第2歩兵師団(フランス)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

2e師団d'Infanterie
アクティブ1815〜1940
 フランス
ブランチ
タイプ歩兵師団
役割歩兵
エンゲージメント1870年第
一次世界大戦
第二次世界大戦

フランス 2歩兵師団フランス語2e師団d'Infanterie、2e DI )は、フランス軍の最も古い師団の1つでした

第2歩兵師団長

百日

シュミッツ旅団旅団将軍 ニコラ・シュミッツが指揮。

第13軽歩兵連隊
第17戦列歩兵連隊

ピエール・オラール旅団が指揮するアウラード旅団

第19戦列歩兵連隊
第51戦列歩兵連隊

第6歩兵連隊の第 10中隊、8人の軍隊。

1870年戦争

この師団は、マーシャル・マック・マホンが指揮するライン軍の一部でした。

構成 :

第50戦列歩兵連隊
第74戦列歩兵連隊
第78戦列歩兵連隊
第1アルジェリアティライユール連隊

帝国軍の解散後、ルイ・ドレール・ド・パラディーヌ将軍が指揮する新しいロワール軍に加わりました。

第2歩兵師団:マルティノー・デ・シェネス将軍

第1旅団:ダリエス将軍
第5行進大隊:チャマード司令官
第39連隊:ジュフロイ大佐
外国軍団 :中尉-カーテン大佐
第25機動連隊(ジロンド):中佐-ダルティゴル大佐
第2旅団:レビラード将軍
第2ズアーブ連隊:中佐-ロジェロット大佐
第30行進連隊:中佐-BernarddeSeigneurens大佐
第29機動連隊(メーヌ・エ・ロワール):中佐-ド・パイロット大佐
砲兵:
第9連隊の18番目のバッテリー:キャプテンPariaud
第12連隊の第18バッテリー:キャプテングロスクレール
マウントガード連隊の14番目のバッテリー:キャプテンチャスタン
エンジニア:第3連隊の19番目の会社の2番目のセクション

第一次世界大戦

戦時中の作曲

第2歩兵師団は、 1914年8月に第1軍事地域に動員されました。その歩兵は、もともと2個旅団として編成されていました。1916年11月、分割は三角化されました。第3旅団の2個連隊は第51歩兵師団に送られ、第4旅団の連隊と新しく付属した第208連隊(第51師団から来た)は師団の指揮下に置かれた。[1]

歩兵

第3歩兵旅団
1914年8月から1916年11月までの第33歩兵連隊
1914年8月から1916年11月までの第73歩兵連隊
第4旅団
1914年8月から休戦までの第8歩兵連隊(1916年11月から直接師団支配下)
1914年8月から休戦までの第110歩兵連隊(1916年11月から直接師団支配下)
1916年11月から休戦までの第208歩兵連隊
1918年8月から休戦までの第72領土歩兵連隊からの開拓者の大隊

砲兵

動員から休戦までの第27野戦砲兵連隊
1916年7月から1918年1月までの122番目のバッテリー
1918年1月から休戦までの101番目のバッテリー
1918年6月15日から休戦までの第6砲兵隊

騎兵

動員から休戦までの第1戦隊/第6シャスール連隊

エンジニア

第3エンジニア連隊
動員から休戦までの1/2の会社
1915年1月から1916年1月までの1 / 2bisCompany
1/521916年1月から休戦までの会社
1/71会社1917年1月から休戦まで
1916年1月から1917年1月までの第21連隊の工兵

歴史

1914年

8月4〜13日

鉄道でオヴィエ=レ=フォルジュ地方に移動し、ムーズ川を渡ってレヴィンジヴェに到着します。

8月13〜23日

オロイ経由ディナンへの移動。
8月15日、ディナンでの戦闘は、ディナンとアンベを経由して、ムーズ川の前で防御を形成しました。
8月22日、 Charleroiへの動き

8月23〜29日

サンジェラール経由で、シャルルロワの戦いに従事
8月24日、クーヴァン経由でギース地方に戻る
8月26日、ゲ=ドスーでの戦闘。

8月29日〜9月6日

第1回サンカンタンの戦いに従事 。Sains-Richaumontでの戦闘
8月30日、クレシーシュルセレ、ポンタヴェール、ベジルを経由して、エステルネの南に戻ります。

9月6〜13日

マルヌ会戦に従事
9月6〜10日、ドゥ・モーリンの戦い :エステルネ、ベルジェール・ス・モンミレール、フォンテーヌ・チャクンでの戦闘。
9月10日、ランスまで、ヴェルヌイユヴィル=ドマンジュを経由して進みます。

