム(2019b)。アレクサンダー・フォン・フンボルトミュンヘン:CHベック。ISBN 978-3-406-73436-6
  • デ・テラ、ヘルムート(1955)。フンボルト: アレクサンダー・フォン・フンボルトの生涯と時代、1769 ~ 1859 年。ニューヨーク: アルフレッド・A・クノップ。OCLC  902143803。
  • ディキンソン、ロバート・エリック。ハワース、OJR (1933)。The Making of Geography (オンライン ユニバーサル デジタル ライブラリ、オリジナル版の複製)。オックスフォード:クラレンドン・プレス。OCLC  9640382。
  • ヘルフェリッヒ、ジェラルド (2004)。フンボルトのコスモス: アレクサンダー・フォン・フンボルトと世界の見方を変えたラテンアメリカの旅ニューヨーク:ゴッサム・ブックス。ISBN 978-1-59240-052-2
  • ジェームス、ヘレン・ディクソン(1913年)。フンボルトの人間の理想(ドイツ語で芸術修士)。イリノイ大学。
  • ベラ・M・クツィンスキー; エッテ、オットマール(2012)。「科学の芸術: アレクサンダー・フォン・フンボルトの世界の文化観 (序章)」。山脈の眺めとアメリカ先住民の記念碑、重要版アレクサンダー・フォン・フンボルト著。シカゴ: シカゴ大学出版局。p. xxi.ISBN 978-0-226-86506-5
  • ニコルソン、マルコム。ウィルソン、ジェイソン (1995)。導入。新大陸の彼岸への旅の個人的な物語アレクサンダー・フォン・フンボルト著。ニューヨーク:ペンギンブックス。ISBN 978-0-14-044553-4
  • ルプケ、ニコラス (2008)。アレクサンダー・フォン・フンボルト:メタ伝シカゴ: シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-73149-0
  • サックス、アーロン (2006)。フンボルト海流:19 世紀の探検とアメリカ環境保護主義のルーツニューヨーク:バイキング。ISBN 0-670-03775-3
  • サックス、アーロン(2007)。フンボルト海流: ヨーロッパの探検家とそのアメリカ人の弟子たちオックスフォードとニューヨーク:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-921519-5
  • ウォールズ、ローラ・ダソー (2009)。宇宙への道:アレクサンダー・フォン・フンボルトとアメリカの形成シカゴ: シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-87182-0
  • ウルフ、アンドレア(2015)。自然の発明 : 失われた科学の英雄、アレクサンダー・フォン・フンボルトの冒険ニューヨーク: クノップ。ISBN 978-1-84854-898-5OCLC  911240481。
  • ツィマーラー、カール S. (2011)。「マッピングマウンテンズ」。ジョーダナ・ディムで。カール・オッフェン(編)。ラテンアメリカの地図作成: 地図リーダーシカゴ: シカゴ大学出版局。

