第1外国連隊の第2行進連隊

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
第1外国連隊の第2
行進連隊2e連隊demarchedu1erétranger
アクティブ第1外国連隊の第2行進連隊
  • 1914年9月-1915年11月11日
 フランス
ブランチフランス陸軍
タイプ歩兵
役割マーチング連隊
エンゲージメント
司令官
著名な
司令官
ペイン
大佐コット大佐
記章
略語2èmeRM1erRE _ _

1外人部隊後方連隊(フランス語:2erégimentdemarche du 1erétranger、2 e RM 1 er RE フランス外人部隊後方連隊RMLE 形成フランス部隊でした。そして1914年の終わりから1915年まで一時的に存在しました。

作成とさまざまなノミネート

1914年9月:第1外人連隊の第2行進連隊(フランス語第1外人連隊の効果から2e RM1 er RE作成まし

1915年11月11日:第1外人部隊の第2行進連隊(フランス語2 e R.M. 1 er RE)は解散し、派遣団は2外人部隊の第2行進連隊フランス語2erégimentde外国人部隊の行進連隊RMLE )を形成するために、 marche du 2erégimentétranger2 e R.M.2 e R.E)。

第一次世界大戦中の歴史

連隊の作成

1914年8月14日、大臣は、外国人は戦争期間中兵役を契約できると決定しましたしたがって、シディベルアッベスの第1外人連隊は、ボランティアが受け入れられていたリヨンアヴィニョンバヨンヌの採用基地を管理する幹部を提供するために、2つのユニットを形成するための省令を受けました。各募集基地の予測効果は、1人の将校、4人の下士官、22人の下士官であり、フランス人または帰化者のみである必要があります。

1914年

2つの戦闘会社を形成した2つの大隊は、1914年8月28日にシディベルアッベスを出発し、9月7日にフランスのメトロポリテーヌに到着しました。最初のデミ大隊である17区と18区の戦闘会社であるChefdebattaillon Dourinは、リヨンの基地に運命づけられていました。2番目の大隊であるキャプテンコレット、19区と20区の戦闘会社は、アヴィニョンに運命づけられていました。

彼らが到着したとき、2個のデミ大隊がそれぞれを構成し、250人の男性からなる1個大隊が、募集基地にボランティア効果を形成していました。

9月12日、ペイン大佐は第1外人連隊の第2行進連隊(2 e R.M.1 er R.E)の指揮を執った。連隊は2個大隊を数え、それぞれに4個の戦闘会社が搭載されていた。

マルヌ会戦での最初の戦闘

9月25日、連隊はマイイ=ル=カンプに向かい、20区のジェネラルデトルシー の管轄下に置かれました。

1914年10月18日、第1外国人と第2外国人の2つの行進連隊が第5軍の処分に置かれ、モロッコ師団内に予備の統合軍旅団を結成した。

10月21日、連隊はヴェルジーのマルヌに配置され、プリュネシルリーの間の塹壕を占領しました

10月26日にマイリー収容所に到着したノワレ司令官の大隊は、バイヨンヌの基地から構成され、1914年11月の初めにプリュネで列に並ぶ準備ができていました。

同様に、11月22日、アヴィニョンの倉庫からやってきたシェフde battaillon Mullerの大隊は、12月に大隊の編成が完了したLouvoisで準備を整えました。大隊の2つの戦闘会社は、侯爵のセクターで12月13日に 前線に道を譲りました。

1914年10月から、大隊は互いに中継し、プリュネの塹壕セクターとデマルキスの街に並んでいたか、ヴェルゼネの村、マイリー、マルヌ運河沿いに配置されていました連隊は恒久的に 砲撃にさらされ、近接戦闘にさらされました

1915

第1外国連隊の第2行進連隊は、1915年4月22日から24日までの間に割り当てられた位置から抽出ましArtois27日、連隊はヴィレ=ブリュリンベチョンサールにいた。

すでに28日以来、連隊は第77フランス歩兵師団(フランス語77 e師団d'infanterie、77 e DI)の最前線と救援要素に配置されました。それに応じて、部門の最前線のコマンドが配置されました。

