2021年アメリカ合衆国議会議事堂の攻撃

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

米国議会議事堂への攻撃
2020〜21年の米国選挙の抗議の一部であり、2020年の米国大統領選挙を覆そうとする試み
違反直後の群衆(上); 暴動に対して催涙ガスが配備された(左下)。絞首台(右下)。
日にち2021年1月6日; 14か月前c。 12:53 pm  – 5:40 pm [1]UTC-5 (2021-01-06)
位置
アメリカ合衆国議会議事堂、ワシントンDC、アメリカ合衆国

北緯38度53分23.3インチ西経 77度00分32.6インチ / 38.889806°N 77.009056°W / 38.889806; -77.009056
のせいで
目標
メソッド
をもたらしました
死傷者と刑事告発
死亡者(数)5人の死亡(銃声による1人、薬物の過剰摂取による1人、自然の原因による3人)[18] [19]
怪我
ダメージ広範囲にわたる物理的損傷; [6] [23] [24]事務所や商工会議所は破壊され、略奪された。盗まれた財産; [25] 修理とセキュリティ対策のために3000万ドル以上[26]
充電済み800 [27]

2021年1月6日、ドナルド・トランプ米大統領の2,000〜2,500人の支持者がワシントンDCの議会議事堂を攻撃しました[a] [28] [29]彼らは2020年の大統領選挙での彼の敗北を覆そうとしました[30]。ジョー・バイデン大統領の勝利を公式化する選挙投票を数えるために集まった議会合同会議を混乱させる[3] [ 31]キャピトルコンプレックス暴動が法執行官を襲撃し、財産を破壊し、建物を数時間占領したため、議員と職員は封鎖され、避難した。[32] 5人がイベントの直前、最中、または直後に死亡した。1人は国会議事堂警察に射殺され、もう1人は薬物の過剰摂取で死亡し、3人は自然死した。[19] [33] 138人の警察官を含む多くの人々が負傷した。攻撃に対応した4人の警官は、7か月以内に自殺した。[34]

トランプによって行動を呼びかけられ、[35] [36] 2020年の選挙が「大胆な過激派左派民主党員に盗まれた」という彼の誤った主張を支持するために、1月 5日と 6日に何千人もの支持者がワシントンDCに集まった[37]。[38] [39] [40]そして、マイク・ペンス副大統領と議会がバイデンの勝利を拒否することを要求する。[41] 1月6日の正午から[42]楕円での「アメリカを救う」集会で、トランプは選挙の不規則性の誤った主張を繰り返し[43]、「地獄のように戦わなければ、あなたはもう国はありません。」[45] [46]彼の演説中および演説後、 [42]数千人の出席者が国会議事堂に歩いて行き、議会が選挙人票の数え始めたときに数百人が警察の境界を突破した[47] [48] 。2,000人以上の人々が建物に侵入し[29] [49] [50]占領し、破壊し、略奪し、 [32] [51]国会議事堂の警察官と記者を襲撃し、議員を捕まえて危害を加えようとした。[52]絞首台が国会議事堂の西に建てられ、副大統領が選挙結果を覆す可能性があるというトランプや他の人々による誤った主張を拒否した後、一部の暴動者は「ハングマイクペンス」を唱えた。[53]下院議長の ナンシー・ペロシDCA)や他の国会議員の事務所を破壊し略奪した者もいた。[54]建物のセキュリティが破られたため、国会議事堂警察は議会の両院と国会議事堂のいくつかの建物を避難させ、封鎖した。[55]連邦法執行官が避難した家の床を守っている間、暴動は空の上院室を占領した。[56] [57] パイプ爆弾は、民主党全国委員会共和党全国委員会の本部のそれぞれで発見され、火炎瓶は国会議事堂近くの車両で発見されました。[58] [59]

トランプは、暴徒を鎮圧するために州兵を送ることに抵抗した。[60]その日の午後遅く、ツイッターのビデオで、彼は選挙が「詐欺的」であると再び主張したが、彼の支持者に「平和に家に帰る」ように言った。[61] [62]国会議事堂は夕方までに暴動を避け、[63]選挙人票の集計は再開され、1月7日の早朝に完了した。ペンスはバイデン大統領と副大統領選挙人を宣言した。カマラハリスが勝利した。彼の政権、解任の脅威、そして多くの辞任によって圧力をかけられて、トランプは後にテレビの声明で権力の秩序ある移行を約束しました。[64] [65]

暴動の1週間後、衆議院はトランプ暴動の扇動で弾劾し、2度弾劾された唯一の米国大統領にした。[66] 2月、トランプが辞任した後、上院は有罪判決に賛成して57–43票を投じた。これは過半数の3分の2を下回り、67票を必要としたため、彼は2度目の無罪判決を受けました。下院は、 9.11委員会モデルにした、攻撃を調査する超党派の独立委員会を創設する法案を可決したが[ 68]、上院の共和党員によって阻止された[52]ため、特別委員会を承認した。代わりに7人の民主党員と2人の共和党員が調査します。[69] [70]

Oath KeepersProud BoysThree Percentersを含む反政府グループの30人以上のメンバーが、国会議事堂への攻撃を計画したとされる陰謀で起訴されました。10人のオースキーパーズが扇動的な陰謀で起訴されました。[71]しかしながら、攻撃に関連する犯罪で起訴された大多数の人々は、極右または過激派グループとの既知の提携を持っていなかった。[27] [72] [73] 2022年1月の時点で、その日のイベントで役割を果たした少なくとも57人の個人が公職に立候補していた。[74]

2022年3月2日、オース・キーパーズのジョシュア・ジェームズは、「2020年11月から2021年1月まで、他のオース・キーパーズのメンバーや関連会社と共謀して、大統領の権力の移転を統治する米国の法律。」[75] [76]

バックグラウンド

大統領選挙を覆そうとする試み

2020年10月にアリゾナ州グッドイヤーで開催されたキャンペーン集会で講演するドナルド・トランプ大統領

民主党の ジョー・バイデンは、2020年の米国大統領選挙で、現職の共和党の ドナルド・トランプを破った。[77]トランプと他の共和党員は選挙を覆そうとし、広範囲にわたる不正投票を誤って主張した。[78]

投票が終了した直後のトランプのツイート

投票が終了してから数時間以内に、投票がまだ集計されている間に、トランプは勝利を宣言し、それ以上のカウントを停止するよう要求しました。[79]彼は、法的な異議申し立て法外の努力を通じて、選挙を覆すキャンペーンを開始した。[40]トランプの弁護士は、選挙後10日以内に、選挙結果に対する法的異議申し立てには事実上の根拠や法的メリットがないと結論付けた。[40]これらの分析にもかかわらず、彼は最高裁判所に提起された2件を含む少なくとも60件の訴訟の提起を開始することによって結果を覆そうとした。これらの行動は、選挙証明書を無効にし、バイデンに投じられた票を無効にすることを目的としていました。これらの異議申し立てはすべて、証拠の欠如または法的地位の欠如を理由に裁判所によって却下されました[78]

その後、トランプは、共和党の知事、国務長官、州議会に、バイデンの選挙人のスレートをトランプに宣言されたものに置き換えるか、詐欺の証拠を作成することによって結果を無効にするよう圧力をかけるキャンペーンを開始しました。彼はさらに、議員に、事前の分析努力を無視して、郵送された投票用紙の署名マッチを実施するなどして、表向きの選挙の「不規則性」を調査するよう要求した。トランプはまた、選挙を「再実行」または逆転させるための戒厳令の発動[78] [80]および特別検察官の任命を提案する個人的な調査を行った。そのような事件は非常に孤立しているか存在しないという連邦および州当局による結論にもかかわらず、詐欺の発生率を見つけること。トランプは最終的にどちらのステップも実行しませんでした。[78]トランプは、マイク・ペンス副大統領に結果を変更し、バイデンの就任を阻止するよう繰り返し促した。これらの行動はいずれも、副大統領および上院議長としてのペンスの憲法上の権限の範囲内ではなかったでしょう。トランプは1月6日の朝の集会演説でこの呼びかけを繰り返した。[81]

一部の人々は、選挙を覆そうとするこれらの試みを、クーデターの試み[82]と、「大きな嘘」の実行として特徴づけています。[9] 2021年10月31日、攻撃前、攻撃中、攻撃後の出来事の包括的かつ詳細な説明がワシントンポストによって発表されました。[83]

計画

議会は1月6日に合同で会合し、選挙人団の投票の勝者を証明する予定でした。これは通常、儀式的な事柄です。[84] [85] 12月、下院議員のMo Brooks(R- AL)は、トランプ、共和党議員、その他の間で3回のホワイトハウス会議を開催した。出席者には、トランプ、ペンス副大統領、ジョディ・ハイス(R-GA)議員、ジム・ジョーダン(R-OH)、アンディ・ビッグス(R-AZ)、マージョリー・テイラー・グリーン議員(R-GA)、およびトランプ法務チーム。[86]会議の目的は、議会が1月6日の選挙結果をどのように覆すことができるかについて戦略を立てることでした。[87]

選挙人団が投票してから4日後の12月18日、トランプは 、いくつかの州の選挙結果の有効性への挑戦を続けるために、1月6日の議会投票数の前に集会に出席するよう支持者に呼びかけました。トランプ氏は、「1月6日のワシントンDCでの大規模な抗議。そこにいれば、ワイルドになるだろう」とツイートした。[11] [88]国会議事堂での暴動に先立つ「アメリカを救うための行進」と集会は、当初、女性の共同創設者であるエイミー・クレマーが議長を務める501(c)(4)組織であるWomen forAmericaFirstによって組織されました。トランプのために[89] 2021年1月1日、彼らは最初の修正集会「トランプのための行進」のために推定5,000人の出席で許可を取得した。[90]2020年後半から2021年初頭にかけて、クレマーはバスツアーの一環として全国の一連のイベントを企画し、講演し、1月 6日の集会への参加を促し、選挙結果を覆すトランプの努力を支援しました。[91] Women for America Firstは、その支持者をイベントに移動する車両のキャラバンに参加するよう招待した。イベント管理は、トランプの2016年大統領選挙で働いたTimUnesによって設立された会社であるEventStrategiesによって実行されました[89]

1月2日、トランプは1月 6日の集会を宣伝するクレマーの投稿をリツイートし、彼はそこにいるだろうと付け加えた。その時点から、クレマーはまだ許可を保持していましたが、計画は基本的にホワイトハウスに渡されました。[91]トランプは、スピーチのラインナップとイベントで演奏される音楽について話し合った。集会の当初の計画では、選挙スレートのカウントが完了するまで人々は楕円に留まることが求められていましたが、ホワイトハウスは、トランプが演説中に繰り返し促したように、国会議事堂に行かなければならないと述べました。[40]

集会の組織化に参加し、嵐への支持を「完全に平和的」と表明した右翼政治活動家のアリ・アレクサンダーは、12月にポール・ゴサールRAZ)、アンディ・ビッグス(R– AZ)の代表が言ったと報じられた。 )、およびMo Brooks(R– AL)は、「何か大きなもの」の計画に関与しました。[92]  「私たちは1月6日のイベントを思いついた4人の男です」と彼は言いました。[93]アレクサンダーによれば、「それは勢いと圧力を構築し、そしてその日、まだ決定されていないか、外のみんなを見て言った議会の人々の心と心を変えることでした。暴徒_ [94] ワシントンポスト紙は、ビデオと投稿がアレクサンダーと3人の国会議員の間の以前のつながりを明らかにしたと書いた。[95]

イベント前の数週間、議会、ペンス、警察に対する暴力の呼びかけなど、ソーシャルメディアで国会議事堂を襲撃したという言及が100万件以上ありました。これは、ニュースアグリゲーターのウェブサイトPatriots.win[c]、チャットアプリのテレグラムとマイクロブログのウェブサイトGabParlerなどの「 alt-tech」プラットフォーム[b]行われました。路上で警察を避ける方法、ドアを開けるのを助けるために持っていく道具、そして都市に武器を密輸する方法について話し合った人もいました。[97]彼らは警察を攻撃する必要性について話し合った。[96] [98][99] 2020年12月12日の抗議行動中にワシントンDC警察と衝突した後プラウドボーイズと他の極右グループは法執行の支援に反対した。[100] 2020年12月23日に投稿され少なくとも1つのグループ、 Stop the Stealは、警察に反対された場合に「エスカレート」することを約束して国会議事堂を占領する計画です。[101]複数のサイトが「戦争」についてグラフィカルかつ明示的に議論し、イベントを物理的に担当し、政治家を殺害し​​、どの政治家を最初に絞首刑にすべきかについての意見を求め、縄のGIFを付けた。[96] ジョーン・ドノヴァン、ハーバード大学リサーチディレクターメディア、政治、公共政策に関するショアンスタインセンターは、ユナイトザライトラリーゲーマーゲートオンラインハラスメントキャンペーンの主要人物が、攻撃に先立ってオンラインの怒りを高めるために働いたと述べました。[102] Facebookは、国会議事堂の攻撃を助長する役割を果たしているとも言われています。[103] [104]

1月5日、FBIのノーフォーク現地事務所は暴力の計画を報告しました。「オンラインスレッドでは、暴力の具体的な呼びかけについて、次のように述べています。 BLMとパンティファ[原文のまま]奴隷兵士がこぼれている。暴力を振るう。これを行進、集会、または抗議と呼ぶのをやめなさい。戦争の準備をしなさい。私たちは大統領を迎えるか死ぬ。他に何もこの目標を達成しないだろう。」ノーフォークの報告によると、計画立案者は国会議事堂の下にあるトンネルの地図を共有していました。[105] FBIのメモに引用されている別のコメントは、トランプ支持者がワシントンに行くことを提唱している[106] 12月26日、オース・キーパーズの指導者は、 「私たち全員がワシントンDCにいる6日を待って、暴動を起こす」という指示を伝えたとされている。検察官によると、その指導者また、12月に「オース・キーパーズ、フロリダ3%の人々、プラウド・ボーイズの間で同盟を結んだ」というメッセージを書いた。[107]プラウド・ボーイズ、オース・キーパーズ、トランプのラテン系アメリカ人の指導者は、 1月5日の駐車ガレージ。ただし、出席者の一部は1月6日の計画に関連する問題について話し合っていないと主張している。[108]

NBCニュースは、2021年6月に、FBIが、攻撃に関与したとして起訴された少なくとも1人に、下院議員との関係の可能性について尋ねていたと報じました。[109]彼の裁判は2022年4月4日に設定されている。[110]

資金調達

イベントに参加した組織には、Black Conservatives Fund、80%Coalition、Moms For America、Peaceably Gather、Phyllis Schlafly Eagles、Rule of Law Defense Fund、Stop the Steal、Turning Point ActionTea Party Patriots、Women For America First、およびWildprotest.com。[111] [112]法の支配防衛基金、共和党弁護士総協会の501(c)(4)部門も、人々を「国会議事堂の建物に行進し、議会に停止するよう呼びかける」ためのロボコールの支払いを行った。窃盗"。[113]陰謀論者のアレックスジョーンズのメディア会社は、イベントの楕円を予約するために50万ドルを支払いました。[114] [115]そのうちのいくつかは、Publixの相続人であり、トランプの著名な寄付者であるJulie Jenkins Fancelliから寄付されました。この寄付の総額は、約650,000ドルでした。[116] [115]ジョーンズは、トランプホワイトハウスが彼に行進を国会議事堂に導くように頼んだと主張した。[114] チャーリー・カークは、ターニングポイントアクションとトランプの学生が80台以上のバスを国会議事堂に送ったとツイートした。[117] Roger Stoneは、イベントの「ステージング、輸送、そして最も重要なセキュリティのために」資金を調達するために、Stop The StealSecurityProjectのビデオを録画しました。[118]他の人々は12月にGoFundMeを介して資金を調達しようとしました限られた成功で、集会への交通費を支払うのを助けるため。[2] BuzzFeed Newsによる調査では、計画された集会への旅費を支払うために12人以上の募金活動者が特定されました。GoFundMeはその後、暴動後にいくつかのキャンペーンを非アクティブ化しましたが、一部のキャンペーンは非アクティブ化の前にすでに資金調達目標の一部またはすべてを引き上げていました。[119]

1月5日会議

ドナルド・トランプ・ジュニアエリック・トランプマイケル・フリンコーリー・レヴァンドフスキー、アラバマ上院議員のトミー・タベルヴィル含むトランプの最も近い同盟国は、1月5日の夜にワシントンDCのトランプ・インターナショナル・ホテルで会った。それ以来、彼は会議に出席しなかったと述べているが[122]、証拠はそうではないことを示唆している。[120] [123]会議に出席したと述べたチャールズ・ハーブスターによれば、他の出席者にはアダム・パイパーとピーター・ナバロが含まれていた。ダニエル・ベックは、「私たちの15人は、ドナルド・トランプ・ジュニア、キンバリー・ギルフォイル、トミー・タベルヴィル、マイク・リンデル、ピーター・ナヴァロ、ルディ・ジュリアーニと夜を過ごしました」と書いています。[124]ハーブスターは、「正義と真実のための戦いで私に加わっている次の愛国者と一緒に、トランプインターナショナルの大統領の私邸に立っている」と主張した。彼はDavidBossieを出席者のリストに追加しました。[120]

