2021年タリバン攻勢

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

2021年タリバン攻勢
アフガニスタン戦争の一部(2001年から2021年)タリバーンの反乱
2021 Taliban Offensive.png
攻撃終了時(2021年8月15日)のアフガニスタンの領土支配(アフガニスタンの現在の軍事状況のより詳細な地図
を参照してください。)
日にち2021年5月1日– 2021年8月15日[7]
(3か月と2週間)
位置
結果

タリバンの勝利

領土
の変更
  • タリバンは232の地区を占領し、さらに94の地区を占領し、後に305〜399の地区を支配すると主張している[17] [18]
  • タリバンはアフガニスタンの34の州都のうち33を占領している[ 19 ] [20]
  • 交戦者

    タリバン

    アルカイダ[3]
    支援:テリク・イ・タリバン・パキスタン[3] [4]ラシュカレ・タイバ[3]ジャイシュ・エ・モハメッド[3]ハルカット・ウル・ムジャヒディン[3]



    アフガニスタンイスラム共和国アメリカ合衆国[5] [6]
    司令官と指導者
    Hibatullah Akhundzada Mohammad YaqoobAbdul Ghani BaradarSirajuddin Haqqani [1] Anas Haqqani [21] Qari Fasihuddin [22] Abdul Qayyum Zakir [22] Abu Hamza Qudratullah [ 22] SalahuddinAyubi  [ 22] Ibrahim Sadar [22 ] AbdulKhaliq  [24] MawlawiMubarak  [25] QariKhalid  [26] QariKhalil  [27] QariJabar  [28] Mufti Ismael( WIA [29]















    Ashraf Ghani Amrullah SalehAbdullah AbdullahHamdullah Mohib [30] [31] Bismillah Khan [32] Abdul Sattar MirzakwalAhmad Zia SarajWali Mohammad Ahmadzai 33] Hibatullah Alizai [33] Khyal Nabi Ahmadzai Zabihulla Abubaker  Muradi [35] Abdul Baqi Barez(亡命 [36] Ahmad Massoud [37] Abdul Rashid Dostum [38] Atta Muhammad NurIsmail Khan [39] Joe Biden Mark MilleyKenneth McKenzie




     Surrendered



    Surrendered
    Surrendered
    Surrendered
    Surrendered




     Surrendered


    [40]
    関係するユニット

    タリバン

    その他の申し立てられたグループ

    アフガニスタン国家安全保障部隊(ANSF)

    領土軍[35]
    親政府民兵[37] [51] [52]

    • 公の蜂起部隊[53]

    国家保安局

    CIAが支援するKhostProtection Force(KPF)[57]
    米国空軍[58]
    米国海軍

    強さ
    タリバン:c。
    米国の見積もり
    75,000 [60]
    国連の報告
    55,000–85,000の戦闘員[61]
    15,000の支援ファシリテーターと非戦闘員[61]
    その他の見積もり
    85,000 [62] –200,000 [63] [64]
    ANSF:c。
    米国およびアフガニスタン政府による公式の数字
    300,000 [65] –354,000 [66] [63] [60](公式には;警察官[67]および多くの幽霊兵士を含む)
    その他の推定
    150,000–200,000戦闘指向の軍隊、未知の数のジュニアとゴーストの兵士を含みます。[67]
    死傷者と損失

    タリバン
    アフガニスタン政府の主張
    9,819人が死亡[68]
    5,472人が負傷[68]
    54人が捕獲[68]
    メディアの報道によると
    大きな損失[69]

    装置:

    アフガニスタン
    アフガニスタン公式数字
    非公開[71] [72]
    メディアの報道によると
    1,537人が死亡[73]
    972人が負傷[73]
    677人が捕獲[73]
    2,324人以上が捨てられた[74] [75]
    6,000人のKPF軍人が降伏した[57]
    数千人の兵士が降伏した[55] [76]

    装置:
    1,031人の民間人が死亡[83] [73]
    2,043人の民間人が負傷[83] [73]
    244,000人の民間人が避難[84]
    合計40,000人が負傷[85]

    2021年のタリバン攻勢ダリهجوم۱۴۰۰طالبانローマ字:  Hojom 1400タリバン)は、夏の攻勢としても知られ[86]タリバーンの反乱グループおよび他の同盟国の過激派によるアフガニスタンイスラム共和国に対する軍事攻勢でした。カブールに本拠を置く共和国の崩壊は、アフガニスタンでのほぼ20年前の戦争の終わりを示しました。これは、米国のアフガニスタン侵攻に続いて始まりました

    攻撃は2021年5月1日に始まり[87] [88] [17]、アフガニスタンでの米国の2,500人の軍隊と他の国際的な同盟国に属する軍隊の撤退と一致した[89]女性を含む多数の武装した民間人が、防衛のためにアフガニスタン軍に志願した[90] [91] [92]一方で、一部の元軍閥、特にイスマーイール・ハーンも採用された。[93]それにもかかわらず、タリバーンは田舎でかなりの領土獲得を達成し、攻撃の最初の3か月で支配する地区の数を73から223に増やした。[18]8月6日、タリバーンは州都への攻撃を開始し、ほとんどの町は戦いなしで降伏し[94] 、 8月13日の主要都市ヘラートカンダハールラシュカルガーの数週間にわたる戦いで勝利を収めた。[95] 8月15日、アシュラフ・ガニー大統領は国を逃れ[96]、タリバーンは抵抗することなくアフガニスタンの首都カブールを占領した。したがって、アフガニスタンイスラム共和国の政府は崩壊し[97]、その結果、国が事実上乗っ取られ、アフガニスタンイスラム首長国[98] [99] [100]タリバンの乗っ取りは、米国とその同盟国、[101] [102] [103] [104]ロシア、[105]などの政府を含む多くの政府に驚きをもたらした。

    タリバンの勝利は、人権テロの拡散に関して、国内および国際的な影響を及ぼしました。[106]攻撃には、 2020年2月の米タリバン協定に続いて始まった、村レベルから上へのタリバンへの交渉または有償の降伏のボトムアップの連続の継続が含まれていた[107] [108]

    2021年5月以前の要因には、タリバンによるオンラインソーシャルメディアの効果的な使用[108]、北部の州を攻撃する戦略的選択[109] [108] 、およびアフガニスタン国家安全保障に起因する主要なアフガニスタン高速道路でのタリバンの移動の自由が含まれていました。主要な都市中心部を守るために農村地域を犠牲にするという米国が推奨する戦略に従った軍隊(ANSF)。[31] [65] [108]タリバンに対するANSFの損失の要因には、2020年2月と2021年4月の米国の支援の減少が含まれ、ANSFが訓練された技術的、専有ソフトウェアおよび後方支援、特に空中支援があった。依存するために、突然削除されました。[110] [111] ANSFの米国連合訓練の誤りが要因と見なされ[111]、アフガニスタン警察が幽霊兵士を発明することによって地元住民と軍の将校に資金を提供し[112]、その後の数か月の未払いのANSF給与が2021年4月、ANSFの給与管理がアフガニスタンの軍事政権に切り替わりました。[113] ANSFの軍事任命におけるえこひいきと、アシュラフ・ガニー大統領が効果的な国民的合意を形成し、地元の武将を説得することができないことも、ANSFの敗北の重要なプロセスと見なされていた。[110] [60] [111]長期的には、アメリカのイラク侵攻そして、その地域に焦点が移ったことも、2000年代半ばから後半にタリバンが復活した理由として挙げられています。[114]

    バックグラウンド

    2020年9月、米国とタリバーンの間のドーハ合意の一環として、殺人などの重大な犯罪で告発または有罪判決を受けた400人を含む5,000人を超えるタリバーンの囚人がアフガニスタン政府によって釈放された。[115]アフガニスタンの国家安全保障会議によると、「専門家」であった解放された囚人の多くは戦場に戻り、タリバンの手を強化した。[116]また、タリバンの最後の攻撃の時までに、アフガニスタンの州知事のほとんどは、側を変えてタリバンに加わるために過激派との取引を切っていた。[117]ワシントンポスト紙が引用したアフガニスタン内務省の高官は、タリバンにはアフガニスタン当局者に連絡を取り、タリバンに参加するように促す採用チームがあると述べた。彼は、アフガニスタン政府は、知事の長いリストがタリバンの関係を持っているかもしれないと疑っていると言います。[118]

    タイムライン

    初期の進歩

    5月、タリバーンはアフガニスタン政府から15の地区を占領しました。これには、マイダンヴァルダク州のニルク地区ジャレス地区が含まれます。[119] [120]捕獲された場所の中には、アフガニスタンで2番目に大きいダムであるカンダハール州のダーラダムがあった。[121]その月の間に、405人のアフガニスタン国家安全保障部隊(ANSF)軍と260人の民間人が衝突で殺害され、アフガニスタン国防省はタリバーンの師団指揮官であるQariを含む2,146人のタリバーン戦闘機を殺害したと主張した[73] [68]。ジャバー。[28]5月末までに、ポルトガル、スロベニア、スペイン、スウェーデンはアフガニスタンから完全に撤退しました。[122]

    6月、タリバーンはアフガニスタン政府から69の地区を占領した。彼らはクンドゥズプリクムリの都市に入り[119] [123] [89] 、マザリシャリフを包囲した。[124]彼らが捕らえた場所の中には、タジキスタン交差するアフガニスタンの主要な国境と、アフガニスタンの首都カブールへの玄関口と呼ばれるマイダンヴァルダク県のサイダバード地区があった。[125] [126]彼らは、アフガニスタンの治安部隊から700台のトラックとハンビー、そして数十台の装甲車両、ボーイングInsituScanEagleドローン大砲を捕獲した。システム。[79] [127]

    アフガニスタン空軍の ミルMi-17がタリバンに撃墜され、3人のパイロットが死亡した。また、同じ月にアフガニスタン軍の前哨基地がタリバンに砲撃された後、UH-60ブラックホークが地上で損傷した。[50] [78] 6月16日、タリバーンの過激派は、ドウラターバードの町で22人の降伏したアフガニスタン軍の部隊を処刑した死者の中には、引退したザヒル・アジミ将軍の息子であるソラブ・アジミ少佐がいた。彼は死後准将に昇進した。[128]目撃者は、タリバーンの過激派が彼らの間で話した言語は外国語であり、戦闘機がその地域から来たのではないことを示していると述べた。[129]その月の間に、703人のアフガニスタン国家安全保障部隊と208人の民間人が衝突で殺され、国防省は1,535人のタリバーン戦闘機を殺害したと主張した。[73] [68] 6月19日、アシュラフ・ガニー大統領が アフガニスタン国軍参謀長、国防大臣および内務大臣に代わった。[130] 6月末までに、英国、トルコ、および米国を除いて、すべての確固たる支援ミッションの加盟国は彼らの軍隊を撤退させた。[要出典]

    2021年6月にアフガニスタン大統領アシュラフガニーと会談する米国国防長官ロイドオースティン

    6月22日、タリバーンはアフガニスタンの主要なタジキスタン国境交差点であるSher Khan Bandarを占領し[131]、13の地区が24時間以内に彼らのところに落ちた。[132]同日、アフガニスタン軍が州都ポレ・ホムリの郊外で作戦を開始し、タリバーンの師団長であるカリ・ハリドを含む17人のタリバーン過激派を殺害したとき、バグラン州で激しい戦闘があった。[26]同時に、タリバーン軍がバルフを支配し、バルフ州の州都であるマザリシャリフを取り囲んだ。[133] [134] 6月23日、タリバーン軍とアフガニスタン軍がポレホムリ内で衝突した。[135]

    6月25日、タリバーンはカブール北部のパーワン州のシンワリ地区ゴーバンド地区を支配した。[136]その同じ日、NBCニュースは、タリバーンが「彼らの前進の速さに驚いて、米国に反抗しないようにいくつかの標的を捕らえることを避けた」と報告し[137]、アフガニスタン政府は国家と呼ばれるプログラムを開始したタリバンと戦うために民兵グループを武装させることを目的とした動員。[138]一方、タリバーンの副首相シラジュディン・ハッカニは、攻撃で押収された領土の統治について、ジハードの声に関する一連の指示を出した。FDDのロングウォージャーナル研究者のトーマス・ジョセリンは、ハッカニの声明は「国家の長によって出されるもののように読まれる」と主張した。[1]

    6月27日、少なくとも50人のアフガニスタン軍が降伏し、タリバーンに捕らえられた後、チャキヴァルダク地区とサイダバード地区がタリバーンに転落した。同日、ルスタク地区ショーテパ地区アルギスタン地区がタリバンに転落した。ToloNewsは、過去2か月間に108の地区がタリバンに陥落し、アフガニスタン軍が10を奪還したと報告した。[139] [140] 6月29日、タリバンはガズニに攻撃を開始し、市内で激しい衝突を引き起こした。[141]

    アフガニスタンの親政府軍がジョウジアン州に集結

    エスカレーション

    タリバンによって捕らえられたフロンティアと主要な国境検問所
    フロンティア キャプチャされた日付
    シャーカーンバンダー クンドゥーズ  タジキスタン 6月22日
    イシュカーシム バダフシャン  タジキスタン 7月5日
    ワフジール峠 バダフシャン  中国 7月8日
    イスラムカラ ヘラート  イラン 7月9日
    アブナスルファラヒ ファラ  イラン 7月9日
    トルグンディ ヘラート  トルクメニスタン 7月9日
    スピーン・ブールダク カンダハール  パキスタン 7月14日
    ザランジ ニームルーズ  イラン 8月6日
    アキナ ファールヤーブ  トルクメニスタン 8月14日
    トールハム ナンガルハール  パキスタン 8月15日
    ハイーラタン バルフ  ウズベキスタン 8月15日
    グラム・カーン ホウスト  パキスタン 8月16日

    7月、タリバーンはアフガニスタン政府から64の地区を占領し、それぞれアフガニスタン、カンダハールヘラートの2番目と3番目に大きな都市に入った[17] [142] [143]この月、タリバーンとの衝突で335人のアフガニスタン国家安全保障部隊と189人の民間人が殺害され、国防省は3,159人のタリバーン戦闘員を殺害したと主張した。[73] [68]集団安全保障条約機構(CSTO)の使節によると、約1,500人のアフガニスタン兵士がタジキスタンに捨てられた。[74]イランのメディアは、約300人のアフガニスタンの兵士と民間人が国境を越えたと報じた。タリバンを脱出するためにイランに入った。[74]

    7月2日、ドイツとイタリアはアフガニスタンから軍隊を撤退させ、米軍はバグラム飛行場を離れ、アフガニスタン軍に引き渡した。[144]タリバンに対するその後の米国の空爆はカタールのアル・ウデイド空軍基地ペルシャ湾米海軍空母打撃群から導かれ、戦闘機は目標に到達するために数時間移動する必要があった。米国国防総省によると、これらの空爆は毎日「ほんの一握り」に過ぎなかった。[145] [146]

    7月の最初の週末、数百人の武装した女性がアフガニスタン北部と中央部の街頭に出て、ゴール州の州都フィロズコで行われた最大のタリバン攻勢に反対するデモを行った州知事のアブドゥルザヒル・ファイザダはガーディアンとのインタビューで、多くのアフガニスタンの女性​​が最近タリバンから逃げ出し、自分たちを守るために銃器を使うことを学んでおり、一部はすでにタリバンと戦っていると報告した。タリバーンのスポークスマンZabiullahMujahidは、この報告を「プロパガンダ」として非難し、「女性は決して私たちに対して銃を手に入れることはない」と宣言した。[147]週末、タリバンはパキスタンとの国境近くのクナル州でアフガニスタン軍に属する9つの国境ポストを占領し、その間にアフガニスタン軍の39人がタリバンに降伏し、さらに31人がパキスタンに逃亡した。[74]

    7月5日、タジキスタンの エモマリラフモン大統領は、タジキスタンへの戦争の波及を防ぐために、アフガニスタンとタジキスタンの国境に2万人の軍隊を配備することを発表した。7月9日、集団安全保障条約機構は、タジキスタンを支援するために、ロシア連邦が国境にも7,000人の軍隊を配備すると発表した。[148] [149] 7月7日、親政府軍は、カラエナウ市を占領するタリバーンの試みを打ち負かした。[43] 7月8日、タリバーンはヘラート州の戦略的に重要なカルク地区を占領した[143]

