2009 年の豚インフルエンザのパンデミックにおける豚に関する措置

2009年のインフルエンザのパンデミックに反応して、世界中の政府は豚に対して時には極端な反応を示し、エジプトではすべての家畜豚を公式に駆除し、イラクバグダッド動物園では3頭の野生イノシシを殺処分したこれらの虐殺の多くはイスラム諸国で発生しており、豚肉の消費に対する宗教上の制限がそのような行動をとる決定に影響を与えていると指摘されている。他の多くの国は豚と豚肉製品の国際取引を禁止しています。

世界保健機関(WHO)は、豚がインフルエンザを人間に感染させると信じる理由はないと述べた。[1]

5月2日、アルバータ州の農場で、感染した豚が発見され、ヒトから豚へのインフルエンザの感染が初めて確認された。[2]最近メキシコから帰国した感染した農夫が動物に感染させた疑いがある。[3]

一般的な応答

ウイルス源

ニューヨーク・タイムズ紙が引用した研究者らによると、「その遺伝子構造に基づくと、この新型ウイルスは間違いなく豚インフルエンザの一種であり、元々は豚に生息していた株に由来する」という。[4]この由来から「豚インフルエンザ」という命名法が生まれ、流行の初期には主にマスメディアによって使用された。この起源にもかかわらず、現在の株はヒトからヒトに伝染するウイルスであり、ブタとの接触を必要としません。[5]

食品の安全性と輸入禁止

CDCWHOFAOOIE 、その他の食品関連機関の国際保健当局者らは、豚肉は安全に食べられ、豚は流行の責任ではないと再確認した。しかし、6月初旬の時点で、中国、ロシア、その他十数か国は依然として米国からの豚肉輸入を禁止していた。世界貿易機関(WTO)は、今後の保護主義に関する報告書で豚肉の禁止を強調し、豚肉は禁止されていないことを改めて表明する予定だった。感染源となるため、適切に調理されていれば安全に食べられます。[6]一部の米国当局者は、禁止措置は「健康上の懸念よりも市場シェア」を重視したものであり、養豚業界に毎週数百万ドルの損失を与えているのではないかと推測した。[7]ワシントンに本拠を置く全国豚肉生産者評議会のスポークスマンであるデイブ・ワーナーは、中国とロシアとの長年にわたる意見の相違が要因である可能性があると指摘した。[7] [8] [9] [10]

その結果、8月中旬までに豚肉は2009年で2番目に悪い商品投資となり、年末までに33%下落する可能性がある。米国の輸出は2009年上半期に20%急落し、1990年以来初の年間減少に向かいつつある。タイソン・フーズ社は食肉処理場を休止しており、米国の養豚業者は1年利益が出ていない。農務省のデータによると、米国からの輸入量は今年、ロシアで38%減少し、香港を含む中国では73%減少した。[11]

豚個体数の監視

2009 年 6 月初め、米国農務省は豚の新型インフルエンザ ウイルスを探すための試験的監視プロジェクトを開始すると発表した。一部の専門家は、世界の保健当局が豚の群れが新型インフルエンザ株の発生源となるリスクを過小評価し、代わりに鳥インフルエンザの脅威に焦点を当てることを選択したと主張している。ウイルスは動物内で非常に一般的であり、人間と同様に伝染する可能性があるにもかかわらず、最近まで保健専門家は豚のインフルエンザに関する監視をほとんど行ってきませんでした。インフルエンザウイルスは、豚から人へ、また人から豚へ感染することも示されています。[12]

国別の対応

アフガニスタン

デイリー・テレグラフ紙が報じたようにアフガニスタン唯一の豚は、豚インフルエンザに感染するのではないかという来園者の不安への反応として、カブール動物園での展示を外され、「隔離」された。[13]

アルゼンチン

アルゼンチンの人獣共通感染症

6月25日にブエノスアイレス州で人から豚への感染事例が発見され、発生現場となった養豚場は閉鎖された。[14]