暴力の公の予測

攻撃当日に撮影された「盗むのをやめろ」と「頭を下げて」と書かれた看板

2019年、ニューヨークタイムズのコラムニストであるカラスウィッシャーは、 「トランプ氏が2020年の選挙に敗北し、翌日、詐欺が蔓延しており、さらに人々が武装して立ち上がるべきだと不正確にツイートした場合、どうなるかを想像しました。彼を政権にとどめるための暴動」。[125] 2020年9月初旬、市民ジャーナリストのティムプール 録音された会話の中で、「11月3日が混乱するとすぐにDCに急ぐ計画があるという人々からのメッセージがありました」と述べ、「右翼の民兵、オース・キーパーズ、 3つのパーセンター、そしてプラウドボーイズとトランプの支持者だけが、DCに全速力で駆けつけます。彼らはホワイトハウスに行き、できることは何でもし、準軍組織になります。」[126] 2020年12月1日、ジョージア州の選挙当局は、「人々に潜在的な暴力行為を行うように促すのをやめなさい。誰かが傷つくだろう。誰かが撃たれるだろう。誰かが殺されるだろう」と公に警告した。[125]

2020年12月21日、バイラルツイートは、「1月6日、武装したトランピスト民兵がトランプの命令でワシントンDCに集結する。ジョー・バイデンの勝利を証明した後、国会議事堂を襲撃しようとする可能性が高い」と予測した。[125] 2020年12月29日、プラウドボーイズの過去の集いの場であるDCのホテルハリントンは、公共の安全を理由に1月4日から6日まで閉鎖を発表した。もう1つのプラウドボーイズのホットスポットであるハリーズパブも同様に一時的な閉鎖を発表しました。[127] 2020年12月30日、元ペンス補佐官のオリビア・トロイは「1月6日にワシントンDCで暴力が発生する可能性がある」という懸念を公に表明した。[128]

The Daily Beastによる1月2日の記事は、抗議者が銃を地区に持ち込み、連邦政府の建物に侵入し、法執行機関を攻撃することについて話し合っていたと報告しました。[125]この記事は、ある人気のあるコメントを引用している。「その日は文字通りの戦争になると思う。オフィスを襲撃し、すべてのDC裏切り者を物理的に排除し、さらには殺し、国を取り戻す」。[125] [129]

公式の予測と警告

攻撃に至るまでの数日間、オンライン過激主義を監視しているいくつかの組織がこのイベントについて警告を発していました。[130] 2020年12月29日付けの内部報告では、連邦捜査局(FBI)のミネアポリス現地事務所は、バイデンの発足前に、極右のブーガルー運動によって組織されたすべての州議会議事堂での武力抗議について警告した。[131] 2021年1月6日より前に、FBIは地元の合同テロタスクフォースに国会議事堂での差し迫った暴力の可能性を通知した。[132] ワシントンポスト紙 は、暴動者がワシントンへの旅行の準備と準備をしていることを警告した1月5日の内部FBI文書を報告した。さまざまな地域の州のステージングエリア。[133]しかし、FBIは正式な諜報速報を配布しないことを決定した。[132] [134]一部のセキュリティ専門家は、イベントの前にFBIとDHSから情報を受け取っていなかったことに驚いたと後で報告した。[135]

コロンビア特別区の警視庁長官代理のロバート・コンティー氏は、事件後、彼の部署には国会議事堂が侵害されることを示す情報がなかったと述べた。国会議事堂のスティーブン・サンド長官は、彼の部門は「憲法修正第1条」に対応する計画を立てたが、彼らが遭遇した「犯罪的な暴動」については計画していなかったと述べた。[136]しかし、国会議事堂の攻撃の3日前の1月3日、国会議事堂警察の諜報部は、トランプ支持者が「大統領選挙の結果を覆す最後の機会として2021年1月6日を参照」と警告する内部メモを回覧した。とに対する暴力を使用することができます"[137]サンドは、(初期の報告[138]とは対照的に)「オールハンズオンデッキ」のステータスに置かれるように部門に指示したと述べた。これは、すべての宣誓した役員が働くことを意味した。彼はまた、7個のCivil Disturbance Unit小隊、約250人の将校を活性化し、そのうち4個小隊はヘルメット、防護服、盾を装備していると述べた。[139] 米陸軍長官 ライアン・D・マッカーシーは、事件に先立って計算された法執行機関の群衆の潜在的な規模の推定値は、2,000から80,000の間で変動したと述べた。[140] 1月5日、国立公園局は、すでにその地域にいる人々に基づいて、3万人が「アメリカを救う」集会に参加すると推定した。[141]

名誉毀損防止連盟、英国の警備会社G4S、無党派の統治監視機関であるAdvance Democracy、Inc.などの他の組織は、QAnonの投稿を調査し、1月 6日に暴力の可能性についてさまざまな警告を発しました。 [130] [142] [143 ]

法執行の準備

1月6日の朝の最高裁判所の警察官

米国陸軍長官 ライアン・D・マッカーシーによると、イベントに先立って計算された法執行機関の群衆の潜在的なサイズの推定値は、2,000から80,000の間で変動しました。[144] 1月5日、国立公園局は、すでにこの地域にいる人々に基づいて、3万人が「セーブアメリカ」集会に参加すると推定した。[145]

国会議事堂警察の諜報および省庁間調整部門は、1月3日に脅威分析を行いました。これは、上司の支援を受けていない1人の従業員が作成し、要約を国会議事堂警察の指導者などに配布しました。[146] [147]

サンド氏は、彼の部門は「憲法修正第1条の活動」に対応する計画を立てたが、彼らが遭遇した「犯罪的な暴動」については計画していなかったと述べた。[148]サンドは、部門を「オールハンズオンデッキ」のステータスに置くように指示したと述べたこれは、すべての宣誓した役員が働くことを意味した。彼はまた、7個のCivil Disturbance Unit小隊、約250人の将校を活性化し、そのうち4個小隊はヘルメット、防護服、盾を装備していると述べた。[150] 1月6日、「指導部からの命令」の下で、警察は刺し手榴弾などの「致死性の低い」武器なしで配備された。部門の暴動の盾は不適切に保管されていました、衝撃で粉々になります。[151]

1月 4日、DC市長のバウザーは、コロンビア特別区の警視庁(MPD)がこのイベントの法執行を主導し、国会議事堂警察、米国公園警察、およびシークレットサービスと調整することを発表しました。[152] [f]「明確にするために、コロンビア特別区は他の連邦法執行要員を要求しておらず、そのような計画が進行中の場合、MPDに直ちに通知し、協議することなく、追加の展開を思いとどまらせる」とバウザーは手紙で書いた。司法省[152]

2020年の選挙の数日後の11月9日、ドナルド・トランプは国防長官のマーク・エスパーを解雇し、クリストファー・C・ミラーと交代させました[153] 2020年12月31日、ミューリエル・バウザー市長は、予想されるデモ中にDC警察を支援するためにコロンビア特別区国家警備隊を配備するよう要請した。彼女の要求の中で、彼女は警備員は武装せず、警備員が主に「群衆の管理」と交通の方向付けに責任を負い、警察が安全上の懸念に集中できるようにするだろうと書いた。ミラーは2021年1月4日に要求を承認し、340名の部隊を活性化し、常に114名以下を配備しました。[154]暴動の3日前に、国防総省は州兵を国会議事堂に配備することを2回申し出ましたが、国会議事堂警察からその必要はないと言われました。[144] 1月3日、サンドは下院守衛官 ポールD.アーヴィング上院守衛官 マイケルC.ステンガーによる追加の国家警備隊の支援を拒否されたと伝えられている。[155] [156]

ミラーのその後の声明によると、1月3日、ミラーはトランプから1 月6日に「デモ隊を保護するために必要なことは何でもする」ように命じられた 。彼の個人的な承認なしにボディアーマーまたは暴動鎮圧剤。1月5日、陸軍長官のライアン・マッカーシーは、DC国家警備隊に直接制限を課すメモを発行しました。DC国家警備隊の司令官であるウィリアム・J・ウォーカー少将は、この変更について次のように説明しました。しかし、この場合、私にはその権限がありませんでした。」[158]1月22日、ミラーは国防総省が警備隊の配備を遅らせたという批判に異議を唱え、それを「完全な馬鹿げた」と呼んだ。[159]

トランプ支持者がDCに集まる

1月5日、ワシントンDCのナショナルモール内またはその周辺で選挙の転覆に関連するいくつかのイベントが発生しました。80パーセント連立の創設者は「ラリートゥリバイバル」を組織し[90]フリーダムプラザでの開催が許可されました。「アメリカを救うための集会」。[160]同じ日に、「Save the Republic Rally」は、ラッセル上院事務所ビルの向かいのエリア9で、午後の早い時間にアメリカのママによって組織された[161]ヴァージニア・ウィメン・フォー・トランプ、ストップ・ザ・スティール、アメリカン・フェニックス・プロジェクト、ジェリコ・マーチが主催する「神の下の一国」集会 、合衆国最高裁判所の近くで行われました。[162]アリゾナのオース・キーパーズで歴史を持つ人物であるレイ・エップスは、1月5日の2回の街頭集会で撮影され、翌日国会議事堂に入るよう人々に促した。[163]

サイレントマジョリティラリー

集会は、サウスカロライナ州から最近敗北した共和党議員候補によって組織されました。250人が予定されており、ナショナルモール内の13番街と14番街の間のノースインナーグラベルウォークウェイで許可され、米国憲法の高さ15フィート(4.6 m)のレプリカが特徴でした。[90] [164] [ 165]これらの事件は1月 5日と6日 に起こった。1月5日の夜と1月6日の朝に、 少なくとも10人が逮捕され、数人は武器の容疑で逮捕された。 6、「野生の抗議」はストップ・ザ・スティールによって組織され、ラッセル上院事務所ビルの向かいのエリア8で行われました。[167]  同日、「フリーダムラリー」は、バージニアフリーダムキーパーズ、ラティーノスフォートランプ、ユナイテッドメディカルフリーダムスーパーPACによって、ラッセル上院事務所ビルの向かいの300 FirstStreetNEで開催されました。[168]

フリーダムプラザラリー

フリーダムプラザの集会は、ホワイトハウスのすぐ西にある14番街とペンシルバニアアベニューの北西の角で開催されました。一連の3つの連続したイベントが計画されました。最初は、午後1時から午後2時までの「アメリカを救うための行進」ラリー 、続いて3時30分から5時までの「盗むのをやめる」ラリー、そして「80パーセント」です。連立」ラリーは5時から8時30分まで。[169]いくつかの講演者が発表され、特に以下を含む。

  1. マット・マドック(R)、ミルフォードのミシガン州下院議員[170]
  2. ヴァーノンジョーンズ(D / R)、元ジョージア州代表[171]
  3. アレックス・ジョーンズ、保守的なラジオのホストで陰謀論者[172] [173]
  4. マイケル・フリン、トランプ大統領の元国家安全保障補佐官[174] [175]
  5. ジョージ・パパドプロス(R)、トランプキャンペーンアドバイザー[176] [177]
  6. ロジャー・ストーン、トランプ大統領の顧問[174] [178] [179]

配置された爆弾

外部画像
image icon 爆弾容疑者のFBI画像
配置されている爆弾のFBI編集[180]

午後7時40 1月5日、灰色のフード付きスウェットシャツ、マスク、ナイキエアマックススピードターフのスニーカーを身に着けている人が、サウスキャピトルストリートの住宅街でバッグを持って撮影されました。午後7時52 分、個人はDNCの外のベンチに座っていることが記録されました。翌日、茂みの下に置かれたパイプ爆弾がそこで発見されました。映像では、容疑者はバッグを圧縮し、立って立ち去っているように見えます。8時14分、彼らはRNC近くの路地で撮影され、翌日2番目のパイプ爆弾が発見されました。[181]彼らは両方の爆弾を国会議事堂の数ブロック内に置いた。[182] [183] FBIは、デバイスを植えたと信じている人物の写真とビデオを配布し、情報に対して最大50,000ドルの初期報酬を提供しました。[184]月末までに、FBIはそれを75,000ドルに引き上げた。[185] [186]

1月6日トランプラリー

1月6日の朝にワシントンユニオン駅で抗議者 

「セーブアメリカ」ラリー(または「セーブアメリカマーチ」として宣伝された「マーチトゥセーブアメリカ」)[187] は、ホワイトハウスのすぐ南にあるナショナルモール内の楕円で1月6日に開催されました。Women for America Firstに付与された許可証は、最初の修正ラリー「March for Trump」を示し、午前9 時から午後3時30分までスピーチが行われ 、ラリーの終了と参加者の解散のためにさらに1時間かかりました。[90]

トランプの支持者は、トランプ、ルディジュリアーニ、およびチャップマン大学法学部のジョンC.イーストマン教授など、少なくとも部分的には彼の覚書に基づいて話した他の人からのスピーチを聞くために楕円に集まりました。クーデターの取扱説明書[188] [189] 2月の裁判所への提出で、オース・キーパーズのメンバーは、彼女が集会で「警備員」として行動したと主張し、「彼女がシークレットサービスのエージェントと会った集会へのVIPパス」を提供された。 。米国シークレットサービスは、1月6日に民間人が安全を提供するために米国シークレットサービスと調整したことを否定した。[190]2月22日、彼女は話を変え、集会の前にセキュリティチェックを通過したときにのみシークレットサービスとやり取りしたと述べました。[191]

Mo Brooks(R-AL)はラリーで注目の講演者であり、午前9時頃に講演し、「今日はアメリカの愛国者が名前を取り、お尻を蹴り始める日です」と述べました。そして後で、「あなたはアメリカのために戦うために必要なことを喜んでしますか?もっと大声で!あなたはアメリカのために戦うでしょうか?」[192] [193]

マディソン・コーソーン下院議員(ノースカロライナ州R– )は、「この群衆は戦いを繰り広げている」と述べた。[194]エイミー・クレマーは出席者に「この共和国を救うのはあなたと私次第だ」と言い、「戦いを続ける」ように彼らに呼びかけた。[91] トランプの息子であるドナルド・ジュニアとエリックは、エリックの妻ララ・トランプとともに、選挙人団の投票に異議を唱える努力を支持していなかった共和党議員と上院議員に名前を付けて口頭で攻撃し、選挙人団に反対するキャンペーンを行うことを約束した。将来の予備選挙。[195]ドナルド・ジュニアは共和党議員について、「あなたがヒーローではなくゼロになるつもりなら、私たちはあなたのためにやってくる」と言った。[196] [197]

ルドルフ・ジュリアーニは、選挙で使用された投票機が「曲がった」という陰謀説を繰り返し、10時50分に「決闘裁判」を要求した。[198] [199]イーストマンは、投票用紙には投票結果を変える「秘密のフォルダー」が含まれていると主張した。[200] [g] 10:58に、プラウドボーイズの派遣団が集会を去り、国会議事堂に向かって行進した。[42]

ドナルド・トランプのスピーチ

防弾シールドの後ろからラリースピーチを行うトランプの画像が、ラリーでこのスクリーンに映し出されました

11時58分から、防弾シールドの後ろからトランプ大統領がスピーチを行い、選挙を「決して譲歩しない」と宣言し、メディアを批判し、ペンスに選挙結果を覆すよう求めた。これはペンスの憲法上の力の範囲外である。[81] [202]彼の演説には、群衆を怒らせた多くの虚偽と誤った表現が含まれていた。トランプは彼の支持者に暴力を使用したり国会議事堂に入るように公然と要求しなかったが[204]、彼の演説は暴力的なイメージで満たされ[205] トランプは彼の支持者がバイデンの就任を阻止する力を持っていることを示唆した。[204]同じ午後、ペンスは議会に手紙を出し、バイデンの勝利に異議を唱えることはできないと述べた。[81] [206]

トランプ氏は、支持者たちに「国会議事堂まで歩いて行く」こと、「勇敢な上院議員、下院議員、女性を応援すること。おそらく、彼らの一部をそれほど応援することはないだろう」と呼びかけた。彼は群衆に彼は彼らと一緒にいるだろうと言ったが、彼は最終的に国会議事堂に行かなかった。バイデンの選挙人票を数えることに関して、トランプは「それを起こさせることはできない」と述べ、バイデンが「非嫡出大統領」になることを示唆した。[204] [205]選挙当日について、トランプ氏は「ほとんどの人は夕方9時にそこに立って 『ありがとうございました』と言うだろう」と述べ、他の人生に出て行くと言った。 「ここで何かがおかしい。何かが本当におかしい。[それは]起こり得なかった。」そして、私たちは戦います。私たちは地獄のように戦います、そしてあなたが地獄のように戦わなければ、あなたはもう国を持たないでしょう。」[45] :01:11:44 彼は、抗議者たちは「国会議事堂に行き、私たちは[共和党員]に彼らが私たちの国を取り戻すために必要な種類の誇りと大胆さを与えることを試みるつもりだ」と述べた。[207]トランプ氏はまた、「あなたは弱さで私たちの国を取り戻すことは決してないだろう。あなたは強さを示さなければならず、あなたは強くなければならない。私たちは議会が正しいことをし、合法的に予定されている選挙人だけを数えることを要求するようになった」と述べた。 。[204] [205]