    7月8日、国家保安局(NDS)の副長官であるAbubaker Muradiと、領土軍の司令官であるKhir Mohammad Arefiが、他の数十人の警備員とともに、戦闘なしでタリバーンに降伏した。州議会の2人のメンバーであるKhanJanZafarとMohammadFarid Akhizaiも、同じ日にタリバンに降伏した。[35]

    2021年7月13日、武装した地元住民がジョウジアン州のアフガニスタン政府を支持して抗議

    7月10日、タリバーンはカンダハール州のパンジャウイ地区を占領し[150]、アフガニスタン中央部のガズニ市を取り囲んだ。[151]トルクメニスタントルグンディ、イランとイスラムカラの国境検問所はタリバンによって捕らえられた。イスラムカラ国境通過の捕獲中に、一部のアフガニスタンの治安当局および税関職員は、タリバンから逃れるためにイランとの国境を越えて逃げた。[152] [153] 7月11日、オーストラリア国防相ピーター・ダットン アフガニスタンでの軍事的プレゼンスの終了を発表し、ここ数週間で最後の80人が国を去った。[154] 7月12日、アフガニスタンの米軍とNATO軍の司令官 オースティンS.ミラーは彼のポストから辞任した。[155]同日、アフガニスタンの外務省は、タリバンの諜報部長であるカリ・シャガシを殺害し、ロガール州で彼の信者2人を逮捕したと発表した。[23] 7月12日の時点で、タリバーンはアフガニスタン政府から148の地区を押収した。[17] 7月14日、スピンボルダクのアフガニスタン国境ポストがタリバーン軍に捕らえられた。[156] ロイターのインド人ジャーナリスト、ダーニッシュ・シディキは、2日後の戦闘を報道している間にそこで殺害された。[157]

    7月12日、トルクメニスタン大統領グルバングルベルディムハメドウは、トルクメニスタンへの紛争の波及を防ぐために、アフガニスタンとトルクメニスタンの国境に軍隊、重火器、鎧を配備するよう命じました。[158] 7月16日、ウズベキスタンは、平和を促進し、内戦を防ぐために、地域の指導者とアフガニスタン大統領ガニを含む外国の外交官との間の会議を主催した。[159]その月の後半、タリバーンはワハン地区を占領したため、アフガニスタンと中国の国境も支配していた[160]

    7月21日、統合参謀本部議長の マーク・ミリーは、アフガニスタンの全地区の半分がタリバンの支配下にあり、その勢いはタリバン側の「一種の」ものであったと報告した。[161] 7月22日、国防総省は、米国空軍がアフガニスタン当局の要請によりアフガニスタンで4回の空爆を実施したことを確認した。2回の空爆は、タリバンがアフガニスタン治安部隊から捕獲した軍事装備を破壊することを目的としていた。1門の大砲と1両の軍用車両が破壊されました。[58]その間、カンダハール市をめぐる戦いは続き、和解は本質的に反政府勢力によって包囲された。ダマン地区を除いて、周辺のすべての地区タリバンの支配下に置かれ、カンダハールの飛行場(地元の治安部隊に供給するために重要)だけが完全な政府の支配下にとどまった。FDDのLongWar Journalによると、ダマン地区が武装勢力に陥落すると、政府軍がカンダハール市を保持することは非常に困難になるとのことです。[162] 7月22日、カンダハール州のスピンボルダクでの銃乱射事件で100人が死亡した。[163]地元の民兵と警察がタリバンからサイガンカフマールの地区を奪還したため、親政府軍はバーミヤン州で勝利を収めた[ 164]。政府がカラク地区を奪還したヘラート州。[143] 7月24日、政府は、「暴力を抑制し、タリバンの動きと前進を減らす」ために、国の3つの州を除くすべての州で午後10時から午前4時の間に夜間外出禁止令を課した。[165] [166]

    7月25日の状況

    7月25日、タリバーンの主要な司令官であるMufti Ismaelが負傷し、彼の警備員5人がFaryab州の護送船団を狙った地雷爆発で死亡した。[29]

    7月26日、国連デボラライオンズの代表による報告は、政府とタリバンの間の戦闘の結果として民間人の死亡が急増したことを示した。ライオンズは、女性と子供たちが殺されていると彼女が言うように、民間人を保護するために双方に懇願した。[167]同日、5人の警官を含む約46人のアフガニスタン軍が、軍事基地を守ることができなかった後、パキスタンに避難を求めた。[74]

    7月28日、タリバンの代表団が天津で中国の王毅外相と会談し、王毅は 東トルキスタンイスラム運動との関係を断ち切ることを条件に、中華人民共和国によるタリバンへの支援を約束した(2002年現在、400新江地域の過激派はタリバンの合宿で訓練されていた)[168] [169] [170] [171]「タリバンを政治の主流に戻す」ことを誓い、アフガニスタン政府とタリバンの間の和平交渉を主催することを申し出る。[172]

    7月31日までに、タリバーンはヘルマンド州とヘラート州の両方の州都に入り、州内の多数の地区を占領し、イランとトルクメニスタンとの国境を越えた。[173] [174]とりわけ、ヘラートの重要なカラク地区は再び反政府勢力に襲われた。反政府勢力はまた、ヘラート国際空港とヘラート市の間の道路を切断したが、空港は政府の管理下にあった。ロングウォージャーナル、空港が防御側に供給することなくヘラート市の支配を維持する政府の能力は疑わしいと主張した。その間、カンダハール市は争われ続けた。[143]

    8月1日から2日まで、ラシュカルガー郊外のサフィアン、カラエコーネ、カリス地域がタリバンに陥落した。タリバンと政府の間の衝突も都市の郊外で起こり、アフガニスタン空軍と米国空軍がタリバンの陣地を攻撃した。8月2日、戦闘で40人の民間人が殺害され、100人以上が負傷した。[175]ラシュカルガーのラジオ局を占領した後、タリバーンは彼らのシャリアの声の番組を放送し始めた。反政府勢力も市内の空港を攻撃し始めました。その間、政府は都市が反乱軍に倒れるのを防ぐために援軍を派遣した。[176]同日、ヘルマンド州の警察署長アブドゥル・バキ・バレスとその仲間5人が降伏し、タリバーンの階級に加わった。[36]

    8月3日、5人の攻撃者を含む13人が、カブールでのタリバーン爆撃と銃撃戦で殺害された。[177]ビスミッラー・ハーン・モハマディ国防相を殺害することを目的とした、タリバーンの「殉教大隊」によって実施されたインギマシの作戦。彼は攻撃を生き延びた。モハマディは、タリバンの攻撃に対抗する責任がある主要な政府の人物の1人としてLong WarJournalによって説明されました。[32] 8月5日の時点で、115人のアフガニスタン国家安全保障部隊の職員と58人の民間人がタリバーンとの衝突中に殺害され、国防省は月初めから3,197人のタリバーン戦闘機を殺害したと主張した。[73] [68]

    州都の崩壊

    攻撃中に倒れた州都のリスト
    日にち 資本 注文
    6 August Nimruz Zaranj 1
    7 August Jowzjan Sheberghan 2
    8 August Kunduz Kunduz 3–4
    Sar-e Pol Sar-e Pol
    Takhar Taloqan 5
    9 August Samangan Samangan 6
    10 August Farah Farah 7
    Baghlan Puli Khumri 8
    11 August Badakhshan Fayzabad 9
    12 August Ghazni Ghazni 10
    Herat Herat 11
    Badghis Qala e Naw 12
    Kandahar Kandahar 13
    13 August Helmand Lashkargah 14
    Ghor Chaghcharan 15
    Logar Puli Alam 16–18
    Zabul Qalati Ghilji
    Uruzgan Tarinkot
    14 August Paktia Gardez 19
    Paktika Sharana 20
    Kunar Asadabad 21
    Faryab Maymana 22
    Laghman Mihtarlam 23
    Daykundi Nili 24
    Balkh Mazar-i-Sharif 25
    15 August Nangarhar Jalalabad 26
    Maidan Wardak Maidan Shar 27
    Khost Khost 28
    Bamyan Bamyan 29
    Kapisa Mahmud-i-Raqi 30
    Parwan Charikar 31
    Nuristan Parun 32
    Kabul Kabul 33
    Government control Panjshir Bazarak

    8月6日、タリバーンはカブールの政府メディアおよび情報センターの長であるDawa KhanMinapalを暗殺した。[178]同日、タリバーンが州都シェベルガーンに侵入したときジョウジアン州で激しい戦闘が報告された。タリバーンはミナパル殺害の責任を確認し、空爆の増加に対する報復として政府高官を標的にするだろうと警告した。[179]同日、タリバーンニームルーズ州の州都ザランジを占領し、2001年のアメリカの侵略以来初めて州都を占領した。[180]反乱軍は地元の刑務所を開き、多くの囚人が逃げることができました。伝えられるところによると、ザランジはほとんど抵抗なく捕らえられていたので、アフガニスタンのジャーナリスト、ビラル・サーワリーは、誰かが都市をタリバンに「売った」のではないかという疑いを表明した。[181]ソーシャルメディアの投稿は、タリバンが無法の長い歴史を持つ都市の何人かの居住者によって歓迎されたことを示唆した。ソーシャルメディアに表示される画像は、タリバンの戦闘機が捕らえられた軍用ハンビー、豪華なSUV、ピックアップトラックを運転し、地元の住民(主に若者や若い男性)がタリバンの旗を掲げて応援している様子を示しています。[182]国連特使はまた、国が戦争の「致命的な段階」に入っていると警告した。[183]英国と米国の政府は、タリバンの前進と治安状況の悪化の中で、アフガニスタンを「すぐに」去るように市民に警告した。[184] [185]

    8月7日、タリバーンはシェベルガーンを占領し、州都の2回目の占領となった。[186] 元武将であり、伝統的に都市を支配していた有力者であるアブドゥル・ラシッド・ドスタムは、彼の信奉者を連れて、ジョージアン州でまだ政府が所有していた唯一の地域であるクワジャ・ドゥ・コ地区に逃げた。その間、親政府軍はラシュカルガーで抵抗のポケットに縮小されていたが、カンダハールとヘラートは激しい争いを続けていた。武装勢力はまた、他の州都への襲撃を繰り返し開始した。[187]同日、米国のB-52爆撃機がアフガニスタンのタリバンに対して空爆を実施し、アル・ウデイド空軍基地から活動した。カタール[188]米国はまた、武装したリーパードローンAC-130スペクターガンシップを使用しており、カンダハール、ヘラート、ラシュカルガー周辺の標的に対して毎日攻撃を開始したと伝えられている。[188]ラシュカルガーとカンダハールの残りの地上防衛は、ほとんどが反乱軍に取り囲まれた数百人のアフガニスタンコマンドスによって組織された。これらの兵士はアフガニスタン軍の最も訓練され、最も意欲的な軍隊であったため、Long War Journalは、彼らの喪失はアフガニスタン治安部隊の将来の有効性に関して大きな後退になると主張した。[41] USSロナルドレーガンは、ミッションをサポートするために高速ジェット機を発射していました。[189]カブールのアメリカ大使館は、安全上の懸念が高まり、大使館の職員が減ったために大使館がアメリカ市民の安全を保証できなくなったため、すべてのアメリカ人に直ちに国を離れるように促した。[190]

    翌日、タリバーンはアフガニスタン国家治安部隊との激しい衝突の後、クンドゥズとサレポルの都市を占領した。2つの都市の戦いでは、多くのアフガニスタン国軍兵士がタリバンのプロパガンダと同様に急速な反政府勢力の前進によって動揺していたため、大量の脱走が報告されました。親政府軍は、クンドゥズの軍事基地と空港を保持することしかできませんでした。[191] [192]記者は、クンドゥズの占領を「5月に攻撃を開始して以来、タリバンにとって最も重要な利益」と説明し、この都市はアフガニスタン最大の集落の1つであり、カブールを含む国内の他の注目すべき場所との接続が良好である。中央アジアの主要な麻薬密輸ルートの一部と見なされています。[193]クンドゥーズの戦いには、タリバーンのエリート突撃部隊である赤い部隊が関与し、タリバーンの司令官を含む数百人の囚人が釈放された。[41]タリバンもまた、8月8日後半にタリバンに占領され、5番目に倒れた州都となった。[194]政府軍は正午以降に都市から撤退し、[195]ワルサジ地区ファルカル地区を奪還した。[196]

    2021年8月、村で休んでいるタリバンの戦闘機

    8月9日、タリバーンはサマンガーン州の州都であるアイバクを占領した。[197]副知事のセファトゥラ・サマンガニはAFP通信社に、コミュニティの代表がさらなる暴力を免れるように要求した後、政府軍は戦いなしで都市から撤退したと語った。[198]同日、サマンガーンの元上院議員であり、ジャミアテ・イスラミ党の著名な武将であるアシフ・アジミがタリバーンに亡命した。アジミは、彼の指揮下にある何百人もの男性もタリバンに亡命したと述べた。[44]アシュラフ・ガニー大統領と他の政治指導者はまた、公の蜂起勢力を調整し支援するための合同司令部を形成することに合意した。[199]

    8月10日、マザリシャリフ周辺で戦闘が激化した。ファラーの州都であるファラーで、タリバーンと政府軍との間の激しい戦闘の後、タリバーンが知事の化合物を支配していた。[200]彼らはまた警察本部と刑務所の支配権を握っていた。激しい戦闘が続いたものの、ファラは7番目に倒れる州都になりました。[201] 8月10日に8番目の州都であるバグラーン州のプリクムリも占領された。[202] [203]

    8月11日、バダフシャン州のフェイザバードタリバンに占領された9番目の州都となった。タリバンが城門に到着した後、政府軍はファルカル地区に撤退し、タリバンの陥落からそこで治安部隊と合流することを決定した。[204]米国の侵略以前は、フェイザーバードは北部同盟の本部であった。[205]同じ日に、タリバーンはクンドゥズ空港を占領した数百人のアフガニスタン軍が降伏した後、217人のパミール軍団に所属する主要な軍事基地がクンドゥズの軍事装備に対するタリバーンの支配を確保した。軍事基地は、クンドゥズ、タカール、バダフシャンの治安に責任があり、アフガニスタンにおけるそのような8つの施設の1つでした。[206]その崩壊は、アフガニスタン国軍の苦しむ士気をさらに低下させたが、マザリシャリフを救済するための政府の反撃を事実上不可能にした。[207] Deutsche Presse-Agentur (dpa)は、第217パミール軍団全体がクンドゥズのタリバン軍に降伏したと述べた2人の地方議員を引用した。タリバーンのスポークスマンもツイッターにビデオを投稿し、政府軍兵士が過激派の仲間入りをしていることを示したとされている。[208] 217パミール軍団の包囲された部隊は、降伏する前に3日間持ちこたえていました。多くの軍事装備が基地と空港の反乱軍によって捕獲されました。[207]さらに、この日は、ワリ・モハマド・アフマザイ将軍がハイバトゥラー・アリザイ将軍に代わって、新しいアフガニスタン陸軍参謀長になった退任するアフマザイ将軍は、2021年6月に就任して以来、アフガニスタン軍の参謀長を務めた。 [33]

    8月12日、タリバンはガズニ市を占領し、1週間以内に10番目の州都になりました。この都市はカブール-カンダハル高速道路沿いにあり、カブールと南部の要塞の間の玄関口として機能しています。[209] [210] [211]ガズニ州知事は、安全な通過と引き換えに「戦いなしで降伏した」としてすぐにヴァルダクで逮捕された。[212]同日、中央政府は停戦の代わりに「パワーシェアリング」の提案を提案した。タリバーンは、新しいイスラム首長国を設立したいと述べて、この申し出を拒否した。[213]同じ日、戦略的なシーンダンド空軍基地の崩壊も見られたヘラート[214]で、空軍基地に配置された2機のUH-60ブラックホークヘリコプターの捕獲。[82]その夜遅く、アフガニスタンで3番目に大きな都市であり、同名の州都であるヘラートがタリバンに陥落した。[215] 2週間の包囲の後、ヘラートの崩壊により、イスマイル・カーンと他の政府高官および軍隊は、州の空港と市外の軍団に避難することを余儀なくされた。[39]午前中、カーンは内務副大臣のアブドゥル・ラーマン・ラーマンとヘラートの国家保安局長のハシブ・セディキと共にタリバーンに降伏した。207 Zafar Corpsの指揮官、Khyal Nabi Ahmadzai、[216][217]そして何千もの政府軍もタリバンに降伏した。[39]地方当局によると、ヘラート市のアフガニスタン軍隊全体が崩壊した。[218] [219]この時点で、彼らはアフガニスタンの34の州都のうち11を支配していた。[220]タリバーンはまた、カラエナウへの攻撃を開始し、7月にそうしなかった後、都市を占領した。[221] [222]

