第7軍団歩兵連隊

第7軍団歩兵連隊ポーランド語: 7 Pulk Piechoty Legionow、7 pp Leg. )は、ポーランド陸軍の歩兵連隊であったこの部隊は 1918 年から 1939 年まで存在しました。最初はオストルフ マゾヴィエツカに駐屯し、次にヘウムに駐屯し、第 3 軍団歩兵師団の一部でした

この連隊は 1918 年 5 月 1 日にオストルフ・マゾヴィエツカゼグジェにあるポルスカ・シワ・ズブロイナの中心部で編成されました当時第1歩兵連隊と呼ばれていたこの新しい部隊は、3つの歩兵大隊と1つの機関銃中隊で構成されていた。1918年11月、その兵士たちはワルシャワ、オストルフ・マゾヴィエツカ、マルキニアのドイツ軍守備隊を武装解除した。1919 年 2 月初旬、連隊はポーランド・ソビエト戦争に参戦するため、第 7 軍団歩兵連隊に改名されました。

第 2 ポーランド共和国では、第 7 軍団歩兵連隊が第 3 軍団歩兵師団の一部としてヘウムの駐屯地に駐屯していました。1933年9月24日、イグナツィ・モシツキ大統領とフェリチャン・スワヴォイ・スクワトコフスキ将軍が出席した特別式典で、1918年から1920年の戦争で死亡した連隊の兵士に捧げられた記念碑がヘウムで除幕式された。

司令官

  • カロル・ウダロウスキー大佐 (1 V 1918 – 16 III 1920)
  • ズジスワフ・マコウスキー大佐 (1920 年 7 月 17 日以降)
  • ミハル・ミツェヴィッチ大佐
  • ミエチスワフ・ヴィエコウスキー大佐 (11 1925 – † 13 V 1926)
  • スタニスワフ・ボロヴィエツ大佐 (X 1926 – VI 1930)
  • スタニスワフ・ダベク大佐 (VI 1930–1937)
  • ウワディスワフ・ムジカ大佐

記号

1921 年 9 月 22 日、ブリュゾストヴィツァの戦いの記念日であるポドブロジェで、ヴワディスワフ ボンチャ ウズドフスキ大佐が連隊に旗を手渡した。この式典にはヘウム土地地主協会が資金提供しており、式典にはウワディスワフ・バンドゥルスキ司教も出席した。

1928 年に承認されたバッジは十字架の形をしており、1916 年のポーランド軍団の鷲と7 PPLのイニシャルが描かれていました。

情報源

  • カジミエシュ・サトラ:オポヴィエシ・ブルゼシニョヴィチ・スタンダローフ。ワルシャワ: ヴィダウニチ・パックス研究所、1990
  • ズジスワフ・ヤギウォ:ピエチョタ・ヴォイスカ・ポルスキエゴ 1918年から1939年。ワルシャワ: ベローナ、2007

こちらも参照