「SaveAmerica」ラリーの参加者を国会議事堂に案内するトランプ支持者

トランプは、リズ・チェイニー下院議員(R-WY)を非難し、「私たちは、世界のリズ・チェイニーである、弱い議員、何の役にも立たない人々を排除しなければならない」と述べた。[208]彼は支持者たちに、「悪い人々」と「もっと激しく戦う」よう呼びかけた。群衆に「あなたは非常に異なる規則で行くことが許されている」と言い、彼の支持者は「もうそれを受け入れるつもりはない」と言った。最後の立場としてその瞬間を組み立て、ペンスと他の共和党の役人がバイデンの勝利を受け入れることによって彼ら自身を危険にさらすことを提案した。そして群衆に彼は彼らと一緒に国会議事堂に行進するだろうと言いました(彼はそうしませんでしたが)。[204] [205]彼が「戦う」という言葉を20回使用したことに加えて、トランプはかつて「平和的に」という言葉を使用し、「ここの誰もが平和的かつ愛国的にあなたの声を聞くためにすぐに国会議事堂に行進することを知っています」と述べました。[205]

トランプの演説の間に、彼の支持者は「国会議事堂を取りなさい」、「今国会議事堂を取りなさい」、「国会議事堂に侵入しなさい」、「国会議事堂を襲撃しなさい」そして「トランプのために戦う」と唱えた。[209] [210] ニューヨークタイムズは、最初の障壁の崩壊を 午後1時3分に設定しました。[211]トランプが午後1時12分に話し終える前 に、推定8000人の支持者がすでにナショナルモールを上っていき、国会議事堂を襲撃していると叫んだ。[48]スピーチを終えた後、トランプは大統領の車列にあるホワイトハウスに戻り、午後1時19分に到着した[212]その後のある時点で、トランプは大統領執務室に行った。攻撃のニュース報道を見始めました。[212]

国会議事堂への攻撃

1月6日の演説で、トランプ大統領は支持者に国会議事堂まで歩くよう呼びかけました。攻撃の直前に、複合施設の近くでパイプ爆弾が発見されました。[213]攻撃者は包囲され、最終的に国会議事堂を破った。下院議員は部屋の中で自分たちをバリケードし、1人の攻撃者はバリケードを破ろうとしたときに警察に致命的に撃たれました。[214]

国防総省の当局者が光学に関する懸念を理由に州兵の配備を延期した後、DC市長バウザーはバージニア州知事に支援を要請した。3:15までに、バージニア州の資産がワシントンDCに到着し始めました[215]ペンス副大統領と議会が場所を確保するために避難した後、法執行機関は国会議事堂をクリアして確保しました。

国会議事堂への行進

キャピタルコンプレックスに近づく抗議者

1月6日、トランプ支持者は、ホワイトハウスの敷地のすぐ南にある国会議事堂から約1.6マイル(2.6 km)の楕円を埋めました。[216]ステージの周りの看板には、「SaveAmericaMarch」というスローガンが掲げられていた。スピーチは9:00に始まりました。彼らが続けている間、プラウドボーイズの派遣団は10時58分に集会を去り、国会議事堂に向かって行進した。彼らが出発したとき、イーサン・ノルディアンはメガホンを使って指示を出し、「あなたがプラウド・ボーイでないなら、邪魔にならないようにしてください」と言いました。別のリーダーであるジョービッグスは、通信にトランシーバーを使用しました。[42]

トランプ大統領が到着し、正午頃に話し始めました。彼の演説を通して、彼は群衆にペンシルベニアアベニューを下って国会議事堂まで歩くように勧めました。彼が話し終える前に、群衆のメンバーは「安定した流れで」国会議事堂に向かって歩き始めました。[216] 12:30頃、国会議事堂の東に約300人の「かなり穏やかな」群衆が集まった。選挙人団の投票に異議を唱えることを誓った議員グループのリーダーであるジョシュ・ホーリー上院議員(R- MO )は、午後の早い時間に議会合同会議に向かう途中、こぶしを上げてこれらの抗議者に挨拶した。[217] [218]

キャピトルコンプレックスの近くで発見された爆弾

2021年1月6日に国会議事堂に隣接して発見された2つのパイプ爆弾のうちの1つ。

午後12時45分ごろ、共和党全国委員会 (RNC)の事務所がある建物の隣で、アパートの洗濯室にアクセスするために共有路地を使用している女性によって爆弾が発見された。[219]彼女は、法執行機関を調査して召喚したRNCセキュリティに警告した。警察は「ほぼすぐに」到着した。米国議会議事堂の警察、FBI捜査官、アルコール・タバコ・火器・爆発物局(ATF)は、すべてRNC爆弾に対応しました。[220]

約30分後、役員がまだRNCで応答している間に、民主党全国委員会(DNC)本部の茂みの下で2番目のパイプ爆弾が発見されたことが通知されました。[221] [222]デバイスは同様の設計で、長さは約1フィートで、エンドキャップと配線が60分のキッチンタイマーに取り付けられているようで、未知の粉末と金属が含まれていました。[222] [223]携帯電話などの遠隔爆轟法の証拠は発見されなかった。彼らは爆弾隊によって安全に爆発した警察は後に、彼らは「危険」であり、「大きな害」を引き起こした可能性があると述べた。[221]

FBIの指名手配のポスターは、2つのパイプ爆弾を置いた個人の有罪判決につながる情報のために最大$100,000を提供します[224]
サンドは1月10日にワシントンポスト紙に、パイプ爆弾が国会議事堂から警察を引き離すために意図的に配置されたのではないかと疑ったと語った。[225]ティム・ライアン議員(D–OH)は、1月11日の仮想記者会見で、「 パイプ爆弾のせいで、ある程度の調整があったと信じて いる。起こっていた違反からすぐに注意をそらした。」[226] [227]後に、国会議事堂警察の監察官は、「これらのパイプ爆弾が迂回を意図したものである場合、それは機能した」と結論付けた。[228]

包囲

2021年1月6日、米国議会議事堂で撮影されたボディカメラのビデオ

プラウドボーイズの派遣団は国会議事堂の敷地の西側の境界に到達し、一時的な柵の前にあるまばらな警察の列によってのみ保護されていました。他のトランプ支持者が到着し、群衆を形成しました。プラウドボーイズのジョービッグスが率いる暴徒は、柵を急いで警察と衝突した。12時53分、警察が彼らを封じ込めようと奮闘したため、暴動者は初めて障壁を通り抜けて国会議事堂の敷地に押し寄せました。一方、The Ellipseでは、目立つロゴの付いた黒いパーカーを着たOath Keepersが12:52に集会を去り、国会議事堂に向かう途中でヘルメットを着用した陸軍戦闘服に着替えました。[42]

午後1時頃、何百人ものトランプ支持者が2番目の細い警官と衝突し、国会議事堂の周囲に建てられた障壁を突き抜けました。[50] [229]群衆は障壁と将校を通り過ぎ、暴徒の何人かのメンバーが将校に化学薬品を噴霧したり、鉛パイプで彼らを殴ったりした。[3] [6] [230]多くの暴動者が外階段を上り、ロープや間に合わせのはしごに頼る暴動者もいた。[231]警察は、暴動が入るために3時間の戦いを繰り広げた西下のテラスのトンネルへの入り口を封鎖した。[232]国会議事堂へのアクセスを得るために、数人の暴動者が西の壁をスケーリングした。[233]代表ゾーイ・ロフグレン(D– CA )は、暴動が国会議事堂の階段に到達したことを知っていたが、電話でスティーブン・サンドに到達できなかった。下院守衛官ポール・D・アーヴィングはロフグレンに、国会議事堂への扉は施錠されており、「誰も入ることができない」と語った。[234]

USCPによってリリースされた電話ログは、Sundがさまざまな機関からの追加のリソースを調整していたことを示しています。サンドの最初の電話は、15分以内に到着したDCメトロポリタン警察への電話でした。[235]サンドは12時58分にアーヴィングとステンガーに電話をかけ、州兵を呼ぶために必要な緊急宣言を彼らに求めた。彼らは両方ともSundに「チェーンを実行する」と言ったが、正式な承認は1時間以上後に到着するだろう。[236]

トランプはスピーチを終えた後、1:12頃、国会議事堂への抗議者と行進することを約束したにもかかわらず、ホワイトハウスに戻った。[216]

ワシントンDCではセキュリティ上の理由から航空写真が許可されていないため、群衆の合計サイズの信頼できる見積もりを確認することはできませんが、群衆は数千人と推定されました。[38]午後1時50 分、現場のMPD事件司令官が暴動を宣言した。[235] 1:58に、国会議事堂の警察官は国会議事堂の北東側にあるバリケードを撤去し、何百人もの抗議者が敷地に流れ込むことを可能にした。[237]

国会議事堂の違反

国会議事堂の階段を埋め尽くすトランプ支持者

午後2時直前 、多数の暴動者が国会議事堂のドアと窓に到着し、侵入を試み始めました。2時11分頃、暴動者のグループが材木を使って窓を突破し、建物の瞬間に登り始めました。後で。[238] 2:12に、誇り高き少年は国会議事堂警察のプラスチック製の盾を押収し、それを使って別の窓を打ち破った。2:13までに、国会議事堂は公式に破られ、成長する暴徒は国民彫像ホールに流れ込みました。[42] [6] [239] [240]国会議事堂の窓のほとんどは補強されていたが、暴動は一枚ガラス​​のままで簡単に壊れる可能性のあるものを標的にした。[241]

暴動が国会議事堂や他の近くの建物に侵入し始めたとき、複合施設内のいくつかの建物は避難しました。[57]外では、暴徒がパトカーのタイヤに穴を開け、フロントガラスに「PELOSIISSATAN」というメモを残した。[6] 政治家は、一部の暴動者が国会議事堂に近づき、中に入れられることを期待して、警察のバッジまたは軍の身分証明書を法執行機関に簡単に見せたと報告した。国会議事堂の警察官はBuzzFeedNewsに、ある暴徒がバッジを点滅させたときに「あなたのためにこれをやっている」と言ったと語った。[136]

ダニエル・ホッジス警官が戸口に押しつぶされた

迫り来る暴徒を懸念して、マキシン・ウォーターズ下院議員(D - CA )は、国会議事堂の敷地ではなく警察本部にいた国会議事堂の警察署長スティーブン・サンドに電話をかけました。暴動を阻止するために国会議事堂の警察が何をしていたかを尋ねられたとき、サンドはウォーターズに、ラインが死ぬ前に「私たちはできる限り最善を尽くしている」と語った。[234]

連邦当局は、約1万人の暴動者が国会議事堂の敷地に侵入したと推定し[242]、シークレットサービスとFBIは約1,200人が建物を侵害したと推定しています。[243]

その後、DCメトロポリタンポリスの無線送信、キャピトルポリスの身に着けたカメラの映像、キャピトルの監視カメラの映像など、800を超えるビデオファイルとオーディオファイルが、トランプの告発裁判の証拠として入手されました。証拠は、加害者が大規模で協調的な攻撃を開始したことを示しました。たとえば、「家の部屋の近くの防犯カメラの映像は、角を曲がってくる援軍を振っている暴動を示しています。別のビデオは、わずか1分半で違反した入り口から150人以上の暴動が突進していることを示しています」。[244]国会議事堂を襲撃している間、群衆は「戦う、戦う」と唱えた。"盗むのをやめなさい"; と「トランプのための戦い」。[245]彼らが暴力的な暴徒に襲われたとき、[244]攻撃者の多くは、彼らが直面していた警察と同様の戦術、防弾チョッキ、および技術(双方向無線ヘッドセットなど)を採用しました。[246]一部の暴動者は、ヘルメットや軍用ベストなどの暴動装備を身に着けていた。暴動のペアは、国会議事堂内のテーブルで見つけたプラスチック製の手錠を持っていました。[247] [248]後の法廷文書の分析では、暴動の少なくとも85人の参加者が、銃、ナイフ、斧、化学スプレー、警察の装備、および/などの武器を携行または使用した罪で起訴されたと報告された。またはを気絶させ、暴動で他人を攻撃したり物を壊したりします。国会議事堂で武器を振り回すことも違法です。[249]

一部の暴動者はアメリカ国旗南軍の戦闘旗[6] [250] [251] [252]またはナチスのエンブレムを持っていた。[253]米国史上初めて、連邦議会議事堂内に南軍の戦闘旗が表示された。[250] [254]キリスト教のイメージとレトリックが普及しており、暴動者は「イエスは救う」と「イエス2020」と言う十字架と標識を持っていた。ナショナルモールでは、暴徒が「キリストは王様」と唱えました。ある暴徒はキリスト教の旗を掲げていた。暴動者たちは、ネオファシストのプラウドボーイズを「神の戦士」と呼んだ。[255] [256]これらは主に新カリスマ性でした、トランプが権力を維持するように予言され、キリスト教徒のアメリカ人を宗教的迫害から救うために神によって油そそがれたと信じていた予言的なキリスト教徒。[257]

数人の福音派指導者が暴動を支持したが[255] 、ほとんどが暴力を非難し、群衆を扇動したとしてトランプを批判した。[258]この批判は、レッドレタークリスチャンなどのリベラルなキリスト教グループ、および一般的にトランプを支持していた福音派グループから来た。[255] [259]この批判は、トランプに対する福音派の支持に影響を与えなかった。Unholy:Why White Evangelicals Worship at the Altar of DonaldTrump著者である調査ジャーナリストのSarahPosnerは、米国の多くの白人福音派キリスト教徒がエコーチェンバーを作成し、それによってトランプの失敗が民主党、左派、または主流メディア、その最後は特に信頼できないと見なされています。[260]

上院は延期

抗議者が国会議事堂に侵入した後、上院が休会するというC-SPAN放送
議会の職員は、選挙人団が避難したため、上院のフロアから選挙人団の証明書を削除しました。

当時、アラバマ州からの選挙人票9票、アラスカ州からの選挙人票3票を異議なく受け入れることをすでに決議していた議会合同会議は分割され、各会議室は、ポール・ゴサール議員(R-AZ)であり、テッド・クルーズ上院議員(R- TX)によって承認されています。両方の商工会議所は、運動に関する2時間の討論のほぼ半分でした。[261] [262]

アリゾナ州の選挙人団の投票に関する議論が続いている間、武装警官が上院室に入り、上院室の裏口に面していた。ペンスは、キルステン・シネマ上院議員(D-AZ)からジェームズ・ランクフォード上院議員(R- OK)に床を手渡した。しばらくして、ペンスと彼の家族はシークレットサービスのメンバーによって護衛されました。暴動が上院室に向かって階段を上り始めたとき、孤独な国会議事堂の警察官、ユージン・グッドマン、彼らが2階に到達したことを彼が無線で伝えたとき、暴徒を遅くするために働いた。グッドマンは、まだ封印されていない上院室のドアから少し離れていることに気づき、暴徒を押し込み、援軍の列にぶつかったときに暴徒を導いた。暴動者がドアを破ろうとしたとき、外から強打が聞こえた。ランクフォードが話している間、上院は休憩所に投げ込まれ、2時15分にドアがロックされました。1分後、暴徒たちは部屋の外のギャラリーに到着しました。[234] [263]半自動式小火器を持った警官が床に現れ、当時の上院多数党指導者ミッチ・マコーネルと当時上院少数党指導者チャック・シューマー(D- NY)の間に立っていた。[264]ミット・ロムニー上院議員(R- UT)は憤慨して手を挙げ、バイデン大統領の選挙人票に異議を唱えている共和党員数名を直接批判し、「これはあなたが得たものだ」と叫んだ。[265]上院議員 エリザベス・マクドノウのスタッフの何人かのメンバーは、選挙人団の投票と文書の箱を部屋から建物内の隠された安全な部屋に運びました。[266] [267]

内部のセキュリティ上の脅威のため、すぐにオフィス内に移動し、緊急用機器を取り、ドアをロックし、避難します。

—国会議事堂警察の警告[234]

トランプは、副大統領が選挙人団の投票を拒否する「一方的な権限」を持っており、選挙結果を覆すようにペンスに圧力をかけたという誤った主張を繰り返したが、その朝、ペンスは、そのような憲法上の権威はありません。2:24に、トランプはペンスが「すべきだったことをする勇気がなかった」とツイートした。[53] [268]その後、極右ソーシャルメディアのトランプ信者はペンスを追い詰めるように求め、暴徒は「ペンスはどこにいるのか」と唱え始めた。と「マイクペンスを見つけよう!」[269]外で、暴徒は「マイク・ペンスを吊るせ!」と唱えた。それは、議事堂を襲撃する間、何人かの群衆が唱え続けた。[268]少なくとも3人の暴動者が、ペンスを見つけて建物の外の木にぶら下げて「裏切り者」として処刑したいと記者に耳にされました。[270]複合施設内のすべての建物はその後ロックダウンされ、建物への出入りは許可されなかった。国会議事堂のスタッフは、所定の場所に避難するように求められました。外の人は「カバーを探す」ようにアドバイスされました。[55]

As the mob roamed the Capitol, lawmakers, aides, and staff took shelter in offices and closets. Aides to Mitch McConnell, barricaded in a room just off a hallway, heard a rioter outside the door "praying loudly", asking for "the evil of Congress [to] be brought to an end".[234] The rioters entered and ransacked the office of the Senate Parliamentarian.[271]

上院議員がまだ会議室にいる状態で、トランプはトミー・タベルヴィル上院議員(R-AL)に電話し、バイデンの選挙人票のカウントをブロックするためにもっとや​​ることを彼に言いましたが、上院室が2:30に避難したときに電話を切る必要がありました。[272] [273] [274] [275]避難後、暴徒は一時的に部屋を支配し、一部の武装した男はプラスチックの手錠を持ち、他の男は数分前に上院のデイズペンスで拳を上げてポーズをとった。[6] [276]ペンスの妻カレンペンス、娘シャーロットペンスボンド、および兄弟グレッグペンス(ハウスのメンバー; R– IN)それが攻撃されたとき、国会議事堂にいました。[277]ペンスと彼の家族が上院室から近くの隠れ家に護送されていたとき、彼らはわずか100フィート(30m)離れた階段で暴動者に見えるようになってから1分以内に来た。[238]伝えられるところによると、ペンスは国会議事堂から完全に避難することを意図していたが、彼の「20台の車列が逃げるのを見ると...彼らの反乱を立証するだけだ」と言って、そうすることを拒否した。[278]