    一夜にして、カンダハールはタリバンに捕らえられました。都市周辺での激しい衝突によりANAが撤退し、タリバンが支配する州都の数が13に増えました。[223] [224]

    ラシュカルガーの戦いで数週間戦った後、ヘルマンド州の州都であるラシュカルガー市が8月13日にタリバンに占領された。[225]同日、タリバーンはゴール州の州都チャグチャラーン(フィロズコとも呼ばれる)を支配した。[226]当局者は、都市は何の戦いもなく倒れ、1週間以内にタリバンに倒れる15番目の州都になったと述べた。[227]フィールズクーフの人口は約132,000人です。[226] 8月13日の後半、タリバーンはプリアラムカラットタリンコットを占領した。、それぞれロガールザブールウルズガン州の州都[98] [228]政府の支持者は、暴走する前にロガールに断固とした防御を示したが、ザブールとウルズガンは、地元の擁護者が自分たちの状況を受け入れられないと判断し、撤退することを選択した後にのみ反乱軍に降伏した。対照的に、QalatとFayrozKohは何の戦いもなしに倒れた。カラートはカンダハールに送られた擁護者を奪われており、ファイロス・コの当局者は「タリバーンの攻撃に巻き込まれた」のではなく、買収を交渉することを好んだ。ロングウォージャーナルこれらの州都の崩壊により、タリバーンはカブールを包囲することができたと主張し、アフガニスタン政府は「崩壊の危機に瀕している」と述べた。[229]

    2021年8月14日にアフガニスタンの状況について話し合った、ハリス副大統領と米国国家安全保障チームとのビデオ会議でのジョー・バイデン米国大統領

    2021年8月14日、タリバーンは7つの州都を占領しました。GardezSharanaAsadabadMaymanaMihtarlam[230] Nili[231]、およびアフガニスタンで4番目に大きな都市であるMazar-i-Sharif 。2人の長年の反タリバン武将、すなわちDostumとAtta Muhammad Nurは、ウズベキスタンに逃亡した。[232] [99] [233] [234]バルフ州の議員、アバス・エブラヒムザダは、マザリシャリフでは、国軍が最初に降伏したため、タリバーンによる都市への攻撃に直面して、親政府民兵やその他の軍隊が士気を失い、降伏したと述べた。[235]マザリシャリフの軍団司令官であるザビフラ・モーマンドもタリバーンに降伏した。[34]都市の喪失に続いて、アッタ・ムハンマド・ヌルはフェイスブックの投稿で、マザリシャリフでの彼の敗北が計画されており、敗北の責任を政府軍に負わせたと述べた。彼は誰が陰謀の背後にいたのかを特定せず、彼とドスタムが安全な場所にいると言う以外の詳細も提供しなかった。[235]その後、タリバーン軍もマイダン・ヴァルダク州の中心であるマイダン・シャーに侵入した。この時点で、反政府勢力はカブールを取り囲んでいたが、アフガニスタン国軍は国中での急速な敗北に続いて混乱に陥っていた。どちらもアフガニスタンの首都に拠点を置く第201軍団と第111師団だけが活動を続けた。[236]

    2021年8月15日の初め、タリバーンはナンガルハール州の州都であるジャララバードに反対せずに入った。[237]倒れたのは26番目の州都であり、その占領によりカブールはアフガニスタン政府の支配下にある最後の主要都市となった。[238]その後すぐに、マイダンシャー、[239]ホウスト[240] [241]バーミヤン[242]マームディラキ[243]チャーリーカール[244]パルン[243]も倒れた。アフガニスタンのコマンドスはなんとかカンダハール空港からの避難に成功しました 同じ日に; 空港は、この時点までまだ政府の支持者によって保持されていました。[245]治安部隊はバグラム飛行場をタリバンに降伏させた。空軍基地には、約5,000人のタリバンとイラクのイスラム国およびレバントの囚人が収容されています。[246]

    また8月15日、ウズベキスタン当局は国境を越えた84人のアフガニスタン兵士を拘留し、拘束された兵士とテルメズ-カイラトン橋のアフガニスタン側に集まった兵士のグループの両方に医療援助を提供した。[247]

    8月16日、米国の侵攻の初期にCIAによって作成された民兵部隊であるKhost Protection Force(KPF)は、パクティア州に逃げようとした後、アフガニスタン東部のタリバン軍に降伏した。インテルファクス通信が引用した地元のジャーナリストによると、1,200台の車両で約6,000 KPFがタリバンに降伏し、降伏のビデオがソーシャルメディアに投稿されました。[248]

    NATO空輸

    2021年8月13日、NATOの撤退を支援するためにカブールに配備されたイギリス兵

    ヘラートの陥落から数時間後の8月12日、米国と英国の政府は、国民、大使館職員、および国外の連合軍と協力したアフガニスタンの民間人。当局者は、最初の展開は次の24〜48時間で行われ、月末までに完了すると述べた。それらの情報源によると、計画はチャーター機を使用することでした当時はまだ民間旅客機が飛ぶことができたカブール空港を使った避難のために、しかしそれが不可能になれば軍用機が使われるでしょう。英国政府によると、避難とそのタイミングは長い間計画されていたが、アフガニスタン当局者は、治安状況が急速に悪化したため、タイミングが早められたと述べた。3,000人の米軍に加えて、状況がタリバンとの武力紛争にエスカレートする場合に備えて、さらに3,500人がクウェートで待機します。[249] [250] [251]カナダは、過去にカナダのスタッフと一緒に働いたアフガニスタンの家族を収容するカブールの大使館職員を避難させるためにカナダの特殊部隊ユニットが配備されると発表した。[252]デンマーク政府とノルウェー政府は、カブールにある大使館が安全上の理由で閉鎖されることを発表し、外交スタッフを避難させる計画を立てており、彼らと一緒に働いていたアフガニスタン人は前進するでしょう。[253]

    カブール陥落

    2021年8月17日、カブールのタリバン戦闘機

    8月15日、アフガニスタンの首都を「強制的に」奪取する計画はないとの声明を発表したにもかかわらず、タリバーンはカラカン地区カラバグ地区パグマン地区を含む複数の方向からカブールの郊外に入った。[254]プル・エ・チャルキ刑務所での市全体の停電と、襲撃および囚人の蜂起の可能性が報告された。[255] [256] ボーイングCH-47チヌークシコルスキーUH-60ブラックホークヘリコプターがカブールのアメリカ大使館に着陸し始め、避難を実行し、外交官は分類された文書を急速に細断した。[257]

    アフガニスタン内務省ガニ大統領が権力を放棄することを決定し、タリバンが主導する暫定政府が形成されると発表した。[258]前大統領ハミド・カルザイは交渉チームの一員となることになっていた。[259]タリバーンは、政権交代を待ち、無理やりカブールに入らないように戦闘機に命じた。[260]

    8月15日、ガニ大統領がタジキスタンに向けて国を去ったと報じられた[261]ガニのアフガニスタンからの離脱は、多くのアフガニスタン人と外部のオブザーバーから批判された。[262] [263]カブールにあるロシア大使館のスポークスマンであるNikitaIshchenkoは、Ghaniが4台の車とヘリコプターでお金でアフガニスタンから逃げ出したと主張した。[264]後にアラブ首長国連邦から話したガニは、リンチされないように政府の補佐官の助言を残したと述べた(アフガニスタン大統領モハマド・ナジブラは、1996年の前回のタリバーンの乗っ取りに公然と絞首刑にされていた)。[265]彼は、UAEに到着したときに税関を通過したことを指摘し、彼が多額のお金を持っていたという報告を否定しました。[266]

    タリバンがカブールを占領した後、8月21日にアフガニスタン人がハミドカルザイ国際空港から避難した米軍兵士。

    8月15日遅く、アフガニスタン空軍 エンブラエル314ウズベキスタン空軍 MiG-29 が空中で衝突し、両方の航空機がウズベキスタンのスルハンダリヤ地域で墜落しました。両方の航空機のパイロットは、パラシュートで放出され、着陸しました。[267]その日の早い段階で、ウズベキスタンは、タリバンの攻撃から逃れている間に医療援助を求めて国境を越えた84人のアフガニスタン兵士を拘束したと述べた。[268]

    8月16日、タリバーンのスポークスマンMohammad Naeemは、アルジャジーラとのインタビューで、アフガニスタンで戦争が終わったと述べた。彼は、タリバンは彼らが望んでいたことを達成した、彼らはアフガニスタンの領土が誰に対しても使用されることを許さず、誰にも危害を加えたくないと言った。[269]同日、ウズベキスタンの検察庁は、22機の軍用機と約585人のアフガニスタン兵士を乗せた24機のヘリコプターがウズベキスタンに到着したと述べた。約158人のアフガニスタン兵士がウズベキスタンの国境を徒歩で渡った。[75]

    国防総省は、カタールの米国中央軍の長であるケネスF・マッケンジー・ジュニア将軍が、カタールの首都ドーハに拠点を置くタリバーンの指導者に会ったことを確認したタリバーン当局者は、難民がカブール空港を利用して逃げるためにマッケンジーが設定した条件に同意した[270] [271]

    8月23日、タリバーンのスポークスマンSuhail Shaheenは、アフガニスタンからの米軍撤退の8月31日の期限を延長することを望まないと述べた。[272]同日、中央情報局(CIA)の局長ウィリアム・J・バーンズは、カブールで、カタールでの亡命からアフガニスタンに戻ったタリバーンの指導者アブドゥル・ガニ・バラダールと秘密の会合を開き、8月31日について話し合った。締め切り。[273] [274]

    戦争犯罪

    6月16日、Dawlat Abadで、タリバン軍に降伏しようとしたときに、22人の非武装のアフガニスタン特殊部隊の部隊が実行された。イベントのビデオは広く流通し、CNNによって放送されました。アムネスティ・インターナショナルのサミラ・ハミディは、この事件を「降伏した兵士の冷酷な殺人-戦争犯罪」と表現した。彼女は、アフガニスタンでの国際刑事裁判所の捜査の一環として、この事件を調査するよう求めた[275]

    7月8日、アフガニスタンの兵士は、アフガニスタンの村人を、爆発する前に即席爆発装置(IED)に座らせて処刑しました。[276]バラカトゥラと名付けられた犠牲者は、アフガニスタン警察と反タリバン民兵によってタリバンを支援したとして非難された。バラカトゥラの父親は、息子がタリバンと協力していることを否定した。事件はパクティカ州の州都であるシャラナ市の南で発生し、事件のビデオはTikTokにアップロードされました。France 24 Observersチームは、ビデオを検証して地理的に特定することができました。アフガニスタン国防省のスポークスマンであるファワド・アマンは、そのような事件が起こったことを否定した。[276]アフガニスタンのジャーナリスト、ナシーブ・ザドランは、これは孤立した事件ではなく、アフガニスタン軍が享受している免責を反映していると述べた。[276] [277]

    7月16日、タリバーンは、カンダハール州でロイターで働いていてピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストであるダーニッシュシディキを殺害した。亡くなったジャーナリストの遺体は、後にインドとアフガニスタンの保健当局とともに赤十字に引き渡され、デンマークのシッディの遺体はタリバンの戦闘機によってひどく切断されたと述べた。[278]

    7月22日、アフガニスタンのカンダハール州スピンボルダック地区タリバーンがこの地区を乗っ取った後、武装集団が少なくとも100人を殺害したと報じられた。アフガニスタン政府はタリバンを殺害のせいにした。[279]人権団体はまた、カンダハール州のアブドゥル・ラジク・アチャクザイ将軍の近くにいた人々を標的とした一連の復讐殺害についてタリバーンを非難した。[278]

    8月1日、アフガニスタン空軍はラシュカルガー市の小さな私立病院を爆撃し、1人を殺害し、他の3人を負傷させた。病院の所有者は、アフガニスタン空軍がタリバンがそこで治療を受けていると誤って信じていたため、彼の病院を標的にしたと述べた。所有者は、タリバンの戦闘機が彼の病院で治療を受けていること、そして彼の病院のスタッフも市内での激しい戦闘のために削減されたことを否定した。[280]

    8月6日、タリバーン軍は、カブールの政府メディアおよび情報センターの責任者であるDawa KhanMenapalの8月5日の暗殺の責任を主張した。[281]タリバーンがザランジを支配した同じ日に、人権活動家のラール・グル・ラールは、タリバーンによる30人の兵士の処刑は戦争犯罪であると述べた。TOLOnewsによると、兵士の何人かは、殺される前にタリバンによって拷問され、目を離された。[282]

    8月20日、アムネスティインターナショナルは、7月初旬にガズニ州でタリバンがハザラ人を虐殺したことを将来の「恐ろしい指標」として指摘した。[283]ハザラ人の男性はさまざまな銃撃を受け、拷問を受けて死にました。1人は自分のスカーフで首を絞め、腕の筋肉を切り落とし、もう1人は体を粉々に撃ちました。[283]

    キーファクタ

    2021年のタリバン攻勢の主要なプロセスは、2020年2月の米タリバン協定に続いて開始された。これには、村レベルからタリバンへの交渉または有償の降伏のボトムアップの連続が含まれる[107] [108]タリバンのオンラインソーシャルメディアの効果的な使用[108]と北部の州を攻撃するというその戦略的選択[109] [108]と、米国が推奨する農村地域を犠牲にする戦略に従ったアフガニスタン国家治安部隊(ANSF)に起因する主要なアフガニスタン高速道路でのタリバンの移動の自由主要な都市中心部を守ることに賛成。[31] [65] [108]

    2020年2月の米国のサポートの減少と2021年4月からの米国のサポートの変更の両方が、ANSFが軍隊はハイテク空中インフラに強く依存しています。[110] [111]

    ANSFの米国連合訓練の誤りも非難され[111] 、アフガニスタン警察が地元住民を恐喝し、幽霊兵士を発明することによって彼ら自身に資金を提供した[112] 2021年4月のANSF給与管理のアフガニスタン軍政への突然の切り替えは、数ヶ月の未払いのANSF給与につながった。[113]

    ANSFの軍事任命におけるえこひいきと、アシュラフ・ガニー大統領が効果的な国民的コンセンサスを作成できないことも、ANSFの敗北につながる重要なプロセスと見なされていました。[110] [60]地方の武将が国家レベルの政治的リーダーシップに自信を持っていないことが、タリバーンと交渉したり降伏したりする意欲に貢献した。[111]

    タリバン戦略

    交渉または支払われた降伏の連続

    2020年初頭から、タリバーンは、最下位の政府高官との農村での交渉のボトムアップキャンペーンを開始しました。当局は、結果として生じた取引を「停戦」と名付けました。ワシントンポスト紙のスザンナ・ジョージがインタビューしたアフガニスタンと米国の当局者によると、当局はANSF兵器をタリバンに譲渡するためにタリバンから支払われたため、「停戦」という言葉は誤解を招いた。[107] 2021年半ばまで続く各降伏は、他の政府や村の指導者を説得し、地区レベルに規模を拡大して、タリバーン軍が軍事戦なしでアフガニスタンの大部分を支配できるようにするために使用された。[107] [108]米国大統領バイデンが2021年4月に米国の完全な無条件降伏を確認した後、降伏の連鎖は加速し、州レベルの降伏にまで拡大しました。[107]

    降伏の連鎖は、タリバーン軍を輸送するための政府車両に関して増加した資源を提供した。[108]

    スザンナ・ジョージがインタビューしたアフガニスタンの特殊部隊の将校によると、降伏の一部は支払いに動機付けられたが、他の降伏は日和見主義によるものだっ[107]

    元米国務省当局者のエリザベス・スレルケルドは、タリバンの急速な前進と一部のアフガニスタン軍部隊の平和的降伏により、他の多くの部隊が追随するように促したと述べた。[284]

