フィンガー (プロトコル)

コンピュータ ネットワーキングではName/Finger プロトコルFinger ユーザー情報プロトコルは、人間中心のステータスとユーザー情報を交換するための 単純なネットワーク プロトコルです。

名前/フィンガープロトコル

Name/Finger プロトコルは、ネットワーク サイトの特定のコンピュータ システムまたは特定の人物に関するステータス レポートを提供するプログラムへのインターフェイスとして、Request for Comments 文書 RFC 742 (1977 年 12 月)基づいています。フィンガー プログラムは、ネットワークの他のユーザーに関する情報を必要とするユーザーのニーズを解決するためにプログラムを作成したLes Earnestによって 1971 年に作成されました。誰がログインしているかに関する情報は、会う人がいるかどうかを確認するのに役立ちました。これはおそらく、リモート ネットワーク ユーザー向けの プレゼンス情報の最も初期の形式でした。namefinger

Finger プログラムが登場する前は、WAITSに関するこの情報を取得する唯一の方法は、ログイン ユーザーの ID と端末回線番号 (ユーザーの端末が接続されている通信回線のサーバーの内部番号) を表示する WHO プログラムを使用することでした。 。 FINGER という名前に関連して、Les Earnest は、WAITSタイムシェアリングシステムのユーザーが WHO コマンドの出力を指でなぞっているのを見た、と書いています。[1] [より良いソースが必要です]

フィンガーユーザー情報プロトコル

FingerデーモンはTCP ポート79で実行されます。クライアントは (リモート ホストの場合) ポート 79 への接続を開きます。RUIP (リモート ユーザー情報プログラム) が接続のリモート エンドで開始され、要求を処理します。ローカル ホストは、Finger クエリ仕様に基づいて RUIP の 1 行クエリを送信し、RUIP の応答を待ちます。 RUIP はクエリを受信して​​処理し、応答を返し、接続の終了を開始します。ローカル ホストは応答とクローズ信号を受信し、接続の終了を開始します。

Finger ユーザー情報プロトコルは、RFC 1288 ( The Finger User Information Protocol、1991 年 12 月) に基づいています。通常、プロトコルのサーバー側はプログラムfingerdまたは( fingerデーモンin.fingerd) によって実装されますが、クライアント側はおよびプログラムによって実装され、現時点でのシステムまたはシステムに関するフレンドリーで人間向けのステータス レポートを返すことになっています。特定の人物を深く掘り下げます。必須の形式はなく、プロトコルの大部分は 1 つのコマンド ラインの指定で構成されます。 namefinger

このプログラムは、ユーザーが現在ログオンしているかどうか、電子メール アドレス、フルネームなどの情報を提供します。標準のユーザー情報に加えて、finger はユーザーのホーム ディレクトリ.project内のファイルの内容を表示します。多くの場合、このファイル (ユーザーが管理) には、マイクロブログに似たユーザーの現在の活動に関する有用な情報、またはあらゆる種類のユーモアが含まれています。 .plan

セキュリティ上の懸念

電子メール アドレスやフルネームなどの詳細情報の提供は、ネットワーキングの初期には許容され便利であると考えられていましたが、後にプライバシーとセキュリティ上の理由から疑わしいと考えられるようになりました。[要出典]

指の情報は、企業のコンピュータ セキュリティ システムに対してソーシャル エンジニアリング攻撃を開始する手段としてハッカーによって使用されてきました。 Finger クライアントを使用して会社の従業員の名前、電子メール アドレス、電話番号などのリストを取得すると、ハッカーは別の従業員を装って社内の誰かに電話または電子メールで情報を要求することができます。

Fingerデーモンには、クラッカーがシステムに侵入するために使用した悪用可能なセキュリティ ホールもいくつかあります[要出典] 。たとえば、1988 年には、Morris ワームがfingerd(とりわけ)のオーバーフローの脆弱性を悪用して拡散しました。 [2]

これらの理由により、1990 年代後半までに、インターネット上の大多数のサイトがこのサービスを提供しなくなってしまいました。[要出典]

アプリケーションのサポート

これは、 Unix ( macOSなど)、Unix 系システム ( LinuxFreeBSDなど)、および現在のバージョンのWindows (finger.exe コマンド)に実装されています。他のソフトウェアには指がサポートされています。

こちらも参照

参考文献

  1. ^ アーネスト、レス (1990 年 2 月 20 日)。 「指コマンドの起源」。ニュースグループ: alt.folklore.computers. Usenet:  [email protected] – ショーン、コルバス経由。
  2. ^ ユージーン・スパフォード(1988 年 12 月 8 日)。 「ワームの分析」(PDF)パデュー大学2021 年6 月 10 日に取得

外部リンク

  • RFC  742 (1977 年 12 月)
  • RFC  1288 (1991 年 12 月)


Retrieved from "https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Finger_(protocol)&oldid=1184546429#Finger_user_information_protocol"