建物内のスタッフと記者は、安全なエレベーターで地下室に運ばれ、2001年に国会議事堂への攻撃が試みられた後に建設された地下バンカーに運ばれました。バンカーも暴徒に潜入された後、避難者は途中でリダイレクトされました。[274]

上院のマイケルC.ステンガー上院議員は、リンゼーグラハム(R-SC)やジョーマンチン(D-WV)を含む上院議員のグループに同行し、上院のオフィスビルの安全な場所に行きました。安全になると、議員たちはStengerに「激怒」しました。グラハムは彼に、「これはどのように起こるのですか?これはどのように起こるのですか?」と尋ねました。そして、彼らは「暴徒によって使い果たされることはないだろう」と付け加えた。[234]

引っ込められた家

上院室内の暴動

一方、午後2時15分頃のハウスの部屋では、ゴサールが話している間、ペロシ議長が部屋から連れ出されました。家は休みに落ちましたが、数分後に再開しました。[279] [280]治安上の懸念の中で、ディーン・フィリップス下院議員(D– MN)は「これはあなたのおかげだ!」と叫んだ。彼の共和党の同僚で。[281]ハウスは2時25分頃に討論を再開した。ゴサールが2時30分に話し終えた後、暴動者がハウスウィングに入り、部屋のすぐ外にあるスピーカーのロビーに入ろうとした後、ハウスは再び休憩に入りました。議員たちはまだ中にいて、ペロシ、ケビン・マッカーシーと一緒に避難していました、および他のいくつかは安全な場所に連れて行かれました。[282] [283]暴力が勃発すると、国会議事堂の治安部隊は下院議員に身を隠すように忠告した。[284] [285]法執行機関が建物内で催涙ガスを使用し始めたため、下院議員はガスマスクを着用するように言われた。[279] [285] [286] [287] [288]

下院の部屋の中で撮影されたビデオは、武装した警備員がドアをふさいでいることを示しています

ABCニュースは、国会議事堂内で銃弾が発射されたと報じました。[286] [289]衆議院の部屋の正面玄関で武装したスタンドオフが起こった:暴徒が侵入しようとしたとき、連邦法執行官は銃を[6]中に引き込み、部屋のドアに向けた。 、家具でバリケードされていた。[290]階段で、一人の将校が彼に向かってくる男に発砲した。[291]写真家のエリン・シャフは、国会議事堂のロタンダから、暴動者が彼女のプレスバッジをつかんだ2階に走ったと言った。警察は彼女を発見し、彼女の取材許可証が盗まれたため、他の同僚が介入する前に彼女を銃で突き止めた。[265]

The chief of staff for Representative Ayanna Pressley (D–MA) claimed that when the congresswoman and staff barricaded themselves in her office and attempted to call for help with duress buttons that they had previously used during safety drills, "[e]very panic button in my office had been torn out – the whole unit".[292] Subsequently, a House Administration Committee emailed Greg Sargent of The Washington Post claiming the missing buttons were likely due to a "clerical screw-up" resulting from Pressley's swapping offices.[293] Representative Jamaal Bowman(D-NY)は彼のオフィスに強要ボタンがなかったとツイートしたが、彼は任期のわずか3日であり、それらは1週間後に設置されたことを認めた。[294]

複数の暴動者が携帯電話のカメラを使用して、国会議事堂とさまざまな代表者の事務所を占領し、[295]ペロシ議長の事務所を破壊し、[296] [297] 安全なコンピューターにアクセスし、ラップトップを盗んだことを記録した。[298]

議会が再開した

暴動が建物から押し出された後、援軍が首都を守ります

午後6時までに、建物は暴動から解放され、爆弾隊が国会議事堂を襲った。午後7時15分、ミラー国防長官は議会の指導者たちに、国会議事堂に戻ることを許可されたと語った。午後8時6分、ペンスは上院に電話をかけ、午後9時に、ペロシは下院で同じことをしました。2つの反対意見について討論し、反対票を投じた後、議会は午前3時24分にバイデンの選挙人団の勝利を確認することに投票しました[299]。

参加者と対応

グループ

参加者によって飛ばされた多くの旗の中には、ガズデン旗アメリカの旗、そしてトランプの女性がいました

攻撃者には、米国中からのトランプの長年のそして最も熱心な支持者の何人かが含まれていました。[300]暴徒には、共和党の役人、現在および以前の州議会議員および政治献金者、極右過激派、白人至上主義者[300]保守的な福音派キリスト教徒[h]および「アメリカを救う」集会の参加者が含まれた。[301] FBIによると、テロリストの監視リストに載った攻撃の参加者の大多数は「白人至上主義者の疑いがある」。[302]重武装した者もいれば、有罪判決を受けた犯罪者もいた。殺人未遂[300]反政府ブーガルー運動はほとんどドナルド・トランプに反対していたが、ブーガルー信者は彼の指揮下にあるいくつかのグループが連邦政府に対してストライキをする機会を得て国会議事堂を襲撃するのを助けたと言った。[303]

ブラック・ヘブライ・イスラエル人民族アナキスト運動ブルー・ライブズ・マター運動の一部。アメリカファーストムーブメント、ストップスティールムーブメント、パトリオットムーブメントのサポーターティーパーティー運動伝統主義労働者党の残党; QAnonフォロワー; 3つのパーセンター、プラウドボーイズオースキーパーズ、[i]グロイパー軍団; ネオコンフェデレート、キリスト教ナショナリストホロコースト否認者も同様です、他の極右の組織やグループの中で、暴動の間に存在していました。[306]反ユダヤ主義のネオナチグループ、NSC-131(Nationalist Social Club)がこのイベントに参加したが、どの程度かは不明である。[307] [308] [j]イベントの後、グループのメンバーは彼らの行動を詳述し、彼らが「米国における白色革命の始まりの始まり」であると主張した。[310]暴風雨の後、人種差別主義者反ユダヤ主義のレトリックで知られる2人の白人至上主義者が、ソーシャルメディアに投稿されたビデオをストリーミングし、建物の外でライブレポートを行おうとしているイスラエルのジャーナリストに嫌がらせをしている男性を示した。[311]

極右の象徴的なギアは、ネオナチや民族至上主義に着想を得たネオパガンアパレルや、アウシュヴィッツビルケナウ強制収容所とそのモットーである働けば自由になることを参考にしたシャツなど、一部の参加者が着用していました[311] [302] [306] [312]有名なインターネットミームのカエルのペペに言及したシャツ、「1776」と「 MAGA内戦2021」のシャツ、NSC-131ステッカー、バルクナットのシンボル、カノンの象徴も見られました。オースキーパーズとプラウドボーイズの帽子も同様です。[313]暴動はOKジェスチャーを使用して見られました、オルタナ右翼の犬笛として有名に採用されたジェスチャー。大きな「イエスが救う」バナーを含むキリスト教のイメージは、デモ参加者の群衆の中に見られました。他の国の旗など、他のさまざまな図像も展示されていました。[k]

国会議事堂の敷地に並ぶ旗の列

2021年2月に大西洋で報告された学術分析によると、これまでに国会議事堂に侵入したとして逮捕された193人のうち、89%は確立された極右民兵との明確な公的関係を持っていませんでした。、既知の白人至上主義のギャング、またはその他の既知の過激派組織。「法廷文書で何度も引用されている圧倒的な行動の理由は、逮捕者がトランプの命令に従って、議会がジョー・バイデンを大統領選挙の勝者として認定しないようにしたことでした。」彼らは以前の極右の暴力的なデモの参加者よりも年上であり、雇用される可能性が高く、40%が事業主でした。研究者たちは、これらの「中年、中流階級の反乱軍」は「アメリカの政治における新しい力-単に右翼組織の混合だけでなく、暴力を中核とし、さらに力を引き出すより広範な大衆政治運動を表す」と結論付けました。トランプ支持者が少数派である場所から。」[315]

アソシエイテッドプレスは、ストーム後の120人以上の参加者の公開およびオンライン記録を検討し、それらの多くがソーシャルメディアで2020年の大統領選挙に関する陰謀論を共有し、他のQAnonおよび「ディープステート」陰謀論も信じていたことを発見しました。さらに、暴風雨の前に数人が民主党と共和党の政治家を脅迫していた。[300]このイベントは「非常にオンライン」と表現され、「プロトランプのインターネットパーソナリティ」とファンが自撮り写真を撮りながらライブ映像をストリーミングしました。[316] [317]

議会が避難した直後の議事堂の外の暴動者

一部の軍人が暴動に参加した。[300]国防総省は、暴動に関与した可能性のある現役および予備任務のメンバーを調査している。[318] [319]攻撃に関連して起訴された被告のほぼ20%および一般に参加者の約12%が軍隊に勤務したと報告された。[320] [321]ジョージ・ワシントン大学戦闘テロセンターからの報告によると、「どちらかといえば ...実際には、1月6日の攻撃者の中に退役軍人のごくわずかな過小評価がある」。[321]複数の州の警察官と警察署長が暴動に関与した疑いで捜査中です。[322] 1月25日の時点で、少なくとも39人の法執行官が、トランプの暴動前の集会に参加したか、国会議事堂の暴動に参加したか、またはその両方の疑いがある。[323] 2人の議会議事堂の警官が停職処分を受けた。1人はMakeAmericaGreat Againの帽子をかぶって建物内で暴動を指揮し、もう1人は暴動で自撮りした。[324] [325]

反ワクチン活動家と陰謀論者も集会に出席した。[326]創設者のシモン・ゴールドとそのコミュニケーションディレクターを含む、右翼のティーパーティー愛国者が支援するグループアメリカズフロントラインドクターズのメンバーが逮捕された。[327] [328]

州議会議員

少なくとも19人の共和党の現および元州議会議員がこのイベントに出席した。[l]すべてが暴力行為への参加を拒否した。[329]

ウェストバージニア州の代表デリックエヴァンスは、暴動と一緒に国会議事堂に入る自分を撮影しました。1月 8日、彼は連邦当局から立ち入り禁止区域に入ったとして起訴された。[330]彼は翌日下院を辞任した。[331] アマンダ・チェイスは、イベントを取り巻く彼女の行動についてバージニア州上院から非難された。[332]それに応じて、彼女はその団体に対して連邦訴訟を起こした。[333]暴動から数か月後の2021年5月、クラウドソーシングビデオ分析により、ダグ・マストリアーノと彼の妻が、彼の以前の主張と矛盾して、違反した国会議事堂警察のバリケードを通過していることが確認されました。マストリアーノはこれらの告発を「支配階級の歩兵」である「怒ったパルチザン」の仕事として却下した。[334]

元アメリカ合衆国代表のダナローラバッカーCA-48)は、1月6日に国会議事堂警察のバリケードを突破した群衆に加わって撮影されました。Rohrabacherは犯罪で起訴されていません。[335]

トランプの行動

建物が破壊されてから2時間後の紛争中のドナルド・トランプの声明

トランプは攻撃の時にホワイトハウスのウエストウイングにいました。[336]彼の支持者が国会議事堂を破ったとき、彼は「最初は喜んで」、執り成しを拒否した。[337]スタッフは、トランプが「一日中話すことが不可能だった」と報告した。[338]トランプが彼の行動を通じて反逆罪を犯した可能性があることを懸念して、ホワイトハウス顧問の パット・チポロンは、トランプとの接触を避け、1918年の治安法に基づく起訴責任を制限するために攻撃をさらに扇動する可能性のある違法な命令を無視するよう行政当局に助言したと伝えられている。 。[339]

ESTの午後2時過ぎ、暴動が続いていたため、上院議員が退去した後、トランプは共和党の上院議員(最初はユタ州のマイクリー、次にアラバマ州のトミータベルヴィル)に電話をかけ、選挙を覆そうとする選挙投票。[273]午後2時47分、彼の支持者が国会議事堂で警察と激しく衝突したとき、トランプはツイートしました。[340] ワシントンポスト紙は後に、トランプが「平和を維持する」という言葉を含めたくないと報告した。[341]ペンスは2時13分ごろ上院室からシークレットサービスによって避難させられた。[273][342]

暴動の間、参謀長のマーク・メドウズはドナルド・トランプ・ジュニアからメッセージを受け取り、フォックス・ニュースのホストであるショーン・ハニティー、ローラ・イングラハムブライアン・キルミードは、トランプに彼の評判を危険にさらして騒乱を非難するように促した。[343] 3:10までに、暴動に巻き込まれた支持者を非難する圧力がトランプに高まっていた。トランプ氏は3時25分までに、「米国議会議事堂のすべての人に平和を維持するよう求めています。暴力はありません。私たちは法と秩序の党であり、法と青の偉大な男性と女性を尊重します」とツイートしました。彼は群衆に解散を求めることを拒否した。[340]3:40までに、いくつかの議会共和党員はトランプに、より具体的に暴力を非難し、彼の支持者に国会議事堂の占領を終わらせるように命じるよう求めた。[344] [345]

午後3時50分までに、ホワイトハウス報道官のケイリー・マケニーは、州兵と「その他の連邦防護局」が配備されたと述べた。[340]全国テレビの午後4時6分、バイデン大統領はトランプ大統領に暴動を終わらせるよう求めた。午後4時22分、トランプはソーシャルメディアでビデオメッセージを発行し、Twitter、Facebook、YouTubeは後で削除しました。その中で、彼は不正選挙の主張を繰り返し、支持者を称賛し、彼らに「家に帰る」ように言いました。[61] [340]午後6時25分、トランプはツイートしました。「これらは、長い間ひどく不当に扱われてきた偉大な愛国者から、神聖な地すべり選挙の勝利が非常に無礼にそして悪意を持って剥奪されたときに起こることです」そして電話をかけました:「愛を込めて、そして平和に家に帰りなさい。この日を永遠に忘れないでください!」[62] [340] [346] 7:00に、ルディ・ジュリアーニはリーの番号に2回目の電話をかけ、タベルヴィルに宛てたボイスメールを残しました。それを遅く"。[273]

2022年1月3日のCNNニュースのレポートによると、1月6日の攻撃に関する米国ハウスセレクト委員会は、トランプが展開しているときに攻撃を止めるために何もしなかったことを知りました。委員会のリーダーであるベニー・トンプソンとリズ・チェイニーは、介入を求められたにもかかわらず、彼が介入しなかったことを「職務怠慢」と見なしました。[347]

議会の行動

暴動の間、ローレン・ボーベルト下院議員(R-CO)は、ペロシ議長が部屋から連れ出されたという事実を含め、警察の対応とメンバーの場所に関する情報をツイッターに投稿しました。メンバー。[348] [349]ボーベルトは、ペロシの解任もテレビで放送されたため、個人情報を共有していないと回答した。[294]

アヤンナ・プレスリー下院議員(D-MA)は、「そもそも暴徒を扇動した」他のメンバーを恐れて、議会のセーフルームを去った。[294]

人々がお互いの腕の長さの範囲内に座っている窮屈で窓のない部屋である「セーフルーム」に何時間も避難している間、一部の共和党議員は、民主党の同僚がそうするように頼んだとしても、フェイスマスクの着用を拒否しました。翌週、3人の民主党員が環境衛生の専門家が「スーパースプレッダー」イベントと表現したものでCOVID-19の陽性反応を示しました。[350]

法執行機関と州兵の対応

国会議事堂警察は暴動や攻撃を計画していませんでした。[148]国会議事堂の建築家下院守衛官、および上院守衛官で構成される国会議事堂警察委員会は、国会議事堂に国家警備隊を要請する権限を持っているが、1月3日にそうしないことを決定した。 。[351] 1月6日、「指導部からの命令」の下で、それは刺し手榴弾のような「より致命的でない」武器なしで配備された午後12時49分、国会議事堂の警察は国会議事堂近くの2つの爆弾に対応しました。[352] 数分後、暴動者は国会議事堂の建物の西側の警察の境界線を突破した。2:12までに 午後、暴動者が国会議事堂の建物を突破した。[353]その後、国会議事堂とDC警察は議会を保護し秩序を回復するために戦ったが、国防総省の個人は州兵を配備するために3時間以上待った。[354]

 国会議事堂の警察署長サンドは、最初に午後1時49分にDC National Guard(DCNG)に支援を要請しました。[355] [356]午後2時22 DC当局者はまた、国防総省の指導者との電話会議で州兵の配備を要求した。[355] DoDが即時支援の送信を拒否した後、DC市長バウザーはバージニア州の公安長官であるブライアンモランに連絡し、バージニア州警察を直ちに地区に派遣した。[357]午後2時49 分、バージニア州知事は、バージニア州兵を含むすべての利用可能な資産を活性化して、米国議会議事堂を支援した。法的な展開に必要な国防総省からの承認は付与されませんでした。[357] [358] 3:10までに 午後、バージニア州フェアファックス郡の警察が地区に派遣され[359]  、午後3時15分に到着し始めた。[357]