カナダ

カナダの人獣共通感染症:
  人間から動物へ
  動物から人間へ
  人間から動物、動物から人間の両方

5月2日、カナダ食品検査庁のブライアン・エバンス副所長は、感染したアルバータ州の農場労働者がメキシコから最近帰国し、世話をしていた豚群にウイルスを感染させた可能性があると発表した。群れは隔離されていたが、エバンス氏は感染が食品の安全性を脅かすものではないと強調し、感染した豚がウイルスを「遠隔」で人間に戻す可能性があると判断した。エバンス氏は、この群れの感染は、H1N1ウイルスがヒトから豚に感染した最初の既知の症例であると述べた。[15]

カナダでは6月初旬、アルバータ州の養豚農家が、その群れが新型豚インフルエンザウイルスに感染し、その群れ全体を殺処分した。5月にはすでに群れから500頭の動物を殺処分していた。農場の所有者は、動物たちは検疫下にあり、過密状態の問題に直面しているため、販売できないと述べた。[16]

同じ豚の群れから人間への感染が判明したのは7月20日だが、感染が起きたのは5月7日、人間である動物衛生検査官が不適切な自己防衛策を講じて感染した豚の群れからサンプルを採取していたときだった。[17]

中国

中華人民共和国は豚肉の輸入を禁止した。 [18]

エジプト

2009年4月29日、エジプト政府は、豚がウイルスに感染している、あるいは感染している疑いがあるという証拠が不足していたにもかかわらず、国内の約30万頭の豚をすべて屠殺する決定を発表した。[19] [20]伝えられるところによれば、この決定は宗教的緊張を高めた。なぜなら、豚の飼い主のほとんどはイスラム教徒が多数派を占めるこの国ではコプト教徒の少数派(人口の5%から10%)だからである。エジプトの人権弁護士ナディア・タウフィクは、豚の絶滅はキリスト教徒に対する攻撃の一形態であると主張した。[21]国内では豚インフルエンザの症例は報告されていなかったにもかかわらず、多くの国際紙はこの措置が世界的な豚インフルエンザの発生によるものだと主張した[22] 。[20]

エジプト保健省(MOH)によると、この絶滅は豚インフルエンザの発生に基づくものではなく、また特定の国民グループに対するものでもないという。エルカヒラ・エルヨウムのテレビ番組で、ハテム・エル・ガバリ博士は、豚の駆除は、荒れ果てた豚の群れで鳥インフルエンザが変異する可能性があるという恐怖に基づいていると発表した。この決定に達したのは、試験および管理された環境で豚を飼育している他のほとんどの国とは異なり、養豚業者が使用する地域の多くが特にゴミ捨て場であり、獣医師の監督を受けていないためである。[要出典]鳥インフルエンザ、次いで豚インフルエンザの出現による特別な注目と緊急性は、数年間存在していた計画に基づいて行動する機会を与えた。[要出典]国連食糧農業機関(FAO) の首席獣医官ジョゼップ・ドメネク氏は、この決定は「本当の間違い」であると呼び、FAOはエジプト当局者に連絡を取ろうとしているが返答はないと述べた。[23]

エジプトは 2009 年 5 月 2 日に屠殺を開始した。 [1]これにより、カイロで豚の所有者と警察の間で衝突が発生した翌日、カイロではマンシヤット・ナスル地区の推定300人のコプト 教徒キリスト教徒住民が政府職員による豚の没収を阻止しようとして路上を封鎖し[21]、警察との衝突につながった。[20]広く発行されているエジプトの新聞アルアハラムは、破壊された豚の所有者は補償として一頭当たり 1,000ポンド(約 177.70 米ドル)を受け取ると報じた[23]が、ロイター通信は、この問題はまだ「議論中」であると報じた。エジプト内閣報道官の話として語った。[23]

6月5日、英国に本拠を置く世界農業慈悲団体は、エジプトの残忍な措置と豚の大量虐殺がエジプトの観光産業に悪影響を与える可能性があるとエジプトに警告した。同団体の最高責任者フィリップ・リンベリー氏は、「英国人や世界中の人々が、エジプトでのこの残虐行為に対する国際的な抗議の嵐に加わり、多くの人がエジプトをもはや休暇の目的地として考えないと述べている」と述べたという。[24]