参考文献

  • アッケルクネヒト、アーウィン・H.「ジョージ・フォスター、アレクサンダー・フォン・フンボルト、そして民族学」。イシス46 (1955):83–95。
  • ボッティング、ダグラス。フンボルトとコスモスニューヨーク: Harper & Row Publishers 1973。
  • カール・ブルーンズアレクサンダー・フォン・フンボルトの生涯、生誕 100 周年を記念して J. ローウェンバーグ、ロバート・アヴェ=ラレマント、アルフレッド・ダヴ著、翻訳。ジェーン・ラッセルとキャロライン・ラッセル著。2巻 ロンドン: ロングマンズ、グリーン 1873。第 1 巻: hdl : https://hdl.handle.net/2027/uc1.b3613885ボリューム II: hdl : 2027/uc2.ark:/13960/t5m903z33
  • カニサレス=エスゲラ、ホルヘ「フンボルトはどのように派生しましたか?」『植民地植物学: 近世世界の科学、商業、政治』、ロンダ・シービンガーとクラウディア・スワン編、148–165。フィラデルフィア: ペンシルベニア大学出版局、2005 年。
  • チェンバース、デヴィッド・ウェイド。「中心は周縁に目を向ける:アレクサンダー・フォン・フンボルトのメキシコ科学技術の説明」。イベリアおよびラテンアメリカ研究ジャーナル2 (1996): 94–113。
  • コヴァルビアス、ホセ・E、マチルデ・ソウト・マンテコン編。経済、科学、政治: アレクサンダー フォン フンボルトは 200 年に渡り、新しいスペインの政治を行ってきましたメキシコ: メキシコ国立自治大学 2012。
  • デトルバッハ、マイケル。「フンボルティアンの科学」。『 Cultures of Natural History』、Nicholas Jardin、JA Secord、Emma C. Spary 編、287–304。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、1996 年。
  • エッヘンベルク、マイロン。フンボルトのメキシコ: 著名なドイツ人科学旅行者の足跡をたどるモントリオール & キングストン: マギルクイーンズ大学出版局 2017. ISBN 978-0-7735-4940-1 
  • フォーナー、フィリップ・S.「アメリカの奴隷制度についてのアレクサンダー・フォン・フンボルト」。科学と社会47 (1983): 330–342。
  • ゴドルフスカ、アン、「啓蒙的ビジョンから現代科学へ? フンボルトの視覚的思考」。『地理と啓蒙』、デビッド N. リヴィングストンとチャールズ WJ ウィザーズ編、236–275。シカゴ: シカゴ大学出版局、1999 年。
  • グールド、スティーヴン・ジェイ。「教会、フンボルト、ダーウィン: 芸術と科学の緊張と調和」フランクリン・ケリー他編。フレデリック・エドウィン教会ワシントン DC: スミソニアン協会出版局、1989 年。
  • ハーヴェイ、エレノア・ジョーンズアレクサンダー・フォン・フンボルトと米国: 芸術、自然、文化プリンストン: プリンストン大学出版局、2020 年。ISBN 978-0-691-20080-4 
  • ねえ、ベッティーナ、自然と自然を楽しんでください。Alexander von Humboldt als Schriftsteller (ベルリン、de Gruyter、2007) (Quellen und Forshungen zur Literatur- und Kulturgeschichte 47 (281))。
  • ホール、フランク。「アレクサンダー・フォン・フンボルトのメキシコ遠征」、『19世紀メキシコのヨーロッパ旅行者芸術家』に掲載。メキシコ、1996 年、51 ~ 61 ページ。
  • フランク・ホール編 メキシコのアレハンドロ・デ・フンボルト1997年のメキシコシティ。
  • ケルナー、ロッテ。アレクサンダー・フォン・フンボルトニューヨーク: オックスフォード大学出版局、1963 年。
  • キジアク、フレデリック・L・アレクサンダー・フォン・フンボルト、タデウス・ヘンケ。Reisetagebücher über Südamerikaミュンヘン: GRIN Verlag 2021。ISBN 978-3-346-69180-4 
  • クライン、ウルスラフンボルト・プロイセン。Wissenschaft und Technik im Aufbruchダルムシュタット: Wissenschaftliche Buchgesellschaft 2015。
  • コルネッフェル、ピーター。ベルリンのフンボルトの死: Zwei Brüder erfinden die GelehrtenrepublikElsengold Verlag GmbH 2017. ISBN 978-3-944594-77-4 
  • クツィンスキー、ベラ・M・ アレクサンダー・フォン・フンボルトの『大西洋横断人物』ニューヨーク: ラウトリッジ 2012。