バージニア州からの資産が地区に入った後、午後4時17分に、支持者に「家に帰る」ことを求めるドナルド・トランプ のビデオが公開されました。[360]国防長官はその後、州兵の配備を承認した。[361]午後4時24分までに、12人の武装したFBI戦術チームが国会議事堂に到着した。[362] 5:02に、DCNGの約150人の兵士がDCアーモリーを出発した。派遣団は国会議事堂に到着し、5時40分に支援活動を開始しました。午後6時14分までに、米国議会議事堂警察、DCメトロポリタン警察、およびDCNGは、米国議会議事堂の西側に境界線を確立することに成功しました。8:00に  午後、米国議会議事堂警察は国会議事堂の建物が安全であると宣言しました。[355]

結果

死傷者

35歳の空軍のベテランであるアシュリーバビットは、バリケードのドアの粉々になった窓に登ろうとしたときに、マイケルリロイバード中尉によって胸の上部で致命的に撃たれました。[363]これはすぐに正当殺人の判決を受けた彼女が撃たれて殺されたとき、バビットは武装していなかった。[282] [364] [365]

42歳の対応する国会議事堂警察官のブライアン・シックニックは、暴動の最中に唐辛子スプレーをかけられ、翌日2回の血栓塞栓性脳卒中を患い[366] [367] 、その後、彼は生命維持[8]に置かれ、すぐに死亡しました。[368] [369] DCの主任検死官は、彼が脳卒中で死亡したことを発見し、彼の死を自然死と分類し[370]、「発生したすべてが彼の状態に影響を及ぼした」とコメントした。[371] [372]

ロザンヌ・ボイランド(34歳)は、最初に報告されたように、彼女の崩壊後に他の暴動者に踏みにじられたためではなく、暴動中にアンフェタミンの過剰摂取で死亡した[373 ] [19]ボイランドの母親、シェリル・ボイランドはNBCニュースに、「彼女は薬を飲んでいなかった。彼らが見つけたのは彼女自身の処方薬だけだった」と語った。[374]

ケビン・グリーソン(55歳)とベンジャミン・フィリップス(50歳)は、冠状動脈性心臓病高血圧性心疾患で自然死しました。[19]

一部の暴動者[m]と138人の警察官(73人の議会議事堂警察と65人の警視庁)が負傷し[21]、そのうち15人が入院し、一部は重傷を負った。[22]すべてが1月11日までに病院から解放された。[376]

自殺

国会議事堂警察の士気は暴動の後で急落した。[377]部門は、役員が自分自身に危害を加えると脅したいくつかの事件に対応した[377]攻撃に対応したさまざまな警察署の4人の警官が、その後の数日と数か月で自殺した。[378]国会議事堂の警察官ハワード・チャールズ・リーベングッドは、攻撃の3日後に自殺した[379]。攻撃で負傷した警官のジェフリー・スミスは、誤診された会話の後、1月15日にジョージワシントンメモリアルパークウェイで頭に銃弾を負わせて自殺した。DC スミスの未亡人に雇われた主任検死官は、「スミス将校の死を引き起こした急性の沈殿物は、彼が2021年1月6日に受けた外傷性の出来事への職業的暴露であった」と報告した。[380] [81]スミスの未亡人はその後、彼の容疑者2人を、バールまたは重い杖で外傷性脳損傷を引き起こし、彼の死に至ったと主張して訴えた。[381]攻撃の直後に、下院議員および報道機関の一部の議員は、報告された死傷者の数にこれら2人の自殺を含め、合計7人が死亡した。[382]7月、攻撃に対応した法執行機関の2人のメンバーが自殺で死亡した。7月10日に警視庁のKyle Hendrik DeFreytagが発見され、7月29日に警視庁のGuntherPaulHashidaが発見された

2021年8月5日、リーベングッドとスミスは、ブライアンシックニックとビリーエバンスとともに、議会の金メダルを国会議事堂警察と他の1月6日の応答者に授与する法案の調印式で死後名誉を与えられました。彼らの名前は法案の本文に記載されており、バイデンは彼らの死について述べた。[384] [385]

ダメージ

国会議事堂の破損した窓

暴動はナンシーペロシの事務所を襲撃し、テーブルをひっくり返し、壁から写真をはぎ取った。[296] [297]上院議員の事務所が略奪された。[271]芸術は略奪された。[6]そして糞便はいくつかの廊下に追跡された。[24] [386]窓は建物全体に押しつぶされ、床にはガラスやがれきが散らばっていた。[6] [387]暴動者が家具を損傷、ひっくり返し、または盗んだ。[387] 1つのドアに「MURDERTHEMEDIA」が走り書きされていた。[388]暴動は記者を追い払った後、国会議事堂の外でAP通信の録音および放送機器を損傷した。[389]暴動者はまた、下院議員で公民権の指導者であるジョン・ルイスの生涯を称える展示を破壊した[390] [391]真夜中がウイルスに感染した後、ロタンダのゴミを片付けているアンディ・キム議員(D– NJ )の写真。[392]

暴動は甚大な物理的被害を引き起こした。[6] [24] 国会議事堂の維持とその芸術と建築の保存を担当する事務所を率いる国会議事堂の建築家、 J。ブレットブラントンは、2021年2月下旬からの議会の証言で、損傷の修理と事後の費用の合計を報告した。攻撃のセキュリティ対策(一時的な境界フェンシングの構築など)は、すでに3,000 万ドルを超えており、今後も増加し続けるでしょう。[26] 2021年5月、米国の検察官は、被害額は約150万ドルになると見積もっていた。[393]暴動による内部の被害には、ガラスの破片、ドアの破片、落書きなどがあった。; 複合施設全体、床、壁に塗られた排便。一部の彫像、絵画、家具は、暴動や警察によって配備された唐辛子スプレー、催涙ガス、消火剤によって損傷を受けました。[23] [26]

歴史的なブロンズのコロンバスドアが破損しました。[26] [394]ジョン・クインシー・アダムスジェームズ・マディソンの肖像画、トーマス・ジェファーソン大理石像などのアイテムは、「腐食性ガス剤の残留物」で覆われていました。これらは、評価と復元のためにスミソニアンに送られました。[395]ザカリー・テイラー大統領の19世紀の大理石の胸像は、血のように見えるもので汚されたが、ジョン・トランブルの絵画など、国会議事堂のコレクションで最も重要な作品は無傷であった。[23] [387]国会議事堂の外観では、フレデリック・ロー・オルムステッドによって設計された2つの19世紀の青銅製の照明器具が損傷していました。[23]国会議事堂には損失に対する保険がないため、納税者は包囲によって与えられた損害に対して支払いをします。[388]ウィスコンシン州で林産物研究所によって100年以上保管されていた、希少な原生林のマホガニー材が、国会議事堂の損傷した木材備品やドアの代わりに使用されました。[396] [397]

ノートパソコンの盗難とサイバーセキュリティの懸念

ジェフ・マークリー上院議員(D- OR )が所有するラップトップが盗まれました。[398] ペロシの副首席補佐官によると、ペロシ議長のオフィスから持ち出されたラップトップは「会議室のラップトップ...プレゼンテーションにのみ使用された」とのことです。[399]ルーベン・ガジェゴ下院議員(D– AZ )は、「バグやリスニングデバイスに関して、取られたもの、コピーされたもの、さらには取り残されたものを完全にレビューする必要がある」と述べた[136]軍事ニュースのウェブサイトSOFREPは、「いくつかの」秘密レベルのラップトップが盗まれたと報告しました。そのうちのいくつかは、 SIPRNetにログインしている間に放棄されました。 、当局は1月7日にセキュリティ更新のためにSIPRNetを一時的にシャットダウンし、米国陸軍特殊作戦コマンドが1月8日にSIPRNetに接続されたすべてのコンピューターを再承認するように導きました。 [400] [401]

アンナ・エシュー下院議員(D– CA)は声明の中で、「ソーシャルメディアや自警団の報道機関が議会のコンピューターにアクセスするのは心配だ」と述べ、彼女は下院の最高総務責任者(CAO)に「何が起こったかに基づいた脅威の完全な評価」。[402] CAOは、「必要に応じてハウスオフィスにサポートとガイダンスを提供している」と述べた。[399]

22歳の国会議事堂の暴徒、ライリーウィリアムズが逮捕され、政府の財産​​の盗難、公的手続きの妨害、警察への暴行または抵抗を含む8件の罪で起訴されました。起訴状は、ペロシのオフィスからヒューレットパッカードのラップトップコンピューターを盗み、その後それを販売または処分し、ソーシャルメディアでペロシの「ハードドライブ」を奪ったことを自慢したとして彼女を起訴した。[403] [404] [405]ラップトップは回復されていません。[405]ペロシの事務所は、コンピューターはプレゼンテーションにのみ使用されたと述べた。[403] [405]警察を裏切ったウィリアムズのボーイフレンドは、盗まれたラップトップをロシアの諜報機関に売るためにロシアの友人に送るつもりだったと言った。[403] [405]ウィリアムズは、起訴に対して無罪を認めた。[404]

他の場所でのイベント

州議会議事堂と都市

1月6日のテキサス州議会議事堂でのトランプ支持者と警察 
1月6日、多くの州が州議会議事堂や街頭 でデモや武装抗議を経験し、数十人から数百人の参加者がありました。ワシントンDCでの事件に対応して、州議会議事堂の閉鎖やメンバーとスタッフの避難などの予防措置がいくつかの州で講じられた[406] [407]一部の州では、事件は事件または特定の安全上の懸念によって特徴づけられた。 。

就任前の週に再び州議会議事堂で抗議が行われた[408]

国際的

国際的には、「盗まれた」選挙に関するトランプの主張は、陰謀論者やフリンジグループの中に少数の聴衆を見つけました。[409]カナダでは、1月6日にカルガリー、トロント、バンクーバーで小さな親トランプ集会があった。[410]バンクーバーの集会で、デモンストレーターがCBC フォトジャーナリストのベンネルムスを襲撃した。[411]日本では、東京の数百人がワシントンDCでの集会の数時間前にトランプを支持して集結した。何人かの人々は、日本の帝国主義との関連のために東アジアで物議を醸しているシンボルである米国旗と旭日旗を持っていました。東京での集会は幸福の科学カルトとして説明されている新しい宗教運動[409]ニュージーランドでは、国会議事堂の攻撃から1週間後、約100人の参加者がウェリントンのニュージーランド議会の外で「自由集会」に参加「フリーダムラリー」は陰謀論者でニュージーランドの公党のリーダーであるビリーテカヒカによって組織され、トランプ支持の旗と旗を持った数人の参加者を呼び物にしました。[412] [413]

余波

政治的、法的、社会的影響

1月12日の宣誓中に撮影された、国会議事堂内に配備されたニュージャージー国防軍
ジェイコブ・アンソニー・チャンズリーの起訴(ジェイク・アンジェリ; QAnon Shaman)

攻撃の後には、さまざまな政治的、法的、社会的影響がありました。彼の行為のために暴動の扇動で起訴されたドナルド・トランプ2回目の弾劾は、1月13日に発生しました。同時に、内閣当局は、トランプを解任するための第25修正案を発動するよう圧力をかけられました。[414]その後、トランプは上院の裁判で無罪となった。この裁判は、トランプがすでに辞任した後、2月に行われた。その結果、有罪判決に賛成する57〜43票が得られ、すべての民主党員と7人の共和党員が有罪判決を下しましたが、上院の3分の2(67票)が有罪判決を下す必要がありました。[415]トランプ政権の多くは辞任した。いくつかの大企業[416]は、すべての政治献金を停止すると発表し、他の企業は、選挙人団の結果の証明に反対した議員への資金提供を停止しました[417]同時多発テロを取り巻く事件を調査するために、 9.11委員会と同様の独立委員会を形成する法案が導入された。それは下院を通過したが、上院で共和党員によって阻止された。[418]その後、ハウスは攻撃を調査するためにハウスの「選択委員会」を承認した。[419]6月、上院は暴動に関する独自の調査結果を発表しました。この事件は、法執行機関に対する強い批判につながりました合衆国議会議事堂警察の主要人物は辞任した。[420] [421]

規模な犯罪捜査が行われ、FBIは400以上の事件ファイルを開いた。[422]連邦法執行機関は、加害者の全国的な捜査を行い、数日以内に逮捕と起訴が行われた。615人以上が連邦犯罪で起訴されました。[423]

国会議事堂の襲撃を扇動することに関与したことにより、トランプは最初は一時的に、次に無期限に、さまざまなソーシャルメディアサイトから停止されました。選挙を覆そうとする試みに賛成するトランプ支持者によるさまざまな投稿に応えて、ソーシャルネットワーキングサイトのパーラーはそのサービスプロバイダーによって閉鎖されました。参加グループに関連する他のアカウントやプログラムの企業停止も行われました。[424] [425] [426]

就任週は、全国的な安全保障上の懸念によって特徴づけられましたジョー・バイデンの就任式のための前例のないセキュリティ準備が行われ、25,000人の州兵の配備が含まれていました。5月、下院は攻撃に応じて19億ドルの国会議事堂のセキュリティ法案を可決しました。[427]

国会議事堂への攻撃後の数日間、少なくとも3つの州の共和党の政治家は、抗議活動に対する新たな禁止を作成する法律を導入しました。[428]

刑事責任

暫定米国弁護士マイケル・R・シャーウィンが国会議事堂での事件に関連した刑事告発に関する記者会見を開催

2月1日までに、39の州およびDCからの228人が連邦および/またはDCの犯罪で起訴されました。[429] 4月23日までに、439人が起訴された。[430] 9月初旬までに、600人を超える連邦被告がおり、その10%が有罪を宣告し[431]、さらに数百人の逮捕が来ると予想されていた。[432] 10月13日までに、630人を超える連邦被告と100人の有罪判決があり、BuzzFeedは司法取引の検索可能な表を公開した。[433]攻撃からちょうど1年後の2022年1月6日、725人以上が関与の罪で起訴された。2022年3月の時点で、778は攻撃に関連してすでに起訴されています。[434]

BuzzFeedによると、ほとんどの被告は「国会議事堂でのデモと無秩序な行動に対する2つのクラスB軽罪カウント、および制限された建物と破壊的な活動にあることによる2つのクラスA軽罪カウント」に直面しているため、ほとんどの司法取引はこれらの軽罪に対処します。一部の被告はさらに重罪で起訴された。[435]これまでに有罪判決を受けた者の懲役中央値は45日であり、暴力を振るった者はより長い投獄期間に直面している。その他の罰には、自宅軟禁、罰金、保護観察、および社会奉仕が含まれます。[434] 2022年1月13日、創設者のスチュワート・ローズを含むオース・キーパーズの10人のメンバーが逮捕され、扇動的な陰謀で起訴された。[71]

国内の反応

 攻撃の余波で、議会、彼の政権のメンバー、およびメディアから広範囲にわたる非難を引き出した後、トランプは彼のスタッフの辞任と弾劾または解任の脅威を止めるために1月7日にビデオテープの声明を発表しました。声明の中で、彼は国会議事堂での暴力を非難し、譲歩と広く見なされていた「新政権が発足する」と述べ、「今や焦点は、スムーズで秩序あるシームレスな政権交代の確保に向けられている」と述べた。バイデン政権に。[436] [437] バニティフェアトランプはリンゼー・グラハム上院議員(R-SC)の発言を少なくとも部分的に確信しており、彼が認めない限り、十分な数の上院共和党員が彼の解任を支持すると述べたと報告した。[438]ホワイトハウス報道官のケイリー・マケニーは、その日の早い時間にテレビで放映された声明の中で、暴動者の行動から政権を遠ざけようとした。[439] 1月9日、ニューヨークタイムズ紙は、トランプがホワイトハウスの補佐官に、政権交代を約束したことを後悔し、決して辞任しないと言ったと報じた。[440]FoxNews3月25日のインタビューで、トランプは、彼らが「脅威ゼロ」を提起した愛国者であると言って国会議事堂の攻撃者を擁護し、彼は暴動を「迫害」したとして法執行機関を批判した。[441]

統合参謀本部は1月12日、攻撃を非難し、バイデンが彼らの司令官になろうとしていることを世界中の軍関係者に思い出させる声明を発表し た。暴力、扇動、暴動に訴える権利。」[442]声明はまた、「私たちが歴史を通して行ってきたように、米軍は文民指導部からの合法的な命令に従い、文民当局が生命と財産を保護し、法律に従って公共の安全を確保し、完全にコミットし続けることを支援する」と述べた。国内外のすべての敵から合衆国憲法を保護し、守ることへ。」[443] [444] ミッチ・マコーネル当時上院多数党指導者だったR–KY)は、それを「反乱の失敗」と呼び[445] [446]、「暴徒は嘘をついた」、「大統領や他の強力な人々によって挑発された」と述べた。[447] 2017年以来連邦捜査局(FBI)の局長であるクリストファー・レイは、後に事件を国内テロリズムとして特徴づけた。[448] [449]暴動を「アメリカ国民の意志を覆すこと」を目的とした「テロリスト」と表現したバイデン大統領は、後にこの意見を共有した。[450]

下院議長のナンシー・ペロシは、シックニックに敬意を表して、国会議事堂の旗を半旗に下げました[451] [452]トランプは当初、ホワイトハウスまたは彼の管理下にある他の連邦ビルで旗を下げることを拒否したが、4日後に気が変わった。[453] [454] [455]バイデン、マイク・ペンス、ペロシはシックニックの家族に哀悼の意を表した。トランプはしませんでした。[451] [456]シックニックの死後、テッド・クルーズ上院議員(R-TX)は、暴力の呼びかけとして認識されていた以前の演説に対して反発を受けた。[457]