インドネシア

2009年4月27日のインフルエンザに関する調整会議の後、インドネシア政府は豚の輸入を停止し、インドネシア国内の豚900万頭の検査を開始した。[25]

イラク

バグダッド動物園のアデル・サルマン・ムーサ園長は、バグダッドに供給された3頭の野生イノシシを殺処分するよう「豚インフルエンザの予防を目的とした複数省庁の委員会から出された命令を受けた」と主張している。[1]同氏は、殺処分は動物園の来園者の間にできた「恐怖の壁を打ち破るため」に始まったと述べた。[26]殺処分の前の数日間、訪問者の数は減少していた。[27]

保健省は、豚インフルエンザの症例が報告されていないこの国で豚を殺すことは流行を防ぐのに何の役にも立たないと述べた。[1]同国の保健省報道官、エハッサン・ジャファル氏は、ウイルスは今では人から人へ感染する可能性があるため、「問題ではない」と述べた。[1]農水省との論争の中で、保健省は「本当に殺したいなら殺せばいい」と述べた。[1]

イノシシは殺処分前に検査を受けたが、結果は陰性だった。[26]動物園の園長は、彼らは人道的に殺されたと述べた。[26]これには麻酔薬の使用が含まれていました3人の死骸は後に埋葬された[27] 。[27]

死亡事故はフランス通信社CNNイスラエルYネットニュース中国新華社を通じて世界中に中継された[1] [26] [27] [28]

イラク・クルディスタン

クルディスタンの地方政府はイノシシ狩猟を禁止した。この地域には野生のイノシシが大量に生息している[26] 。[26]

住民は豚肉の摂取を避けるように言われています。[26]旅行者はこれに関連した活動を監視されています。[26]

日本

日本の農林水産省は、全国の動物検疫所に対し、国内に持ち込まれる生きた豚を検査し、新型インフルエンザに感染していないかどうかを確認するよう指示した。[29]日本の石破茂農相はテレビに出演し、豚肉を食べるのは安全であると消費者を安心させた。[30]日本の農水省は、ウイルスが豚肉から検出される可能性は低く、調理すれば死滅するため、豚肉の輸入制限は求めないと述べた。[31]

マケドニア

2009 年 4 月 27 日、マケドニア共和国政府は生きた豚の輸出入をすべて禁止しました。[32]

北朝鮮

デイリーNKによると、A/H1N1は依然として「豚インフルエンザ」と呼ばれることがあるため、ジャンマダンの一部で豚肉の販売が禁止されている

国やいかなる政治団体からも正式な法令は発令されていないが、人民安全局の一部職員が豚肉の販売を一方的に阻止している。恵山市場、ウィヨン市場、馬山市場では、豚肉を見つけるのが依然として難しい。[33]

ノルウェー

10月16日、屠殺の前週にノール・トロンデラーグ郡の農場で豚インフルエンザが検出され、500頭の豚が大量屠殺された。2番目の農場からさらに900頭の豚も屠殺される予定だ。 [34] [35]

フィリピン

フィリピンは、この病気の影響を受けている国からの豚の輸入を禁止した。当局が人から豚へのA(H1N1)感染の可能性をまだ調査中であるため、カナダからの輸入品を除いて5月4日に禁止が解除された。カナダからの豚の輸入禁止は5月11日に解除された[36] [37]

ロシア

ロシア連邦は豚肉の輸入を禁止した。 [38]

ウクライナ

影響を受けたすべての国からの豚肉と生きた豚の輸入は禁止された。この禁止は、4 月 21 日以降のすべての出荷にも適用されます。[39]

