第11外人歩兵連隊

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
第11外人歩兵連隊
(11eRégimentÉtrangerd'Infanterie)
11°Régimentétrangerd'Infantrie.JPG
アクティブ1939-1940
 フランス
忠誠legion.svgのフラグ 外国軍団
ブランチフランス陸軍
タイプ歩兵
サイズ3,000人の男性
エンゲージメント第二次世界大戦

11外人歩兵連隊フランス語11eRégimentÉtrangerd'Infanterie、11 e REIは、1939年から1940年まで の第二次世界大戦中に仕えフランス陸軍の外国軍の連隊でした。

歴史

第11外人歩兵連隊は、1939年後半から1940年春にかけて フランスのロレーヌに駐屯しました。

第11REIは、1940年6月11日、連隊が南への戦闘後退を開始するまで、戦闘の早い段階でドイツ軍の攻撃からヴェルダン近くの北部イノールウッドを防御しました。6月18日までに、第11 REIはその力の4分の3を失い、連隊はトゥール近くの南に撤退した。[1]連隊旗は、ドイツ軍の手に渡るのを防ぐためにナンシー近くのクレジーユで燃やされた。[2]

組織

第11外人歩兵連隊は、北アフリカで奉仕した軍団の退役軍人2,500人と軍団兵500人の予備軍で構成されていました。[3]

も参照してください

メモ

  1. ^ ポーチ、ダグラス(1992)。フランス外人部隊:伝説の戦闘部隊の完全な歴史pp。2–4。
  2. ^ ボイド、ダグラス(2006)。フランス外人部隊p。252。
  3. ^ ポーチ、ダグラス(1992)。フランス外人部隊:伝説の戦闘部隊の完全な歴史p。455。

参照

  • ポーチ、ダグラス。フランス外人部隊:伝説の戦闘部隊の完全な歴史。ハーパーコリンズ、ニューヨーク、1991。ISBN978-0-06-092308-2 
  • ボイド、ダグラス(2006)。フランス外人部隊イングランド:サットン出版。ISBN 0-7509-3939-7

外部リンク