1月12〜20日にヒューストン大学の ホビースクールオブパブリックアフェアーズが行った調査によると、テキサス共和党員のほぼ3分の1(32%)が攻撃を支持しましたが、意見を表明した人の全体の83%が反対しました。[458]攻撃直後のアメリカ人の世論調査では、調査対象者の79%がアメリカが「崩壊している」と述べた。[459] [460] 2022年2月、共和党全国委員会は1月6日の出来事を「正当な政治的言説」と呼んだ。[461]

国際的な反応

70を超える国と国際機関が攻撃に対する懸念を表明し、暴力を非難しました。一部の組織は、攻撃を扇動する上でのドナルド・トランプ大統領自身の役割を特に非難しました。[462] [463]外国の指導者、外交官、政治家、および機関は、事件に対する衝撃、怒り、および非難を表明した。[464] [465]複数の世界の指導者が平和を呼びかけ、暴動を「民主主義への攻撃」と表現した。[466]ブラジルポーランドハンガリーを含むいくつかの国の指導者は、状況を非難することを拒否し、それを米国内の事件として説明した。[467]

米国外の いくつかのNATO諜報機関も、連邦法執行当局の支援を受けた可能性のあるトランプ大統領によるクーデター未遂であると政府に説明した。[468]

分析と用語

攻撃の1週間後、ジャーナリストはイベントを説明する適切な単語を探していました。[469] AP通信によると、米国のメディアは1月6日の展開を「集会または抗議」と最初に説明したが、その日の出来事がエスカレートし、さらなる報道と画像が出現したため、説明は「暴行、暴動、暴動、国内テロ、さらにはクーデターの試み」。[470]マスコミが「暴動」と「暴動」という用語に落ち着いていることが、さまざまに観察された。[470] [471] NPRによると、「定義上、「反乱」とその派生語である「反乱」は正確です。「暴動」と「暴動」は等しく正しいです。これらの単語は互換性がありませんが、1月6日を説明するときにすべて適しています。」[472]ブリタニカ百科事典によれば、「攻撃は反乱またはクーデターの企てと広く見なされていた」。[473] ニューヨークタイムズは、この事件を「本格的な憲法上の危機から数時間離れた」米国にもたらしたと評価した。[474]

米国海軍戦争大学のノーニハル・シン、および「押収権:軍事クーデターの戦略的論理」の著者は、国会議事堂への攻撃は「暴動、政府に対する暴力的な蜂起」および「扇動」であったが、クーデターではなかったと書いた。トランプは軍に「彼に代わって権力を掌握する」よう命じなかった。[475] [476]イリノイ大学の高度な社会研究のためのクラインセンターのクーデタープロジェクトは、クーデターとクーデターの試みを世界的に追跡し、攻撃を「試みられた反対派のクーデター」として分類しました。これは、「元軍の指導者、宗教指導者、元政府の指導者、立法府/議会の議員、および民間人[警察や軍隊は除く]」。クラインセンターは、議会を追放することによる「大統領の移行に介入する組織的で違法な試み」がこの定義を満たしていると述べた。[477] [478]一部の政治学者は、この攻撃を自己クーデターの試みとして特定し、政府の長は政府の他の支部を強力に武装させて権力を定着させようとしている。トランプの国家安全保障会議の元メンバーである、は、攻撃と、それまでの数か月間のトランプの行動を、自己クーデターの試みとして説明しました。[480]

FBIはこの攻撃を国内テロリズムとして分類し[481] [482]議会調査局もこの攻撃は連邦政府の国内テロリズムの定義を満たしているようだと結論付けました。[483] [484]共和党上院議員のテッド・クルーズは、 1月6日の超党派委員会の調査を阻止した上院共和党員の一人であったが、翌年に少なくとも18回はテロと見なした。[485] [486]

英語版ウィキペディアで は、イベントを説明するためにどの用語を使用すべきかについて、サイトのボランティア編集者の間でいくつかの論争がありました。[487] [488]

歴史家の視点

19世紀と20世紀に国会議事堂で他の暴力事件が発生しましたが、この事件は1812年の米英戦争中にイギリス軍がワシントンを焼き討ちして以来最も深刻な建物への暴行でした副大統領の人生の最後の試みは、 1915年7月のトーマス・マーシャルに対する爆弾計画でした。 [489]米国史上初めて、連邦軍の戦闘旗が国会議事堂内に掲げられました。南北戦争南軍は国会議事堂に到着したことはなく、スティーブンス砦の戦いで国会議事堂から6マイル(10 km)以内に近づいたこともありませんでした[490] [n]

UCデイビス法の教授で法史学者のカールトンFWラーソンは、憲法のフレーマーはこの事件を反逆行為として非難しただろうと書いたが、暴徒の襲撃に参加した人々は1851年の判例によって反逆罪から守られていたようだ。[493]

ライス大学歴史家であるダグラスブリンクリー[494]は、1月6日がアメリカの歴史の中でどのように記憶されるかについて次のように述べています。時間が経つにつれて、その壁の一部が失われるだろうと日付を記入してください。」彼はまた、攻撃中のトランプの責任について次のように書いています。知っている、それが続くことを可能にする。」[495]

も参照してください

ノート

  1. ^ 攻撃は一般に、国会議事堂の暴動国会議事堂の反乱 1月6日、または1/6と呼ばれます。
  2. ^ これらは、暴力的な言葉や画像を検閲するための禁止を実施していたReddit YouTube 、Twitterなどのより大きなソーシャルメディアプラットフォームとは異なりまた、主流のソーシャルメディアプラットフォームで1月6日に言及する暴力の呼びかけもありましたが、そこにある投稿の大部分はこの点に関して明確ではありませんでした。[96] 
  3. ^ Redditフォーラムr/The_Donaldの後継
  4. ^ オンラインビデオプラットフォームOdyseeDLive、画像掲示板Webサイト8chan、ソーシャルネットワーキングサービスMeWe Minds and Wimkin、Humor WebサイトIFunny、CommunicationsappDiscordなどの他のオルトテックWebサイトやアプリでも暴力の呼びかけがありました。[96] [97]
  5. ^ 初期の報告とは反対。[149]
  6. ^ 管轄区域では、MPDはナショナルモールと国会議事堂エリアの街路を担当し、公園警察は楕円(その日のトランプのスピーチと集会の場所)を担当し、シークレットサービスはホワイトハウスの近くを担当します、および国会議事堂警察は国会議事堂の複合体自体に責任があります。[152]
  7. ^ 1週間後、彼は引退しました。[201]
  8. ^ デモ隊が建物に入る前に、活動家のジェイク・アンジェリは、「米国が生まれ変わるのを許してくれてありがとう。私たちはあなたを愛し、あなたに感謝します。キリストの聖なる名において、私たちは祈ります。" 祈りの最中、出席者の多くは帽子を脱ぎ、彼が終わったときに「アーメン」と叫んだ。[301]
  9. ^ 国会議事堂を襲撃したオース・キーパーズ民兵のメンバーに対して連邦検察官が提起した裁判所の告発は、民兵が避難した際に議員の場所に関するFacebookメッセージを介して更新されたことを示し、次のような通信を中継しました。私たちは一緒に固執し、計画に固執しています」と「すべてのメンバーは首都の下のトンネルにいます[原文のまま]彼らを封印します。ガスをオンにします。」[72] [304] [305]
  10. ^ The group is more radical than other patriot movement groups who attended the rally. "NSC members consider themselves soldiers fighting a war against a hostile, Jewish-controlled system that is deliberately plotting the extinction of the white race." states the ADL.[309]
  11. ^ 目撃者は、キューバ、ルーマニア、インド、イスラエル、ベトナム、オーストラリア、日本、イラン、ジョージア、韓国、トンガ、メキシコ、カナダ、および米国の国旗を見たと報告しました(逆さまのバージョンを含む)。アメリカ海兵隊旗; 「ケキスタン」の架空の国の旗「クラーケンを解放する」、憲法修正第2条、アメリカの最初の旗などのトランプキャンペーンの松の木、IIIパーセンターおよびVDAREフラグ。南軍、ガズデン、州、国、ゲイプライドの旗の変更されたバージョン。ベッツィーロス旗、アイルランド旅団旗などの古いアメリカと陸軍の旗も同様です。[314]
  12. ^ これらには、ウェストバージニア州上院議員マイクアジンガー、ネバダ州議会議員アニーブラック、バージニア州上院議員アマンダチェイス、メリーランド州下院議員ダニエルL.コックス、アラスカ州下院議員デビッドイーストマン、ウェストバージニア州下院議員デリックエバンス、コロラド州下院議員ロンハンクス、ミズーリが州議会議員ジャスティンヒル、アリゾナ州議会議員マークフィンチェム、バージニア州議会議員デイブラロック、バージニア州議会議員ジョンマクガイア、ミシガン州議会議員マットマドック、ペンシルベニア州上院議員ダグ・マストリアーノ、イリノイ州下院議員クリス・ミラー、ロードアイランド州下院議員ジャスティン・K・プライステリー・リン・ウィーバー、ジョージア州下院議員ヴァーノン・ジョーンズ(集会で彼が共和党に加わった)、退任するアリゾナ州下院議員アンソニー・カーン、および元ペンシルベニア州下院議員リック・サッコーン
  13. ^ 負傷した暴動の散発的な事例のみが公に記録されています。[375]このグループの一般的な負傷(総数など)はそうではありません。
  14. ^ しかし、1894年から2020年まで、ミシシッピ州旗はそのデザインに南軍の戦闘旗を含み、国会議事堂の建物に展示されていました。[491]
    旗は、デラウェア州の自宅からトランプが話すのを聞くために旅行したケビン・シーフリードによる攻撃中に運ばれ、彼が表示した旗を家の外に持ってきました。シーフリードと彼の息子は、彼らが国会議事堂にアクセスするために壊れた窓を片付けるのを手伝いましたが、両方とも大陪審によって起訴されました。[492]