ヌーヴィルサンヴァースト地方のアルトワでの戦闘-ジバンシィ

1915年5月9日10:00に、小砲の準備が整った後、連隊の大隊が次々と攻撃を開始しました。連隊の戦闘交戦は75人の将校と3,822人の男性を数えた。

戦闘の90分で、連隊はすべての設定された目標(Ouvrages Blancs-ouvrage de Nuremberg)を獲得し、最終的にルートdeBéthune、次にコート140に到達しました。補強が不足していたため、連隊は2時間しか保持できませんでした。最後の目的で、翌朝まで開催されたコート123で展開することを余儀なくされました。

対立中の連隊の損失はかなりのものでした:1889人の男性、効果の半分近くが戦闘から外されました(殺されたか消えた:20人の将校と933人の男性-負傷者:28人の将校と956人の男性)。将校の賛辞は雄弁でした:連隊司令官、コット大佐が負傷し、連隊の3個大隊司令官(ノワレ司令官、ミュラー司令官、ゴーバート司令官)が殺されました。また、前の連隊指揮官であるペイン大佐の喪失は、モロッコ師団 の第1旅団を率いていたときに最近嘆かわしいものでした。

5月30日、連隊は部分的に再構成され、到着援軍のために4個の新しい大隊を再集計した。

6月4日と5日、325人のイタリア人が連隊を去り、最近戦争に加わった自国の軍隊に再び加わった

16日、第1外人連隊の第2行進連隊は、3個大隊で構成され、67人の将校と2,509人の男性を数えた。連隊はそれに応じてSouchez - Givenchy-en-Gohelleの戦闘における能力を示しました。連隊の損失もかなりのものであり、625人の兵士が戦闘から外された(殺害または失踪:2人の将校と305人の男性-負傷者:18人の将校と300人の男性)。5月9日の唯一の生存者であるコレット司令官は負傷者の一部でした。

連隊は6月17日から19日の間に解放され、シュレールの近くに配置された。

6月21日、アルザス人とロラニア人の何人かはデポに戻りました。

6月22日、暴行が開始された後、訓練の実施をさらに強化するためにギリシャ大隊が後方に送り返されました。したがって、連隊は950人を数える2個大隊しか持っていなかった。

6月24日と25日、連隊はジバンシィセクターの第一線の塹壕で再び発見されました。26年以来安心し、連隊は7月6日までヘスダン地方に配置された。

1915年7月1日、第1外国連隊の第2行進連隊は、39人の将校と1113人の男性で構成されました。そして、150人のロシア人が完成または統合の段階にあった。連隊はまだ2個の機能している大隊に制限されていました。

モンベリアール

7月8日以降、連隊はモロッコ師団(モンベリアールソショー・エ・エクサンクール)と共にモンベリアール地域に駐屯しました。

14日、連隊は事前配置を変更し、ブヤン、シャンペイ、コワズヴォー、シェブレット、クチュナン、そしてヴェルランに道を譲りました。

15日、第1外人連隊の第3行進連隊の解散に続いてフランス語3eRégimentdeMarche du 1erRégimentEtranger3 e R.M.1 er R.E); 5人の将校と892人の男性が、2060人の男性を数えた連隊に割り当てられました。7月18日、第3行進連隊の42の許可兵がこの増援を完了した。

7月17日、連隊はプランシェールレミンとルモンに譲りました。

8月1日、連隊は2385人の男性と54人の将校を、2個大隊に分け、1個大隊、1個機銃会社 1個旅団機械銃会社に分けた。

8月26日から27日まで、連隊はPlancher-les-Minesを離れ、ソップで2外人連隊の第2行進連隊フランス語2eマルシェデュ2e連隊エトランジェ、2 e R.M.2 e R.E)の救援を続けました。 -le-Haut Sentheim Roderen MorzwilleretLeimbach

9月1日、連隊はサップ 小隊を構成しながらプランシェールレミーヌとルモンに戻りました

1915年9月13日、連隊とモロッコ師団(フランス語:第1モロッコ歩兵師団)は、共和国大統領戦争大臣の立会いのもと、軍事検査のレビューに参加しましたこの武器式典の間に、連隊は、軍隊の命令で最新の引用のために連隊の色と手のひらで クロワ・ド・ゲールを受け取りました。

