4DOS

4DOS
開発者JPソフトウェア
安定版リリース
8.00 (2009 年のオープンソース) / 7.50.130 (2004 年の JPSoft)
オペレーティング·システムDOSWindows
タイプコマンドシェル
ライセンスオープン ソース イニシアチブまたはフリー ソフトウェア ファウンデーションの標準によってオープン ソースとして認定されない修正されたMIT ライセンス
Webサイト4dos.info

4DOS は、JP Software によるコマンドライン インタープリタであり、 Microsoft DOSおよびWindowsCOMMAND.COMデフォルトのコマンド インタープリタを置き換えるように設計されています。これは Rex C. Conn と Tom Rawson によって書かれ、1989 年に初めてリリースされました。デフォルトと比較して、多数の機能強化が施されています。

4OS24NT は、それぞれ OS/2Windows NTcmd.exe代わる同様の製品です。

概要

4DOS は、次のオペレーティング システムのコマンド ラインの代替として最もよく使用されます。

Windows NT と Windows 2000 にはCOMMAND.COMとの両方が含まれているためcmd.exe、4DOS と4NTおよび派生製品の両方をインストールできます。4OS2の以前のバージョンはWindows NT 上で実行でき、OS/2 は 2 つの DOS シェルと Windows NT シェルを実行でき、3 つすべてを Windows NT タイプのマシンおよび OS/2 マルチブート マシンで使用できます。

4DOS には数多くのコマンド、ステートメント、関数がありますが、DOS/Windows 95 ~ 98 には欠けているものとして、COMMAND.COMキーボード入力の読み取りと、画面とテキストの色を操作する簡単な方法があります。

4DOS スクリプトのデフォルトのファイル拡張子は .btm です。

Take Commandと呼ばれる 4DOS、4OS2、および 4NT のグラフィカル バージョンは、バージョン 4DOS 5.5、4OS2、および 4NT 2.5 に対応する機能セットとともにリリースされ、その後更新されました。このラインの開発は、対応するテキスト モードバージョンで停止されました。 Windows 3.1 用のグラフィカル プログラムTake Command/16がありました。

4OS2 は、IBM のOS/2コマンド インタープリタの同様の代替品です。これは 4DOS バージョン 4 と同時に最初にリリースされ、同様の機能セットを備えています。 4DOS と同様に、これはオープンソースとしてリリースされます。これは、フリーウェア os2free プロジェクトの 2011 年のeComStation 2.10の機能セットに登場しArcaOSに含まれています。

4NT は最初、Windows NT 用の 4DOS (バージョン 1.x、2.x) としてリリースされましたが、バージョン 8 以降の再構築まで 4NT になりました。このプログラムは 4OS2 を再コンパイルしたもので、OS/2 のコマンド プロセッサ ( cmd.exe)、REXXスクリプトの実行、EXTPROC サポートなど。これに対応するTake Command/32が存在し、バージョン 1 は 4NT 2.5 に対応します。 4NT と Take Command/32 は、 ANSI (Windows 9x) 形式とUnicode (Windows NT) 形式の両方でリリースされ、ANSI バージョンはバージョン 5 で削除されました。

新しい Win32 プログラムであるタブ コマンド インターフェイス(TCI) は、4NT バージョン 7 の時点でリリースされました。このプログラムにより、タブ付きコンソールを 1 つのウィンドウにアタッチ (それによって画面の乱雑さを軽減) したり、デタッチしたりすることができました。このプログラムにはWindows XP以降が必要です。

新しいバージョンの Take Command は、オリジナルのタブ付きコマンド インターフェイスを拡張し、入力を作成したり、ディレクトリやファイルをグラフィカルにナビゲートしたり、追加の機能を使用できるようにするための追加のウィンドウが拡張されました。 4NT は Take Command Console としてバンドルされています。 TCC の機能を削減した軽量バージョンが無料ダウンロードとしてリリースされています。

その後、JP Software は以下をリリースしました。

  • TC (TCI + TCC のフルパック)
  • TCLE (TCI + TCC/LE)
  • TCC (コマンド ユーティリティのみ)
  • TCC/LE

これは、基礎となる 4NT/TCC バージョンに対応するバージョン 9 から 12.1 までリリースされています。

特徴

4DOS は、以下と比較して多くの機能強化を備えていますCOMMAND.COM: [1]

歴史と現状

4DOS は当初シェアウェアとして配布されましたが、後にサポートされていないフリーウェアとしてリリースされました。現在、ソース コードは修正されたMIT ライセンスの下で利用可能ですが、「Rex C. Conn からの書面による許可なしにいかなる商用製品にも使用することはできません」[7]し、「 FreeDOS以外のオペレーティング システムで使用するためにコンパイルすることはできません」 「 – したがって、 Open Source Initiativeが定義するオープンソースとしての資格はありません[8] [9]

JP Software による最後のアップデートは、2004 年 8 月にリリースされたバージョン 7.50.130 でした。4DOS は 15 年の歴史の中で数多くのアップデートを受けてきました。最も重要なものをいくつか紹介します。