9月13日〜12月12日

第一次エーヌの戦いに従事:ベテニー 地方ラ・ノイヴィレットでの戦闘。
9月16日、北西に向かう道路に沿った動き。コレラ農場とラヴィルオーボワに向かって戦闘ジェルニクールとボーマレのに向かうセクターの安定化と占領、10月15日にムーランポントワまで左に向かい、11月1日にコート108まで右に向かう
10月12〜14日、フランスがコレラ農場とヴィルオーボワの森を攻撃。
11月4日、 Sapigneulの攻撃と捕獲
11月11日、コート108の捕獲。

1914年12月12日–1915年1月12日

正面からフィムスに向かって後退します。
12月16日、バンでキュペルリーに輸送。
12月20日頃、ラシェップに移動し、ラヴァルに向かい第一次シャンパーニュの戦いに参加します。 1915年1月9日、メスニルレスハルスの北で行われました。

1915

1月12〜20日

正面と背面からBussy-le-Châteauに戻ります。

1月20日〜3月2日

Mesnil-lès-Hurlusに向けたセクターの占領
3月16日、フランスがレマメレスを攻撃し、この地域で激しい戦闘が発生した(シャンパーニュの戦い)

3月2日〜4月5日

前から後ろからクルティゾルに戻る(3月14日到着)
3月20日と21日、Avizeの地域への移動 。残り。
3月29日、バンでヴァヴァンクールに向かって輸送し、4月末にヴェルダンの南東に向かって移動します。

4月5〜11日

ヴォエヴルの最初の戦いに従事し、ブジーのとブラキの東に向かいました。

4月11〜29日

正面から後退(18日に到着); SouillyLesHauts-de-Chéeを経由して、Commercyへのさらなる移動

4月29日〜5月11日

前方への動き; 4月30日、アイリーフォレストへの攻撃、アイリーフォレストへのセクターの占領につながる
5月5日、ドイツ軍の攻撃とフランス軍の反撃。

5月11〜15日

正面から後退し、バンでエペルネーフィムの地域に移動します。

5月15日〜9月3日

ベリー・オー・バックとムーラン・ポントワのセクターの前線への移動と占領は、 8月18日にラ・ミエッテに、そして8月31日にラ・ヴィル・オー・ボワに向かって右に減少しました。

9月3日〜10月2日

正面から後退し、ギュイヤンクールで休憩します。

1915年10月2日–1916年2月12日

前線への移動、およびSapigneullaMietteのセクターの占領
11月12日、道路に沿った移動と、ベリーオーバックとテンプルファームの間の新しいセクターの占領が、 11月20日、ポントワ風車まで左に伸びました。
コート108の鉱山の戦い

1916年

2月12〜21日

正面から撤退し、ヴィル=アン=タルデノワで再編成し ます。休息と指導。

2月21日〜3月8日

電車での移動、ヴェルダン地方への移動。
2月26日、デュオモンでのヴェルダンの戦い(激しい戦闘)に偶然従事した

3月8日〜4月14日

正面から後退し、Bar-le-Ducで休憩します。
4月1日、バンでドーマンズ地方に輸送 。残り。
4月11日、フィムへの移動。

4月14日〜7月24日

PaissyからChermizy-AillesSoupirまでの道路の間のセクターの占領は、7月17日にTroyonまで右に減少しました。

7月24日〜9月3日

正面から後退し、ヴィル=アン=タルデノワで休憩します。
8月7日、コンティ地方へのトラック輸送
アミアンの南西を8月25日までコービーに向かって休憩します。

9月3日〜10月5日

前への動き; ソンムの戦いに従事し、の森とモルパの森に向かって
9月14日、プリエズ農場の占領。
9月19〜26日、2行目の攻略(この地域でのさらなる戦闘、および26日のComblesの攻略)
9月27日、再びコンブルとモーバルに向かい、コンブルとフレジクール(旧自治体は1834年にコンブルと再会)に至りました。

10月5〜9日

正面から後退し、コンティで休憩します。

10月9〜16日

バンでシャロン=アン=マルヌ地方に移動し、ソンム=ヴェルで休憩します。

10月16日〜11月30日

メゾン・ド・シャンパーニュビュート・デュ・メスニルの最前線への移動とセクターの占領

11月30日〜12月14日

正面から後退し、ポセッセで休憩します。

1916年12月14日-1917年1月6日

Maillyのキャンプへの移動、休憩、指導。

1917年

1月6日〜2月27日

メゾン・ド・シャンパーニュとラ・クルティーヌをカバーするセクターを占領しながら、徐々に前に移動します
2月15日、ドイツの激しい攻撃。

2月21日〜3月6日

正面から後退し、ダンピエールシャトー、レピーヌ、サリーアティスビナイを経由して、サント=ムヌー地方を移動します。

3月6日〜4月8日

ドーマンズを介した移動; 指導(Aisneで働く)

4月8〜19日

クラオンヌル・プロイロンをカバーするセクターの最前線への移動と占領
4月16日、第2次エーヌの戦いに従事 :クラオンヌ高原での戦闘。防衛、および彼らの捕らえられた位置の組織。

