第1~第11胸甲騎兵連隊

1er-11e 胸甲騎兵連隊
アクティブ1999年6月5日 – 2009年7月29日
フランス
支店フランス陸軍
タイプ装甲騎兵隊
役割機甲戦
襲撃
偵察
サイズ1350人
一部の第3機械化旅団
駐屯地/本部カルピアーニュ (カルヌー アン プロヴァンス)
装置ルクレール

1-11胸甲連隊(フランス語: 1er-11e Régiment de Cuirassiers、1er-11e RC )は、フランス陸軍の装甲(戦車)連隊でした1999 年 7 月 1 日からは第 3 機械化旅団の装甲部隊となりました。[1]

歴史

フランス陸軍参謀長は 1990 年 9 月 1 日に、2 つの戦隊グループ (Groupes d'Escadrons、GE) を備えた 80 両の戦車からなる新しい実験的な機甲連隊を創設することを決定しました。各グループは 3 つの戦闘中隊と 1 つの指揮および兵站中隊で構成されます。

1er-11e RC は 1999 年 6 月 5 日に第 1 胸甲騎兵連隊と第 11 胸甲騎兵連隊を統合して創設されました。[1] 2009 年 7 月 29 日に解散されました。[1]

組織

2007 年フランス革命記念日シャンゼリゼ通りパレードに参加した第 1 ~ 11 胸甲連隊の男性

連隊は 13 個飛行隊に編成された約 1,350 人で構成されていました。[1]

  • 第 1 胸甲騎兵グループ デスカドロン (1er CGE) – 第 1 胸甲騎兵飛行隊グループ (x40 MBT)
    • ECL – 指揮兵站中隊
    • 1e Esq – 第 1 飛行隊
    • 2e Esq – 第 2 飛行隊
    • 3e Esq – 第 3 飛行隊
  • 11e 胸甲騎兵グループ デスカドロン (11e CGE) – 第 11 胸甲騎兵飛行隊グループ (x40 MBT)
    • ECL – 指揮兵站中隊
    • 1e Esq – 第 1 飛行隊
    • 2e Esq – 第 2 飛行隊
    • 3e Esq – 第 3 飛行隊
  • EBI – 基地および指示飛行隊
  • EMR – 連隊整備中隊
  • ESGM – 駐屯地支援および保守中隊
  • EEI – 偵察飛行隊
  • 5e Esq – 第 5 飛行隊 (予備)

指揮官

1999 年以降の指揮官のリスト (フランス語: Chefs de corps )。[1]

第 1–11 胸甲騎兵連隊

第1胸甲騎兵飛行隊グループ

  • ギユメ中佐、1999 年 7 月
  • ダルノーダット中佐、2001 年 7 月
  • ボーサン中佐、2003 年 7 月
  • フレミン・デュ・サルテル中佐、2005 年 7 月

第11胸甲騎兵飛行隊グループ

  • ガリ・デジャン中佐、1999 年 7 月
  • タヴェルニエ中佐、2001 年 7 月
  • イザベロン中佐、2003 年 7 月
  • フィリポー中佐、2005 年 7 月

ノート

  1. ^ abcde "Le 1er-11e Régiment de Cuirassiers". Amicale des Anciens et Amis du 1er Régiment de Cuirassiers。 2011 年 12 月 4 日のオリジナルからアーカイブ2012 年1 月 2 日に取得

参考文献

  • 第一胸甲連隊アミカレ・デ・アンシャン・アミ
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=1st-11th_Cuirassier_Regiment&oldid=1185545993」から取得