参考文献

  1. ^ 「写真で:1月6日の議会議事堂の暴動の時間ごとの記録-アクシオス」2022年1月6日。
  2. ^ a b c バリー、ダン; マッキンタイア、マイク; ローゼンバーグ、マシュー(2021年1月9日)。「」「私たちの大統領は私たちをここに望んでいます」:国会議事堂を襲った暴徒」ニューヨークタイムズ2021年1月9日のオリジナルからアーカイブ。2021年110日取得
  3. ^ a b c リーブス、ジェイ; マスカロ、リサ; ウッドワード、カルバン(2021年1月11日)。「国会議事堂は最初に現れたよりももっと不吉な攻撃をします」AP通信2021年1月12日にオリジナルからアーカイブされました2021年1月12日取得
  4. ^ ルーク、ティモシーW(2021年2月21日)。「米国での2020年の総選挙後の脅威にさらされている民主主義:「盗みをやめなさい」または「主任のグリフターにもっと与える?」"教育哲学と理論1–8。doi10.1080 / 00131857.2021.1889327トランプ大統領は、数千人の支持者に国会議事堂で行進するように促し、「盗みを止めるために」。 、そしてトランプの支持者たちが下院の部屋を汚し、国会議事堂の建物自体を破壊し、悲劇的な結果に対処するために国を去るという悲しい光景
  5. ^ 複数のソース:
  6. ^ a b c d e f g h i j k Paybarah, Azi; Lewis, Brent (January 7, 2021). "Stunning Images as a Mob Storms the U.S. Capitol". The New York Times. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  7. ^ a b Lakritz, Talia (January 6, 2021). "Shocking photos show pro-Trump rioters in the Capitol stealing memorabilia and breaking into the desks of lawmakers". Yahoo News. Retrieved January 8, 2021.
  8. ^ a b Benner, Katie; Levenson, Michael (January 8, 2021). "A Capitol Police officer who was seriously injured Wednesday remains on life support". The New York Times. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  9. ^ a b Multiple sources:
  10. ^ Savage, Charlie; Goldman, Adam; MacFarquhar, Neil (January 20, 2021). "'This Kettle Is Set to Boil': New Evidence Points to Riot Conspiracy". The New York Times. Archived from the original on January 21, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  11. ^ a b Carless, Will (January 4, 2021). "Nation's capital braces for violence as extremist groups converge to protest Trump's election loss". USA Today. Archived from the original on January 5, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  12. ^ Lee, ArLuther (January 15, 2021). "Evidence suggests Pence was in grave danger during Capitol riot". The Atlanta Journal-Constitution. Archived from the original on January 18, 2021. Retrieved January 16, 2021.
  13. ^ Feuer, Alan (June 2, 2021). "A second man pleads guilty to a charge stemming from the Jan. 6 riot at the Capitol". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved June 5, 2021.
  14. ^ Woodward, Alex (January 7, 2021). "What happened in Washington DC yesterday? A timeline of insurrection". The Independent. Retrieved January 8, 2021.
  15. ^ WABC (January 10, 2021). "Rep Alexandria Ocasio-Cortez: 'We came close to half of the House nearly dying' during riots". ABC7 New York. Retrieved January 11, 2021.
  16. ^ Wolfe, Jan (August 3, 2021). "Four officers who responded to U.S. Capitol attack have died by suicide". Reuters. Retrieved November 7, 2021.
  17. ^ Mangan, Kevin Breuninger, Dan (August 2, 2021). "Two more police officers die by suicide after defending Capitol during riot by pro-Trump mob, tally now 4". CNBC. Retrieved November 7, 2021.
  18. ^ McEvoy, Jemima (January 8, 2021). "These Are The Five People Who Died Amid The Capitol Riot". Forbes. Retrieved January 7, 2021.
  19. ^ a b c d Massimo, Nick (April 19, 2021). "Medical examiner: Capitol Police officer Sicknick died of stroke; death ruled 'natural'". WTOP. Associated Press. Retrieved May 16, 2021.
  20. ^ Melendez, Pilar; Bredderman, William; Montgomery, Blake (January 6, 2021). "Woman Shot Dead as Mob Overran Capitol ID'ed as Air Force Vet". The Daily Beast. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  21. ^ a b Schmidt, Michael S.; Broadwater, Luke (February 12, 2021). "Officers' Injuries, Including Concussions, Show Scope of Violence at Capitol Riot". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved February 12, 2021.
  22. ^ a b ArLuther Lee (January 11, 2021). "2 Capitol Hill police officers suspended over riot". Atlanta Journal-Constitution. Archived from the original on January 2021.
  23. ^ a b c d Bahr, Sarah (January 8, 2021). "First Inventory of Damage to U.S. Capitol Building Released". The New York Times. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  24. ^ a b c Wilson, Kristin; Barrett, Ted; Raju, Manu; Zaslav, Ali; Fortinsky, Sarah (January 6, 2021). "Smoke grenades being deployed on Senate side of the US Capitol". CNN. Archived from the original on January 6, 2021.
  25. ^ Miller, Maggie (January 8, 2021). "Laptop stolen from Pelosi's office during Capitol riots". The Hill. Retrieved January 11, 2021.
  26. ^ a b c d Chappell, Bill (February 24, 2021). "Architect of the Capitol Outlines $30 Million In Damages From Pro-Trump Riot". NPR.
  27. ^ a b Multiple sources:
  28. ^ The Editorial Board (October 2, 2021). "Jan. 6 Was Worse Than We Knew". The New York Times. Archived from the original on October 2, 2021. Retrieved January 28, 2022.
  29. ^ a b Lucas, Ryan (January 6, 2022). "Where the Jan. 6 insurrection investigation stands, one year later". NPR. Archived from the original on January 6, 2022. Retrieved January 7, 2022.
  30. ^ Lozada, Carlos (October 8, 2021). "Adam Schiff points to a second insurrection — by members of Congress themselves - In his memoir ["Midnight In Washington: How We Almost Lost Our Democracy and Still Could"], the House Intelligence Committee chair argues America barely passed Trump's "stress test" of American democracy". The Washington Post (Book review). Archived from the original on October 8, 2021. Retrieved October 9, 2021.
  31. ^ Mascaro, Lisa; Tucker, Eric; Jalonick, Mary Clare; Taylor, Andrew (January 7, 2021). "Pro-Trump mob storms US Capitol in bid to overturn election". Associated Press. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved July 3, 2021.
  32. ^ a b "Vandalized":
  33. ^ Evelyn, Kenya (January 9, 2021). "Capitol attack: the five people who died". The Guardian.
  34. ^ "Four officers who responded to U.S. Capitol attack have died by suicide". Reuters. August 2, 2021. Retrieved August 3, 2021.
  35. ^ Barry, Dan; Frenkel, Sheera (January 7, 2021). "'Be There. Will Be Wild!': Trump All but Circled the Date". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  36. ^ Snodgrass, Erin (October 7, 2021). "A timeline of Donald Trump's efforts to overturn the 2020 election". Business Insider. Retrieved October 8, 2021.
  37. ^ Naylor, Brian (February 10, 2021). "Read Trump's Jan. 6 Speech, A Key Part Of Impeachment Trial". NPR. Retrieved July 23, 2021.
  38. ^ a b Doig, Steve (January 8, 2021). "It is difficult, if not impossible, to estimate the size of the crowd that stormed Capitol Hill". The Conversation. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 10, 2021.
  39. ^ Higgins, Andrew (January 10, 2021). "The Art of the Lie? The Bigger the Better – Lying as a political tool is hardly new. But a readiness, even enthusiasm, to be deceived has become a driving force in politics around the world, most recently in the United States". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved January 10, 2021.
  40. ^ a b c d Rutenberg, Jim; Becker, Jo; Lipton, Eric; Haberman, Maggie; Martin, Jonathan; Rosenberg, Matthew; Schmidt, Michael S. (February 1, 2021). "77 Days: Trump's Campaign to Subvert the Election". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Trump's ... effort to reverse his loss turned into ... an extralegal campaign to subvert the election, rooted in a lie so convincing to some of his most devoted followers that it made the deadly January 6 assault on the Capitol almost inevitable ... With each passing day the lie grew, finally managing to do what the political process and the courts would not: upend the peaceful transfer of power that for 224 years had been the bedrock of American democracy.
  41. ^ Multiple sources:
  42. ^ a b c d e f Video "How the Proud Boys led the assault – and who was in the pro-Trump mob", in: Zurcher, Anthony (February 13, 2021). "Trump impeachment trial: What verdict means for Trump, Biden and America". BBC news. Retrieved February 17, 2021.
  43. ^ Multiple sources:
  44. ^ Woodward, Calvin (January 13, 2021). "AP FACT CHECK: Trump's call to action distorted in debate". Associated Press. Retrieved February 5, 2021.
  45. ^ a b "Trump's 1/6/2021 Speech". January 6, 2021. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 13, 2021 – via rev.com.
  46. ^ Jacobo, Julia (January 7, 2021). "This is what Trump told supporters before many stormed Capitol Hill". ABC news. Retrieved January 10, 2021. We have come to demand that Congress do the right thing and only count the electors who have been lawfully slated. Lawfully slated. I know that everyone here will soon be marching over to the Capitol building to peacefully and patriotically make your voices heard. Today, we will see whether Republicans stand strong for integrity of our elections. But whether or not they stand strong for our country, our country. Our country has been under siege for a long time. Far longer than this four year period.
  47. ^ Mendoza, Martha; Linderman, Juliet; Long, Colleen; Burke, Garance (March 5, 2021). "Officers maced, trampled: Docs expose depth of Jan. 6 chaos". Associated Press. Retrieved April 23, 2021.
  48. ^ a b Mogelson, Luke. "Among the Insurrectionists". The New Yorker. No. January 15, 2021. Archived from the original on January 18, 2021. Retrieved January 19, 2021.
  49. ^ Bennet, Dalton; Brown, Emma; Cahlan, Sarah; Sohuyn Lee, Joyce; Kelly, Meg; Samuels, Elyse; Swaine, Jon (January 16, 2021). "41 minutes of fear: A video timeline from inside the Capitol siege". The Washington Post. Retrieved January 20, 2021.
  50. ^ a b Barrett, Ted; Raju, Manu; Nickeas, Peter (January 6, 2021). "Pro-Trump mob storms US Capitol as armed standoff takes place outside House chamber". CNN. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  51. ^ Multiple sources:
  52. ^ a b Jalonick, Mary Clare; Mascaro, Lisa (May 28, 2021). "GOP blocks Capitol riot probe, displaying loyalty to Trump". Associated Press. Retrieved June 2, 2021.
  53. ^ a b Evon, Dan (January 9, 2021). "Was 'Hang Mike Pence' Chanted at Capitol Riot?". Snopes. Retrieved January 19, 2021.
  54. ^ Multiple sources:
  55. ^ a b "Watch Live: Protesters Swarm US Capitol Steps as Congress Counts Electoral Votes". NBC4 Washington. January 6, 2021. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  56. ^ Macias, Amanda; Mangan, Dan (January 6, 2021). "U.S. Capitol secured hours after pro-Trump rioters invade Congress". CNBC. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  57. ^ a b McEvoy, Jemima (January 6, 2021). "DC Protests Live Coverage: Entire Capitol Now On Lockdown As Protesters Enter The Building". Forbes. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  58. ^ Higgins, Tucker (January 6, 2021). "DC protests: FBI says 2 suspicious devices were rendered safe". CNBC Politics.
  59. ^ Benner, Katie (January 6, 2021). "Pipe Bomb Found and Destroyed at R.N.C.; D.N.C. Is Evacuated". The New York Times. Archived from the original on January 6, 2021.
  60. ^ Collins, Kaitlan; Cohen, Zachary; Starr, Barbara; Hansler, Jennifer (January 6, 2021). "Pence took lead as Trump initially resisted sending National Guard to Capitol". CNN. Retrieved January 11, 2021.
  61. ^ a b Zilbermints, Regina (January 6, 2021). "Trump tells rioters 'go home,' repeats claims that election 'fraudulent'". The Hill. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  62. ^ a b Durkee, Alison (January 6, 2021). "Trump Justifies Supporters Storming Capitol: 'These Are The Things And Events That Happen'". Forbes. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  63. ^ "Planning and Execution Timeline for the National Guard's Involvement in the January 6, 2021, Violent Attack at the U.S. Capitol" (PDF). United States Department of Defense. January 11, 2021. Archived (PDF) from the original on January 11, 2021. Retrieved August 13, 2021.
  64. ^ Liptak, Kevin; Stracqualursi, Veronica; Malloy, Allie (January 7, 2021). "Isolated Trump reluctantly pledges 'orderly' transition after inciting mob". CNN. Archived from the original on January 7, 2021.
  65. ^ Fordham, Evie (January 7, 2021). "Trump promises 'orderly transition' on Jan. 20 after Electoral College results certified". Fox News. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  66. ^ Fandos, Nicholas (January 13, 2021). "The House impeaches Trump for 'incitement of insurrection,' setting up a Senate trial". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved January 14, 2021.
  67. ^ Montanaro, Domenico (February 13, 2021). "Senate Acquits Trump In Impeachment Trial — Again". NPR. Retrieved August 27, 2021.
  68. ^ "Pelosi announces independent 9/11-style commission on deadly Capitol riot". CNBC. Retrieved February 15, 2021.
  69. ^ "House votes to create select committee to investigate January 6 insurrection". CNN. June 30, 2021. Retrieved July 3, 2021.
  70. ^ Sprunt, Barbara (July 27, 2021). "Here Are The 9 Lawmakers Investigating The Jan. 6 Capitol Attack". NPR. Retrieved November 9, 2021.
  71. ^ a b "Oath Keepers Leader Charged With Conspiracy in Jan. 6 Investigation". New York Times. January 13, 2021. Archived from the original on January 13, 2022. Retrieved January 13, 2021.
  72. ^ a b Shortell, David; Polantz, Katelyn; Perez, Evan; Cohen, Zachary (January 20, 2021). "Members of extremist Oath Keepers group planned attack on US Capitol, prosecutors say". CNN. Archived from the original on January 20, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  73. ^ Multiple sources:
  74. ^ Brittany Gibson (January 5, 2022). "They stormed the Capitol. Now they're running for office". Politico. Retrieved January 23, 2022.
  75. ^ "Leader of Alabama Chapter of Oath Keepers Pleads Guilty to Seditious Conspiracy and Obstruction of Congress for Efforts to Stop Transfer of Power Following 2020 Presidential Election". United States Department of Justice. March 2, 2022. Retrieved March 6, 2022.
  76. ^ Simon Druker (March 2, 2022). "Leader of Alabama chapter of Oath Keepers pleads guilty to Jan. 6 charges". United Press International. Retrieved March 6, 2022.
  77. ^ Multiple sources:
  78. ^ a b c d Multiple sources:
  79. ^ Burns, Alexander; Martin, Jonathan (November 4, 2021). "As America Awaits a Winner, Trump Falsely Claims He Prevailed". The New York Times. Archived from the original on November 4, 2020. Retrieved August 9, 2021.
  80. ^ Finkelstein, Claire O.; Painter, Richard (December 22, 2020). "Invoking Martial Law to Reverse the 2020 Election Could be Criminal Sedition". Just Security.
  81. ^ a b c d Nickeas, Peter (January 6, 2021). "Pro-Trump supporters have flooded DC to protest president's election loss". CNN. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  82. ^ Multiple sources:
  83. ^ Staff (October 31, 2021). "Before, During and After THE ATTACK - The Jan. 6 siege of the U.S. Capitol was neither a spontaneous act nor an isolated event". The Washington Post. Retrieved November 1, 2021.
  84. ^ This process is described in 3 U.S.C. § 15.
  85. ^ Walsh, Deirdre (January 6, 2021). "Congress' Electoral Count To Resume After Violent Protests Halt Process". NPR. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 14, 2021.
  86. ^ Gattis, Paul (January 6, 2021). "Mo Brooks: Today patriots start 'kicking ass' in fighting vote results". al. Retrieved January 7, 2021.
  87. ^ Zanona, Melanie (December 21, 2021). "House Republicans meet with Trump to discuss overturning election results". Politico. Retrieved July 29, 2021.
  88. ^ Multiple sources:
  89. ^ a b Schwartz, Brian (January 9, 2021). "Pro-Trump dark money groups organized the rally that led to deadly Capitol Hill riot". CNBC. Archived from the original on January 9, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  90. ^ a b c d Beaujon, Andrew (January 5, 2021). "Here's What We Know About the Pro-Trump Rallies That Have Permits". Washingtonian. Archived from the original on January 14, 2021. Retrieved January 13, 2021. Rally to Revival
  91. ^ a b c Tanfani, Joseph; Berens, Michael; Parker, Ned (January 11, 2021). "How Trump's pied pipers rallied a faithful mob to the Capitol". Reuters. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 17, 2021.
  92. ^ Montini, EJ (January 10, 2021). "Arizona Reps. Andy Biggs and Paul Gosar implicated by activist in Capitol insurrection". The Arizona Republic. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  93. ^ Grim, Ryan; Chávez, Aída (January 11, 2021). "Freedom Caucus Chair Andy Biggs Helped Plan January 6 Event, Lead Organizer Says". The Intercept. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  94. ^ Multiple sources:
  95. ^ Bernstein, Brittany (January 13, 2021). "GOP Reps. Deny Giving 'Reconnaissance Tours' to Capitol Rioters". news.yahoo.com. Archived from the original on January 14, 2021. Retrieved January 14, 2021.
  96. ^ a b c d Lytvyenko, Jane; Hensley-Clancy, Molly (January 6, 2021). "The Rioters Who Took Over The Capitol Have Been Planning Online In The Open For Weeks". BuzzFeed News. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  97. ^ a b Frenkel, Sheera (January 6, 2021). "The storming of Capitol Hill was organized on social media". The New York Times. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  98. ^ Castronuovo, Celine (April 28, 2021). "Officials determined troubling posts did not indicate threat ahead of Capitol riot: report". TheHill. Retrieved May 15, 2021.
  99. ^ Dilanian, Ken; Collins, Ben. "Feds aren't using posts about plans to attack the Capitol as evidence". NBC News. Retrieved May 15, 2021.
  100. ^ Multiple sources:
  101. ^ McEvoy, Jemima (January 7, 2021). "Capitol Attack Was Planned Openly Online For Weeks – Police Still Weren't Ready". Forbes. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  102. ^ McLaughlin, Eliott C. (January 19, 2021). "Violence at Capitol and beyond reignites debate over America's defense of extremist speech". CNN. Retrieved March 16, 2021. As an expert in online extremism and disinformation campaigns, she watched as ... key figures in Gamergate and Charlottesville stoked online fury ahead of the attempted coup.
  103. ^ Brewster, Thomas (February 7, 2021). "Sheryl Sandberg Downplayed Facebook's Role In The Capitol Hill Siege—Justice Department Files Tell A Very Different Story". Forbes. Retrieved March 9, 2022.
  104. ^ Timberg, Craig; Dwoskin, Elizabeth; Albergotti, Reed (October 22, 2021). "Inside Facebook, Jan. 6 violence fueled anger, regret over missed warning signs". The Washington Post. Retrieved March 9, 2022.
  105. ^ Hafner, Katherine (January 12, 2021). "'Go there ready for war': FBI's Norfolk office sent warning ahead of Capitol violence, report says". pilotonline.com. Archived from the original on January 14, 2021.
  106. ^ Barrett, Devlin; Hsu, Spencer; Davis, Aaron (January 30, 2021). "'Be ready to fight': FBI probe of U.S. Capitol riot finds evidence detailing coordination of an assault". The Washington Post. Retrieved January 30, 2021.
  107. ^ Wedell, Katie; Johnson, Kevin (March 24, 2021). "Oath Keeper planned with Proud Boys, Three Percenters before Capitol attack, prosecutors say". USA TODAY.
  108. ^ Roston, Aram (February 8, 2022). "Exclusive: FBI probes pre-Capitol riot meeting of far-right groups". Reuters. Retrieved February 9, 2022.
  109. ^ "FBI asks Jan. 6 suspect about ties to Congress, extremists groups". MSNBC. June 18, 2021.
  110. ^ McKenna, Chris (February 11, 2022). "Capitol riots suspect from Goshen wants trial moved out of D.C. due to alleged jury bias". Times Herald-Record. Retrieved February 18, 2022.
  111. ^ Mihalopoulos, Dan (January 12, 2021). "Chicago-Area Billionaire Gave Millions To 'Patriots' Group That Backed Pro-Trump Rally". WBEZ Chicago. Retrieved February 12, 2021. The funding sources for last Wednesday's rally against President Donald Trump's reelection loss are not publicly documented ... On the website for the rally ... 11 groups listed as "participating in the March to Save America" as part of the "#StopTheSteal coalition".
  112. ^ "March to Save America". Archived from the original on January 6, 2021.
  113. ^ Corey, Jamie / (January 7, 2021). "Republican Attorneys General Dark Money Group Organized Protest Preceding Capitol Mob Attack". Documented. Retrieved January 24, 2021.
  114. ^ a b Graziosi, Graig (January 8, 2021). "Alex Jones says he paid $500,000 for rally that led to Capitol riot". The Independent. Archived from the original on January 14, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  115. ^ a b Ramachandran, Shalini; Berzon, Alexandra; Ballhaus, Rebecca (February 1, 2021). "Jan. 6 Rally Funded by Top Trump Donor, Helped by Alex Jones, Organizers Say". The Wall Street Journal.
  116. ^ Beth Reinhard, Jacqueline Alemany, Josh Dawsey, Alice Crites, and Andrew Ba Tran. (December 8, 2021). "Low-profile heiress who ‘played a strong role’ in financing Jan. 6 rally is thrust into spotlight". Washington Post website Retrieved December 10, 2021.