    オンラインソーシャルメディアの役割

    タリバーンはオンラインソーシャルメディアを使用して、「政府は非合法である」とアフガニスタンを説得し、タリバーンはアフガニスタンを支配することに成功するだろうと説得した。TOLOnewsの責任者であるSaadMohseniは、タリバンの「アウトリーチは素晴らしかった」と述べ、「人々に勝つために部族内、民族、宗教、イデオロギーの違いを利用した」と述べ、政府に対する一般的な苦情を利用した。[108]

    ワシントンポスト紙は、「古代の道徳的規範」に従うというタリバンの主張を、「政治的勢いを構築するための驚くほど洗練されたソーシャルメディア戦術」と対比させた。タリバンのソーシャルメディアユーザーによって広められたテーマは、ソーシャルコンテンツのガイドラインの範囲内にとどまりながら、タリバンの暴力的な評判を無効にすることを目的としていました。ワシントンポスト紙は、タリバンが企業や政治関係者のような広報会社から助言を受けていることを示唆した。タリバンのオンラインソーシャルメディアの聴衆は、地元の人々と同じくらい国際的であると見られていました。2021年半ばに宣伝されたメッセージは、「タリバンのより穏やかで安心できる顔」でした。タリバンのスポークスマン、スハイル・シャヒーンは350,000のTwitterを持っていますフォロワー。タリバンのソーシャルメディアコミュニケーションの多くはTwitterとWhatsAppで行われ、WhatsAppは地域の問題を解決するためにタリバンによる介入を要求するために使用されていました。タリバンは2019年までにハッシュタグの効果的な使用を習得していた。 [285]

    アフガニスタン北部

    アフガニスタン内戦(1996年から2001年)の間、タリバンへの抵抗は北部同盟の拠点であるアフガニスタン北部で最も強かったアフガニスタンアナリストネットワークによると、タリバーンが北部に軍隊を集中させたのは、米軍の撤退後の第二同盟の創設を未然に防ぐ試みだったのかもしれない。[109]

    アフガニスタン政府は、タリバーンが北部で深刻な攻撃を仕掛けるとは予想していなかった。[108]

    高速道路での軍事行動の自由

    国際危機グループのアフガニスタンの上級アナリストであるアンドリュー・ワトキンスは、以前に釈放された5,000人の武装勢力の一部を利用することを除いて、タリバーンがこの攻撃を行うために人員を増やしたという証拠はないと述べた。[31]ワトキンスは、米国の空爆の終わりがシナリオを変えたと信じている。彼は、米国の空爆の終結は反乱軍に移動の自由を与え、彼らは米国の空爆を恐れることなく彼らの補給線を再編成し、計画しそして強化することができたと言います。[31]ボイス・オブ・アメリカがインタビューした国際関係者タリバーンは、ドーハ合意後、アフガニスタン政府軍の介入をほとんど受けずに、アフガニスタン全土で自由に軍隊を動かすことができたと述べた。[65]

    ニューヨークタイムズ紙に書いたデビッド・ズッキーノによれば、ANSFは米軍の助言に従い、軍隊を都市部に集中させ、農村部を犠牲にすることを可能にした。その結果、2020/2021年の北の冬に、タリバンがアフガニスタンの主要高速道路のほとんどを支配した。ズッキノはこれを、タリバンとの戦争に敗れたANSFの重要な要素と見なした。高速道路のタリバーンによる支配は、ANSFの供給と補強ラインを遮断し、トラック運転手に課税したタリバーンに収入をもたらした。[108]

    ANSFに対する米国のサポートをやめる

    ANSFの中将であるSamiSadatによると、2020年2月の米タリバン協定は、アフガニスタン軍に対する米空軍支援の規則に「事実上...一夜」の変更をもたらし、突然の増加につながった。タリバンによる戦闘効果で。2021年4月のバイデン米国大統領による米国の撤退の確認により、請負業者、プロプライエタリソフトウェアが失われました。アフガニスタン軍のヘリコプターミサイル防衛システムを含む兵器システム。アフガニスタン軍は、ヘリコプター、空爆、技術的に専門化された偵察ユニットを使用して、ハイテク軍事モデルで訓練されていました。Sadatによると、技術サポートの喪失により、米国のハイテク軍モデルは無効になり、軍事基地への補給のためのヘリコプターのサポート、および空中およびレーザー誘導兵器が失われました。[110]

    アフガニスタンアナリストネットワークのカントリーディレクターであるアリ・ヤワル・アディリ氏は、ガニスタンを含むアフガニスタン当局者は、米国がアフガニスタン軍への後方支援と航空支援を停止するとは決して予想していなかったと述べた。アフガニスタン軍は、米国が提供する後方支援と航空支援に大きく依存しており、米国の支援が撤回されたとき、彼らは深いショックを受けました。[284]

    軍事歴史家のフレデリック・ケイガンは、バイデンの2021年4月の撤退決定の作成、タイミング、発表の方法がANSFの敗北の重要な要因であることに同意しました。彼は、NATO加盟国を含む非常に少数の米国の同盟国が「独自の高度な空軍力、空中カバー、諜報、監視および偵察資産を提供する能力を持っている」と主張した。[111]

    アフガニスタン軍に対する避難の約束の影響

    「アフガニスタンの元大統領アシュラフ・ガニーは、カブール陥落前に、一部の軍および諜報機関の専門家と強力な軍隊が避難することを約束されており、彼らの離脱がアフガニスタン軍の崩壊の主な理由の1つであると述べた。 。」[286]

    アフガニスタン軍の問題

    トレーニングと資金提供

    米国の公式の「教訓」報告によると、2001年の米国の侵略後にタリバンが弱体化し、タリバンが強かったとき、米国連合はANSFへの最初の資金提供を延期した。訓練の誤りは、地方警察が地元住民から金を強要し、幽霊兵士の代金を受け取ることにつながった[111]

    幽霊の兵士

    不在の兵士の給料をポケットに入れている幽霊大隊を率いる腐敗したアフガニスタン軍将校は、アフガニスタン軍の既知の問題でした。[112] [287] 2016年の報告書で、米国アフガニスタン復興特別検査官(SIGAR)は、「米国もそのアフガニスタン同盟国も、実際に何人のアフガニスタン兵士と警察が存在し、実際に何人が任務に就くことができるかを知らない。 、または、ひいては、それらの運用能力の本質」。2019年の初めに、少なくとも42,000人の幽霊兵士が軍の給与から削除されました。[112]しかし、同じ年、アフガニスタンの国防省アフガニスタン軍における幽霊兵士の存在を否定した。同省のスポークスマンであるRohullahAhmadzaiは、アフガニスタン軍のすべての職員が職務に物理的に存在し、汚職に関与した人々は同省によって調査中であると述べた。[288]

    7月30日、SIGARは、「ANDSF内の腐敗の腐食効果、アフガニスタン軍の実際の強さの不正確さ、戦闘準備の欠如、戦う意志、高度な装備への依存による持続不可能性、大臣への焦点の欠如-レベルの能力、および近年のANDSFのパフォーマンスの測定に役立つ可能性のある地区管理の評価などの重要な情報の欠如」。[289]

    アメリカの知識人ノーム・チョムスキーは、アフガニスタン軍の崩壊を、ISISによる2014年の北部イラク攻勢と1968年のベトナムでのテトの反乱と攻勢に結び付けました。[290]

    カブールの政府に対する忠誠心の欠如

    多くのアフガニスタン人は、州のタリバーン司令官が多くの軍隊の降伏を交渉するために利用したアフガニスタン軍よりも、伝統的な民族部族、さらには家族の絆に忠実です。[284]カブールの中央政府に対する忠誠心は、部族や地域に対する強い忠誠心によって影が薄くなっている。[291]元イギリス陸軍将校のマイク・マーティンは、アフガニスタンの多くの異なる民族グループを国家的大義の考えに忠実に保つための政治的スキルがガニに欠けていると述べた。[284]イタリアのベテラン将軍であり、国際治安支援部隊の元参謀長(ISAF)、ジョルジョ・バティスティは、部族の境界線と忠誠に沿ったアフガニスタンの分割は「どの機関への忠誠よりも強い」と述べた。彼は、ヘルマンド州に派遣されたタジク人のアフガニスタン人は、なぜ彼がそこでパシュトゥーン人のアフガニスタン人を擁護しなければならないのか理解していないと述べた。[292]

    英国の学者ジャーナリストであるアナトール・リーヴェンは、アフガニスタンは「多くの線に沿って分割されており、非常に紛らわしい方法で互いに交差していることが多い」と書いています。パシュトゥーン人タジク人ウズベク人ハザラ人などのさまざまなアフガニスタン民族グループの間には緊張と不信感があり、カブールの教育を受けたアフガニスタン人のリベラルな世界と非常に保守的な田舎に住む人々の間には深い隔たりがあります。リーベンは、アフガニスタンには中央政府と軍隊がありますが、実際には、中央政府はその政権を自国の領土のほとんどに拡大したり、自国の信者を他の権力の中心ではなく州に忠実に保つことはできないと言います。[293]

    一方、タリバンは過激派イスラム主義イデオロギーによって団結した。[291]

    給与支払い管理

    何年もの間、国防総省はアフガニスタンの兵士に直接給料を支払う責任がありました。[113]これらの支払いの責任は、4月に計画された撤退の発表以来、カブール政府に移管された。それ以来、多くのアフガニスタンの兵士は、彼らが何ヶ月も支払われておらず、多くの場合、彼らの部隊はもはや食料、物資、または弾薬を受け取っていないと不平を言っています。[113]ウェズリー・クラーク将軍元NATO最高連合国遠征軍司令官は、多くのアフガニスタン兵士が軍隊での仕事を給料として見たが、原因ではないとCNNに語った。彼は、アフガニスタン軍は歴史的に互いに対立していた様々な部族と派閥で構成されていると述べた。彼はまた、勝者の側に立つか、少なくとも負けた側から離れることは古いアフガニスタンのトリックであり、それがアフガニスタン軍が非常に迅速に崩壊した理由であると述べました。[294]

    アフガニスタンの高官はまた、アフガニスタン治安部隊に属する燃料と弾薬を販売した。[295]

    軍事政治化

    アフガニスタン軍の政治化は、アシュラフ・ガニーに忠誠を誓う無資格の政治家[110]をもたらし、アフガニスタン軍の重要な地位を確保した。[60] ガニの国家安全保障顧問であるハムドラ・モヒブは、軍事経験がないにもかかわらず、軍事作戦を直接支配した。いくつかの政府高官や外交官によると、モヒブの命令はしばしば通常の指揮系統を迂回した。[31] [30]専門家は、アフガニスタンの治安部隊には、能力ではなく接続を通じて責任を負わされた将軍がいたと述べている。[296]

    ヴァリ・ナスルは、タリバンに抵抗するために「カブールで政治的コンセンサスを作成することに初日から失敗した」とガニを非難した。[111]

    サミ・サダト将軍は、タリバン軍からラシュカルガーを擁護している間、アシュラフ・ガニー大統領によってANSF特殊部隊の指揮官に指名され、事実上、彼の部隊の指揮をやめ、8月15日にカブールに到着することを強制したと述べた。彼はカブールを確保する「チャンスさえなかった」。[110]

    人権侵害の疑い

    ヒューマン・ライツ・ウォッチの上級研究者であるパトリシア・ゴスマンは、人権侵害や汚職などの問題がアフガニスタンのコミュニティの目から見た国家の信頼を損ない、国の崩壊に大きな役割を果たしたとビジネスインサイダーに語った。ゴスマンは、米国とその同盟国は、過去に彼らによって犯された残虐行為のために多くのコミュニティによって罵倒されたアフガニスタンの悪名高い人物と彼ら自身を一致させたと言いました。[296]政府、軍隊、警察内のアフガニスタンの指導者は、腐敗から殺人、強姦、拷問、戦争犯罪に至るまでの犯罪で告発されてきた。アサデュッーラハリドHuman Rights Watchによると、元アフガニスタン国防相は、拷問、性的暴力、および裁判外の殺害に関与または命令されたとされている。元アフガニスタン国家警察署長のアブドゥル・ラジク・アチャクザイは、秘密拘禁センターを運営し、人権団体による拷問と裁判外の殺害を実行または命令したとして告発された。戦略国際​​問題研究所の専門家であるErolYaybokeは、アフガニスタンに関しては、米国とその同盟国は「最も悪いパートナーを選んでいる」とインサイダーに語った。[296]

    タリバンに対する外国の支援

    パキスタン

    タリバンの勝利は、パキスタンからの支援によって促進された。パキスタンは2001年のアフガニスタン侵攻の前後で米国の主要な同盟国でしたが、パキスタン政府の要素(軍事および諜報機関を含む)は数十年にわたってタリバン過激派との強力なロジスティックおよび戦術的関係を維持しており、この支援はアフガニスタン。[297] [298]たとえば、パキスタンに本拠を置くタリバンの関連会社であるハッカーニネットワークは、パキスタンの諜報機関である軍統合情報局(ISI)から強力な支援を受けていた。[297]タリバンの指導者たちは、パキスタンで安全な避難所を見つけ、パキスタンに住み、そこで商取引を行い、そこで資金を稼ぎ、そこで治療を受けました。[297] [298]パキスタンの確立のいくつかの要素はタリバンのイデオロギーに共感し、多くのパキスタン当局者はタリバンをインドに対する資産と見なした。[297] [298] ブルース・リーデルは、「パキスタン軍は、アフガニスタンが彼らの執着であるインドに対して戦略的な深さを提供すると信じている」と述べた。[298]

    ロシアとイラン

    テロと紛争に関するロイヤルユナイテッドサービスインスティテュートの上級研究員であるアントニオジュストッツィ博士は、次のように述べています。しかし、おそらくもっと重要なことに、彼らはどちらかの国、あるいはその両方に近い政党、グループ、人格との取引を仲介することによって彼らを助けました。タリバンに抵抗しないようにイランにリンクしました。」[299]

    地元の武将の忠誠

    8月12日、元米国顧問のヴァリ・ナスルは、「地元の武将にタリバンに抵抗すべき理由を与えるようなリーダーシップはなかった。したがって、タリバンの勝利が避けられないことを理解すればするほど、勝利は避けられなくなる」と述べた。 、彼らは彼らとの彼ら自身の取引を切っただけだからです。」[111]

    米国の評価

    7月8日、米国のジョー・バイデン大統領は、「タリバンがすべてを制圧し、国全体を所有する可能性は非常に低い」と述べた。[300]

    6月23日、米国インテリジェンスコミュニティは、アフガニスタン政府が米国の撤退後6か月以内に崩壊する可能性があると推定しました。[301] 8月10日、米国当局は前の6か月の見積もりを修正し、それははるかに迅速に発生する可能性があり、一部のシナリオでは30日から90日以内にカブールが陥落することを想定していると述べた。[302] [303] 8月13日、「西側の上級外交筋」がタリバーンが今後7日以内にカブールに入ると予想したという報告が出た。[304]

    7月8日、米国大統領ジョー・バイデンは記者会見で記者団に語り、タリバーンによるアフガニスタンの乗っ取りは避けられないものではないと述べ、「アフガニスタン軍は30万人の装備を備えており、世界の他の軍隊と同様に装備が整っている。そして75,000タリバンのようなものに対する空軍」。バイデンは、米国の諜報機関はアフガニスタン政府が崩壊する可能性があると評価していなかったと述べた。この撤退とベトナムで起こったこととの間に類似点があるかどうかについて尋ねられたとき、大統領は答えました:

    「何もありません。ゼロ。あなたが持っていたのは、私が間違っていなければ、旅団全体が私たちの大使館の門を突破したことです。タリバンは南ではなく、北ベトナム軍です。彼らはそうではありません。 「能力の点で遠く離れて比較することはできません。アフガニスタンから米国の大使館の屋上から人々が持ち上げられるのを見るような状況はありません。それはまったく比較できません。」

    バイデンは、「...タリバンがすべてを制圧し、国全体を所有する可能性は非常に低い」と付け加えた。[305] 8月15日、タリバンがカブールに入る際、外交官と職員は、米国のブラックホークチヌークのヘリコプターを経由して、カブールの米国大使館から避難した[306]

    7月11日、国防総省の報道官ジョン・カービーは、ANDSFは「これまでにないほどの能力を持っている」、「彼らは国を守る方法を知っている」と述べた。8月9日、アフガニスタン復興特別検査官のジョン・ソプコは、米軍司令部は「アフガニスタン軍がいかに悪いかを知っていた」と述べた。[65]