4月19日〜7月7日

正面から後退し、Ventelayで休憩します 。4月25日から、Viels-Maisonsで休憩します。
5月9日、マイリーのキャンプに向かって徐々に移動。休息と指導。
6月15日、プロヴァンへの漸進的な動き 。休息と指導。

7月7〜30日

バンでフランドレスまで輸送します。
7月14日、歩兵の前線への移動とヘトサスをカバーするセクターの占領(第1 DIの命令による

7月30日〜8月4日

正面からのリトレイト; Roesbrugge-Haringeの地域で休憩します。

8月4〜22日

ビクスコーテ地方の正面に向かって移動し、休憩する
8月16日、Martje VaertとBroenbeckに対する攻撃(ランゲマルクの戦い–パッシェンデールの戦いの一部

8月22日〜10月6日

正面から後退します。ウェストカペルの地域での休息と指導

10月6〜16日

ビクスコーテとランゲマルクの北にあるセクターの占領(イギリス陸軍と共に):
10月9日、ハウトフルストの森で攻撃的、マンゲラーレ(プールカペッレの戦いの一部)を攻撃

10月16日〜11月21日

正面から後退し、休憩し、指導し、ベルグで働きます。

11月21日〜12月7日

ランゲマルクとクルースタースクールの北のセクターの占領イギリス戦線と共に)

1917年12月7日-1918年1月17日

正面から退却します(イギリス陸軍によって解放されました)。グラヴリーヌで休む
12月11日、サンリス地域への段階的な移動 。残り。

1918年

1月17日〜3月20日

ソアソンへの漸進的な動き
1月22日、この地域で2位になります。
2月8日、ルーシーに向かって徐々に動き ます。次に、その地域の2番目の位置で作業します。

3月20〜31日

PloyonのMiette地域のセクターの最前線への動きと占領。

3月31日〜5月20日:正面から撤退。フィムスへの動き、そして4月3日、エクイリーへの動き 。残り。

4月14日、オワーズをショワジーオーバックに向けて橋渡しします。
5月2日、ヴァルリュイへの移動 ; 残り。Beauvaisの地域で2番目の位置に取り組むように導かれました

5月20〜31日

マルセイユ・アン・ボーヴェイシスへの動き
5月28日、電車で南にコンピエーニュまで移動します。
その後まもなく、モンティニー・ロングレインに向かい、第3回エイズンの戦いに参加します。

5月31日〜7月18日

ダマールとトロエヌをカバーするセクターの最前線への移動と占領:特に6月29日、30日、7月1日、モスロイの東で頻繁に行われる地元の行動。

7月18〜27日

南のトロエヌで、ソワソネとルルクの戦いマルヌ川の第2の戦い)に従事
エポーベズに向かって、ロクールサンマルタン地方を北に向かって進んでいきます。

7月27日〜8月19日

正面から後退します; マレイユ・シュル・ウルクに向かって、次にピエールフォンに向かって移動し ます。残り。

8月19〜29日

ヴィックシュルエーヌへの移動とオトゥレッシュ北部のセクターの占領
ポンサンマール経由で、エレット川で2回ノワイヨンの戦いに参加

8月29日〜9月11日

正面から後退し、ポンサントマクサンスで休憩します。

9月11日〜10月28日

バン経由でアルザスに輸送; 9月15日から、Burnhaupt-le-HautLeimbachをカバーするセクターの占領。

10月28日〜11月11日

前から後退し、徐々にサントレに移動します 。攻撃の準備。

階層

この師団は、1914年8月の動員から1918年11月11日の休戦までの第1軍団ダルメの一部でした。


第二次世界大戦

1940年5月10日の戦闘序列の下で、第2歩兵師団は、第3フランス陸軍のコンデ将軍の指揮下で、植民地軍団に加わりました(第51(ハイランド)歩兵師団第56(ロンドン)歩兵師団) 。

1939年の部門の構造:[2]

  • 第2歩兵師団参謀長–ヴィラテ少佐
  • コンポーネント、第2歩兵師団
    • 第33歩兵連隊
    • 第73歩兵連隊
    • 第127歩兵連隊
    • 第34師団砲兵連隊
    • 第234師団重砲連隊

メモと参考文献

  1. ^ a b フランス、État-majordel'Armée–サービスの歴史(1924年)。Tome X Ordres de bataille des grandesunités–Deuxièmevolume Divisions d'Infanterie、divisionsdecavalerieLesarméesfrançaisesdanslaGrandeguerrepp。11–19。 {{cite book}}:(ヘルプ外部リンク|series=
  2. ^ 第二次世界大戦における軍隊の戦いの組織と秩序:第6巻イタリアとフランス、サンマリノ、バチカン市国(聖地)、アンドラ、モナコの中立国を含むp。403。

外部リンク