地域別

アラブ諸国

2009年6月の時点で、インフルエンザによりアラブ諸国による豚の輸入が停止されると報じられたが[40]、アラブ諸国はアメリカへの豚肉の輸出を禁止している。

参考文献

  1. ^ abcdefg "イラク、バグダッド動物園で3頭の野生豚を殺処分". 2009 年 4 月 3 日2009 年 5 月 4 日に取得
  2. ^ ローレン・エッター (2009 年 5 月 3 日)。「カナダの豚がインフルエンザウイルスに感染」。ウォールストリートジャーナル。2009 年 5 月 5 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 3 日に取得
  3. ^ “カナダの農場労働者が「豚に感染」”. BBCのニュース。2009 年 5 月 3 日。2009 年 5 月 4 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 3 日に取得
  4. ^ マーティン・アンドリュー; クラウス・クリフォード(2009年4月28日)。「養豚業界は豚インフルエンザに対する懸念と闘っている」。ニューヨークタイムズ2009 年7 月 25 日に取得
  5. ^ 「豚インフルエンザはアジアから来た可能性がある」ニューヨーク・タイムズ、2009年6月23日
  6. ^ 「豚インフルエンザ禁止を特集するWTO保護主義独占報告書」ロイター、2009年6月12日
  7. ^ ab 「中国とロシアの禁止令に困惑する米国の豚肉産業」AP通信、2009年5月4日
  8. ^ ザンパリオーネ マリア (2009 年 5 月 8 日)。「豚および豚由来製品の国際取引の安全性に関するOIEの立場」(プレスリリース)。世界動物衛生機関2009 年 5 月 15 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 8 日に取得
  9. ^ カデル・ビンサル・アブドゥル (2009 年 4 月 29 日)。「UAE、『豚インフルエンザ予防策として』豚肉の輸入と販売を禁止」。湾岸ニュース。2009 年 7 月 22 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年7 月 25 日に取得
  10. ^ アンダーウッド・ミーチャ; クォン・マット(2009年4月30日)。「UAE、豚肉の輸入を禁止」。ナショナルアブダビ2009 年 7 月 22 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年7 月 25 日に取得
  11. ^ 「インフルエンザで中国からの輸入が減り、豚肉の先物取引が30%下落」ブルームバーグニュース、2009年8月17日
  12. ^ 「豚はインフルエンザの過小評価源:研究」ロイター、2009年6月4日
  13. ^ 最終更新日: 2009 年 5 月 7 日午前 11:51 BST (2009-04-25)。「豚インフルエンザ:アフガニスタンで唯一の豚が隔離」。ロンドン: 電信。2010 年 1 月 13 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年 5 月 8 日に取得{{cite news}}: CS1 maint: 数値名: 著者リスト (リンク)
  14. ^ MercoPress、「アルゼンチン養豚場におけるヒトから豚への A/H1N1 ウイルス感染」、2009 年 6 月 26 日、(2009 年 6 月 27 日にアクセス)
  15. ^ “アルバータ州の豚は労働者からインフルエンザに感染した可能性がある:CFIA当局者”. CBCニュース2009 年 5 月 3 日。2009 年 5 月 4 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 3 日に取得
  16. ^ 「豚インフルエンザによりアルバータ州豚 3,000 頭が殺処分」保健地帯 - カナダ、2009 年 6 月 7 日
  17. ^ “不適切な装備を着た豚インフルエンザ検査官がウイルスに感染”. CBCニュース。2009 年 7 月 20 日。2009 年 7 月 24 日のオリジナルからアーカイブ2009 年7 月 21 日に取得
  18. ^ “中国、豚肉の輸入禁止を拡大”. 世界のニュース
  19. ^ ユセフ・マーモン (2009 年 4 月 29 日)。「エジプト、豚インフルエンザを理由にすべての豚の殺処分を命令」インディペンデントロンドン。AP通信。2009 年 5 月 2 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 2 日に取得
  20. ^ abc 「エジプト豚の殺処分を巡り衝突勃発」. BBCのニュース。2009年5月3日。2009 年 5 月 5 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 3 日に取得