    8月12日、米国当局は、タリバーン攻勢の驚くべき速さ[307]は、地方政府への早期の過少投資、十分な国造りの欠如、一族の社会構造、地形など、構造的および政治的問題の両方に関連していると述べた。幽霊の兵士[287]と軍隊の不平等な質、[明確化が必要]、そして最近の和平合意とタリバーンの囚人の記憶喪失。[111] [308]

    8月17日に発表されたアフガニスタン復興のためのアメリカ特別検査官からの報告は、米国が戦争のための「首尾一貫した戦略の開発と実施に苦労した」こと、そして「目標が再建し、それ自体を維持できる国を去ることであったならそして、米国の国家安全保障上の利益にほとんど脅威を与えないので、全体像は暗いです。」報告書はまた、米国がアフガニスタンの利益よりも内部の政治的利益を優先し、地域の文脈に対する無知を示し、持続不可能で官僚的なプロジェクトに数十億ドルを浪費したことを発見した。[309]

    余波

    民間人の脱出

    2021年8月15日のカブール陥落中に、米国のボーイングC-17グローブマスターIIIに乗って逃亡したアフガニスタン人。タリバーンの攻撃により、アフガニスタン人が脱出した。
    2021年8月17日、カブール国際空港前のタリバン過激派と民間人
    2021年8月19日、カブール空輸中にアフガニスタンの避難者を護衛する米海兵隊
    2021年8月のアフガニスタンからの帰国作戦

    30万人以上のアフガニスタンの民間人は、米国政府のために働いていたため、タリバンの報復の危険を冒しています。[310] 8月17日の時点で、タリバンが保有するアフガニスタンには約11,000人のアメリカ市民が立ち往生していた。[311]

    7月下旬、数百人のアフガニスタン難民がイランからトルコ東部に渡り始めました。少なくとも1,500人の移民がイラン国境に沿って拘留され、200人のアフガニスタン移民がヨーロッパに向かう途中でトルコに迎撃された。トルコは、イランとトルコの国境に沿って国境障壁を建設することを発表しました。そこでは、多くの難民がヨーロッパに向かう途中でトルコに渡ります。[312]

    8月5日、ドイツを含む6つの欧州連合(EU)加盟国は、タリバンによる大きな前進にもかかわらず、拒否された亡命希望者をアフガニスタンに強制送還し続けるよう欧州委員会に要請した。[313]数日後、タリバーンの反乱軍がより多くの領土を占領したため、ドイツとオランダはアフガニスタン難民の移送を一時的に停止した。[314]

    2021年8月初旬、ポーランドのウスナシュグルニー村近くのベラルーシとポーランドの国境に、32人のアフガニスタン人と41人のイラクのクルド人のグループが現れ、どちらの国への入国も拒否されたため、危機が発生しました。野営した移民。彼らの出現は、ベラルーシからポーランドおよび他の東ヨーロッパ連合(EU)加盟国のラトビアリトアニアへの国境を越えた何千もの主に中東の移民の流入に続いています。カブールの崩壊に至るまでの数か月間、EUは、ベラルーシが組合の制裁に応じて移住を意図的に設計したと主張した。ベラルーシ政府はこの告発を否定しましたが、ポーランドはそれをブロックに対する「ハイブリッド攻撃」と呼び、移民は技術的にはまだベラルーシにいるので入国を許可されるべきではないと述べました。移民が亡命支援を求めた後、欧州人権裁判所(ECHR)はポーランドとラトビアを召喚し、「食糧、水、衣類、適切な医療、そして可能であれば一時的な避難所」を3週間提供した。どちらの国も国境を越えて移民を許可するように命じられたが、8月25日に裁判所。[315]

    8月13日、カナダ政府は、カナダがタリバンの標的と思われるグループから2万人以上のアフガニスタン市民を再定住させると発表しました。英国は、2万人のアフガニスタン人が英国に定住することを許可すると述べており、米国は最大3万人のアフガニスタンSIV申請者を米国に移住させる可能性が高いようです。[316]オーストラリアは、3,000人以上のアフガニスタン難民を第三国定住させることを約束した。[317]ドイツは、約10,000人のアフガニスタン人を受け入れると述べた。[318]

    8月17日、インドは、「アフガニスタンのシーク教徒ヒンズー教徒のコミュニティリーダーからの要請をすでに受けている」として、同国に来たいと考えているすべてのアフガニスタン国民に緊急電子ビザを発行すると発表した。ビザは最初6ヶ月間有効です。[319] [320] [321]

    8月17日、英国政府は、女性、子供、マイノリティを優先して、最大20,000人のアフガニスタン難民の第三国定住計画を確立すると発表しました。[322] 8月19日、フィンランド政府は、アフガニスタンからより多くを受け入れるために難民の割り当てを2倍にする計画を発表した。[323]フィリピンはまた、アフガニスタンからの難民を受け入れる開放性を表明した。[324] 欧州議会議長のダビド・サッソーリは、EU諸国に難民の公正な割合を受け入れるよう求め、EUは「倫理を尊重することを気にかけていることを示さなければならない」と述べた。[325]スペイン政府は、トレホン・デ・アルドスの空軍基地に一時的な難民キャンプを創設した後に、欧州委員会の ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長や欧州理事会の シャルル・ミシェル委員長など、欧州連合の当局者が訪問しましたフォンデアライエンはサンチェス政府のイニシアチブを称賛し、スペインの行動は「最高のヨーロッパの魂の良い例」であると述べました。[326] ジョー・バイデン米国大統領 は、「アフガニスタンの女性​​と少女への国際的支援を求めるスペインのリーダーシップ」を称賛しながら、ロタモロンの軍事基地を利用してアフガニスタン難民を一時的に収容できるようにするためにサンチェスと話し合った。[327] [328]

    しかし、一部の政府は難民に対して敵対的な態度を示し始めました。[329] [330] [331]記者会見で、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、フランスは「移民の波から身を守り、守る必要がある」と述べた。[332] [333]オーストリア政府は、他のいくつかのEU諸国とは異なり、アフガニスタンへの強制送還を停止しないと発表した。[334]オーストラリア国防大臣ピーター・ダットンはテレビインタビューで、オーストラリア政府と協力していたアフガニスタンの民間人がオーストラリアで亡命を主張することを許可することは安全上のリスクをもたらす可能性があり、「私たちはそれらの個人について十分に知らない」と示唆した。[335]の政府ウズベキスタンは、国境を不法に越えようとする試みを厳しく抑制すると警告している。しかし、難民のためにタシケントに空港を開設しました。難民は、ドイツとの合意の一環として、すぐにベルリン行きのフライトにリダイレクトされます。[331]カザフスタンでは、アフガニスタンの移民問題に関する噂がソーシャルメディアで注目を集め、当局は70,000人もの難民を受け入れる準備をしていると非難され、500人のアフガニスタン人がすでにカザフスタンのシムケント空港に到着したとの主張もある。外務省は、カザフスタン政府との主張を却下し、いかなる支援も国連職員にのみ提供されることを保証する返答を出した。[336]

    チリのセバスティアンピニェラ政府は、約10家族の難民を受け入れると発表しました[337]一方、コロンビア政府は、米国政府の要請により、一時的に最大4,000人のアフガニスタン国民を受け入れることを計画している。[338]

    米国国務省は、トルコを可能性のある場所として挙げて、移転事件は第三国で処理されるという声明を発表しました。米国はこれまでトルコとこの可能性について話し合っていませんでした。ブルームバーグニュースによると、トルコは否定的な反応を示し、「復讐に燃えるタリバンを恐れるアフガニスタン人が第三国からアメリカに亡命を求めることを勧めたとして米国を爆破した」。トルコはすでにシリア内戦の約600万人の難民を受け入れており、他のどの国よりも多い。当局は、アフガニスタンからの難民の波を吸収する能力がなく、これらを作るのは米国政府の「無責任」であると述べた。協議や議論のない計画の種類。[339]

    8月中旬にカブールが陥落したとき、国を逃げようとした何千人ものアフガニスタン人が空港に駆けつけました。必死になって、何人かの人々が米軍機の側に固執し、飛行機が離陸したときに彼らの死に倒れました。米軍は最終的に、アフガニスタン政府当局者を避難させていた航空機の進路をクリアするために警告ショットを発射しなければなりませんでした。[340]

    2021年9月1日までに、避難者の総数は124,334人になり、アメリカ軍の軍人と戦死者の総数は2,461人で、2万人以上のアメリカ人が戦死しました。これらの数は、戦死した請負業者や連合軍の数や、この紛争で命を落とした数万人のアフガニスタン国家安全保障部隊や民間人を反映していません。[341]

    機器の損失

    Oryxブログに掲載されたレポート[79]によると、6月以降、タリバンは12基の戦車(7基のT-54と5基のT-62)、51基の装甲戦闘車両(46基のM1117 ASV、2基のM1117コマンド&コントロール、3基のM113 )を捕獲しました。 APC)、61個の迫撃砲と砲兵(35個の122mm D-30迫撃砲、3個の76 mm分割砲M1942(ZiS-3)、1個の120mm迫撃砲、2個の82mm M69迫撃砲、1個の60mm迫撃砲、19個の起源不明の迫撃砲)、8個対空砲(14.5mm KPV-1 2基、 23mm ZU-23 6基)、ヘリコプター16基(Mil Mi-17 9基、 Mil Mi-24 V 1基、4基)UH-60Aブラックホークスと2台のMD530F)、6台の無人航空機(6台のBoeing Insitu ScanEagles)、および1,973台のトラック、車両、およびアフガニスタン軍からのジープ。[77] [342]タリバーンはまた、9機のM1117 ASV、4機のMi-17、3機のUH-60Aブラックホークス、1機のDJI Mavic、104台のトラック、車両、ジープを破壊した。Oryxは、写真またはビデオによる証拠が入手可能な破壊された車両および機器のみをカウントします。[77]

    7月2日以降、米国の航空機は反乱軍によって捕獲された軍事装備を攻撃し、D30榴弾砲、戦車、MRAPハンビーを破壊しました。[70]

    2021年8月カブール空港で最後のCH-47チヌークC-17グローブマスターIIIに避難させた米国の空軍兵。

    8月25日、ロシアの国家輸出業者Rosoboronexporterの責任者であるAlexander Mikheevは、タリバンがさまざまな種類の100機以上のMi-17ヒップヘリコプターを捕獲したとInterfax通信社に語った。ミケエフ氏はまた、このヘリコプター艦隊の大部分は、艦隊が修理、保守、スペアパーツを必要とするため、接地される可能性があると述べた。ガーディアン紙は、アフガニスタンでのロシア製ヘリコプターの数に関するミケエフの見積もりは、報告された在庫よりも大幅に多いと報じました。[343]

    タリバンの乗っ取りの余波で、850億ドル相当の軍事装備がタリバンの手に渡ったという不正確な主張が広まった。数字は不正確です。[344] [345] 2001年から2021年までの20年間のアフガニスタン治安部隊基金に対する米国の設備および輸送資金の合計は、180億ドル[344]または240億ドルと見積もられています。[345]タリバーンが押収した軍事装備の実際の価値は、タリバーンの乗っ取りの時までに、ほとんどの軍事装備が使い果たされ、操作不能にされ、アフガニスタンから撤去され、廃止され、または破壊されたため、大幅に少ない。[344] [345]2021年のタリバン犯罪に先立つ数年と数ヶ月の間に、米軍は大量の軍事装備と武器も撤去しました。[344]撤退の直前の期間に、米国は70機のMRAP、27機のハンビー、73機の航空機、およびCRAMシステムと装甲車両を破壊した。[344] [345]タリバンによって押収された航空機、車両、およびその他の機器の総数は不明であり、おそらくタリバン自体によってさえ知られていない。[346]

    タリバンが一部の機器のスペアパーツを維持または製造できない場合、機器の価値と有用性は大幅に低下すると予想されます。[344] [345]タリバンには、カニバリゼーション、インターネットから学んだスキル、タリバンのために働くことを選択した、またはそうするように強制されたメカニックを通して、いくつかの機器を維持する能力があります。タリバンにとって地上車両は航空機よりも使いやすい。[346]タリバンはまた、捕獲された機器を操作するための技術的専門知識を欠いている。[344] [346]たとえば、タリバンにはブラックホークヘリコプターを操作できる訓練を受けたパイロットがいない。、また、軍用の暗号化された無線機やIED妨害防止装置を操作するための専門知識が不足している可能性があります。[346]一方、タリバンはM16やM4などの米国製の小火器を使用しており、固定翼のC-208PC-12A-29を操作するようにパイロットを訓練することもできます。[346]米陸軍のジョセフ・ヴォーテル将軍は、捕獲された装備の大部分には機密性の高い米国の技術が装備されていなかったと述べた。[347]

    タリバンは、捕獲した軍事装備を販売して、新しいタリバン政府の収入を生み出すことができると、CNACorp。のJonathanSchrodenは、のように述べています。アフリカとそれ以降。」[346]米国当局は、タリバンによって捕獲された武器が米国のライバルに引き渡されるか、または地域における米国の利益を標的にするために使用される可能性があることへの懸念を表明した。[348] 英国国防相のベン・ウォレスは、タリバーンがワグナー・グループなどの陰の傭兵に軍事装備を売ることができるのではないかと懸念を表明した[349]

    9月、ソーシャルメディアでオンラインで共有された画像は、セムナーンの中心都市と首都テヘランの南東にあるガルムサーの都市を結ぶ高速道路で、タリバンの乗っ取り前にアフガニスタン軍に属していたとされる米国の装甲車両を輸送するイラン軍のトラックを示しました。[348]車両には、ハンビーと重装甲の地雷耐性車両が含まれていました。ソーシャルメディアチャンネルはまた、イランがいくつかの米国の戦車を所有していると主張した。[350]ビスミッラー・ハーン・モハマディ、元アフガニスタン国防相、現在の民族レジスタンス戦線のリーダーの1人は、オンラインで流通している画像の1つをツイートし、イランを「悪い隣人」と呼んだ。 [351]

    人権

    女性議員は攻撃以来隠れている。[352]

    抗議と抵抗

    2021年8月21日、タリバンの乗っ取りに対するロッテルダムでの抗議

    カブールの崩壊後、元北部同盟のメンバーと反タリバンの人物は、アフマド・マスードと元副大統領アムルラ・サレーのリーダーシップの下で、アフガニスタンの民族レジスタンス戦線と呼ばれる軍事同盟を結成しました。[353] [354]彼らは、元々の北部同盟の主要な作戦基地であったパンジシール渓谷に拠点を置いてきた。[16] [355] 2021年8月17日、アフガニスタンの副大統領アムルラ・サレーは、パンジシール渓谷でアフガニスタンの世話人大統領を宣言した。[356]カブールの崩壊に伴い、アフマド・マスードと元副大統領アムルラ・サレーが率いるパンジシールに 拠点を置く元北部同盟のメンバーと他の反タリバン軍は、アフガニスタンのタリバンに対する主要な組織的抵抗となった。[119] [26] [357]タジキスタンのアフガニスタン大使館は、ガニの大統領の肖像画をサレハの肖像画に置き換え、インターポールに、彼のチーフアドバイザーであるファゼル・マフムードと国家安全保障顧問とともに、ガニに逮捕状を発行するよう要請した。アフガニスタンの財務省から盗まれた容疑で、ハムドラ・モヒブ。[358] 9月1日、タリバーンが抵抗陣地を攻撃したため、交渉は決裂し、戦闘が再開された。[359] 9月6日、タリバーンはパンジシール州を完全に支配し、レジスタンスの戦闘機は州内での戦闘を続けるために山に後退した。[360] [361]

    2021年9月3日の時点で、パンジシールでの反対に加えて、アフガニスタンの中心部には、少数民族や宗教的少数派に支持されて、タリバンに対して依然として抵抗している地区もあります。[362]

    抗議

    タリバンはすぐに前の(左)を伝統的な黒-赤-緑の色に、独自の白旗(右)に置き換えました。伝統的な旗は、反タリバン抗議の際の抵抗の象徴となった。[363]