  117. ^ Palmer, Ewan (January 12, 2021). "Charlie Kirk Says Not Everyone in Capitol Mob Was an Insurrectionist". Newsweek. Retrieved January 24, 2021.
  118. ^ "Stop The Steal Security Project". Archived from the original on January 1, 2021.
  119. ^ Wong, Venessa (January 8, 2021). "Trump Supporters Used GoFundMe To "Build An Army" In DC". BuzzFeed News. Archived from the original on January 9, 2021. Retrieved January 10, 2021.
  120. ^ a b c Pierce, Charles P. (January 28, 2021). "Tommy Tuberville Denied Insurrection Eve Meeting at Trump Hotel Despite Photos". Esquire. Retrieved April 29, 2021.
  121. ^ Abramson, Seth (January 26, 2021). "January 5 Meeting at Trump International Hotel Could Hold the Key to the January 6 Insurrection". sethabramson.substack.com. Retrieved February 5, 2021.
  122. ^ Burkhalter, Eddie (January 27, 2021). "Trump appointee says Tuberville met with Trump family, advisers on eve of Capitol attack". Retrieved February 5, 2021.
  123. ^ Burkhalter, Eddie (January 27, 2021). "Photos put Tuberville in Trump's hotel on Jan. 5 despite denying meeting". Retrieved February 5, 2021.
  124. ^ Whitmire, Kyle (January 28, 2021). "What have you done now, Tommy Tuberville?". Al.com. Retrieved April 29, 2021.
  125. ^ a b c d e Blake, Aaron (January 28, 2021). "Who could have predicted the Capitol riot? Plenty of people — including Trump allies". The Washington Post.
  126. ^ Silverman, Robert (August 1, 2021). "How 'Coward and Phony' Tim Pool Became One of the Biggest Political YouTubers on the Planet". The Daily Beast. Retrieved August 1, 2021.
  127. ^ Vitka, Will (December 29, 2020). "2 downtown DC Trump supporter hangouts to be closed for Jan. 6 rally". WTOP. Archived from the original on December 29, 2020.
  128. ^ Ankel, Sophia (December 30, 2020). "Pence's former top aide said Trump is 'encouraging' violence on the day Congress votes to seal the 2020 election result". Business Insider. Archived from the original on December 30, 2020.
  129. ^ Sommer, Will; Suebsaeng, Asawin (January 2, 2021). "Trump Plans to Fight the Election Even After 'Stop the Steal' Rally Ends". The Daily Beast. Archived from the original on January 2, 2021.
  130. ^ a b Kuznia, Rob; Devine, Curt; Bronstein, Scott; Ortega, Bob (January 8, 2021). "Extremists intensify calls for violence ahead of Inauguration Day". CNN. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  131. ^ Multiple sources:
  132. ^ a b Dilanian, Ken (January 12, 2021). "FBI has opened 160 case files for crimes committed during Capitol riot". NBC News. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  133. ^ Barrett, Devlin; Zapotosky, Matt (January 12, 2021). "FBI report warned of 'war' at Capitol, contradicting claims there was no indication of looming violence". The Washington Post. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 14, 2021.
  134. ^ Dilanian, Ken; Ainsley, Julia (January 13, 2021). "Worried about free speech, FBI never sent bulletin on Capitol threats". NBC News. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 13, 2021.
  135. ^ Temple-Raston, Dina (January 13, 2021). "Why Didn't The FBI And DHS Produce A Threat Report Ahead of The Capitol Insurrection?". NPR.org. National Public Radio. Archived from the original on January 19, 2021. Retrieved January 18, 2021.
  136. ^ a b c Bertrand, Natasha (January 7, 2021). "Justice Department warns of national security fallout from Capitol Hill insurrection". Politico. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  137. ^ Leonnig, Carol D. (January 15, 2021). "Capitol Police intelligence report warned three days before attack that 'Congress itself' could be targeted". The Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved March 17, 2021.
  138. ^ Long, Colleen; Balsamo, Michael; Mascaro, Lisa (January 10, 2021). "Capitol police were overrun, 'left naked' against rioters". Associated Press. Retrieved October 28, 2021.
  139. ^ Date, Jack (February 7, 2021). "Former Capitol Police Chief Steven Sund says entire intelligence community missed signs of riot". ABC News. Retrieved March 16, 2021.
  140. ^ Long, Colleen; Baldor, Lolita; Balsamo, Michael; Merchant, Nomaan (January 7, 2021). "Capitol Police rejected offers of federal help to quell mob". Associated Press. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  141. ^ Shabad, Rebecca (January 6, 2021). "Trump to address D.C. rally where as many as 30,000 people are expected". NBC News. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  142. ^ "Extremists and Mainstream Trump Supporters Plan to Protest Congressional Certification of Biden's Victory". Anti-Defamation League. January 4, 2021. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  143. ^ "January 2021 Washington, D.C., Security Outlook: Intelligence Report, Part Three". G4S. January 4, 2021. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  144. ^ a b Long, Colleen; Baldor, Lolita; Balsamo, Michael; Merchant, Nomaan (January 7, 2021). "Capitol Police rejected offers of federal help to quell mob". Associated Press. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  145. ^ Shabad, Rebecca (January 6, 2021). "Trump to address D.C. rally where as many as 30,000 people are expected". NBC News. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  146. ^ United States Senate. Rules Committee. (8 June 2021). Staff Report: Examining the U.S. Capitol Attack: A review of the Security, Planning and Response Failures on January 6". US Senate website Retrieved 22 January 2022.
  147. ^ Rebecca Beitsch and Cristina Marcos. The Hill. (8 June 2021). "New report highlights severe intelligence failures on Jan. 6". MSN website Retrieved 22 January 2022.
  148. ^ a b Bertrand, Natasha (January 7, 2021). "Justice Department warns of national security fallout from Capitol Hill insurrection". Politico. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  149. ^ Long, Colleen; Balsamo, Michael; Mascaro, Lisa (January 10, 2021). "Capitol police were overrun, 'left naked' against rioters". Associated Press. Retrieved October 27, 2021.
  150. ^ Date, Jack (February 7, 2021). "Former Capitol Police Chief Steven Sund says entire intelligence community missed signs of riot". ABC News. Retrieved May 2, 2021.
  151. ^ Jankowicz, Mia (April 9, 2021). "US Capitol Police had expired ammunition and ineffective shields on the day of the January 6 riot, scathing internal report says". Business Insider.
  152. ^ a b c Myre, Greg (January 7, 2021). "Where Was Security When A Pro-Trump Mob Stormed The Capitol?". NPR. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  153. ^ Harper, Steven (March 7, 2021). "Insurrection Timeline: First the Coup and Then the Cover-Up". BillMoyers.com.
  154. ^ Marquardt, Alex; Starr, Barbara; Main, Alison; Cole, Devan (January 5, 2021). "Pentagon approves DC mayor's request to deploy National Guard for upcoming demonstrations". CNN. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  155. ^ Walsh, Deidre; Grisales, Claudia (January 15, 2021). "Former Capitol Police Chief Steven Sund Defends Agency's Role In Jan. 6 Attack". NPR. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 16, 2021.
  156. ^ Beaumont, Peter (January 11, 2021). "Ex-head of Capitol police: officials reluctant to call in national guard". The Guardian. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  157. ^ Fink, Jenni (May 12, 2021). "Trump told Christopher Miller: Do "whatever is necessary" to protect demonstrators ahead of Capitol riot". Newsweek. Archived from the original on May 12, 2021.
  158. ^ Sonne, Paul (January 26, 2021). "Pentagon restricted commander of D.C. Guard ahead of Capitol riot". The Washington Post. Retrieved February 5, 2021.
  159. ^ Ciralsky, Adam (January 22, 2021). ""The President Threw Us Under the Bus": Embedding With Pentagon Leadership in Trump's Chaotic Last Week". Vanity Fair. Archived from the original on January 22, 2021. Retrieved February 16, 2021.
  160. ^ "Eight Percent Coalition". Eight Percent Coalition. Archived from the original on January 5, 2021. Retrieved January 5, 2021. Fight To Save America
  161. ^ "Save The Republic Rally". Moms For America. January 5, 2021. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 13, 2021.
  162. ^ O'Gorek, Elizabeth (January 6, 2021). "Where Are Wednesday's Pro-Trump Protests?". Hill Rag. Archived from the original on January 22, 2021. Retrieved January 15, 2021.
  163. ^ "There's still no evidence the FBI incited the Jan. 6 riot, despite claims otherwise". Tampa Bay Times. Archived from the original on December 21, 2021. Retrieved December 21, 2021.
  164. ^ FOX Carolina (Meredith Corporation) (April 18, 2018). "James Epley (R)". foxcarolina.com. Archived from the original on March 11, 2021.
  165. ^ Eliana Block (January 7, 2021). "This man erected a 15-foot Constitution on the National Mall the same day rioters stormed the Capitol". 13newsnow.com. Archived from the original on October 16, 2021.
  166. ^ Ramirez, Stephanie (January 5, 2021). "Several arrested on gun charges as pro-Trump rallies begin in DC". FOX 5 DC. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  167. ^ "WildProtest.com". Archived from the original on January 6, 2021.
  168. ^ "Freedom Rally 2021". Freedom Rally 2021. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 23, 2021.
  169. ^ Multiple sources:
  170. ^ Hendrickson, Clara (January 12, 2021). "Rep. Matt Maddock, wife join conservative Facebook group discussing possibility of civil war". Detroit Free Press.
  171. ^ Schramm, Rebekka (January 7, 2021). "Georgia Democrat fired up Trump crowd before protest turned violent". CBS 46.
  172. ^ "What Conspiracy Theorist Alex Jones Said in the Lead Up to the Capitol Riot". Frontline. PBS. January 12, 2021.
  173. ^ Carroll, Rory (January 7, 2021). "US Capitol breach". The Guardian.
  174. ^ a b Steakin, Will; Matthew Mosk; James Gordon Meek; Ali Dukakis (January 15, 2021). "Longtime Trump advisers connected to groups behind rally that led to Capitol attack". ABC news.
  175. ^ "Flynn, Papadopoulos address pro-Trump rally in DC". Associated Press. January 10, 2021 – via youtube.com.
  176. ^ Kakaounaki, Marianna (January 19, 2021). "Trump was not responsible for Jan 6 violence, ex-campaign aide tells Kathimerini". Ekathimerini.
  177. ^ AP (January 10, 2021). "Flynn, Papadopoulos address pro-Trump rally in DC". youtube.com.
  178. ^ Dan Friedman, Reporter (January 27, 2021). "Roger Stone Did Something Wrong". Mother Jones. Retrieved October 27, 2021.
  179. ^ "Roger Stone Addresses Pro-Trump Rally in Washington, D.C." Bloomberg. January 5, 2021. Archived from the original on January 6, 2021.
  180. ^ "Seeking Information: Pipe Bombs in Washington, D.C." Federal Bureau of Investigation. Retrieved October 20, 2021.
  181. ^ Date, Jack (March 9, 2021). "New images released of suspect in pipe bombs found at RNC, DNC before Capitol riot". ABC News.
  182. ^ Benner, Katie; Haberman, Maggie; Schmidt, Michael S. (January 6, 2021). "An explosive device is found at the R.N.C., and the D.N.C. is evacuated". The New York Times. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  183. ^ McDonald, Cassidy; Triay, Andres; Herridge, Catherine (March 9, 2021). "FBI releases new video of suspected pipe bomber walking near RNC and DNC headquarters". CBS news. Retrieved March 11, 2021.
  184. ^ Sanchez, Rosa (January 7, 2021). "FBI posts photo of person who placed suspected pipe bombs outside DNC, RNC". ABC news. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  185. ^ Shortell, David (January 29, 2021). "Pipe bombs found near Capitol on January 6 were placed the night before, FBI says". CNN. Retrieved January 29, 2021.
  186. ^ Fitzsimons, Tim (January 21, 2021). "FBI ups reward to $75,000 for suspect who placed pipe bombs during Capitol riot". NBC news. Archived from the original on January 22, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  187. ^ ""Save America" Rally: Pro-Trump protesters march in Washington, DC". San Mateo Daily Journal. January 6, 2010. Retrieved February 22, 2021.
    Foley, Ryan (January 6, 2021). "Trump supporters gather in DC for peaceful Save America March before some storm Capitol". The Christian Post. Retrieved February 22, 2021.
  188. ^ Sullivan, Margaret (September 30, 2021). "A Trump lawyer wrote an instruction manual for a coup. Why haven't you seen it on the news?". The Washington Post. Retrieved September 30, 2021.
  189. ^ Hayes, Rob (January 11, 2021). "Faculty call for firing of Chapman University professor who spoke at pro-Trump rally". ABC7 Los Angeles. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 13, 2021.
  190. ^ Polantz, Katelyn (February 22, 2021). "Oath Keeper claims she was VIP security at Trump rally before riot and says she met with Secret Service agents". CNN. Retrieved February 22, 2021.
  191. ^ Polantz, Katelyn (February 23, 2021). "Oath Keeper now says she didn't meet with Secret Service around the January 6 rally". CNN. Retrieved February 23, 2021.
  192. ^ Gattis, Paul (January 6, 2021). "Mo Brooks: Today patriots start 'kicking ass' in fighting vote results". AL.com. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  193. ^ Catie Edmondson and Luke Broadwater (January 13, 2021). "Before Capitol Riot, Republican Lawmakers Fanned the Flames". The New York Times. Archived from the original on December 28, 2021.
  194. ^ Pellicer, Lauren (January 6, 2021). "NC Congressional Delegates React To Violence As Pro-Trump Mob Storms US Capitol". Blue Ridge Public Radio.
  195. ^ Graziosi, Graig (January 6, 2021). "Trump's sons declare war on GOP". The Independent. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  196. ^ da Silva, Chantal (November 6, 2020). "'Reckless' and 'stupid': Trump Jr calls for 'total war' over election results". The Independent. Retrieved October 27, 2021.
  197. ^ Forgey, Quint (January 6, 2021). "'I'm going to be in your backyard': Trump sons threaten primaries for GOP lawmakers". Politico.
  198. ^ Palma, Bethania (January 6, 2021). "Did Rudy Giuliani Call for 'Trial By Combat' Before Trump Mob Broke Into Capitol?". Snopes. Archived from the original on January 9, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  199. ^ Flaherty, Colleen (January 11, 2021). "Chapman Faces Pressure to Fire Professor Who Spoke at Trump Rally". Inside Higher Ed. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  200. ^ Agrawal, Nina (January 13, 2021). "Chapman University will not fire law professor who spoke at pro-Trump Capitol rally". Los Angeles Times.
  201. ^ Agrawal, Nina; Ormseth, Matthew (January 14, 2021). "Chapman professor will retire after uproar over his speaking at Trump rally". Los Angeles Times. Retrieved October 27, 2021.
  202. ^ Haberman, Maggie (January 6, 2021). "Trump, speaking to protesters, declares 'we will never concede.'". The New York Times. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 6, 2021.
  203. ^ Multiple sources:
  204. ^ a b c d e Blake, Aaron (January 11, 2021). "What Trump said before his supporters stormed the Capitol, annotated". The Washington Post. Archived from the original on January 14, 2021. Retrieved January 24, 2021.
  205. ^ a b c d e Savage, Charlie (January 10, 2021). "Incitement to Riot? What Trump Told Supporters Before Mob Stormed Capitol". The New York Times. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 10, 2021.
  206. ^ Glantz, Aaron; The Center for Investigative Reporting (January 6, 2021). "Read Pence's full letter saying he can't claim "unilateral authority" to reject electoral votes". PBS News Hour. Associated Press. Archived from the original on January 6, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  207. ^ Andersen, Travis (January 6, 2021). "Before mob stormed US Capitol, Trump told them to 'fight like hell'". The Boston Globe. Archived from the original on January 7, 2021. Retrieved January 7, 2021.
  208. ^ Kranish, Michael (January 13, 2021). "Before riot, Trump said 'we got to get rid' of Rep. Liz Cheney". The Washington Post. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 15, 2021.
  209. ^ "Trial of Donald J. Trump, President of the United States". Congressional Record. February 10, 2021.
  210. ^ Goodman, Ryan; Hendrix, Justin (January 25, 2021). ""Fight for Trump": Video Evidence of Incitement at the Capitol". Just Security.
  211. ^ Leatherby, Lauren; Ray, Arielle; Singhvi, Anjali; Triebert, Christiaan; Watkins, Derek; Willis, Haley (January 12, 2021). "How a Presidential Rally Turned Into a Capitol Rampage". The New York Times.
  212. ^ a b Haberman, Maggie; Martin, Jonathan (February 14, 2021). "After the Speech: What Trump Did as the Capitol Was Attacked". The New York Times. ISSN 0362-4331. Archived from the original on December 28, 2021. Retrieved August 12, 2021.
  213. ^ "'Planned, Coordinated Attack': Former Capitol Police Chief On The Insurrection". NPR.org.
  214. ^ Wu, Nicholas; Tully-McManus, Katherine (August 26, 2021). "Capitol Police Lt. Michael Byrd speaks out on fatal shooting of Ashli Babbitt". POLITICO. Retrieved August 30, 2021.
  215. ^ "Northam recounts call for help from Speaker Pelosi during Capitol siege". The Washington Post. January 7, 2021. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  216. ^ a b c "How a Presidential Rally Turned Into a Capitol Rampage". The New York Times. January 12, 2021. Archived from the original on January 12, 2021. Retrieved January 18, 2021.
  217. ^ Bernard, Katie (January 7, 2021). "A photographer and a fist pump. The story behind the image that will haunt Josh Hawley". The Kansas City Star. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  218. ^ Regnier, Chris (January 7, 2021). "Senator Hawley criticized for acknowledging Capitol protesters with fist pump". KTVI. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  219. ^ Moe, Doug (January 12, 2021). "A Madison woman found the RNC pipe bomb in D.C." Madison Magazine. Retrieved March 11, 2021.
  220. ^ Hamer, Emily (January 14, 2021). "Madison native says she found pipe bomb near RNC office in D.C. by 'sheer luck'". Wisconsin State Journal. Archived from the original on January 14, 2021.
  221. ^ a b Date, Jack; Barr, Luke (January 7, 2021). "'Hazardous' suspected explosive devices found outside RNC and DNC". ABC news. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  222. ^ a b Balsamo, Michael (January 11, 2021). "Discovery of pipe bombs in D.C. obscured by riot at Capitol". The Seattle Times. Archived from the original on January 11, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  223. ^ Sanchez, Rosa (January 7, 2021). "FBI posts photo of person who placed suspected pipe bombs outside DNC, RNC". ABC news. Archived from the original on January 8, 2021. Retrieved January 8, 2021.
  224. ^ Crump, James (January 29, 2021). "Capitol riots pipe bomb suspect reward up to 100k as new video emerges". The Independent.
  225. ^ Leonnig, Carol D.; Davis, Aaron C.; Hermann, Peter; Demirjian, Karoun (January 10, 2021). "Outgoing Capitol Police chief: House, Senate security officials hamstrung efforts to call in National Guard". The Washington Post. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 11, 2021.
  226. ^ "Representative Tim Ryan News Conference on U.S. Capitol Attack". C-SPAN. January 11, 2021. Archived from the original on January 15, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  227. ^ Benner, Katie; Goldman, Adam (January 11, 2021). "Justice Dept. Pursues at Least 150 Suspects in Capitol Riot". The New York Times. Archived from the original on January 13, 2021. Retrieved January 12, 2021.
  228. ^ Grisales, Claudia (May 10, 2021). "Watchdog: Capitol Police Need To Boost Counterintelligence To Address Rising Threats". NPR Illinois. Retrieved October 22, 2021.
  229. ^ Lee, Jessica (January 8, 2021). "Did Trump Watch Capitol Riots From a Private Party Nearby?". Snopes. Archived from the original on January 10, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  230. ^ Greenberg, Jon; Kim, Noah Y. (January 8, 2021). "Black Lives Matter protests and the Capitol assault: Comparing the police response". PolitiFact. Archived from the original on January 9, 2021. Retrieved January 9, 2021.
  231. ^ Smith, Harrison; Olivo, Antonio (January 6, 2021). "Rioters use ropes, makeshift ladders to invade Capitol". The Washington Post. Archived from the original on January 6, 2021.
  232. ^ Schneider, Jessica, New Jan. 6 tape shows 3-hour battle in Capitol tunnel - CNN Video, retrieved December 27, 2021
  233. ^ "Scenes From an American Insurrection". The Atlantic. January 6, 2021. Retrieved May 6, 2021.
  234. ^ a b c d e f Demirjian, Karoun; Leonnig, Carol D.; Kane, Paul; Davis, Aaron C. (January 9, 2021). "Inside the Capitol siege: How barricaded lawmakers and aides sounded urgent pleas for help as police lost control". The Washington Post.