歴史と現状
バージョン リリースされました 新機能
2.00 1989-02-15 オリジナルリリース。コマンド ライン編集、ファイル名の補完、コマンド履歴、エイリアス、ワイルドカードの改良、オンライン ヘルプ、内部変数、ディスクまたはEMSへのスワップ、ファイルの説明、[2]コマンド セパレーター、キー スタッカー。
2.20 1989-07-05 実行可能な拡張機能。
3.00 1990-03-07 BTMバッチ ファイル (速度を上げるためにメモリにキャッシュされる)、拡張メモリ(XMS) スワッピング、変数関数、ブラケット変数名の構文。
4.00 1991-11-01 色分けされたディレクトリ リスト、4DOS.INI 設定ファイル、インクルード リスト、コマンド グループ、暗黙の CDD、DOS 5上部メモリ ブロック(UMB) のサポート。
5.00 1993-11-23 日付、時刻、サイズの範囲。圧縮されたバッチファイル。
5.51 1995-08-22 長いファイル名のサポート、 .BAT ファイル内のREXX (PC DOS 7.0 と同様)。
6.00 1997-07-24 拡張ディレクトリ検索、対話型構成 (OPTION コマンド)、除外範囲、対話型バッチ ファイル デバッガー。
7.00 2001-06-18 @file リスト ( DR-DOSと同様)。
7.50 2003-02-24 ユーザー定義関数。
7.50.1 2006-11-13 オープンソース バージョン 7.50。 Luchezar Georgiev と Jaelani Utomo は 4DOS の開発を続けています。[10]
8.00 2009-02-27 最新バージョン。[1]

NDOS

Norton Utilities for DOSの一部のバージョンには、NDOSと呼ばれる 4DOS の修正コピーが含まれていました。 NDOS の最後のバージョンは Norton Utilities 8 にバンドルされており、4DOS 4.03 に対応していました。

こちらも参照

ノート

  1. ^ 既知の IDには、 XMP0x10形式の一般的なメタデータ[5] ('#') が含まれます。Matthias R. Paul によって作成されたさまざまなユーティリティで使用され、ファイル プロパティをCP ( CP などの拡張属性として保持するテキストのkey=value ペアのスペース区切りリスト)コードページ)、PC (言語コード)、CW (ビット幅)、XS (ページ幅)、YS (ページ長)、XO (印刷 X オフセット)、YO (印刷 Y オフセット)、CR (著作権)、URL (ソースリンク) など、[3] ('%') は疑似環境変数を保存するために CUI_LIB を使用するプログラムによって使用されます。[3] [4]はDigital Research / Novell / Caldera用に予約されておりTotal Commanderによって使用されます。複数行のファイル説明[6]FreeDOS用に予約されています。) 0x23 0x25 0xED0xC20xFD

参考文献

  1. ^ ab 兄弟、ハーディン;トム・ローソン。レックス・C・コン、ポール、マティアス R.ダイ、チャールズ E.ゲオルギエフ、ルチェザール I. (2002-02-27)。4DOS 8.00 オンライン ヘルプ
  2. ^ ab 「テクニカル ノート -- DESCRIPT.ION の使用」。米国メリーランド州チェスタータウン: JP Software Inc. 1989。2016 年 3 月 18 日時点のオリジナルからアーカイブ。
  3. ^ abc ポール、マティアス R. (2001-06-10) [1995]. 「DOS、OS/2、Windows NT .CPI、および Linux .CP ファイルの形式の説明」(第 1.30 版)。 2016-04-20 のオリジナルからアーカイブ2016 年 8 月 20 日に取得(注意。使用例として、このアーカイブには、いくつかのkey=value ペアを'#' スタイルの拡張属性として定義する DESCRIPT.ION ファイルが含まれています。また、CPI.EXE という名前の CPI ファイル アナライザおよび逆コンパイラも含まれています。これは、たまたま CUI_LIB です。 -有効な DOS 実行可能ファイル。「%」スタイルの DESCRIPT.ION ファイル エントリで定義された多くの擬似環境変数をオプションでサポートします。)
  4. ^ ab ポール、マティアス R. (2001) [1996]。 「NECPINW の仕様および参考資料」。NECPINW.CPI - NEC Pinwriter用の DOS コード ページ切り替えドライバー(2.08 版)。 NECPI208.ZIP の FILESPEC.TXT。 2017-09-10 のオリジナルからアーカイブ2013 年 4 月 22 日に取得(注意。使用例として、このアーカイブには、いくつかのkey=value ペアを'#' スタイルの拡張属性として定義する DESCRIPT.ION ファイルが含まれています。)
  5. ^ ab Codere、カール・エリック (2006-12-23) [2004-09-14]。 「4DOS/4NT 記述ファイル拡張子の提案」(PDF)。オプティマSC株式会社 SPC-S200401-00。2023-11-28 にオリジナルからアーカイブ(PDF)されました2023 年 11 月 28 日に取得
  6. ^ ab DVK (2018-03-13) [2009-11-27]. 「「description.ion」ファイル仕様?」。スタックオーバーフロー.com。 2023年11月28日のオリジナルからアーカイブ2023 年 11 月 28 日に取得
  7. ^ 「4DOS 7.50.1」 (README.TXT)。 2006 年 11 月 13 日。 2016年3月3日のオリジナルからアーカイブ。
  8. ^ Hall、James F.「4DOS 発表」。[デッドリンク]
  9. ^ ホール、ジェームス F. (2006-11-14)。 「4DOSがオープンソースソフトウェアとしてリリースされました」。フリードス開発。 2008年4月4日のオリジナルからアーカイブ。
  10. ^ “復活した 4DOS へようこそ!”. 2009年12月26日のオリジナルからアーカイブ。

外部リンク

  • JP Software は 4DOS の作成者ですが、サポートを終了しました。現在、同様のTake Command for Windows を販売しています。
  • 多くのバッチサンプル、関連ドキュメント、プログラムを備えた非公式 4DOS サポート サイト
    • 4DOS シェアウェアおよびフリーウェアのダウンロード
    • 4DOS 7.50 リファレンス マニュアル (2 MB PDF)
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=4DOS&oldid=1204468890#4EXIT」から取得