    8月17日、カブールで数人の女性が女性の平等な権利を要求する小さな抗議を行いました。これは、新しい体制に対する女性の抗議が最初に報告されたものです。[364] 8月18日、パシュトゥーン人が支配する東部の3つの都市、ジャララバード、ホスト、アサダーバードでも男性が参加した大規模な抗議行動が起こり、抗議者たちはアフガニスタンイスラム共和国の旗を振ってタリバンの旗を降ろした。[365] [366] [367]ジャララバードでは、タリバーンが発砲し、3人が死亡し、12人以上が負傷した。[368] 8月19日、デモはカブールのさまざまな場所に広がり、カブール空港近くで車と人が共和国の旗を振った大規模な抗議行動と、200人を超える人々による抗議行動があった[363]。タリバンによって激しく解散される前に、カブールの大統領宮殿の近くに集まった。[369] [370]抗議は、KhostとAsadabadでも続いており、タリバーンは、両方で抗議を分散させるために暴力を使用した。アサダーバードでは、抗議行動は数百人に膨れ上がったと報告された。[368]

    新しい状態の作成

    カブールの崩壊から3週間以上後、新しいタリバーンの統治者は、アフガニスタンのイスラム首長国という名前の新しい州のための政府内閣の創設を発表しました。内閣はすべて男性であり、パシュトゥーン人が大部分を占めており、他の民族のメンバーは3人だけです。[371] ハッサン・アフンドは首相代理に任命された。[372]

    2021年12月の時点で、タリバンの新しい国家を公式に認めている国はまだありません。[373]

    国際的および地域的な反応

    ナンガハール州の元知事であるグル・アガ・シェルザイを含む、米国が支援するアフガニスタン政府と密接に関係している一部のアフガニスタンの政治家は、タリバンの勝利を祝福した。[374]

    イランのエブラーヒーム・ライシ大統領は、アフガニスタンでの米国の「敗北」は、アフガニスタンで「生命、安全、そして永続的な平和を復活させる」機会を提供するはずだと述べた。[375]ライシはまた、イランはアフガニスタンとの良好な関係を望んでおり、イランはアフガニスタンの状況を注意深く監視していると述べた。[376]

    パキスタンのイムラン・カーン首相は、アフガニスタン人が「奴隷制の小屋」を壊したと述べた。[377] [378] [379]パキスタンの国家安全保障委員会(NSC)は、パキスタンがすべてのアフガニスタン民族グループを代表するアフガニスタンでの包括的な形の政治的解決を望んでいることを繰り返した。委員会はまた、パキスタンが国際社会およびすべてのアフガニスタンの利害関係者と協力して、アフガニスタンにおける包括的な政治的解決を促進することを再確認した。[380] [381]パキスタンの外相は「アフガニスタンの悪化する状況への懸念」を述べたが、パキスタンはカブールの大使館を閉鎖する意図はないと述べた。[382] パキスタン諜報機関(ISI)のチーフFaiz Hameedがカブールを訪問し、タリバンの指導者や元首相のGulbuddinHekmatyarを含む他のアフガニスタンの指導者と会談した。この会合は、アフガニスタンに政府が存在しない中で、両国間の型破りな連絡手段と見なされていた。[383]この訪問は、新政府のハッカーニの停泊地を確保するためのものであり、タリバンに対する彼らの「影響力」を示していた。[384]カーネギー寄付センターによると、軍統合情報局はタリバン、特にハッカーニグループと否定できないつながりを共有している。[385]

    米国のジョー・バイデン大統領は、前任者がタリバンと行った取り決めに固執し、より多くの軍隊を撤退または派遣し続け、彼らの命を危険にさらす必要があると述べた。[386]

    「アフガニスタンの災害は米国とその同盟国によって引き起こされた」と中国の国営環球時報は述べた。共産党人民日報は、毛沢東の「人民戦争」戦術の採用が想定されていたタリバンの勝利を喜んで認めた。敵を田舎の奥深くに引き込みながら、地方の人々の支持を集めた。[387]

    ロシアの国連代表は、法と秩序が街頭に戻り、「長年の流血の終焉」を迎える国家和解の時が来たと述べた。ロシアのプーチン大統領は、「テロリストが近隣諸国に流出しないようにすることが重要である」と述べた。プーチン大統領のアフガニスタン特使であるザミール・カブロフ氏は、タリバンは亡命したアシュラフ・ガニー大統領の古い「傀儡政権」よりも交渉が容易であると述べた。[388]

    9月14日、欧州議会は、武力によるアフガニスタンの乗っ取り、包摂的な政府の約束の履行の失敗、アフガニスタン国民の人権と自由の尊重の欠如、およびNRFとの戦いについてタリバンを嘆く決議を可決した。[389]

    アルカイダの復活の可能性

    米国の防衛当局者によると、米軍の撤退によって残された安全保障上の空白は、アルカイダや他のテロリストグループが再編成するための機会を生み出す可能性があります。当局者は、米国は依然としてアフガニスタンでアルカイダの標的を攻撃する権限を維持しているが、地上での強固な米国の存在の欠如は潜在的な標的を特定する能力を妨げるだろうと付け加えた。CENTCOM司令官ケネスF.マッケンジージュニアは、タリバンがアルカイダがアフガニスタンを強化して再建するのを阻止すると彼に信じさせるようなものは何も見たことがないと述べた。[390]

    英国国防長官のベン・ウォレス氏は、真空はアルカイダのようなテロリストグループに安全な避難所の別の機会を与える可能性があると述べた。[391]

    8月8日、過激派監視グループSITEの責任者であるリタカッツは、タリバンの前進は、アルヌスラ戦線の勝利の中でシリア内戦の初期に似ていたと述べました。"。[392]

    カザフの政治学者ドシム・サトパエフは、タリバーンの乗っ取りが中央アジアとアフガニスタンの合併国家を形成しようとして、他の基本的なイスラム勢力への道を開く可能性があると警告した。[393]

    ジャイシュ・エ・モハメッドの復活の可能性

    アフガニスタンのタリバーンによる押収後、ヒンズー教徒は、多くのジャイシュ・エ・モハメッド(JeM)幹部が釈放され、JeMとタリバンが会合を開き、JeMがインドでのテロ活動の実施におけるすべての支援を保証されたと主張した。[394]しかしながら、タリバーンのスポークスマンZabiullah Mujahidは、インディア・トゥデイとのインタビューで、タリバーンとJeMの指導者の間で行われるいかなる会合も否定した。スポークスマンはまた、タリバンはアフガニスタンがインドや他の国に対して使用されることを許可しないと述べた。[395]