  21. ^ ab 「エジプト: 豚の破壊がコプト派経営の産業を脅かす」. コンパスダイレクトニュース。2009年5月5日。2009 年 7 月 28 日のオリジナルからアーカイブ2009 年5 月 27 日に取得
  22. ^ ユセフ、マームン (2009-04-29)。「エジプト、豚インフルエンザを理由にすべての豚の殺処分を命令」インディペンデントロンドン。AP通信。2009 年 5 月 2 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 2 日に取得
  23. ^ abc スチュワート、フィル (2009-04-29)。「国連機関、豚をすべて殺処分するというエジプトの命令を非難」。ロイター。2009 年 5 月 3 日のオリジナルからアーカイブ2009 年5 月 5 日に取得
  24. ^ “エジプトの豚殺処分は「観光業に影響を与える可能性がある」”. 2009年6月5日。2009 年 7 月 7 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年12 月 25 日に取得
  25. ^ “Cegah flu babi、pemerintah gelar rapat koordinasi”. コンパス新聞。2009年4月27日。2009 年 5 月 1 日のオリジナルからアーカイブ2009 年6 月 12 日に取得
  26. ^ abcdefgh 「豚インフルエンザの恐れによりイラクでイノシシが殺される」. CNN。2009年4月3日。2009 年 5 月 10 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 4 日に取得
  27. ^ abcd 「A/H1N1型インフルエンザの恐怖の中で、イラク動物園がイノシシを殺す」. 新華社通信2009年4月3日。2016 年 1 月 28 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 4 日に取得
  28. ^ “バグダッド動物園、豚インフルエンザの懸念からイノシシを殺処分”. イーネットニュース2009年4月5日。2009 年 5 月 10 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 5 月 5 日に取得
  29. ^ “メキシコで豚インフルエンザ発生後、日本は豚インフルエンザに厳戒態勢”. 共同通信2009年4月26日。2009 年 4 月 29 日のオリジナルからアーカイブ2009 年 4 月 26 日に取得
  30. ^ 外務省、豚インフルエンザに関してメキシコに緊急渡航警報を発令 2009年4月29日にウェイバックマシンにアーカイブ。CNA
  31. ^ “FACTBOX - アジアが新型インフルエンザウイルスの阻止に向けて動き出す”. ロイター。2009年4月26日。2009 年 4 月 30 日のオリジナルからアーカイブ2009 年6 月 12 日に取得
  32. ^ 鄧沙沙 (2009-04-29)。「マケドニア高官らは豚インフルエンザの可能性を監視していた」。2009 年 5 月 3 日のオリジナルからアーカイブ2009 年6 月 12 日に取得
  33. ^ “北朝鮮の混乱したインフルエンザ政策”. dailynk.com
  34. ^ ロレイヴ・ソルホルム。「豚インフルエンザ:豚1400頭が屠殺される」。The Norway Post – ノルウェーからの最新ニュース、英語のノルウェー ニュース
  35. ^ “豚の進歩 - ニュース: 豚インフルエンザに感染したノルウェーの豚群が増加”. 2009 年 10 月 19 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年 12 月 3 日に取得
  36. ^ “PigProgress - フィリピン: カナダの豚肉輸入禁止が解除”. 豚の進歩2011 年 7 月 24 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年 9 月 10 日に取得
  37. ^ “カナダを除き豚肉の輸入禁止が解除 - INQUIRER.net、フィリピン人向けフィリピンニュース”. 質問者.net2009 年 5 月 7 日にオリジナルからアーカイブされました2009 年 9 月 10 日に取得
  38. ^ “ロシア、豚肉輸入禁止をカナダ、スペインにも拡大と発表”. ロイター2009-05-04 2009 年9 月 10 日に取得
  39. ^ インフルエンザ危機に対する世界の対応、BBC ニュース、2009 年 4 月 28 日。2009 年 4 月 30 日に取得。
  40. ^ インフルエンザでアラブ諸国の豚輸入停止へ[永久リンク切れ]

外部リンク

  • エジプトにおける豚の殺処分に関する YouTube 動画
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=2009_swine_flu_pandemic_actions_concerning_pigs&oldid=1179735194」から取得