マルヌ会戦

9月15日と16日、連隊はプランシェールレミーヌを離れ、シャロンアンシャンパーニュ近くの別のフロントゾーンに向かったシュイップの近くに事前配置された2個大隊第1旅団(デラバン大佐)は、第10植民地歩兵師団(第10e師団d'infanterie Coloniale  [ fr ])の指揮下に置かれました、モロッコ師団の管轄下にありました。

9月25日-10月6日:第二次シャンパーニュの戦い9月25日、スアン地域での10eDICによる攻撃
に参加するよう命令が出されました。この攻撃は28日まで進行し、ドイツ軍の確固たる地位、絶え間ない砲撃、および弱い砲兵の準備のために敗北をもたらしました。9月28日にドイツの2番目の路線をとる暫定的な試みは容赦がありませんでした。43人の将校と1960人の男性のうち前線で従事した; 連隊は20人の将校と608人の男性の損失に耐えました(戦死、行方不明、負傷)。

4日間の戦闘で、連隊は特に指揮軍団に影響を与えながら大きな損失に耐えました。大隊の指揮官であるビューレルとデクレーブの両方が殺され(または姿を消し)、8つの戦闘会社のうち6つが指揮官を失いました。連隊の総損失は951人でした(将校:12人が死亡または行方不明、17人が負傷-922人が死亡、行方不明または負傷)。

連隊は10月2日に解放され、4日にキャンプ・デ・ラ・ノブレットに駐屯し、大隊ごとに3つの戦闘会社を操縦する再編成が行われました。

10月6日から17日まで、第1外国連隊の第2行進連隊が、スアン周辺での作戦に再び従事した。連隊は軍団の予備として配置され、115人の兵士(殺された、行方不明、または負傷した)の損失に耐え、そのうち1人の将校がいた。

l'Oiseでの解散

10月18日に解放され、連隊は21日にヴェルブリーサンヴァストドロングモンで一時停止しました。

11月8日、大隊の連隊の1つが解散し、連隊の大隊構成内で別の連隊と統合されました。

11月11日、第1外国連隊の第2行進連隊が正式に解散した。連隊の指揮は中佐に委ねられた。38人の将校と1233人の兵士が新しい連隊に配属され、主に第1大隊で、連隊の機関銃会社、旅団の第1機関銃会社が鳴った。

伝統

記章

第1外国連隊の第2行進連隊には公式の記章がありませんでした。

連隊旗

1915年9月13日、ショーで、レイモンドポアンカレ共和国大統領の前での軍事検査のレビュー中に、連隊は1915年9月8日に、1本の手のひらでクロワドゲールで飾られた連隊旗を受け取りました(Artois-5月9、1915)。

1916年1月28日の引用のために、解散後、2番目の手のひらが連隊に授けられました(Marne、ferme de Navarin-1915年9月から10月)。

連隊の色は、連隊の解散後、外国軍の行進連隊、RMLEによって保存されました。

装飾

連隊は、連隊のcroix deguerreに2つの手のひらを与える軍隊の命令で2回引用されました:

  • Artoisで1915年5月9日に功績に対して9月8日に授与された引用
  • 1916年1月28日にラ・マルヌで1915年9月20日から10月17日までの功績に対して授与された引用。

レジメンタルコマンダー

期間1914年-1915年1外国連隊
の第2行進連隊
2èmeRM1eR.E

  • 1914年9月12日-1915年5月8日:ペイン大佐( 
  • 1915年5月8日-1915年5月9日:コット大佐
  • 1915年5月9日-1915年6月13日:暫定的に、コレット司令官。
  • 1915年6月13日-1915年11月11日:コット大佐。

注:第1外国連隊の第2行進連隊が所属する第1モロッコ旅団の連隊指揮官に指名されたペイン大佐は、1915年5月9日の戦闘中に殺害された。

著名な将校と軍団

も参照してください

参照

  • Régimentdemarchedelalégion、 Erwan Bergot 、éditionsPresses de laCité、1984。ISBN978-2-7242-2440-5 
  • Le livre d'or delaLégionétrangère(1831-1955)、Jean Brunon et Georges Manue、editions Charles Lavauzelle et Cie、1958。

外部リンク