    も参照してください

    参考文献

    1. ^ a b c Joscelyn、Thomas(2021年6月25日)。「タリバンの副首相は、新たに押収された領土における統治のためのガイダンスを発行する」FDDのロングウォージャーナル2021年7月19日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月19日取得
    2. ^ Joscelyn、Thomas(2021年6月7日)。「国連の報告書は、ハッカーニのアルカイダとの緊密な関係に関する新しい情報を引用している」FDDのロングウォージャーナル2021年7月19日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月19日取得
    3. ^ a b c d e Roggio、ビル(2021年7月12日)。「米国が撤退を完了すると、タリバンは前進する」FDDのロングウォージャーナル2021年7月24日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月16日取得
    4. ^ KJMバルマ(2021年7月5日)。「パキスタンに対する反乱グループ、中国はアフガニスタンでのタリバン攻撃の中で攻撃を強化する:報告」Yahoo2021年7月18日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月18日取得アフガニスタンの東部および南部地区での最近の戦闘中、アフガニスタンのタリバンはTTPの武装勢力によって支援されてきた[...] 6月の国連監視報告によると、現在約5,000人のTTP過激派がアフガニスタンに拠点を置いている。
    5. ^ セルディン、ジェフ(2021年5月5日)。「戦闘が激化する中、米国の空爆はタリバンを標的にする」ボイスオブアメリカ。2021年7月8日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月9日取得
    6. ^ 「米空軍はアフガニスタン北部のタリバンの位置を標的にしている、メディアの報道」アフガニスタンタイムズ。2021年6月26日。2021年7月2日のオリジナルからアーカイブ2021年7月9日取得
    7. ^ 「タリバンはアフガニスタンでの勝利を宣言する」アクシオス。2021年8月16日2021年8月18日取得
    8. ^ 「タリバンがカブールを移動するにつれてアフガニスタン大統領は国を逃れる」AP通信2021年8月15日。2021年8月15日のオリジナルからアーカイブ2021年8月15日取得
    9. ^ 「アフガニスタン大統領ガニは国を去る–報告」BBCニュース2021年8月15日。2021年8月15日のオリジナルからアーカイブ2021年8月15日取得
    10. ^ 「アフガニスタン大統領アシュラフガニーはタリバンがカブールに移動するにつれて国を去った」2021年8月15日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月15日取得
    11. ^ Seir、Ahmed; ファイズ、ラヒム; Akhgar、Tameem; ジョン・ガンブレル(2021年8月15日)。「タリバンはカブールに入り、政権交代を待つ」NBC。2021年8月15日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月15日取得
    12. ^ Schogol、Jeff(2021年8月15日)。「タリバンはカブールを占領し、アフガニスタンが崩壊したときに最終的な勝利をマークした」タスクと目的最近の一連の災害の後、アフガニスタン軍のほとんどは、彼らが失われた原因であることが明らかになったので、過激派に降伏し始めました。
    13. ^ カズミン、エイミー; マンソン、カトリーナ(2021年8月18日)。「不信と神秘的な降伏:カブールがタリバンに陥った方法」フィナンシャルタイムズ
    14. ^ ミストリン、ジョアンナウォルターズ(現在); アレックス; マレー、ジェシカ; サリバン(以前)、ヘレン(2021年8月15日)。「タリバーンは、ガニ大統領が逃亡したと言った後、すぐに 『アフガニスタンイスラム首長国』を宣言すると主張している」www.theguardian.com2021年8月15日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月15日取得
    15. ^ ベイカー、シネード。「タリバーンは 『アフガニスタンのイスラム首長国』を宣言した。これは、1990年代にアフガニスタンを残酷に統治したときに使用したのと同じ名前である」ビジネスインサイダー2021年8月20日取得
    16. ^ a b 「パンジシール渓谷:アフガニスタンでのタリバンの前進に対する抵抗の主な要塞は何ですか」市場調査テレビ放送。2021年8月17日。2021年8月16日のオリジナルからアーカイブ2021年8月17日取得
    17. ^ a b c d Roggio、Bill(2021年7月15日)。「タリバンの脅威にさらされているアフガニスタンの州都のほぼ半分」FDDのロングウォージャーナル。2021年7月15日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月16日取得
    18. ^ a b Roggio、ビル(2021年7月25日)。「アフガニスタンのタリバンの争われ、支配された地区のマッピング」FDDのロングウォージャーナル。2021年7月12日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月12日取得
    19. ^ ビル・ロッジオ(2021年8月13日)。「長い包囲の後、ラシュカルガーはタリバンに捕らえられた」FDDのロングウォージャーナル。2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    20. ^ 「アフガニスタンの南を横切るタリバン掃引」2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    21. ^ 「طالبانمذاکراتیٹیمپنجابیمیںکونکیاہے?」BBCニュースاردو
    22. ^ a b c d e Moiz、イブラヒム(2021年8月27日)。「反乱から首長国へのトリッキーな道」TRTワールド
    23. ^ a b 「アフガニスタン軍は、タリバン諜報部長が「排除された」と言っている"ニューアラブ。2021年7月12日。
    24. ^ 「タリカンのザランジでのアフガニスタン軍の作戦で殺された25人のうちニームルーズのタリバン影知事」2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    25. ^ 「アフガニスタンで死んだ40人のうちの主要なタリバン司令官」2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    26. ^ a b c "アフガニスタン北部での新たな軍事作戦で17人のタリバーン過激派が殺害された:政府–新華社| English.news.cn"www.xinhuanet.com2021年6月22日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月15日取得
    27. ^ 「バルフ作戦で数十人のタリバンが殺害された」bakhtarnews.af2021年8月14日。
    28. ^ a b "タリバンの師団長が北アフガニスタンでの衝突で殺害された-新華社| English.news.cn"www.xinhuanet.com2021年5月25日。
    29. ^ a b "5人の過激派が殺害され、タリバンの司令官が北アフガニスタンの地雷爆発で負傷した-新華社| English.news.cn"www.xinhuanet.com2021年7月25日。
    30. ^ a b Labott、エリーゼ(2021年6月25日)。「バイデンはアシュラフ・ガニーを救うことができますか?」外交政策軍事経験のない彼の国家安全保障補佐官であるハムドラ・モヒブは、アフガニスタンの国家安全保障会議に司令センターを設置し、地元の指導者の反対をめぐって地区司令官と警察署長を任命しました。特定のターゲットで。
    31. ^ a b c d e f トロフィモフ、ヤロスラフ(2021年8月14日)。「タリバンが20年以上にわたって米国によって建設されたアフガニスタン軍をどのように制圧したか」ウォールストリートジャーナル2021年8月15日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月15日取得
    32. ^ a b c Joscelyn、Thomas(2021年8月5日)。「タリバンの「殉教」部隊がカブールのアフガニスタン国防相の家を攻撃する」FDDのロングウォージャーナル。2021年8月4日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月4日取得
    33. ^ a bc 「アフガニスタン大統領が陸軍幕僚に取って代わるディフェンスニュース2021年8月11日。2021年8月12日のオリジナルからアーカイブ2021年8月11日取得
    34. ^ a b Hadi Mayar、アブドゥル(2021年8月26日)。「アフガニスタン:降伏の正気」デイリータイムズ
    35. ^ a b c d 「バギス:カラエナウへの攻撃が再び押し戻された」TOLOnews2021年7月8日。
    36. ^ ab 「アフガニスタン 警察官がタリバンに降伏する」アレソニュース2021年8月2日。
    37. ^ a b "タリバンと戦うことを余儀なくされたアフガニスタン民兵はアメリカの「放棄」を非難する" 。PBS2021年7月7日。2021年7月25日のオリジナルからアーカイブ。 2021年7月26日取得
    38. ^ Dipanjan Roy Chaudhury(2021年8月13日)。「アフガニスタン:北部のタリバンとの戦いを主導する古い軍馬ラシッド・ドスタム」エコノミックタイムズ2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    39. ^ a b c ハッサン、シャリフ(2021年8月13日)。「タリバンに断固として抵抗したアフガニスタンの武将が降伏した。他の者は彼の先導に従うかもしれない」ニューヨークタイムズ2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月13日取得
    40. ^ ホートン、アレックス(2021年7月25日)。「米国はタリバンに対する空爆を続ける準備をしていた、と最高司令官は言う」ワシントンポスト2021年7月26日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月8日取得
    41. ^ a b c ビル・ロッジオ(2021年8月8日)。「タリバンは、クンドゥズ、サリプル、タロカンのアフガニスタンの州都を支配している」FDDのロングウォージャーナル2021年8月8日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月12日取得
    42. ^ 「アフガニスタンのタリバン文書の訓練、「313バドリ大隊」戦闘機の卒業」2021年7月28日。2021年8月6日のオリジナルからアーカイブ2021年7月28日取得「タリバンバドリ313大隊」2021年7月29日。2021年8月2日のオリジナルからアーカイブ2021年7月29日取得
    43. ^ a b Esfandiari、Golnaz; アーマディ、ムミン(2021年7月9日)。「タリバンとの戦いは「自殺」だった:何百人ものアフガニスタン兵士がタジキスタンに逃げる」Radio Free Europe / RadioLiberty2021年7月25日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月26日取得
    44. ^ a b Trofimov、Yaroslav; カリソン、アラン; Amiri、Ehsanullah(2021年8月9日)。「タリバンはアフガニスタンで新たな利益を上げ、カブールを危機に陥れる」ウォールストリートジャーナル2021年8月9日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月9日取得
    45. ^ ゴールドバウム、クリスティーナ; ハッサン、シャリフ; アベド、ファヒム(2021年8月12日)。「アフガニスタン崩壊はタリバンが3つの重要な都市を占領するにつれて加速する」ニューヨークタイムズしかし、ますます、アフガニスタンの治安部隊が暴走し、多くの兵士や警官が脱走したり、場所によっては側を変えたりしていると報告されています。
    46. ^ Glinski、Stefanie(2020年9月24日)。「カブールに見捨てられたと感じて、多くの地方のアフガニスタン人がタリバンに加わるために群がる」外交政策2020年12月23日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月9日取得5月、国の西部ファラー州で引退したアフガニスタンの将軍がタリバンに亡命しました。過去数年間の軍兵士も同様です。
    47. ^ ノシター、アダム(2021年3月31日)。「20年間の戦闘の後、タリバーンは彼らが戦争に勝ったと信じている」アイリッシュタイムズ2021年4月22日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月9日取得
    48. ^ 「なぜインドはタリバンと関わり、それと戦わなければならないのか」インドの時代2021年8月5日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月5日取得
    49. ^ 「操作不能な航空機によって傷つけられたアフガニスタン空軍–アフガニスタン議員」ワシントンポスト2021年7月23日。2021年7月26日のオリジナルからアーカイブ2021年7月26日取得
    50. ^ a b 「特別報告:米国が撤退するにつれてタリバンに暗殺されたアフガニスタンのパイロット」ロイター2021年7月9日。2021年7月11日のオリジナルからアーカイブ2021年7月12日取得
    51. ^ オドネル、リン(2021年7月1日)。「アフガニスタンの民兵と」外交政策スレートグループ2021年7月27日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月29日取得
    52. ^ ギボンズ-ネフ、トーマス; ラヒム、ナジム(2021年7月17日)。「民兵に戻る、混沌としたアフガニスタンの戦争の道」ニューヨークタイムズマザリシャリフ2021年7月29日にオリジナルからアーカイブされました2021年7月29日取得
    53. ^ 「アフガニスタン人はタリバンに対する反抗的な抗議で「アラフアクバル」を唱える」2021年8月3日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月3日取得「普通のアフガニスタン人は 『人々の蜂起』でタリバンとの戦いに加わる"。2021年6月24日。 2021年6月24日のオリジナルからアーカイブ。 2021年6月24日取得
    54. ^ Zarifi、Yousuf(2021年1月13日)。「ジャララバードで3人のDaeshメンバーが殺害された」2021年9月14日取得
    55. ^ a b Rosenberg、Matthew(2021年8月19日)。「タリバンに追われ、米国連合国のアフガニスタン軍は隠れている」ニューヨークタイムズ2021年9月19日取得
    56. ^ "「サンゴリアン」はタリバンとの戦いで反乱を起こしたプレイブックからページを取ります」バンコクポスト2021年8月13日にオリジナルからアーカイブされました。2021年813日に取得されました。
    57. ^ a b "СтворенийСШАспецпідрозділздавсяталібамупровінціїХост"Інтерфакс-Україна(ウクライナ語)。2021年8月16日。2021年8月17日のオリジナルからアーカイブ2021年8月17日取得
    58. ^ ab 「米国はアフガニスタン軍を支援するためにいくつかの空爆を開始したワシントンポスト2021年7月22日。2021年8月12日のオリジナルからアーカイブ2021年7月23日取得
    59. ^ エヴァンス、マイケル; トムリンソン、ヒュー(2021年8月2日)。「米国はアフガニスタンを内戦に放棄している、とデビッド・ペトレイアス将軍は言う」タイムズ2021年8月8日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月8日取得アメリカはアフガニスタン軍を支援するために空爆を開始しており、湾岸の基地から目標に到達するのに最大8時間かかる武装したリーパードローン、カタール、アラブ首長国連邦、および空母USSロナルドからの戦闘機を使用しています。レーガン、
    60. ^ a b c d e Tollast、Robert(2021年8月16日)。「アフガニスタンの軍隊が汚職と密室取引によってどのように引き離されたか」国民
    61. ^ a b Seldin、Jeff(2020年6月1日)。「国連報告書は、加盟国が米国とタリバンの取引の将来について疑わしい成長を遂げていることを示しています|ボイスオブアメリカ–英語」www.voanews.com
    62. ^ 「タリバンは説明した」www.aljazeera.com2021年8月11日にオリジナルからアーカイブされました2021年8月12日取得
    63. ^ ab 「アフガニスタンにおけるタリバンの恐ろしい勝利エコノミスト。2021年8月15日。2021年8月15日のオリジナルからアーカイブ2021年8月15日取得
    64. ^ ショアイブ、アリア(2021年8月14日)。「なぜ米国の訓練を受けたアフガニスタン国軍はタリバンによって容易に敗北したのか」ビジネスインサイダー
    65. ^ a b c d e Seldin、Jeff(2021年8月9日)。「米国はアフガニスタンが「正しい方向に進んでいない」ことを認めている". VOA. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    66. ^ Mohib, Hamdullah (10 April 2018). "Afghan Ambassador: Peace Is Now a Realistic Possibility". The National Interest.
    67. ^ a b Dale, Daniel. "Fact-checking Biden's assertion that the Afghan military was '300,000 strong'". edition.cnn. Retrieved 20 August 2021.
    68. ^ a b c d e f g "Press Release". Afghan Ministry of Defense. Afghan Ministry of Defense. Archived from the original on 11 June 2021. Retrieved 9 July 2021.
    69. ^ Tomlinson, Hugh; Philp, Catherine; Babur, Humayoon (23 July 2021). "Taliban muster for mass attack on Kandahar city". The insurgents have, however, also suffered heavy losses in the battles that have raged from north to south in recent weeks and observers have noted that their checkpoints in Kandahar are now sparsely manned.
    70. ^ a b c d e Kube, Courtney; Da Silva, Chantal; Yusufzai, Mushtaq (12 August 2021). "'The momentum is going one way': U.S. looks on as Taliban advance". NBC News. Archived from the original on 14 August 2021. Retrieved 14 August 2021.
    71. ^ Cullison, Alan; Shah, Saeed (3 August 2021). "Taliban Commander Who Led Attack on Afghan City Was Released From Prison Last Year, Officials Say". Wall Street Journal. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021. The Afghan government has stopped releasing statistics on its own military casualties to avoid demoralizing its troops.
    72. ^ "The war in Afghanistan, by the numbers". France 24. 6 July 2021. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    73. ^ a b c d e f g h i Faizi, Fatima; Abed, Fahim; Rahim, Najim (3 June 2021). "Afghan War Casualty Report: May 2021". The New York Times. Archived from the original on 10 July 2021. Retrieved 9 July 2021.Faizi, Fatima; Rahim, Najim (1 July 2021). "Afghan War Casualty Report: June 2021". The New York Times. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.Faizi, Fatima; Timory, Asadullah (15 July 2021). "Afghan War Casualty Report: July 2021". The New York Times. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 5 August 2021.Faizi, Fatima (5 August 2021). "Afghan War Casualty Report: August 2021". The New York Times. Archived from the original on 5 August 2021. Retrieved 6 August 2021.
    74. ^ a b c d e "Some 1,500 Afghan soldiers crossed into Tajikistan over past 2 weeks – Tajik rep to CSTO". Interfax. 7 July 2021. Archived from the original on 7 July 2021. Retrieved 9 July 2021."Another group of Afghan military personnel given refuge by Army: ISPR". Express Tribune. 26 July 2021. Archived from the original on 26 July 2021. Retrieved 26 July 2021.Farmer, Ben (9 July 2021). "Taliban take key border crossing with Iran as group claims to control 85% of Afghanistan's territory". The Telegraph. Archived from the original on 23 July 2021. Retrieved 23 July 2021.
    75. ^ a b "Uzbekistan says hundreds of Afghan soldiers flee over border with dozens of aircraft". Reuters. 16 August 2021. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 16 August 2021.
    76. ^ Wilkinson, Tracy; Bulos, Nabih (13 August 2021). "U.S. troops' return to Afghanistan has ominous parallel to recent history in Iraq". Los Angeles Times. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 16 August 2021. Government soldiers have surrendered en masse, bequeathing the militants thousands of trucks, dozens of armored vehicles, antiaircraft guns, artillery and mortars, seven helicopters (seven others were destroyed) and a number of ScanEagle drones.
    77. ^ a b c d e f g h i j k l m Mitzer, Stijn; Oliemans, Joost. "Disaster At Hand: Documenting Afghan Military Equipment Losses Since June 2021". Oryx Blog. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 14 August 2021.
    78. ^ a b Gibbons-Neff, Thomas; Cooper, Helene; Schmitt, Eric (19 June 2021). "Departure of U.S. contractors poses myriad problems for Afghan military". New York Times. Archived from the original on 11 July 2021. Retrieved 12 July 2021.
    79. ^ a b c d e Roblin, Sebastien (30 June 2021). "One Month, 700 Trucks: Afghanistan's U.S. Military Vehicles Fall Into Taliban Hands". Forbes. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    80. ^ a b McCarthy, Naill (6 July 2021). "The Afghan Military's Catastrophic Equipment Losses". Statista. Archived from the original on 23 July 2021. Retrieved 23 July 2021.
    81. ^ Philip, Snehesh Alex (11 August 2021). "Taliban takes control of airport in Afghanistan's Kunduz, seizes chopper gifted by India". ThePrint. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    82. ^ a b Joly, Josephine; Sandford, Alasdair (13 August 2021). "Fears for humanitarian disaster as Taliban overrun key Afghan cities". euronews. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    83. ^ a b Graham-Harrison, Emma (26 July 2021). "Afghanistan civilian casualty figures at record high, UN says". The Guardian. Archived from the original on 26 July 2021. Retrieved 26 July 2021.
    84. ^ "Afghan refugees reach Iran as violence escalates". UNHCR. 9 August 2021. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    85. ^ "More than 40,000 war-wounded treated in Afghanistan since June -Red Cross". Reuters. 17 August 2021. Archived from the original on 17 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    86. ^ Multiple sources:
    87. ^ "Taliban launches major Afghan offensive after deadline for U.S. pullout". Reuters. 4 May 2021. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 7 August 2021.
    88. ^ De Luce, Dan; Yusufzai, Mushtaq; Smith, Saphora (25 June 2021). "Even the Taliban are surprised at how fast they're advancing in Afghanistan". NBC News. Archived from the original on 7 July 2021. Retrieved 8 July 2021.
    89. ^ a b Robertson, Nic (24 June 2021). "Afghanistan is disintegrating fast as Biden's troop withdrawal continues". CNN. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    90. ^ "Fear of All-Out War as Afghan Civilians Take up Arms Against Taliban".
    91. ^ "Afghans say recent Taliban advances forced them to take up arms".
    92. ^ "Armed Afghan women take to streets in show of defiance against Taliban". TheGuardian.com. 7 July 2021.
    93. ^ "Afghanistan: The warlords who will decide whether civil war is likely".
    94. ^ George, Susannah (16 August 2021). "Afghanistan's military collapse: Illicit deals and mass desertions". The Washington Post. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    95. ^ "Mass Afghan government surrenders as Taliban fighters overrun three key cities in sweeping territorial gains". Washington Post. ISSN 0190-8286. Retrieved 9 December 2021.
    96. ^ "Afghan president says he left country to avoid bloodshed". Reuters. 15 August 2021. Archived from the original on 15 August 2021. Retrieved 16 August 2021.
    97. ^ Seir, Ahmed; Faiez, Rahim; Akghar, Tameem; Gambrell, John (15 August 2021). "Official: Taliban negotiators head to presidential palace". Associated Press. Associated Press. Archived from the original on 15 August 2021. Retrieved 15 August 2021.
    98. ^ a b "Taliban sweep across Afghanistan's south, take 3 more cities". AP News. 13 August 2021. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    99. ^ a b Akhgar, Tameem; Faiez, Rahim; Krauss, Joseph (14 August 2021). "Taliban capture key northern city, approach Afghan capital". Associated Press News. Archived from the original on 14 August 2021. Retrieved 14 August 2021.
    100. ^ "Taliban gains control of Jalalabad, one of two cities in Afghan control". The Jerusalem Post | JPost.com. Archived from the original on 15 August 2021. Retrieved 15 August 2021.
    101. ^ Miller, Zeke; Lemire, Jonathan; Boak, Josh (16 August 2021). "Biden team surprised by rapid Taliban gains in Afghanistan". Associated Press. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    102. ^ Walker, Peter (17 August 2021). "No one saw this coming, Raab says of Taliban's rapid Afghan takeover". The Guardian. Archived from the original on 17 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    103. ^ Rinke, Andreas (16 August 2021). "World must help Afghans fleeing Taliban or risk crisis – Merkel". Reuters. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    104. ^ Radio, Sveriges (15 August 2021). "Utrikesminister Linde: "Har gått mycket fortare än väntat" – Nyheter (Ekot)". Sveriges Radio. Archived from the original on 15 August 2021. Retrieved 15 August 2021.
    105. ^ "Russian envoy describes Taliban's seizure of Kabul as somewhat unexpected". Tass. 16 August 2021. Archived from the original on 16 August 2021. Retrieved 17 August 2021.
    106. ^ Baker, Rodger (9 August 2021). "Challenging Our Understanding of the Taliban". Stratfor. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    107. ^ a b c d e f George, Susannah (15 August 2021). "Afghanistan's military collapse: Illicit deals and mass desertions". The Washington Post. Archived from the original on 28 August 2021. Retrieved 28 August 2021.
    108. ^ a b c d e f g h i j k l m Zucchino, David (18 August 2021). "Collapse and Conquest: The Taliban Strategy That Seized Afghanistan". The New York Times. Archived from the original on 28 August 2021. Retrieved 28 August 2021.
    109. ^ a b c "A Quarter of Afghanistan's Districts Fall to the Taleban amid Calls for a 'Second Resistance'". Afghanistan Analysts Network. 1 July 2021. Archived from the original on 10 July 2021. Retrieved 10 July 2021.
    110. ^ a b c d e f g Sadat, Sami (25 August 2021). "I Commanded Afghan Troops This Year. We Were Betrayed". The New York Times. Archived from the original on 28 August 2021. Retrieved 28 August 2021.
    111. ^ a b c d e f g h i j k Borger, Julian (12 August 2021). "US deserves big share of blame for Afghanistan military disaster". The Guardian. Archived from the original on 25 August 2021. Retrieved 28 August 2021.
    112. ^ a b c d Sisk, Richard (2 August 2019). "Afghanistan Loses 42,000 Troops in Crackdown on 'Ghost Soldiers'". Military.com. Archived from the original on 14 August 2021. Retrieved 15 August 2021.
    113. ^ a b c d "The Pentagon mistakes behind the rout of the Afghan army". France 24. 15 August 2021.
    114. ^ "Key dates in U.S. Involvement in Afghanistan since Sept. 11, 2001". Reuters. 30 August 2021.
    115. ^ Mashal, Mujib; Faizi, Fatima (3 September 2020). "Afghanistan to Release Last Taliban Prisoners, Removing Final Hurdle to Talks". The New York Times. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    116. ^ George, Susannah (8 August 2021). "'This is a big problem': The Taliban are storming prisons holding thousands of militants". The Independent. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    117. ^ "Why America keeps building corrupt client states". The Economist. 22 August 2021.
    118. ^ Mehrdad, Ezzatullah; George, Susannah (12 August 2021). "Taliban on the verge of capturing two of Afghanistan's largest cities after taking 11th provincial capital". Washington Post.
