第6外国人エンジニア連隊

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
第6外国人エンジニア連隊
(6eRégimentétrangerdeGénie)
6°REGタイプ1.jpg
6eREGの連隊記章
アクティブ第6外人工兵連隊1984-1999 第1外人工兵連隊1999-現在
 フランス
ブランチフランスフランス陸軍
タイプエンジニア
役割戦闘エンジニア
空挺戦闘エンジニア
サイズ750
一部の第6軽装甲師団、(6 e DLB)
ギャリソン/本社ラウダン
パトロン聖バルバラ
モットーAD UNUM(オールツーワンエンド)
緑と赤
行進Sapeurs、mineursetbâtisseurs
エンゲージメントクウェート1990–1991
戦闘勲章カマロン1863 [1]
メシフレの戦い1925 [1]
シリア1925-1926 [1]
クウェート1990–1991 [2]
記章
識別
記号
6 e REG

6外国工兵連隊フランス語6erégimentétrangerdegénie)はフランス陸軍の外国軍団の部隊であり、第6軽装甲師団(6 e DLBの迅速な反力と構成要素の一部でした第6外人工兵連隊は1999年に第1外人工兵連隊(1 e REG)になりました。

作成と名前

第6外国工兵連隊(6 e REG)は、1984年7月1日にラウダンガル)で作成されました。連隊は1999年6月30日に第2外人工兵連隊2eREGの創設により、1外人工兵連隊フランス語1er連隊Etrangerde Genie )として再指定されました。[3]創設時、第6外国工兵連隊(6 e REG)は、指揮官、3つの戦闘会社、偵察および支援会社(CCAS)で構成されていました。第1外人工兵連隊への連隊変更の前夜に、1er REG; すでに含まれている第6外国人エンジニア連隊:

  • レギオンパイオニアグループ
  • 第1水陸両用戦闘会社
  • 暴行機械工学の第2戦闘会社
  • 空中輸送可能な暴行工学の第3戦闘会社
  • 4thCombatCompanyは1996年に設立されました
  • 重装備を危険にさらす戦闘偵察会社(CA)
  • コマンドアンドロジスティクスカンパニー(CC)
  • パラシュート、水中解体、ダイビングを専門とする海上水中介入作戦分遣隊(フランス語Détachementd'InterventionNautique Operationnelle Subaquatique )のDINOPSチーム。

歴史-駐屯軍、キャンペーン、戦闘

伝統

6eREGの連隊記章

第6外人歩兵連隊(6 e REG)は、第6外人歩兵連隊の伝統と戦闘勲章を継承しています。

記章

記章は第6外人歩兵連隊を六角形で象徴し、記章の左側にあるバールベックのジュピター神殿の3つのローマ列とフランス外人部隊のシンボル7手榴弾その中心に炎。

連隊の専門性は、「potentête」(金属製の軍用ヘルメット)と、13世紀に軍曹が武装して使用し、後にパイオニアのサップが着用した鎧によって象徴されています。連隊の番号は鎧の下の手榴弾に示され、連隊のモットーは六角形の左右に刻まれています。

連隊旗

6e連隊étrangerd'infanterie-drapeau.svg

連隊の歌

Chant de Marche:Sapeurs、mineursetbâtisseurs

1erカプレット

Sixièmeétrangerd'infanterie。
 Noussommestousleshéritiers。
 シリア、リバン、チュニジアの  パルトゥールは、サンピティエ
 の  パルルサンヴェルセレンディレントの栄光と戦っています。  Auvieux連隊デュレバント。  De nos anciens chantons la gloireEtreprenonsd'unmêmeélan  。 Sapeurs、mineursetbâtisseursÀl'assautlégionnaireduSixEt de la force desvainqueursPortonstrèshautnotredeviseParfoisdétruire 控えてください。 Souventconstruire。 Toujours serviravecHonneuretFidélité 2eカプレット SixièmeétrangerdegénieLégion、Danslesはlesplus violentsと戦い、



















Enpremièrelignenousseronsmis
CommelesPionniersendéfilant Et pour lagloiredelaLégionNousremplironsavec ardeur、 Dans lehonestdestraditions ノートルミッションデコンストラクチュア。




装飾

湾岸戦争中に34カ国連合の左側面を運用する6軽装甲師団6eDLB


戦闘勲章

レジメンタルコマンダー

  • 1984-1985 :デグレ大佐
  • 1985-1987:ボアロー大佐
  • 1987-1989:マーシャル大佐
  • 1989-1991:マネット大佐
  • 1991-1993:ピータースハイム大佐
  • 1993-1995:ダニゴ大佐
  • 1995-1997:Hourbon大佐
  • 1997-1999:ガナシア大佐

も参照してください

参照

  1. ^ a b c d efGYI _ "Le drapeau du1erREG"レギオン-etrangere.com
  2. ^ a b 「ÉditionChronologiquen°45du29octobre2010」。LeMinistèredelaDéfenseinstructionn°1515/DEF / EMA / OL / 2du 23 septembre 1983、modifiée、sur lesfiliationsetl'héritagedestraditionsdesunités; décisionn°010318/DEF / CAB / SDBG / CPAG du 15juillet2008portantcréationd'unecommissiondesemblèmes。アート1er。L'inscription"Koweït1990-1991"estattribuéeauxdrapeauxetétendardsdesformationsdesarméesénuméréesci-dessous。2e REI、1er REC、6e REG、3e RIMa、1er RPIMa、11e RAMa、4eRégimentdedragon、1erRégimentdeSpahis、6eRégimentdeCommandement et de Soutien、1er RHC、3e RHC、puislesformationsdel'Arméede l'Air les 5e、7e、11e escadre de chasse、la 33e escadre de reconnaissance et les 61e et 64e escadredetransport。
  3. ^ "Le drapeau du1erREG"2012-03-09にオリジナルからアーカイブされました。2011年12月30日取得