  • ララ・バルデス、ホセ・ルイス編。ビセンテナリオ デ フンボルト アン グアナファト (1803–2003)グアナファト:エディシオネス・デ・ラ・ラナ 2003。
  • リープソン、ダナ、バーバラ E. マンディ、「Making Sense of the Pre-Columbian」、Vistas: Visual Culture in Spain America、1520–1820 (2015)。http://www.fordham.edu/vistas。
  • ウィリアム・マクギリブレイ アレクサンダー・フォン・フンボルトの旅行と研究、W. マクギリブレー著。フンボルトの最新の研究についての物語が含まれています。 New York: J & J Harper 1833。
  • ノヴゴロドフ、ダニカ。アレクサンダー・フォン・フンボルト: 探検家、博物学者、環境の先駆者ニューヨーク、クラウン、2022
  • W.マクギリブレイ。アレクサンダー・フォン・フンボルトの旅と研究:アメリカの彼岸地域とアジアのロシアでの彼の旅を凝縮した物語であり、彼のより重要な調査の分析も併せて
  • マクローリー、ドナルド。Nature's Interpreter: アレクサンダー・フォン・フンボルトの生涯と時代ロンドン:ラッターワース、2010年。
  • マッカロー、デイビッド『勇敢な仲間たち: 歴史の中の肖像』、第 1 章、「[フンボルトの] 世界の頂点への旅」、ニューヨーク: プレンティス ホール プレス、1992 年。
  • マーレン・マインハルト:広く未知のものへの憧れ:アレクサンダー・フォン・フンボルトの生涯、ロンドン:ハースト&カンパニー、[2018]、ISBN 978-1-84904-890-3 
  • ミランダ、ホセ・フンボルト、メキシコメキシコシティ: メキシコ国立自治大学歴史研究所、1962 年。
  • ネルケン、ハリナ。アレクサンダー・フォン・フンボルト。彼の肖像画とそのアーティスト。ドキュメンタリーの図像ベルリン:ディートリッヒ・ライマー・フェルラーク、1980年。
  • オルテガ・イ・メディナ、フアン・A・フンボルト・デスデ・メキシコメキシコシティ: UNAM 1960。
  • オルテガ・イ・メディナ、フアン・A.「フンボルト・ビスト・ポル・ロス・メキシカーノス」、ホルヘ・A・ヴィヴォ・エスコート編。エンサヨ・ソブレ・フンボルト、237–258ページ。メキシコシティ: UNAM 1962。
  • パウサス JG & ボンド WJ 2019。「フンボルトと自然の再発明」。ジャーナル・オブ・エコロジー 107(3): 1031–1037。
  • Quiñones Keber、Eloise、「フンボルトとアステカの芸術」、Colonial Latin American Review 5.2 (1996) 277–297。
  • ナサニエル・リッチ、「The Very Great Alexander von Humboldt」(Wulf 2015 とJedediah Purdyのレビュー、After Nature: A Politics for the Anthropocene、ハーバード大学出版局、2015 年、326 ページ)、The New York Review of Books、vol. LXII、いいえ。16 (2015 年 10 月 22 日)、37 ~ 39 ページ。
  • ルークス、ティモシー(2019年7月12日)。「アレクサンダー・フォン・フンボルトはいかにして南アメリカを地図上に載せたか」。ドイチェ ヴェレ2021 年4 月 6 日に取得
  • ゼア、レオポルド、カルロス・マガロン編。メキシコのフンボルトメキシコシティ: メキシコ国立自治大学 1999。

文学作品

映画における描写

外部リンク

ポータル

  • アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 2003-12-02ウェイバックマシンにアーカイブ
  • アレクサンダー フォン フンボルト デジタル ライブラリ 2020 年 11 月 25 日にウェイバック マシンにアーカイブ アレクサンダー フォン フンボルトの作品に関する仮想研究環境。オッフェンブルク応用科学大学とカンザス大学によるプロジェクト。
  • avhumboldt.de Humboldt Informationen online アレクサンダー フォン フンボルトに関するデータ、テキスト、ビジュアルの大規模なコレクション (ドイツ語、英語、スペイン語、フランス語)。ポツダム大学(ドイツ)ロマンス文学学部長によるプロジェクト。
  • オランダ、ナイメーヘンのフンボルト講義シリーズの Web サイト
  • アレクサンダー・フォン・フンボルト。Polymath Virtual Library、Fundación Ignacio Larramendi (スペイン語)
  • パリ天文台デジタル図書館のバーチャル展示(フランス語)

オンラインソース

その他