    119. ^ a b c Roggio, Bill (29 June 2021). "Taliban doubles number of controlled Afghan districts since May 1". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 8 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    120. ^ Roggio, Bill (3 June 2021). "UN report on Taliban controlled and contested districts tracks with LWJ data". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021."Taliban seize key district outside Afghan capital". France24. 12 May 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021."Taliban capture more districts, surround Kabul". Global Village Space. 22 May 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    121. ^ "Taliban captures key Afghan dam as fighting rages". Al Jazeera English. 6 May 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    122. ^ "Sweden completes full troop withdrawal from Afghanistan". www.army-technology.com. 28 May 2021. Archived from the original on 10 July 2021. Retrieved 14 July 2021."Spain withdraws all its troops from Afghanistan". Mehr News Agency. 16 May 2021. Archived from the original on 14 July 2021. Retrieved 14 July 2021."STA: Slovenian soldiers already pulled out of Afghanistan". english.sta.si. Archived from the original on 26 May 2021. Retrieved 14 July 2021."Portugal announces troop withdrawal from Afghanistan". Kazakhstan News. Archived from the original on 14 July 2021. Retrieved 14 July 2021.
    123. ^ Gibbons-Neff, Thomas; Rahim, Najim (8 July 2021). "Taliban Enter Key Cities in Afghanistan's North After Swift Offensive". The New York Times. Archived from the original on 8 July 2021. Retrieved 9 July 2021."Baghlan: PD2 of Pul-e-Khumri Held by Taliban, City Under Siege". Tolo News. 24 June 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    124. ^ Najafizada, Eltaf (22 June 2021). "Taliban Besiege Key Afghan City With U.S. Troops Set to Exit". Bloomberg. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    125. ^ "Taliban captures Afghanistan's main Tajikistan border crossing". Al Jazeera English. 22 June 2021. Archived from the original on 8 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    126. ^ Yusufzai, Mushtaq (27 June 2021). "Afghan Taliban capture another important district". The News Pakistan. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    127. ^ Eric, Garcia (14 August 2021). "Taliban seizes US military equipment including drones, humvees and MRAPs". Independent. Archived from the original on 14 August 2021. Retrieved 14 August 2021.
    128. ^ Lawrence, J. P. (21 June 2021). "Elite Afghan Troops Were Left to Die in Battle With Taliban, Officials Say". Military.com. Archived from the original on 15 July 2021. Retrieved 14 August 2021.
    129. ^ Coren, Anna; Sidhu, Sandi (14 July 2021). "Taliban fighters execute 22 Afghan commandos as they try to surrender". CNN. Archived from the original on 14 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    130. ^ "Afghan president replaces two top ministers, army chief as violence grows". Reuters. 20 June 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 9 July 2021.
    131. ^ "Taliban capture Afghanistan's main Tajikistan border crossing". France 24. 22 June 2021. Archived from the original on 24 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    132. ^ "ANDSF Recaptures Three Districts in North as War Intensifies". TOLOnews. Archived from the original on 5 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    133. ^ "Hundreds of Public Forces Deployed to Guard Mazar-e-Sharif". TOLOnews. Archived from the original on 28 June 2021. Retrieved 24 June 2021.
    134. ^ Robertson, Nic (24 June 2021). "Afghanistan is disintegrating fast as Biden's troop withdrawal continues". CNN. Archived from the original on 17 July 2021. Retrieved 24 June 2021.
    135. ^ "Baghlan: Clashes Ongoing in Capital Pul-e-Khumri". TOLOnews. Archived from the original on 28 June 2021. Retrieved 24 June 2021.
    136. ^ Tanha, Farid (26 June 2021). "Parwan's Shinwari district overrun by Taliban". Archived from the original on 2 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    137. ^ "Taliban forces rapidly gaining ground in Afghanistan as U.S. leaves". NBC News. Archived from the original on 7 July 2021. Retrieved 27 June 2021.
    138. ^ "Taliban gains drive Afghanistan gov't to arm local volunteers". Al-Jazeera. Archived from the original on 13 July 2021. Retrieved 27 June 2021.
    139. ^ "Five Districts Fall to Taliban in 24 Hours". TOLOnews. Archived from the original on 3 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    140. ^ "Police Commander Says More Than 50 Afghan Officers Captured By The Taliban". RFE/RL. Archived from the original on 3 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
    141. ^ "Taliban fighters launch attack on Ghazni, clash with Afghan troops". WTVB. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 15 July 2021.
    142. ^ Roggie, Bill (5 July 2021). "Afghanistan at risk of collapse as Taliban storms the north". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 8 July 2021. Retrieved 8 July 2021.Nossiter, Adam (9 July 2021). "Taliban Enter Kandahar City and Seize Border Posts". The New York Times. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 10 July 2021.
    143. ^ a b c d Roggio, Bill (30 July 2021). "Taliban advances on Herat City". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 30 July 2021. Retrieved 31 July 2021.
    144. ^ "Germany, Italy Complete Troop Exit From Afghanistan". Voice of America. 2 July 2021. Archived from the original on 2 July 2021. Retrieved 13 July 2021.
    145. ^ Parkin, Benjamin (9 August 2021). "Taliban sweeps across northern bastions of warlord resistance". Financial Times. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 10 August 2021.Knickmeyer, Ellen; Baldor, Lolita C. (9 August 2021). "US signals no change in airstrikes as Afghan Taliban advance". Associated Press. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    146. ^ Seldin, Jeff (10 August 2021). "Pentagon: US Airstrikes in Afghanistan 'Having an Effect' on Taliban | Voice of America – English". www.voanews.com. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    147. ^ Graham-Harrison, Emma (7 July 2021). "Armed Afghan women take to streets in show of defiance against Taliban". The Guardian. Kabul. Archived from the original on 19 July 2021. Retrieved 20 July 2021.
    148. ^ "Заседание Совета Безопасности Республики Таджикистан | Президенти Тоҷикистон – President of Tajikistan – Президент Таджикистана – رئيس جمهورية تاجيكستان". president.tj. Archived from the original on 11 July 2021. Retrieved 17 July 2021.
    149. ^ GDC (9 July 2021). "Russia sends troops to Tajikistan, establishes a military base". Global Defense Corp. Archived from the original on 17 July 2021. Retrieved 17 July 2021.
    150. ^ "The fall of Panjwaii casts a long shadow over Canada's Afghan war veterans". CBC News. 10 July 2021. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 10 July 2021.
    151. ^ "Taliban surround central Afghan city of Ghazni – officials". Reuters. 12 July 2021. Archived from the original on 12 July 2021. Retrieved 12 July 2021.
    152. ^ "Taliban captures key Afghan border crossing with Iran: Officials". www.aljazeera.com. Archived from the original on 10 July 2021. Retrieved 10 July 2021.
    153. ^ "Taliban capture key Afghanistan border crossings". BBC News. 9 July 2021. Archived from the original on 9 July 2021. Retrieved 10 July 2021.
    154. ^ "Australia Says Last Troops Withdrawn From Afghanistan". Voice of America. 11 July 2021. Archived from the original on 12 July 2021. Retrieved 12 July 2021.
    155. ^ Kube, Kourtney. "Commander of U.S., NATO forces in Afghanistan is stepping down". NBC News. Archived from the original on 12 July 2021. Retrieved 12 July 2021.
    156. ^ "Taliban capture key Afghan border crossing with Pakistan: Spokesman". Channel News Asia. 14 July 2021. Archived from the original on 15 July 2021. Retrieved 17 July 2021.
    157. ^ "Reuters journalist killed covering clash between Afghan forces, Taliban". Reuters. 16 July 2021. Archived from the original on 16 July 2021. Retrieved 16 July 2021.
    158. ^ Lalzoy, Najibullah (12 July 2021). "Turkmenistan deploying troops, heavy weapon on border with Afghanistan". The Khaama Press News Agency. Archived from the original on 12 July 2021. Retrieved 17 July 2021.
    159. ^ Graham-Harrison, Emma (15 July 2021). "Afghanistan's neighbours step up efforts to prevent civil war". The Guardian. Archived from the original on 19 July 2021. Retrieved 20 July 2021.
    160. ^ Juanola, Marta Pascual (23 July 2021). "The Taliban conquest of a thin strip of land could change Afghanistan". The Sydney Morning Herald.
    161. ^ Ali, Idrees; Stewart, Phil (21 July 2021). "Half of all Afghan district centers under Taliban control – U.S. general". Reuters. Archived from the original on 29 July 2021. Retrieved 21 July 2021.
    162. ^ Roggio, Bill (23 July 2021). "Taliban battles Afghan military for control of Kandahar City". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 22 July 2021. Retrieved 22 July 2021.
    163. ^ "Report: Afghan Ministry Says 100 Civilians Killed In Kandahar Raids". Radio Free Europe/Radio Liberty. 23 July 2021. Archived from the original on 26 July 2021. Retrieved 26 July 2021.
    164. ^ O'Donnell, Lynne (22 July 2021). "A 'Life and Death Fight' Against the Taliban in Central Afghanistan". Foreign Policy. Archived from the original on 26 July 2021. Retrieved 26 July 2021.
    165. ^ "Afghanistan imposes night curfew to curb Taliban advance". Al Jazeera. 24 July 2021. Archived from the original on 24 July 2021. Retrieved 24 July 2021.
    166. ^ ""The War has come to their doors"". Promethean. Promethean News. Archived from the original on 24 July 2021. Retrieved 24 July 2021.
    167. ^ "UN warns of spike in Afghan civilian deaths". Deutsche Welle. 26 July 2021. Archived from the original on 26 July 2021. Retrieved 26 July 2021.
    168. ^ Tan, Rebecca (28 July 2021). "China hosts Taliban leaders as U.S. withdraws troops from Afghanistan". Washington Post. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 30 July 2021.
    169. ^ Millers, Steven Lee (28 July 2021). "China Offers the Taliban a Warm Welcome While Urging Peace Talks". New York Times. Archived from the original on 29 July 2021. Retrieved 30 July 2021.
    170. ^ Deng, Chao (28 July 2021). "China Meets With Taliban, Stepping Up as U.S. Exits Afghanistan". Wall Street Journal. Archived from the original on 29 July 2021. Retrieved 30 July 2021.
    171. ^ Dou, Eva; Tan, Rebecca (17 August 2021). "China faces threat in volatile borderlands after Afghanistan falls to the Taliban". Washington Post (in Kinyarwanda). Retrieved 18 August 2021.
    172. ^ Wong, Catherine (28 July 2021). "China pledges support for Taliban in Afghanistan, but demands end to ETIM ties". South China Morning Post. Archived from the original on 30 July 2021. Retrieved 30 July 2021.
    173. ^ "Taliban fighters enter provincial capital, clash with Afghan forces". Euronews. 31 July 2021. Archived from the original on 31 July 2021. Retrieved 31 July 2021.
    174. ^ "Taliban and Afghan forces clash again outside Herat city". France24. 31 July 2021. Archived from the original on 31 July 2021. Retrieved 31 July 2021.
    175. ^ "Afghanistan: Latest updates on Helmand front, 2 August 2021". IWN. Archived from the original on 2 August 2021. Retrieved 2 August 2021.
    176. ^ Roggio, Bill (5 August 2021). "Taliban, Afghan forces battle for control of Helmand's capital". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 2 August 2021. Retrieved 2 August 2021.
    177. ^ "Taliban attack in Kabul kills 13 and shows deadly switch in tactics". The Independent. 4 August 2021. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    178. ^ "Taliban kills head of Afghanistan gov't media department". www.aljazeera.com. Retrieved 20 August 2021.
    179. ^ "Taliban kills head of Afghanistan gov't's media department". Al Jazeera. 6 August 2021. Archived from the original on 6 August 2021. Retrieved 6 August 2021.
    180. ^ "Taliban take first Afghan province capital". The West Australia. AAP. 6 August 2021. Archived from the original on 6 August 2021. Retrieved 6 August 2021.
    181. ^ Roggio, Bill (7 August 2021). "Taliban takes full control of Nimruz province, seizes capital". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 6 August 2021. Retrieved 6 August 2021.
    182. ^ Mojaddidi, Mushtaq (7 August 2021). "Second Afghan city falls as Taliban tighten noose over countryside". www.timesofisrael.com. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    183. ^ "War in Afghanistan enters 'deadlier' phase, UN envoy warns". Al Jazeera. Archived from the original on 7 August 2021. Retrieved 7 August 2021.
    184. ^ Welle, Deutsche. "UK tells its nationals to leave Afghanistan immediately | DW | 7 August 2021". DW.COM. Archived from the original on 7 August 2021. Retrieved 7 August 2021.
    185. ^ "US and Britain Ask Citizens to Leave Afghanistan". Voice of America. 7 August 2021. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    186. ^ Ahmad, Jail. "Sheberghan: Taliban captures second Afghan provincial capital". AlJazeera. Reuters. Archived from the original on 7 August 2021. Retrieved 7 August 2021.
    187. ^ Roggio, Bill (7 August 2021). "Taliban takes second provincial capital". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 7 August 2021. Retrieved 7 August 2021.
    188. ^ a b Evans, Michael (7 August 2021). "US unleashes B-52s in bid to stem Taliban advance". The Times. Archived from the original on 7 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    189. ^ "US sends bombers to halt Taliban advance". Arab News. 7 August 2021. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    190. ^ "U.S. urges Americans in Afghanistan to leave immediately". www.cbsnews.com. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    191. ^ Latifi, Ali. "Taliban captures Kunduz, third provincial capital in three days". Al Jazeera. Al Jazeera. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    192. ^ Gibbons-Neff, Thomas (8 August 2021). "The Taliban seize Kunduz, a major city in northern Afghanistan". The New York Times. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    193. ^ "Afghanistan war: Taliban capture city of Kunduz". BBC News. 8 August 2021. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    194. ^ "Taliban seize three more Afghan provincial capitals in northern blitz". Yahoo. AFP. 8 August 2021. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    195. ^ Roggio, Bill (8 August 2021). "Taliban takes control of Afghan provincial capitals of Kunduz, Sar-i-Pul and Taloqan | FDD's Long War Journal". www.longwarjournal.org. Archived from the original on 8 August 2021. Retrieved 8 August 2021.
    196. ^ "Fighting Underway in Balkh, Takhar Provinces". TOLOnews. 9 August 2021. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    197. ^ Latifi, Ali M (9 August 2021). "Taliban captures sixth Afghanistan provincial capital: Official". Al Jazeera English. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    198. ^ "Afghanistan war: At least 27 children killed in three days, UN says". BBC News. 9 August 2021. Archived from the original on 9 August 2021. Retrieved 9 August 2021.
    199. ^ Rahimi, Zahra (9 August 2021). "Ghani, Political Leaders Agree on Public Forces Command Center". TOLOnews. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    200. ^ "Taliban control 65% of Afghanistan, EU official says, after series of sudden gains". Reuters. 10 August 2021. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    201. ^ "Taliban seizes seventh Afghan provincial capital in five days". www.aljazeera.com. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    202. ^ Makoii, Akhtar Mohammad; Beaumont, Peter (10 August 2021). "Taliban fighters capture Afghan city at strategic junction north of Kabul". The Guardian. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    203. ^ "Taliban seizes eighth provincial capital, Pul-e-Khumri in Baghlan". Al Jazeera English. 10 August 2021. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 10 August 2021.
    204. ^ "Taliban captures 9th provincial capital in a week in Afghanistan". La Prensa Latina Media. EFE. 11 August 2021. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    205. ^ Roggio, Bill (10 August 2021). "Former headquarters of Northern Alliance falls under Taliban control". FDD's Long War Journal. Archived from the original on 10 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    206. ^ Noori, Qiam; Hesam, Hesamuddin; Dpa (12 August 2021). "Mass surrender gives Taliban Afghan base". The Canberra Times. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    207. ^ a b Roggio, Bill (11 August 2021). "Taliban seizes Afghan Army corps headquarters, 2 northern airports". Long War Journal. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    208. ^ "U.S. Says No Afghan Outcome 'Inevitable' As Taliban Captures Strategic Targets In North". RFE/RL. 11 August 2021. Archived from the original on 11 August 2021. Retrieved 11 August 2021.
    209. ^ "Taliban take strategic Ghazni city as Afghan army chief is replaced". The Guardian. 12 August 2021. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    210. ^ Varshalomidze, Tamila (12 August 2021). "Taliban captures Ghazni city, all government officials flee: Live". Al Jazeera English. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    211. ^ "Taliban move closer to capital after taking Ghazni city". France24. 12 August 2021. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    212. ^ "Taliban seizes Ghazni, Afghan gov't offers 'share in power': Live". Al Jazeera. 12 August 2021. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    213. ^ Janjua, Haroon; Tomlinson, Hugh (13 August 2021). "Taliban fight on after rejecting Afghanistan power-sharing deal". The Times. ISSN 0140-0460. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    214. ^ Trofimov, Yaroslav; Cullison, Alan; Amiri, Ehsanullah (12 August 2021). "Afghan Taliban Seize Herat, Move Into Kandahar After Taking Ghazni". Wall Street Journal. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    215. ^ "Taliban take Herat as Afghan forces retreat; insurgents capture gateway Ghazni". news.yahoo.com. Archived from the original on 12 August 2021. Retrieved 12 August 2021.
    216. ^ Irfan, Muhammad (13 August 2021). "Taliban Claim High-Ranking Officials In Seized Herat Province Join Their Ranks". UrduPoint. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    217. ^ Ritchie, Hannah (13 August 2021). "Senior Afghan officials join Taliban ranks in Herat after city falls". CNN. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.
    218. ^ George, Susannah; Mehrdad, Ezzatullah; Pannett, Rachel; Hudson, John (13 August 2021). "Mass Afghan government surrenders as Taliban fighters overrun three key cities in sweeping territorial gains". Washington Post. Archived from the original on 13 August 2021. Retrieved 13 August 2021.